Note: The other languages of the website are Google-translated. Back to English

電子メールの添付ファイルの名前を変更してOutlookのフォルダーに保存するにはどうすればよいですか?

Outlookでは、通常、添付ファイル付きのメッセージを受信する可能性があります。メッセージの添付ファイルの名前を変更して、下のスクリーンショットに示すようにフォルダーに保存しようとしていますか? もちろん、フォルダに保存してXNUMXつずつ名前を変更することもできますが、実際には、VBAコードを使用すると、すべての添付ファイルの名前を同じ名前にすばやく変更して、XNUMXつのフォルダに保存できます。
doc名前変更保存添付1

名前を変更して、同じ名前の添付ファイルをフォルダに保存します

添付ファイルの名前を変更して、Kutools forOutlookを使用してフォルダーに保存します


Outlookの元の添付ファイルを含む返信メッセージ

ご存知のとおり、Outlookで受信者にメッセージを返信すると、添付された添付ファイルは元のメッセージから削除されます。 添付ファイルをつけたままマッサージに返信したい場合は、 Outlook用Kutools's 添付ファイルで返信 機能、それは元の添付ファイルでXNUMXつのメッセージに返信することができ、すべてのmessafeでも機能します。    全機能を見るにはクリックしてください60日間の無料トライアル!
 
添付ファイル付きのドキュメント返信
 
Kutools for Outlook:数十の便利なOutlookアドインがあり、60日以内に制限なしで無料で試すことができます。
Officeタブ-Officeでタブ付きの編集と閲覧を有効にし、作業をはるかに簡単にします...
Kutools for Outlook-100の強力な高度な機能をMicrosoftOutlookにもたらします
  • 自動CC / BCC メール送信時のルールによる。 自動転送 ルールによる複数の電子メール。 自動返信 Exchangeサーバーなし、およびより多くの自動機能...
  • BCC警告 -メールアドレスがBCCリストにある場合、すべてに返信しようとするとメッセージを表示します。 添付ファイルがない場合に通知する、その他の機能を思い出させる...
  • すべての添付ファイルで(すべて)返信 メールでの会話。 一度に多くのメールに返信します。 あいさつを自動追加 返信するとき; 件名に日付と時刻を自動追加...
  • アタッチメントツール:自動デタッチ、すべて圧縮、すべての名前変更、すべて自動保存... クイックレポート、選択したメールを数える、 重複するメールと連絡先を削除する...
  • 100 以上の高度な機能が あなたの問題のほとんどを解決します Outlook 2021 - 2010 または Office 365。フル機能の 60 日間無料試用版。

名前を変更して、同じ名前の添付ファイルをフォルダに保存します

1.添付ファイルを保存するメッセージを選択し、同じ名前に名前を変更します。

2。 押す Alt + F11 keys、それから Project1 ペイン、ダブルクリック このOutlookSession 右側のセクションに新しい空白のスクリプトを作成し、コードをコピーして貼り付けます。

VBA:添付ファイルの名前を変更して保存する

Public Sub SaveAttachsToDisk()
'UpdatebyExtendoffice20180521
Dim xItem As Object  'Outlook.MailItem
Dim xSelection As Selection
Dim xAttachment As Outlook.Attachment
Dim xFldObj As Object
Dim xSaveFolder As String
Dim xFSO As Scripting.FileSystemObject
Dim xFile As File
Dim xFilePath As String
Dim xNewName, xTmpName As String
Dim xExt As String
Dim xCount As Integer
On Error Resume Next
Set xFldObj = CreateObject("Shell.Application").browseforfolder(0, "Select a Folder", 0, 16)
Set xFSO = New Scripting.FileSystemObject
If xFldObj Is Nothing Then Exit Sub
xSaveFolder = xFldObj.Items.Item.Path & "\"
Set xSelection = Outlook.Application.ActiveExplorer.Selection
xNewName = InputBox("Attachment Name:", "Kutools for Outlook", xNewName)
If Len(Trim(xNewName)) = 0 Then Exit Sub
For Each xItem In xSelection
    For Each xAttachment In xItem.Attachments
        xFilePath = xSaveFolder & xAttachment.FileName
        xAttachment.SaveAsFile xFilePath
        Set xFile = xFSO.GetFile(xFilePath)
        xCount = 1
        Saved = False
        xExt = "." & xFSO.GetExtensionName(xFilePath)
        xTmpName = xNewName
        xNewName = xTmpName & xExt
        If xFSO.FileExists(xSaveFolder & xNewName) = False Then
            xFile.Name = xNewName
            xNewName = xTmpName
        Else
            xTmpName = Left(xNewName, Len(xNewName) - Len(xExt))
            While Saved = False
                xNewName = xTmpName & xCount & xExt
                If xFSO.FileExists(xSaveFolder & xNewName) = False Then
                    xFile.Name = xNewName
                    xNewName = xTmpName
                    Saved = True
                Else
                    xCount = xCount + 1
                End If
            Wend
        End If
    Next
Next
Set xFSO = Nothing
End Sub

docの名前を変更して添付ファイルをフォルダに保存2

3。 クリック 工具 > リファレンス、ポップダイアログでチェックします Microsoftスクリプトランタイム チェックボックスをオンにします。

docの名前を変更して添付ファイルをフォルダに保存3 右矢印ドキュメント docの名前を変更して添付ファイルをフォルダに保存4

4。 クリック OK、 押す F5 コードを実行するためのキー、 フォルダを参照 添付ファイルを配置するフォルダを選択または作成するためのダイアログが表示されます。
docの名前を変更して添付ファイルをフォルダに保存5

5。 クリック OK、次に添付ファイルの名前を付けます。
docの名前を変更して添付ファイルをフォルダに保存6

6。 クリック OK、添付ファイルの名前が同じ名前に変更されました。重複している場合は、重複しているものに接尾辞として番号が追加されます。


添付ファイルの名前を変更して、Kutools forOutlookを使用してフォルダーに保存します

実は、に機能があります Outlook用Kutools --Outlookの便利なアドインツールは、保存または送信する前にすべての添付ファイルの名前を変更できます。

Kutools for Outlook , 含まれています
100
 Microsoft Outlook 2016、2013、2010、およびOffice365の強力な機能とツール。

無料インストール Outlook用Kutoolsを実行し、次の手順を実行します。

1.必要に応じて、否定ペインまたはメッセージボックスで電子メールをアクティブにします。 クツール > アタッチメントツールすべての名前を変更.
doc名前変更保存添付2

2.ポップダイアログで、各添付ファイルに使用する新しい名前を入力します。 クリック OK、添付ファイルの名前が新しい名前に変更されました。
doc名前変更保存添付3 

3. XNUMXつの添付ファイルを右クリックして、[ すべての添付ファイルを保存、クリック OK 必要に応じて、添付ファイルを保存するフォルダを選択します。 次に、名前が変更された添付ファイルがフォルダに保存されました。
doc名前変更保存添付5 
doc名前変更保存添付5


Kutools for Outlook-100の高度な機能をOutlookにもたらし、作​​業をはるかに簡単にします!

  • 自動CC / BCC メール送信時のルールによる。 自動転送 カスタムによる複数の電子メール。 自動返信 Exchangeサーバーなし、およびより多くの自動機能...
  • BCC警告 -全員に返信しようとするとメッセージを表示する メールアドレスがBCCリストにある場合; 添付ファイルがない場合に通知する、その他の機能を思い出させる...
  • メール会話のすべての添付ファイルで(すべて)返信; 多くのメールに返信する すぐに; あいさつを自動追加 返信するとき; 件名に日付を追加...
  • 添付ファイルツール:すべてのメールのすべての添付ファイルを管理し、 自動デタッチ, すべて圧縮、すべての名前を変更、すべて保存...クイックレポート、 選択したメールを数える...
  • 強力な迷惑メール 習慣による; 重複するメールと連絡先を削除する... Outlookでよりスマートに、より速く、より良くすることができます。
ショットkutoolsの見通しkutoolsタブ1180x121
ショットkutoolsの見通しkutoolsプラスタブ1180x121
 
コメントを並べ替える
コメント (4)
まだ評価はありません。 最初に評価してください!
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
ちょっと、そこ! 保存時にファイルの名前を変更するために、以下のコードを改善する方法を知っていますか?

Public Sub UnzipFileInOutlook(itm As Outlook.MailItem)
Outlook.Attachmentとしての薄暗いobjAtt
文字列としての薄暗いsaveFolder
saveFolder = "C:\ Users \ acheng \ Desktop"
itm.Attachments内の各objAttについて
objAtt.SaveAsFile saveFolder
objAtt=Nothingを設定します
次へ
End Subの
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
こんにちは、リペ、このコードがあなたを助けることができるかもしれません。

Private Sub CopyToDefaultCalendarFld(ByVal Item As Object)
Dim xCopiedAppointment As Outlook.AppointmentItem
Dim xMovedAppointment As Outlook.AppointmentItem
Dim xMeeting As MeetingItem
AppointmentItem として Dim xApoint
エラーで次の再開
Item.Class =olAppointmentThenの場合
xApoint=Itemを設定します
xCopiedAppointment=xApoint.Copyを設定します
xMovedAppointment = xCopiedAppointment.Move(GMovedCalendarFolder)を設定します
If xApoint.Subject <> xMovedAppointment.Subject Then
InStr(1、xMovedAppointment.Subject、 "Copy:")>0の場合
xMovedAppointment.Subject = VBA.Replace(xMovedAppointment.Subject、 "コピー:"、 ""、1、1)
xMovedAppointment.Save
終了する場合
終了する場合
ElseIf Item.Class = olMeetingRequest Then
xMeeting=Itemを設定します
xCopiedAppointment = xMeeting.GetAssociatedAppointment(True).Copyを設定します
xMovedAppointment = xCopiedAppointment.Move(GMovedCalendarFolder)を設定します
xMeeting.Subject <>xMovedAppointment.SubjectThenの場合
InStr(1、xMovedAppointment.Subject、 "Copy:")>0の場合
xMovedAppointment.Subject = VBA.Replace(xMovedAppointment.Subject、 "コピー:"、 ""、1、1)
xMovedAppointment.Save
終了する場合
終了する場合
xCopiedAppointment.Delete
終了する場合
xCopiedAppointment=Nothingを設定します
End Subの
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
やあ! 複数のメールがある場合、これはどのように機能しますか? これは、同じメール内の複数の添付ファイルに対してのみですか? ありがとう!
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
おかげで、アプリケーションによって処理されるべき何かをするためにこれらの長さに行かなければならないのはばかげています
ここにはまだコメントが投稿されていません
あなたのコメントを残す
ゲストとして投稿
×
この投稿を評価:
0   文字
推奨される場所

フォローする

著作権©の2009 - WWW。extendoffice.com。 | | 全著作権所有。 搭載 ExtendOffice。 | サイトマップ
MicrosoftおよびOfficeのロゴは、米国MicrosoftCorporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
SectigoSSLで保護