メインコンテンツへスキップ

電子メールの添付ファイルの名前を変更してOutlookのフォルダーに保存するにはどうすればよいですか?

Outlookでは、通常、添付ファイル付きのメッセージを受信する可能性があります。メッセージの添付ファイルの名前を変更して、下のスクリーンショットに示すようにフォルダーに保存しようとしていますか? もちろん、フォルダに保存してXNUMXつずつ名前を変更することもできますが、実際には、VBAコードを使用すると、すべての添付ファイルの名前を同じ名前にすばやく変更して、XNUMXつのフォルダに保存できます。
doc名前変更保存添付1

名前を変更して、同じ名前の添付ファイルをフォルダに保存します

添付ファイルの名前を変更して、Kutools forOutlookを使用してフォルダーに保存します


Outlookの元の添付ファイルを含む返信メッセージ

ご存知のとおり、Outlookで受信者にメッセージを返信すると、添付された添付ファイルは元のメッセージから削除されます。 添付ファイルをつけたままマッサージに返信したい場合は、 Outlook用Kutools's 添付ファイルで返信 機能、それは元の添付ファイルでXNUMXつのメッセージに返信することができ、すべてのmessafeでも機能します。    クリックすると全機能が表示され、60 日間の無料トライアルが可能です。
 
添付ファイル付きのドキュメント返信
 
Kutools for Outlook:数十の便利なOutlookアドインがあり、60日以内に制限なしで無料で試すことができます。
Office タブ - Microsoft Office でタブによる編集と参照を有効にし、仕事をスムーズにします
Kutools for Outlook - 100 以上の高度な機能で Outlook を強化し、優れた効率を実現します
これらの高度な機能を使用して、Outlook 2021 ~ 2010 または Outlook 365 を強化します。 包括的な 60 日間の無料トライアルを利用して、メール エクスペリエンスを向上させてください。

名前を変更して、同じ名前の添付ファイルをフォルダに保存します

1.添付ファイルを保存するメッセージを選択し、同じ名前に名前を変更します。

2。 押す Alt + F11 keys、それから Project1 ペイン、ダブルクリック このOutlookSession 右側のセクションに新しい空白のスクリプトを作成し、コードをコピーして貼り付けます。

VBA:添付ファイルの名前を変更して保存する

Public Sub SaveAttachsToDisk()
'UpdatebyExtendoffice20180521
Dim xItem As Object  'Outlook.MailItem
Dim xSelection As Selection
Dim xAttachment As Outlook.Attachment
Dim xFldObj As Object
Dim xSaveFolder As String
Dim xFSO As Scripting.FileSystemObject
Dim xFile As File
Dim xFilePath As String
Dim xNewName, xTmpName As String
Dim xExt As String
Dim xCount As Integer
On Error Resume Next
Set xFldObj = CreateObject("Shell.Application").browseforfolder(0, "Select a Folder", 0, 16)
Set xFSO = New Scripting.FileSystemObject
If xFldObj Is Nothing Then Exit Sub
xSaveFolder = xFldObj.Items.Item.Path & "\"
Set xSelection = Outlook.Application.ActiveExplorer.Selection
xNewName = InputBox("Attachment Name:", "Kutools for Outlook", xNewName)
If Len(Trim(xNewName)) = 0 Then Exit Sub
For Each xItem In xSelection
    For Each xAttachment In xItem.Attachments
        xFilePath = xSaveFolder & xAttachment.FileName
        xAttachment.SaveAsFile xFilePath
        Set xFile = xFSO.GetFile(xFilePath)
        xCount = 1
        Saved = False
        xExt = "." & xFSO.GetExtensionName(xFilePath)
        xTmpName = xNewName
        xNewName = xTmpName & xExt
        If xFSO.FileExists(xSaveFolder & xNewName) = False Then
            xFile.Name = xNewName
            xNewName = xTmpName
        Else
            xTmpName = Left(xNewName, Len(xNewName) - Len(xExt))
            While Saved = False
                xNewName = xTmpName & xCount & xExt
                If xFSO.FileExists(xSaveFolder & xNewName) = False Then
                    xFile.Name = xNewName
                    xNewName = xTmpName
                    Saved = True
                Else
                    xCount = xCount + 1
                End If
            Wend
        End If
    Next
Next
Set xFSO = Nothing
End Sub

docの名前を変更して添付ファイルをフォルダに保存2

3。 クリック 工具 > リファレンス、ポップダイアログでチェックします Microsoftスクリプトランタイム チェックボックスをオンにします。

docの名前を変更して添付ファイルをフォルダに保存3 右矢印ドキュメント docの名前を変更して添付ファイルをフォルダに保存4

4。 クリック OK、 押す F5 コードを実行するためのキー、 フォルダを参照 添付ファイルを配置するフォルダを選択または作成するためのダイアログが表示されます。
docの名前を変更して添付ファイルをフォルダに保存5

5。 クリック OK、次に添付ファイルの名前を付けます。
docの名前を変更して添付ファイルをフォルダに保存6

6。 クリック OK、添付ファイルの名前が同じ名前に変更されました。重複している場合は、重複しているものに接尾辞として番号が追加されます。


添付ファイルの名前を変更して、Kutools forOutlookを使用してフォルダーに保存します

実は、に機能があります Outlook用Kutools --Outlookの便利なアドインツールは、保存または送信する前にすべての添付ファイルの名前を変更できます。

Kutools for Outlook , 含まれています  Microsoft Outlook 2016、2013、2010、およびOffice365の強力な機能とツール。

無料インストール Outlook用Kutoolsを実行し、次の手順を実行します。

1.必要に応じて、否定ペインまたはメッセージボックスで電子メールをアクティブにします。 クツール > アタッチメントツールすべての名前を変更.
doc名前変更保存添付2

2.ポップダイアログで、各添付ファイルに使用する新しい名前を入力します。 クリック OK、添付ファイルの名前が新しい名前に変更されました。
doc名前変更保存添付3 

3. XNUMXつの添付ファイルを右クリックして、[ すべての添付ファイルを保存、クリック OK 必要に応じて、添付ファイルを保存するフォルダを選択します。 次に、名前が変更された添付ファイルがフォルダに保存されました。
doc名前変更保存添付5 
doc名前変更保存添付5


最高のオフィス生産性向上ツール

Outlook用Kutools - Outlook を強化する 100 以上の強力な機能

📧 自動メール: 不在時 (POP および IMAP で利用可能)  /  メール送信のスケジュール設定  /  メール送信時のルールによる自動CC/BCC  /  自動転送 (高度なルール)   /  あいさつを自動追加   /  複数受信者の電子メールを個別のメッセージに自動的に分割する ...

📨 電子メール管理: メールを簡単に思い出す  /  件名などで詐欺メールをブロック  /  重複するメールを削除する  /  高度な検索  /  フォルダーを統合する ...

📁 アタッチメント プロバッチ保存  /  バッチデタッチ  /  バッチ圧縮  /  自動保存   /  自動デタッチ  /  自動圧縮 ...

🌟 インターフェースマジック: 😊もっと可愛くてクールな絵文字   /  タブ付きビューで Outlook の生産性を向上  /  Outlook を閉じる代わりに最小化する ...

???? ワンクリックの驚異: 受信した添付ファイルをすべてに返信する  /   フィッシングメール対策  /  🕘送信者のタイムゾーンを表示 ...

👩🏼‍🤝‍👩🏻 連絡先とカレンダー: 選択したメールから連絡先を一括追加  /  連絡先グループを個別のグループに分割する  /  誕生日のリマインダーを削除する ...

オーバー 100の特長 あなたの探索をお待ちしています! ここをクリックして詳細をご覧ください。

 

 

Comments (4)
No ratings yet. Be the first to rate!
This comment was minimized by the moderator on the site
Thanks, it is ridiculous that we have to go to these lengths to do something that should be handled by the application
This comment was minimized by the moderator on the site
Hi! How can this work if having multiple emails? Is this only for multiple attachments in same email? Thanks!
This comment was minimized by the moderator on the site
Hey there! Do you know how we can improve the below code to rename the file when saved?

Public Sub UnzipFileInOutlook(itm As Outlook.MailItem)
Dim objAtt As Outlook.Attachment
Dim saveFolder As String
saveFolder = "C:\Users\acheng\Desktop"
For Each objAtt In itm.Attachments
objAtt.SaveAsFile saveFolder
Set objAtt = Nothing
Next
End Sub
This comment was minimized by the moderator on the site
Hello, Lipe, may be this code can help you.

Private Sub CopyToDefaultCalendarFld(ByVal Item As Object)
Dim xCopiedAppointment As Outlook.AppointmentItem
Dim xMovedAppointment As Outlook.AppointmentItem
Dim xMeeting As MeetingItem
Dim xApoint As AppointmentItem
On Error Resume Next
If Item.Class = olAppointment Then
Set xApoint = Item
Set xCopiedAppointment = xApoint.Copy
Set xMovedAppointment = xCopiedAppointment.Move(GMovedCalendarFolder)
If xApoint.Subject <> xMovedAppointment.Subject Then
If InStr(1, xMovedAppointment.Subject, "Copy: ") > 0 Then
xMovedAppointment.Subject = VBA.Replace(xMovedAppointment.Subject, "Copy: ", "", 1, 1)
xMovedAppointment.Save
End If
End If
ElseIf Item.Class = olMeetingRequest Then
Set xMeeting = Item
Set xCopiedAppointment = xMeeting.GetAssociatedAppointment(True).Copy
Set xMovedAppointment = xCopiedAppointment.Move(GMovedCalendarFolder)
If xMeeting.Subject <> xMovedAppointment.Subject Then
If InStr(1, xMovedAppointment.Subject, "Copy: ") > 0 Then
xMovedAppointment.Subject = VBA.Replace(xMovedAppointment.Subject, "Copy: ", "", 1, 1)
xMovedAppointment.Save
End If
End If
xCopiedAppointment.Delete
End If
Set xCopiedAppointment = Nothing
End Sub
There are no comments posted here yet
Please leave your comments in English
Posting as Guest
×
Rate this post:
0   Characters
Suggested Locations