メインコンテンツへスキップ

Outlookでフラグが立てられたメッセージの数を数える方法は?

Outlookでは、メッセージ、連絡先、またはタスクにフラグを付けて目立たせることができますが、場合によっては、Outlookでフラグが立てられたアイテムの数を数える必要があります。 Outlookでこのタスクをどのように処理できますか?

検索フォルダを使用して、XNUMXつのアカウントでフラグが立てられたメッセージの数を数えます

VBAコードを使用して、すべてのアカウントでフラグが立てられたメッセージ/連絡先/タスクの数を個別にカウントします


検索フォルダを使用して、XNUMXつのアカウントでフラグが立てられたメッセージの数を数えます

Outlookのアカウントでフラグが立てられた電子メールの数を数えるには、 検索フォルダ 機能はあなたを助けることができます、これをしてください:

1。 右クリック 検索フォルダ メールアカウントの下で、を選択します 新しい検索フォルダ、スクリーンショットを参照してください:

ドキュメントカウントフラグ付きアイテム1

2。 次に、 新しい検索フォルダ ダイアログボックスが表示されたら、をクリックします フォローアップのフラグが立てられたメール 内のオプション メールを読む セクション、スクリーンショットを参照してください:

ドキュメントカウントフラグ付きアイテム2

3。 次に、をクリックします OK、およびフラグが立てられたすべてのメッセージがにコピーされます フォローアップのため フォルダー、およびフラグが立てられた電子メールの総数は、次のスクリーンショットのように表示されます。

ドキュメントカウントフラグ付きアイテム3


VBAコードを使用して、すべてのアカウントでフラグが立てられたメッセージ/連絡先/タスクの数を個別にカウントします

Outlookの電子メール、連絡先、タスクなど、フラグが立てられたすべてのアイテムの数を個別にカウントする場合は、次のVBAコードを使用すると便利です。

1。 を押し続けます Alt + F11 キーを押して アプリケーション向け Microsoft Visual Basic 窓。

2。 次に、をクリックします。 インセット > モジュール、以下のコードをコピーして、開いた空白のモジュールに貼り付けます。スクリーンショットを参照してください。

VBAコード:Outlookでフラグが立てられた回数を数えます。

Dim GSeparateCount, GMailCount, GContactCount, GTaskCount As Long
Sub CountFlaggedItems()
Dim xStore As Outlook.Store
Dim xTotalCount As Long
Dim xPrompt As String
Dim xFolder As Folder
Dim i, k As Integer
On Error Resume Next
xTotalCount = 0
GMailCount = 0
GContactCount = 0
GTaskCount = 0
For Each xStore In Application.Session.Stores
    For Each xFolder In xStore.GetRootFolder.Folders
       Call ProcessFolders(xFolder)
    Next
Next
xTotalCount = GMailCount + GContactCount + GTaskCount
xPrompt = xTotalCount & " items have been flagged, as follows: " & Chr(10) & Chr(10) & "Emails: " & GMailCount & Chr(10) & "Contacts: " & GContactCount & Chr(10) & "Tasks: " & GTaskCount
MsgBox xPrompt, vbInformation + vbOKOnly, "Kutools for Outlook"
End Sub
Sub ProcessFolders(ByVal CurFolder As Outlook.Folder)
Dim xSubfolder As Outlook.Folder
Dim xItem As Object
Dim i, k As Integer
On Error Resume Next
For i = CurFolder.Items.Count To 1 Step -1
    Set xItem = CurFolder.Items.item(i)
    Select Case xItem.Class
        Case olMail, olPost, olSharing
            If xItem.IsMarkedAsTask = True Then
                GMailCount = GMailCount + 1
            End If
        Case olContact, olDistList
            If xItem.IsMarkedAsTask = True Then
                GContactCount = GContactCount + 1
            End If
        Case olTask
            If CurFolder.DefaultItemType = olTaskItem Then
            GTaskCount = GTaskCount + 1
            End If
    End Select
Next i
If CurFolder.Folders.Count > 0 Then
        For k = CurFolder.Folders.Count To 1 Step -1
            Set xSubfolder = CurFolder.Folders.item(k)
            Call ProcessFolders(xSubfolder)
        Next k
    End If
End Sub

ドキュメントカウントフラグ付きアイテム4

3。 次に、 F5 このコードを実行するためのキーを押すと、以下のスクリーンショットに示すように、フラグが立てられたすべてのアイテムの総数を示すプロンプトボックスが表示されます。

ドキュメントカウントフラグ付きアイテム5


Outlookで、今日、昨日、既読、未読、合計アイテムの数を数えます

Outlook用Kutools強力です 統計 機能では、必要に応じて、日付、選択したアイテム、既読、未読などに基づいてitmesの数を取得できます。

ドキュメントカウントフラグ付きアイテム6

Outlook用Kutools:100以上の便利なExcelアドインがあり、60日以内に制限なしで無料で試すことができます。 今すぐ無料トライアルをダウンロードしてお試しください!

最高のオフィス生産性向上ツール

Outlook用Kutools - Outlook を強化する 100 以上の強力な機能

📧 自動メール: 不在時 (POP および IMAP で利用可能)  /  メール送信のスケジュール設定  /  メール送信時のルールによる自動CC/BCC  /  自動転送 (高度なルール)   /  あいさつを自動追加   /  複数受信者の電子メールを個別のメッセージに自動的に分割する ...

📨 電子メール管理: メールを簡単に思い出す  /  件名などで詐欺メールをブロック  /  重複するメールを削除する  /  高度な検索  /  フォルダーを統合する ...

📁 アタッチメント プロバッチ保存  /  バッチデタッチ  /  バッチ圧縮  /  自動保存   /  自動デタッチ  /  自動圧縮 ...

🌟 インターフェースマジック: 😊もっと可愛くてクールな絵文字   /  タブ付きビューで Outlook の生産性を向上  /  Outlook を閉じる代わりに最小化する ...

???? ワンクリックの驚異: 受信した添付ファイルをすべてに返信する  /   フィッシングメール対策  /  🕘送信者のタイムゾーンを表示 ...

👩🏼‍🤝‍👩🏻 連絡先とカレンダー: 選択したメールから連絡先を一括追加  /  連絡先グループを個別のグループに分割する  /  誕生日のリマインダーを削除する ...

オーバー 100の特長 あなたの探索をお待ちしています! ここをクリックして詳細をご覧ください。

 

 

Comments (1)
No ratings yet. Be the first to rate!
This comment was minimized by the moderator on the site
Das ist ja jetzt wohl nicht die Wahrheit. Ich brauche VBA oder soll umständliche Ordneraktionen durchführen um die Zahl der aktuell gewählten Kontakte zu lesen? So lange es solche Zumutungen bei Office gibt wird Arbeiten mit dieser Suite keinen Spaß machen. Ich stoße immer wieder auf Funktionen, die man als Anwender bei einem Officeprogramm voraussetzt und muß dann leidvoll erfahren, dass man einfachste Vorgängen nur mit Kopfständen oder eben VBA erledigen kann. Super, Microsoft!
There are no comments posted here yet
Please leave your comments in English
Posting as Guest
×
Rate this post:
0   Characters
Suggested Locations