メインコンテンツへスキップ

Outlookで返信と転送に異なる署名を設定するにはどうすればよいですか?

通常、Outlookのアカウントごとに異なる署名を設定できますが、返信と転送に異なる署名を適用しようとしたことがあります。 つまり、メールに返信すると、signature1が挿入され、メールを転送すると、signature2が適用されます。 Outlookでこのタスクをどのように解決できますか?

VBAコードを使用した返信と転送に異なる署名を設定する


VBAコードを使用した返信と転送に異なる署名を設定する

次のVBAコードは、返信と転送に異なる署名を設定するのに役立ちます。以下の手順をXNUMXつずつ実行してください。

1。 を押し続けます Alt + F11 キーを押して アプリケーション向け Microsoft Visual Basic 窓。

2。 次に、をクリックします。 インセット > モジュール、以下のコードをコピーして、開いた空白のモジュールに貼り付けます。スクリーンショットを参照してください。

VBAコード:返信と転送に異なる署名を設定します:

Public WithEvents GExplorer As Outlook.Explorer
Public WithEvents GMail As Outlook.MailItem
Public GFSO As Scripting.FileSystemObject
Public GTextStream As Scripting.TextStream
Public GText As String
Private Sub Application_Startup()
    Set GExplorer = Outlook.Application.ActiveExplorer
    Set GFSO = New Scripting.FileSystemObject
End Sub
Private Sub GExplorer_SelectionChange()
    Dim xItem As Object
    On Error Resume Next
    Set xItem = GExplorer.Selection.Item(1)
    If xItem.Class <> olMail Then Exit Sub
    Set GMail = xItem
End Sub
Private Sub GMail_Reply(ByVal Response As Object, Cancel As Boolean)
    InsertSignature Response, "Signature1.htm"   'change this signature name for replies
End Sub
Private Sub GMail_Forward(ByVal Forward As Object, Cancel As Boolean)
    InsertSignature Forward, " Signature2.htm"    'change this signature name for forwards
End Sub
Private Sub InsertSignature(Item As Object, SignName As String)
    Dim xSignatureFile As String
    Dim xMailItem As Outlook.MailItem
    xSignatureFile = CreateObject("WScript.Shell").SpecialFolders(5)
    xSignatureFile = xSignatureFile & "\Microsoft\Signatures\" & SignName
    Set GTextStream = GFSO.OpenTextFile(xSignatureFile)
    GText = ""
    GText = GTextStream.ReadAll
    If Item.Class <> olMail Then Exit Sub
    Set xMailItem = Item
    With xMailItem
        .Display
        .HTMLBody = .HTMLBody & "<br><br>" & GText
    End With
End Sub

Note:上記のコードでは、 Signature1 > Signature2 返信と転送に使用するXNUMXつの署名名です。 必要に応じて名前を変更してください。

doc sigforwar返信1

3。 まだ アプリケーション向け Microsoft Visual Basic ウィンドウ、クリック 工具 > リファレンス 参考資料-Project1 ダイアログボックスをクリックし、チェックします Microsoftスクリプトランタイム オプションから 利用可能な参考文献 リストボックス、スクリーンショットを参照:

doc sigforwar返信2

4。 そして、 OK ダイアログを閉じるには、これ以降、メールに返信すると、Signature1がすぐに挿入されます。スクリーンショットを参照してください。

doc sigforwar返信3

また、メッセージを転送すると、Signature2が次のスクリーンショットのように挿入されます。

doc sigforwar返信4


最高のオフィス生産性向上ツール

Outlook用Kutools - Outlook を強化する 100 以上の強力な機能

📧 自動メール: 不在時 (POP および IMAP で利用可能)  /  メール送信のスケジュール設定  /  メール送信時のルールによる自動CC/BCC  /  自動転送 (高度なルール)   /  あいさつを自動追加   /  複数受信者の電子メールを個別のメッセージに自動的に分割する ...

📨 電子メール管理: メールを簡単に思い出す  /  件名などで詐欺メールをブロック  /  重複するメールを削除する  /  高度な検索  /  フォルダーを統合する ...

📁 アタッチメント プロバッチ保存  /  バッチデタッチ  /  バッチ圧縮  /  自動保存   /  自動デタッチ  /  自動圧縮 ...

🌟 インターフェースマジック: 😊もっと可愛くてクールな絵文字   /  タブ付きビューで Outlook の生産性を向上  /  Outlook を閉じる代わりに最小化する ...

???? ワンクリックの驚異: 受信した添付ファイルをすべてに返信する  /   フィッシングメール対策  /  🕘送信者のタイムゾーンを表示 ...

👩🏼‍🤝‍👩🏻 連絡先とカレンダー: 選択したメールから連絡先を一括追加  /  連絡先グループを個別のグループに分割する  /  誕生日のリマインダーを削除する ...

オーバー 100の特長 あなたの探索をお待ちしています! ここをクリックして詳細をご覧ください。

 

 

Comments (0)
No ratings yet. Be the first to rate!
There are no comments posted here yet
Please leave your comments in English
Posting as Guest
×
Rate this post:
0   Characters
Suggested Locations