メインコンテンツへスキップ

 Outlookの特定の添付ファイルに基づいて電子メールに自動的にフラグを立てる方法は?

特定の重要な添付ファイルが付いた電子メールを受信する場合は、フラグを立てる必要がある場合があります。これにより、フローアップ用の電子メールをすばやく簡単に見つけることができます。 この記事では、特定の名前の添付ファイルを電子メールに自動的にフラグ付けする簡単な方法について説明します。

VBAコードを使用した特定の添付ファイルに基づいてメールに自動的にフラグを付ける


VBAコードを使用した特定の添付ファイルに基づいてメールに自動的にフラグを付ける

特定の添付ファイルを含む電子メールに自動フラグを立てるには、次のVBAコードを適用してください。

1。 Outlookを起動し、 Alt + F11 キーを押して アプリケーション向け Microsoft Visual Basic 窓。

2。 の中に アプリケーション向け Microsoft Visual Basic ウィンドウ、ダブルクリック このOutlookSession Project1(VbaProject.OTM) ペインで新しいモードを開き、次のコードをコピーして空のモジュールに貼り付けます。

VBAコード:特定の添付ファイルに基づいてメールに自動フラグを付けます。

Public WithEvents GMailItems As Outlook.Items
Private Sub Application_Startup()
    Set GMailItems = Outlook.Application.Session.GetDefaultFolder(olFolderInbox).Items
End Sub

Private Sub GMailItems_ItemAdd(ByVal Item As Object)
    If Item.Class <> olMail Then Exit Sub
    FlagEmail_SpecificAttachments Item
End Sub

Sub FlagEmail_SpecificAttachments(Mail As Outlook.MailItem)
    Dim xAttachment As Outlook.Attachment
    Dim xExt As String
    Dim xFileName As String
    If Mail.Attachments.Count = 0 Then Exit Sub
    For Each xAttachment In Mail.Attachments
        xExt = SplitPath(xAttachment.FileName, 2)
        xFileName = SplitPath(xAttachment.FileName, 1)
        Select Case xExt
            Case "txt", "xlsx", "docx", "pdf"  'Add the file extension as you need
                If InStr(LCase(xFileName), LCase("KTO")) > 0 Then 'Change the text of the attachment name
                    With Mail
                        .ReminderSet = True
                        .ReminderTime = Now + 1
                        .MarkAsTask olMarkTomorrow
                        .Save
                    End With
                End If
        End Select
    Next
End Sub

Public Function SplitPath(FullPath As String, ResultFlag As Integer) As String
Dim xSplitPos As Integer, xDotPos As Integer
xSplitPos = InStrRev(FullPath, "/")
xDotPos = InStrRev(FullPath, ".")
Select Case ResultFlag
    Case 0
        SplitPath = Left(FullPath, xSplitPos - 1)
    Case 1
        If xDotPos = 0 Then xDotPos = Len(FullPath) + 1
        SplitPath = Mid(FullPath, xSplitPos + 1, xDotPos - xSplitPos - 1)
    Case 2
        If xDotPos = 0 Then xDotPos = Len(FullPath)
        SplitPath = Mid(FullPath, xDotPos + 1)
    Case Else
    Err.Raise vbObjectError + 1, "SplitPath Function", "Invalid Parameter!"
End Select
End Function

Note:上記のコードでは、ファイル拡張子と添付ファイル名を必要に応じて変更できます。

doc自動フラグメール1

3。 次に、コードを保存し、Outlookを再起動してコードを有効にします。添付ファイルの名前に指定されたテキストが含まれている電子メールを受信すると、Outlookはフォローアップのためにこの電子メールに自動的にフラグを付けます。スクリーンショットを参照してください。

doc自動フラグメール2


最高のオフィス生産性向上ツール

Outlook用Kutools - Outlook を強化する 100 以上の強力な機能

📧 自動メール: 不在時 (POP および IMAP で利用可能)  /  メール送信のスケジュール設定  /  メール送信時のルールによる自動CC/BCC  /  自動転送 (高度なルール)   /  あいさつを自動追加   /  複数受信者の電子メールを個別のメッセージに自動的に分割する ...

📨 電子メール管理: メールを簡単に思い出す  /  件名などで詐欺メールをブロック  /  重複するメールを削除する  /  高度な検索  /  フォルダーを統合する ...

📁 アタッチメント プロバッチ保存  /  バッチデタッチ  /  バッチ圧縮  /  自動保存   /  自動デタッチ  /  自動圧縮 ...

🌟 インターフェースマジック: 😊もっと可愛くてクールな絵文字   /  タブ付きビューで Outlook の生産性を向上  /  Outlook を閉じる代わりに最小化する ...

???? ワンクリックの驚異: 受信した添付ファイルをすべてに返信する  /   フィッシングメール対策  /  🕘送信者のタイムゾーンを表示 ...

👩🏼‍🤝‍👩🏻 連絡先とカレンダー: 選択したメールから連絡先を一括追加  /  連絡先グループを個別のグループに分割する  /  誕生日のリマインダーを削除する ...

オーバー 100の特長 あなたの探索をお待ちしています! ここをクリックして詳細をご覧ください。

 

 

Comments (0)
No ratings yet. Be the first to rate!
There are no comments posted here yet
Please leave your comments in English
Posting as Guest
×
Rate this post:
0   Characters
Suggested Locations