Note: The other languages of the website are Google-translated. Back to English

 Outlookの特定の添付ファイルに基づいて電子メールに自動的にフラグを立てる方法は?

特定の重要な添付ファイルが付いた電子メールを受信する場合は、フラグを立てる必要がある場合があります。これにより、フローアップ用の電子メールをすばやく簡単に見つけることができます。 この記事では、特定の名前の添付ファイルを電子メールに自動的にフラグ付けする簡単な方法について説明します。

VBAコードを使用した特定の添付ファイルに基づいてメールに自動的にフラグを付ける


VBAコードを使用した特定の添付ファイルに基づいてメールに自動的にフラグを付ける

特定の添付ファイルを含む電子メールに自動フラグを立てるには、次のVBAコードを適用してください。

1。 Outlookを起動し、 Alt + F11 キーを押して アプリケーション向け Microsoft Visual Basic 窓。

2。 の中に アプリケーション向け Microsoft Visual Basic ウィンドウ、ダブルクリック このOutlookSession から Project1(VbaProject.OTM) ペインで新しいモードを開き、次のコードをコピーして空のモジュールに貼り付けます。

VBAコード:特定の添付ファイルに基づいてメールに自動フラグを付けます。

Public WithEvents GMailItems As Outlook.Items
Private Sub Application_Startup()
    Set GMailItems = Outlook.Application.Session.GetDefaultFolder(olFolderInbox).Items
End Sub

Private Sub GMailItems_ItemAdd(ByVal Item As Object)
    If Item.Class <> olMail Then Exit Sub
    FlagEmail_SpecificAttachments Item
End Sub

Sub FlagEmail_SpecificAttachments(Mail As Outlook.MailItem)
    Dim xAttachment As Outlook.Attachment
    Dim xExt As String
    Dim xFileName As String
    If Mail.Attachments.Count = 0 Then Exit Sub
    For Each xAttachment In Mail.Attachments
        xExt = SplitPath(xAttachment.FileName, 2)
        xFileName = SplitPath(xAttachment.FileName, 1)
        Select Case xExt
            Case "txt", "xlsx", "docx", "pdf"  'Add the file extension as you need
                If InStr(LCase(xFileName), LCase("KTO")) > 0 Then 'Change the text of the attachment name
                    With Mail
                        .ReminderSet = True
                        .ReminderTime = Now + 1
                        .MarkAsTask olMarkTomorrow
                        .Save
                    End With
                End If
        End Select
    Next
End Sub

Public Function SplitPath(FullPath As String, ResultFlag As Integer) As String
Dim xSplitPos As Integer, xDotPos As Integer
xSplitPos = InStrRev(FullPath, "/")
xDotPos = InStrRev(FullPath, ".")
Select Case ResultFlag
    Case 0
        SplitPath = Left(FullPath, xSplitPos - 1)
    Case 1
        If xDotPos = 0 Then xDotPos = Len(FullPath) + 1
        SplitPath = Mid(FullPath, xSplitPos + 1, xDotPos - xSplitPos - 1)
    Case 2
        If xDotPos = 0 Then xDotPos = Len(FullPath)
        SplitPath = Mid(FullPath, xDotPos + 1)
    Case Else
    Err.Raise vbObjectError + 1, "SplitPath Function", "Invalid Parameter!"
End Select
End Function

注意:上記のコードでは、ファイル拡張子と添付ファイル名を必要に応じて変更できます。

doc自動フラグメール1

3。 次に、コードを保存し、Outlookを再起動してコードを有効にします。添付ファイルの名前に指定されたテキストが含まれている電子メールを受信すると、Outlookはフォローアップのためにこの電子メールに自動的にフラグを付けます。スクリーンショットを参照してください。

doc自動フラグメール2


Kutools for Outlook-100の高度な機能をOutlookにもたらし、作​​業をはるかに簡単にします!

  • 自動CC / BCC メール送信時のルールによる。 自動転送 カスタムによる複数の電子メール。 自動返信 Exchangeサーバーなし、およびより多くの自動機能...
  • BCC警告 -全員に返信しようとするとメッセージを表示する メールアドレスがBCCリストにある場合; 添付ファイルがない場合に通知する、その他の機能を思い出させる...
  • メール会話のすべての添付ファイルで(すべて)返信; 多くのメールに返信する すぐに; あいさつを自動追加 返信するとき; 件名に日付を追加...
  • 添付ファイルツール:すべてのメールのすべての添付ファイルを管理し、 自動デタッチ, すべて圧縮、すべての名前を変更、すべて保存...クイックレポート、 選択したメールを数える...
  • 強力な迷惑メール 習慣による; 重複するメールと連絡先を削除する... Outlookでよりスマートに、より速く、より良くすることができます。
ショットkutoolsの見通しkutoolsタブ1180x121
ショットkutoolsの見通しkutoolsプラスタブ1180x121
 
コメントを並べ替える
コメント (0)
まだ評価はありません。 最初に評価してください!
ここにはまだコメントが投稿されていません
あなたのコメントを残す
ゲストとして投稿
×
この投稿を評価:
0   文字
推奨される場所

フォローする

著作権©の2009 - WWW。extendoffice.com。 | | 全著作権所有。 搭載 ExtendOffice。 | サイトマップ
MicrosoftおよびOfficeのロゴは、米国MicrosoftCorporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
SectigoSSLで保護