Note: The other languages of the website are Google-translated. Back to English

Outlookから送信済みアイテムフォルダで正常に返信するにはどうすればよいですか? 

通常、送信済みアイテムフォルダの返信機能をクリックして、送信した相手に別の追加メッセージを送信すると、次のスクリーンショットのように、自分のメールアドレスが[宛先]フィールドに表示されます。 これは、毎回アドレスを変更するのが面倒な場合があります。 Outlookに、自分のアドレスではなく、元の受信者のアドレスを使用させるにはどうすればよいでしょうか。

doc返信送信メール1

すべて返信機能を使用して、Outlookから送信済みアイテムフォルダに通常どおり返信する

Outlookから送信済みアイテムフォルダにVBAコードで通常どおり返信する


すべて返信機能を使用して、Outlookから送信済みアイテムフォルダに通常どおり返信する

Outlookでは、 全員に返信 機能は、この問題の解決に役立ちます。次のようにしてください。

元の受信者のアドレスを保持するために再送信するために送信された電子メールに返信する必要がある場合は、をクリックしてください 全員に返信 ボタンをクリックすると、元の受信者のアドレスはにあります 次のスクリーンショットのようなフィールド:

doc返信送信メール2


Outlookから送信済みアイテムフォルダにVBAコードで通常どおり返信する

いつか、あなたは忘れるかもしれません 全員に返信 送信されたメッセージに返信するときの機能。以下のVBAコードは、返信機能を使用して、送信済みアイテムフォルダーで正常に返信するのに役立ちます。 次の手順で実行します。

1。 を押し続けます Alt + F11 キーを押して アプリケーション向け Microsoft Visual Basic 窓。

2。 の中に アプリケーション向け Microsoft Visual Basic ウィンドウ、ダブルクリック このOutlookSession から Project1(VbaProject.OTM) ペインでモードを開き、次のコードをコピーして空のモジュールに貼り付けます。

VBAコード:Outlookの[送信済みアイテム]フォルダーで通常どおり返信します。

Option Explicit
Private WithEvents GExplorer As Explorer
Private WithEvents GMailItem As MailItem
Private Sub Application_Startup()
    Set GExplorer = Application.ActiveExplorer
End Sub
Private Sub GExplorer_SelectionChange()
   On Error Resume Next
   Set GMailItem = GExplorer.Selection.Item(1)
End Sub
Private Sub GMailItem_Reply(ByVal Response As Object, Cancel As Boolean)
Dim xResponse As MailItem
Dim xRecipients As Outlook.Recipients
Dim xRecipient As Outlook.Recipient
Dim i As Integer
Dim xTo As String, xCC As String, xBCC As String, xName As String
On Error Resume Next
If Application.ActiveExplorer.CurrentFolder <> Session.GetDefaultFolder(olFolderSentMail) Then
    Exit Sub
End If
Cancel = True
Set xResponse = GMailItem.Reply
Set xRecipients = GMailItem.Recipients
For i = xRecipients.Count To 1 Step -1
    Set xRecipient = xRecipients.Item(i)
    xName = xRecipient.Name
    If Left(xName, 1) = "'" Then
        xName = Mid(xName, 2, Len(xRecipient.Name) - 2)
    End If
    Select Case xRecipient.Type
        Case olTo
            xTo = xName & ";" & xTo
        Case olCC
            xCC = xName & ";" & xCC
        Case olBCC
            xBCC = xName & ";" & xBCC
    End Select
Next
With xResponse
    .To = xTo
    .CC = xCC
    .BCC = xBCC
End With
xResponse.Recipients.ResolveAll
xResponse.Display
End Sub

doc返信送信メール3

3。 次に、コードを保存し、Outlookを再起動して、クリックするとコードが有効になります。 返信 でメールを再送信するには 送信済みアイテム フォルダの場合、必要に応じて元の受信者のアドレスが[宛先]フィールドに表示されます。


Kutools for Outlook-100の高度な機能をOutlookにもたらし、作​​業をはるかに簡単にします!

  • 自動CC / BCC メール送信時のルールによる。 自動転送 カスタムによる複数の電子メール。 自動返信 Exchangeサーバーなし、およびより多くの自動機能...
  • BCC警告 -全員に返信しようとするとメッセージを表示する メールアドレスがBCCリストにある場合; 添付ファイルがない場合に通知する、その他の機能を思い出させる...
  • メール会話のすべての添付ファイルで(すべて)返信; 多くのメールに返信する すぐに; あいさつを自動追加 返信するとき; 件名に日付を追加...
  • 添付ファイルツール:すべてのメールのすべての添付ファイルを管理し、 自動デタッチ, すべて圧縮、すべての名前を変更、すべて保存...クイックレポート、 選択したメールを数える...
  • 強力な迷惑メール 習慣による; 重複するメールと連絡先を削除する... Outlookでよりスマートに、より速く、より良くすることができます。
ショットkutoolsの見通しkutoolsタブ1180x121
ショットkutoolsの見通しkutoolsプラスタブ1180x121
 
コメントを並べ替える
コメント (0)
まだ評価はありません。 最初に評価してください!
ここにはまだコメントが投稿されていません
あなたのコメントを残す
ゲストとして投稿
×
この投稿を評価:
0   文字
推奨される場所

フォローする

著作権©の2009 - WWW。extendoffice.com。 | | 全著作権所有。 搭載 ExtendOffice。 | サイトマップ
MicrosoftおよびOfficeのロゴは、米国MicrosoftCorporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
SectigoSSLで保護