Note: The other languages of the website are Google-translated. Back to English

Outlookで終日のイベントのデフォルトをビジーに変更するにはどうすればよいですか?

既定では、Outlookは予定と会議のステータスをに設定します "忙しい"、 しかし、終日のイベントは "自由" (下のスクリーンショットを参照)。 終日イベントを作成するたびに、[表示形式]ステータスを[ビジー]に手動で変更する必要があります。 終日のイベントのステータスとしてのデフォルトの表示をビジーに変更するために、この記事ではXNUMXつの方法を提供しています。


カスタムフォームを作成して、終日のイベントのデフォルトをビジーに変更します

カスタムフォームは、デフォルトで終日のイベントを作成するのに役立ちます として表示 の状態 忙しい。 次のようにしてください。

1.カレンダービューに移動します。 クリック ホーム > 新しい予定.

2.新しい[予定]ウィンドウで、[開発者]>[このフォームのデザイン]をクリックします。

ヒント: もし ディベロッパー タブがリボンに表示されない場合は、方法に従ってください この記事では それを表示する。

3.次に、予約ウィンドウがデザインモードに変わります。 クリックする必要があります (P.2) タブでを確認できます。

4。 ドラッグする 終日イベント フィールドと として表示時間 からのフィールド フィールドチューザー 下のボードとは別にペイン (P.2) タブ

5.ドラッグアウトしたものを右クリックします 終日イベント フィールドを選択して選択します プロパティ コンテキストメニューから選択します。

6。 の中に プロパティ ダイアログボックスでは、次のように構成する必要があります。

6.1)に行く タブ;
6.2) 初期値 セクションで、 このフィールドの初期値をに設定します ボックス;
6.3)値を入力します 「本当」 テキストボックスに;
6.4)をクリックします OK ボタン。 スクリーンショットを参照してください:

7.のコンボボックスを右クリックします として表示時間 フィールドとクリック プロパティ コンテキストメニューから選択します。

8。 の中に プロパティ ダイアログボックスでは、次のように構成する必要があります。

8.1)に行く タブ;
8.2) 初期値 セクションで、 このフィールドの初期値をに設定します ボックス;
8.3)数字を入力してください2」をテキストボックスに入力します。
8.4)をクリックします OK ボタン。 スクリーンショットを参照してください:

9。 クリック パブリッシュ > フォームを別名で公開 リボンに。

10。 の中に フォームを別名で公開 ダイアログボックスでは、次のことを行う必要があります。

10.1)カスタムフォームの宛先フォルダを選択します 覗く ドロップダウンリスト。 ここで私は 個人用フォームライブラリ アイテム;
10.2)カスタムフォームに名前を付けます 表示名 テキストボックス;
10.3)をクリックします パブリッシュ ボタン。 スクリーンショットを参照してください:

11.保存せずに[予定]ウィンドウを閉じます。

12.今後、[表示]ステータスをデフォルトの[ビジー]に設定して終日イベントを作成する必要がある場合は、にシフトしてください。 カレンダー 表示してクリック ホーム > 新商品 > カスタムフォーム >「カスタムフォームの名前」。

注意: [ステータスとして表示]のデフォルトが[無料]の終日イベントを作成するには、通常どおりに実行します。をクリックします。 ホーム > 新しい予定、次に確認します 終日イベント 内箱 任命 窓。


VBAを使用して、終日のイベントのデフォルトをビジーに変更します

上記の方法はステップが多すぎます。 [表示形式]ステータスがデフォルトの[ビジー]の終日イベントを常に作成する必要がある場合は、次のVBAコードを使用すると簡単に作成できます。

1. Outlookを起動し、を押します 他の + F11 キーを同時に開いて アプリケーション向け Microsoft Visual Basic 窓。

2。 の中に アプリケーション向け Microsoft Visual Basic ウィンドウ、ダブルクリック Project1 > MicrosoftOutlookオブジェクト > このOutlookSession を開く このOutlookSession (コード) ウィンドウをクリックし、次のコードをこのコードウィンドウにコピーします。

VBAコード:終日のイベントステータスをデフォルトの「ビジー」に設定

Public WithEvents GInspectors As Inspectors
Public WithEvents GAppointmentItem As AppointmentItem

Private Sub Application_Startup()
'Updated by Extendoffice 20220413
  Set GInspectors = Application.Inspectors
End Sub

Private Sub GInspectors_NewInspector(ByVal Inspector As Inspector)
  Select Case Inspector.CurrentItem.Class
    Case olAppointment
      Set GAppointmentItem = Inspector.CurrentItem
  End Select
End Sub

Private Sub GAppointmentItem_Open(Cancel As Boolean)
  Select Case GAppointmentItem.AllDayEvent
    Case True
      GAppointmentItem.BusyStatus = olBusy
  End Select
End Sub

Private Sub GAppointmentItem_PropertyChange(ByVal Name As String)
  If Name = "AllDayEvent" Then
    Select Case GAppointmentItem.AllDayEvent
      Case True
        GAppointmentItem.BusyStatus = olBusy
    End Select
  End If
End Sub

3. VBAコードを保存し、Outlookを再起動します。

これからは、予定や会議を終日のイベントに変換した後、 として表示 ステータスは次のように表示されます "忙しい" デフォルトでは


関連記事

Outlookで終日のイベントのデフォルトのリマインダー時間を変更する
通常、終日のイベントのデフォルトのリマインダー時間は、Outlook 18/2007では2010時間、Outlook 0.5では2013。XNUMX日です。終日のイベントのデフォルトのリマインダー時間は、作業スケジュールと一致しない場合があります。 ここでは、MicrosoftOutlookで終日のイベントのデフォルトのリマインダー時間を変更する方法を紹介します。

Outlookでデフォルトのフォローアップ時間を変更する
ご存知のとおり、Outlookでメールのフォローアップのリマインダーを追加する場合、デフォルトのフォローアップ時間は午後4時30分(または勤務時間によっては他の時間)です。 ただし、デフォルトのフォローアップ時間を変更して、午前9時などの勤務時間の開始時に通知するようにすることもできます。 この記事では、Outlookのデフォルトのフォローアップ時間を変更する方法を紹介します。

Outlookでデフォルトのアーカイブの場所を変更する
既定では、Outlookにはアーカイブファイルの既定の場所があります。 デフォルトの場所に加えて、アーカイブファイルの独自のアーカイブ場所を設定できます。 このチュートリアルでは、Outlookのデフォルトのアーカイブの場所を変更する方法について詳しく説明します。

Outlookでデフォルトの添付ファイルの保存場所を変更する
Outlookを起動するたびに、指定した添付ファイルの場所を見つけることにうんざりしていませんか? このチュートリアルでは、デフォルトの添付ファイルの場所を変更する方法を示します。 その後、Outlookを再起動しても、添付ファイルを保存するたびに、指定した添付ファイル保存フォルダが自動的に開きます。

Outlookでの遅延配信のデフォルト時間を変更する
このチュートリアルでは、Outlookの遅延配信オプションのデフォルト時間を変更するのに役立つVBAコードを提供します。


Kutools for Outlook-100の高度な機能をOutlookにもたらし、作​​業をはるかに簡単にします!

  • 自動CC / BCC メール送信時のルールによる。 自動転送 カスタムによる複数の電子メール。 自動返信 Exchangeサーバーなし、およびより多くの自動機能...
  • BCC警告 -全員に返信しようとするとメッセージを表示する メールアドレスがBCCリストにある場合; 添付ファイルがない場合に通知する、その他の機能を思い出させる...
  • メール会話のすべての添付ファイルで(すべて)返信; 多くのメールに返信する すぐに; あいさつを自動追加 返信するとき; 件名に日付を追加...
  • 添付ファイルツール:すべてのメールのすべての添付ファイルを管理し、 自動デタッチ, すべて圧縮、すべての名前を変更、すべて保存...クイックレポート、 選択したメールを数える...
  • 強力な迷惑メール 習慣による; 重複するメールと連絡先を削除する... Outlookでよりスマートに、より速く、より良くすることができます。
ショットkutoolsの見通しkutoolsタブ1180x121
ショットkutoolsの見通しkutoolsプラスタブ1180x121
 
コメントを並べ替える
コメント (3)
まだ評価はありません。 最初に評価してください!
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
こんにちは、
XNUMX 番目の手法を試しましたが、うまくいきませんでした。 これが最新の Outlook バージョンでまだ機能するかどうか知っていますか?
ベスト、
ベン
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
こんにちは、ベンジャミン・ジャンです。
はい、コードは最新の Outlook バージョンでも動作しますか? エラープロンプトが表示されましたか?
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
こんにちは、
ani mě to nefunguje. Nevyskočila ani žádná zpráva.
Office Microsoft 365 アプリ プロ ベルケ オーガニザス。

Můžu to nějak trasovat nebo najít někde v logu?

ディク・ホンザ
ここにはまだコメントが投稿されていません
あなたのコメントを残す
ゲストとして投稿
×
この投稿を評価:
0   文字
推奨される場所

フォローする

著作権©の2009 - WWW。extendoffice.com。 | | 全著作権所有。 搭載 ExtendOffice。 | サイトマップ
MicrosoftおよびOfficeのロゴは、米国MicrosoftCorporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
SectigoSSLで保護