Note: The other languages of the website are Google-translated. Back to English

Outlook:応答がない場合に電子メールを自動再送信する方法

同僚や協力パートナー、または誰かに電子メールを送信し、緊急に応答が必要な場合、指定された時間より前に応答が到着しなかった場合は、自動再送信電子メール設定を設定できます。

リマインダーとVBAを使用して、応答がない場合に自動再送信を設定する

Officeタブ-Officeでタブ付きの編集と閲覧を有効にし、作業をはるかに簡単にします...
Kutools for Outlook-100の強力な高度な機能をMicrosoftOutlookにもたらします
  • 自動CC / BCC メール送信時のルールによる。 自動転送 ルールによる複数の電子メール。 自動返信 Exchangeサーバーなし、およびより多くの自動機能...
  • BCC警告 -メールアドレスがBCCリストにある場合、すべてに返信しようとするとメッセージを表示します。 添付ファイルがない場合に通知する、その他の機能を思い出させる...
  • すべての添付ファイルで(すべて)返信 メールでの会話。 一度に多くのメールに返信します。 あいさつを自動追加 返信するとき; 件名に日付と時刻を自動追加...
  • アタッチメントツール:自動デタッチ、すべて圧縮、すべての名前変更、すべて自動保存... クイックレポート、選択したメールを数える、 重複するメールと連絡先を削除する...
  • 100以上の高度な機能が あなたの問題のほとんどを解決します Outlook2010-2019および365で。全機能60日間の無料トライアル。

リマインダーとVBAを使用して、応答がない場合に自動再送信を設定する

 

パート1:指定された時間にリマインダーを設定するリマインダーを設定する

1.応答がない場合に再送信する電子メール([送信済みアイテム]フォルダーから)を右クリックし、ポップアップするコンテキストメニューで[]をクリックします。 フォローアップ > リマインダーを追加.

応答がない場合、ドキュメントは再送信します1

2.ポッピングで カスタム ダイアログ、維持 リマインダー チェックボックスをオンにしてから、下のドロップダウンボックスで、応答を受け取る前の日付と時刻を選択します。また、ボックスに日付と時刻を直接入力することもできます。 クリック OK.

応答がない場合、ドキュメントは再送信します1 応答がない場合、ドキュメントは再送信します1

パート2:指定された時間内に応答がない場合に電子メールを再送信するためにVBAを挿入します

3。 押す 他の + F11 を有効にするためのキー アプリケーション向け Microsoft Visual Basic 窓。

4。 ダブルクリック ThisOutlookSession プロジェクト– Project1 ペインで空白のスクリプトを作成し、以下のVBAコードをコピーして空白のスクリプトに貼り付けます。

VBA:応答がない場合はメールを再送信します

Public WithEvents GInboxItems As Outlook.Items
'UpdatebyExtendoffice20220413
Private Sub Application_Startup()
  Dim xInboxFld As Folder
  Set xInboxFld = Application.Session.GetDefaultFolder(olFolderInbox)
  Set GInboxItems = xInboxFld.Items
End Sub

'Judge
Private Sub GInboxItems_ItemAdd(ByVal Item As Object)
  Dim xSentItems As Outlook.Items
  Dim xMail As MailItem
  Dim i As Long
  Dim xSubject As String
  Dim xItemSubject As String
  Dim xSendTime As String
  On Error Resume Next
  Set xSentItems = Application.Session.GetDefaultFolder(olFolderSentMail).Items
  If Item.Class <> olMail Then Exit Sub
  For i = xSentItems.Count To 1 Step -1
    If xSentItems.Item(i).Class = olMail Then
      Set xMail = xSentItems.Item(i)
      xSubject = LCase(xMail.Subject)
      xSendTime = xMail.SentOn
      xItemSubject = LCase(Item.Subject)
      If (xItemSubject = "re: " & xSubject) Or (InStr(xItemSubject, xSubject) > 0) Then
        If Item.SentOn > xSendTime Then
           With xMail
             .ClearTaskFlag
             .ReminderSet = False
             .Save
           End With
        End If
      End If
    End If
  Next i
End Sub

'Reminder
Private Sub Application_Reminder(ByVal Item As Object)
  Dim xPrompt As String
  Dim xResponse As Integer
  Dim xFollowUpMail As Outlook.MailItem
  Dim xRcp As Recipient
  On Error Resume Next
  'Resend
  If (Item.Class <> olMail) Then Exit Sub
  xPrompt = "You haven't yet recieved the reply of " & Chr(34) & Item.Subject & Chr(34) & " within your expected time. Do you want to send a follow-up notification email?"
  xResponse = MsgBox(xPrompt, vbYesNo + vbQuestion, "Kutools for Outlook")
  If xResponse = vbNo Then Exit Sub
  Set xFollowUpMail = Application.CreateItem(olMailItem)
  With xFollowUpMail
    For Each xRcp In Item.Recipients
      .Recipients.Add (xRcp.Address)
    Next
    .Recipients.ResolveAll
    .Subject = "Follow Up: " & Chr(34) & Item.Subject & Chr(34)
    .Body = "Please respond to my email " & Chr(34) & Item.Subject & Chr(34) & "as soon as possible"
    .Attachments.Add Item
    .Display
  End With
End Sub

5.コードを保存してから、メインインターフェイスに戻り、[ フィレット > オプション とthでeOutlookオプション ウィンドウ、クリック トラストセンター (英語のみ) 左側のペインで、をクリックします セキュリティセンターの設定 を有効にする トラストセンター (英語のみ) 窓。 クリック マクロ設定 に設定し、 すべてのマクロを有効にする(推奨されていない、潜在的に危険なコードを実行できる) オプションは右側のセクションで選択されています。 クリック OK > OK.

応答がない場合、ドキュメントは再送信します1

応答がない場合、ドキュメントは再送信します1

6.これで、リマインダーが設定された送信済み電子メールが指定された時間になっても応答がない場合、通知を行うために電子メールを再送信するかどうかを通知するポップアップダイアログがポップアップ表示されます。

応答がない場合、ドキュメントは再送信します1

7。 クリック あり、メッセージウィンドウが表示され、前のメールが添付されます。本文を再編集してクリックすると、 送信 メールを再送します。

応答がない場合、ドキュメントは再送信します1

8。 クリック いいえ、リマインダーは削除されます。

応答がない場合、ドキュメントは再送信します1

注意:指定した時間より前にメールが返信された場合、VBAによってリマインダーが削除されます。


Kutools for Outlook-100の高度な機能をOutlookにもたらし、作​​業をはるかに簡単にします!

  • 自動CC / BCC メール送信時のルールによる。 自動転送 カスタムによる複数の電子メール。 自動返信 Exchangeサーバーなし、およびより多くの自動機能...
  • BCC警告 -全員に返信しようとするとメッセージを表示する メールアドレスがBCCリストにある場合; 添付ファイルがない場合に通知する、その他の機能を思い出させる...
  • メール会話のすべての添付ファイルで(すべて)返信; 多くのメールに返信する すぐに; あいさつを自動追加 返信するとき; 件名に日付を追加...
  • 添付ファイルツール:すべてのメールのすべての添付ファイルを管理し、 自動デタッチ, すべて圧縮、すべての名前を変更、すべて保存...クイックレポート、 選択したメールを数える...
  • 強力な迷惑メール 習慣による; 重複するメールと連絡先を削除する... Outlookでよりスマートに、より速く、より良くすることができます。
ショットkutoolsの見通しkutoolsタブ1180x121
ショットkutoolsの見通しkutoolsプラスタブ1180x121
 
コメントを並べ替える
コメント (0)
まだ評価はありません。 最初に評価してください!
ここにはまだコメントが投稿されていません
あなたのコメントを残す
ゲストとして投稿
×
この投稿を評価:
0  文字
推奨される場所