メインコンテンツへスキップ

Outlookでカスタムの件名と本文を含む特定の受信メールを自動転送するにはどうすればよいですか?

Outlookで特定の受信メールを自動的に転送するために、それを実現するためのルールを作成できます。 既定では、Outlookで電子メールを転送する場合、元の電子メールの件名が使用され、プレフィックスFW:が追加されます。 転送される電子メールの件名と本文を自分でカスタマイズする場合は、このチュートリアルの方法が役立ちます。


Outlookでカスタムの件名と本文を含む特定の受信メールを自動転送する

電子メールの自動転送ルールとVBAスクリプトを組み合わせて、特定の受信電子メールをカスタムの件名と本文で自動的に転送できます。 次のようにしてください。

ステップ1:OutlookでVBAスクリプトを作成する

まず、OutlookでVBAスクリプトを作成する必要があります。

1. Outlookを起動し、を押します 他の + F11 キーを押して アプリケーション向け Microsoft Visual Basic 窓。

2.左側のペインで、ダブルクリックします Project1 > MicrosoftOutlookオブジェクト > ThisOutlookSession、 次に、次のVBAコードをにコピーします。 ThisOutlookSession(コード) 窓。

VBAコード:カスタムの件名と本文を含むメールを転送する

Sub ChangeSubjectForward(Item As Outlook.MailItem)
'Updated by Extendoffice 2220615
  Dim xForward As MailItem
  Dim xOldSubject As String
  On Error Resume Next
  xOldSubject = Item.Subject
  Set xForward = Item.Forward
  With xForward
    .Subject = VBA.Replace(xForward.Subject, xOldSubject, "Custom Subject")  'Add the custom subject in double quotes
    .HTMLBody = "Custom Body" & xForward.HTMLBody   'Add the custom body in double quotes
    .Recipients.Add "Recipient’s Email Address"
    .Recipients.ResolveAll
    .Send
  End With
End Sub

注意:

1)コードで、「カスタムサブジェクト"と"カスタムボディ」あなた自身の主題と体に。
2)ラインで .Recipients.Add「受信者のメールアドレス」、「受信者のメールアドレス」は、転送された電子メールを受信する特定の電子メールアドレスを使用します。

3。 プレス 他の + Q を閉じるためのキー アプリケーション向け Microsoft Visual Basic 窓。

手順2:メールの自動転送ルールを作成してVBAスクリプトを実行する

次に、スクリプトを実行するために電子メールの自動転送ルールを作成する必要があります。

1.メールビューで、をクリックします ホーム > キャンペーンのルール > ルールとアラートを管理する.

2.オープニングで ルールとアラート ダイアログボックスで 新しいルール

3.最初に ルールウィザード選択 受け取ったメッセージにルールを適用する セクションに 空白のルールから始める セクションをクリックし、 Next

4番目に ルールウィザード、次のように構成する必要があります。

4.1)メールをフィルタリングする条件を指定します。 この場合、特定の送信者からのメールを転送するだけでよいので、 人や公共のグループから チェックボックス ステップ 1;
4.2)下線付きのテキストをクリックします ステップ 2 それを編集する;
4.3)をクリックします Next ボタン。 スクリーンショットを参照してください:

5番目に ルールウィザード、次のように構成する必要があります。

5.1)確認してください スクリプトを実行する のチェックボックス ステップ 1;
5.2)下線付きのテキスト「スクリプト"で ステップ 2;
5.3)ポップアップで スクリプトを選択 ダイアログボックスで、上で作成したスクリプトを選択し、[ OK ボタン;
5.4)をクリックします Next
ヒント:スクリプトを実行する」オプションがありません ルールウィザード、この記事に記載されている方法に従って表示できます。 Outlookルールで欠落しているスクリプトの実行オプションを復元する.

6番目に ルールウィザード、必要に応じて例外を選択できます。それ以外の場合は、をクリックします。 Next 選択なしのボタン。

7.最後に ルールウィザード、ルールの名前を指定する必要があります。 このルールをオンにします チェックボックスをオンにして、[ 終了

8.ポップアップで Microsoft Outlookの 警告ボックスをクリックし、 OK

9.次に、に戻ります。 ルールとアラート ダイアログボックスで OK ルールを保存するボタン。

今後、この特定の送信者からメールを受信すると、指定した受信者に自動的に転送されます。


最高のオフィス生産性向上ツール

Outlook用Kutools - Outlook を強化する 100 以上の強力な機能

📧 自動メール: 不在時 (POP および IMAP で利用可能)  /  メール送信のスケジュール設定  /  メール送信時のルールによる自動CC/BCC  /  自動転送 (高度なルール)   /  あいさつを自動追加   /  複数受信者の電子メールを個別のメッセージに自動的に分割する ...

📨 電子メール管理: メールを簡単に思い出す  /  件名などで詐欺メールをブロック  /  重複するメールを削除する  /  高度な検索  /  フォルダーを統合する ...

📁 アタッチメント プロバッチ保存  /  バッチデタッチ  /  バッチ圧縮  /  自動保存   /  自動デタッチ  /  自動圧縮 ...

🌟 インターフェースマジック: 😊もっと可愛くてクールな絵文字   /  タブ付きビューで Outlook の生産性を向上  /  Outlook を閉じる代わりに最小化する ...

???? ワンクリックの驚異: 受信した添付ファイルをすべてに返信する  /   フィッシングメール対策  /  🕘送信者のタイムゾーンを表示 ...

👩🏼‍🤝‍👩🏻 連絡先とカレンダー: 選択したメールから連絡先を一括追加  /  連絡先グループを個別のグループに分割する  /  誕生日のリマインダーを削除する ...

オーバー 100の特長 あなたの探索をお待ちしています! ここをクリックして詳細をご覧ください。

 

 

Comments (1)
No ratings yet. Be the first to rate!
This comment was minimized by the moderator on the site
Thank you for explaining how I can forward an email with a custom subject and content.
I have a question; how should I adjust the script if I want more than one line of text with a blank line, for example:
Dear Jan,

Of course I'll come play football tomorrow

Greetings,

Kees
There are no comments posted here yet
Please leave your comments in English
Posting as Guest
×
Rate this post:
0   Characters
Suggested Locations