メインコンテンツへスキップ

Outlookで元の電子メールを削除せずに、現在編集されている下書きを削除するにはどうすればよいですか?

Microsoft Outlook 2013以降のバージョンでは、既定で閲覧ウィンドウで電子メールの返信が開きます。 電子メールに返信していて、3分後にOutlookが自動的に返信を下書きとして保存するとします。 ただし、この返信を送信せず、ドラフトを一緒に削除することにしました。 一部のOutlookユーザーは、[ホーム]タブの下にある[削除]ボタンをクリックして、閲覧ウィンドウから下書きを削除する傾向があります(下のスクリーンショットを参照)。 ただし、このアクションにより、元の電子メールも削除されます。

このチュートリアルでは、XNUMXつのVBAコードを提供して、クイックアクセスツールバーにXNUMXつのコマンドを追加し、Outlookで元の電子メールを削除せずに現在編集中のドラフトをすばやく削除できるようにします。

閲覧ウィンドウで現在編集中のドラフトを削除します
現在編集中のドラフトを新しいウィンドウで削除します


閲覧ウィンドウで現在編集中のドラフトを削除します

閲覧ウィンドウでメールに返信することに慣れている場合は、次のVBAコードを適用して、Outlookで元のメールを削除せずに、現在編集中の下書きを削除できます。

1. Outlookを起動し、を押します 他の + F11 キーを押して アプリケーション向け Microsoft Visual Basic 窓。

2。 の中に アプリケーション向け Microsoft Visual Basic ウィンドウ、ダブルクリック Project1 > MicrosoftOutlookオブジェクト > このOutlookSession を開く ThisOutlookSession(コード) 窓。 次に、次のVBAコードをコードウィンドウにコピーします。

VBAコード:閲覧ウィンドウで現在編集されているドラフトを削除します

Public WithEvents GExplorer As Explorer
'Updated by Extendoffice 20220713
Public WithEvents GInlineMail As MailItem
Private Sub Application_Startup()
  Set GExplorer = Application.ActiveExplorer
End Sub
Private Sub GExplorer_InlineResponse(ByVal Item As Object)
  Set GInlineMail = Item
End Sub
Sub InlineDiscard()
  On Error Resume Next
  If Not GInlineMail Is Nothing And Not GInlineMail.Sent Then
    GInlineMail.UnRead = False
    GInlineMail.Delete
  End If
  Set GInlineMail = Nothing
End Sub

3.コードを保存して、 他の + Q を閉じるためのキー アプリケーション向け Microsoft Visual Basic 窓。

ここで、マクロを実行するためのボタンが必要です。

4。 クリック クイックアクセスツールバーをカスタマイズする > その他のコマンド.

5。 の中に Outlookのオプション ダイアログボックスでは、次のように構成する必要があります。

5.1) からのコマンドを選択 ドロップダウンリスト、選択 マクロ;
5.2)前の手順で追加したマクロを選択します。
5.3)をクリックします Add このマクロをに追加するボタン クイックアクセスツールバーをカスタマイズする ボックス。

6.右側のボックスでスクリプトを選択したままにして、[ 修正します ボタン。 の中に 変更ボタン ダイアログボックスで、スクリプトに新しいボタンを割り当て、クリックします [OK]をクリックします。

7。 クリック OK セクションに Outlookのオプション 変更を保存するためのダイアログボックス。

次に、手順6で指定したボタンがに追加されます。 クイックアクセスツールバー.

8. Outlookを再起動して、コードをアクティブにします。

これ以降、閲覧ウィンドウでメールに返信する場合は、クイックアクセスツールバーのボタンをクリックして、下書きと一緒に返信を削除できます。

注: スクリプトを実行した後、現在のフォルダのメールビューを更新するには、メーリングリストで別の電子メールを選択する必要があります。


現在編集中のドラフトを新しいウィンドウで削除します

新しいウィンドウでメールに返信したい場合。 次のVBAコードは、Outlookで下書きと一緒に返信メールを簡単に削除するのに役立ちます。

1. Outlookを起動し、を押します 他の + F11 キーを押して アプリケーション向け Microsoft Visual Basic 窓。

2。 クリック インセット > モジュール。 次に、次のVBAコードをモジュールウィンドウにコピーします。

Sub DeleteDraftMessageWindow()
'Updated by Extendoffice 20220713
  Dim xInspector As Inspector
  Dim xMail As MailItem
  On Error Resume Next
  Set xInspector = Application.ActiveInspector
  If xInspector Is Nothing Then Exit Sub
  Set xMail = xInspector.CurrentItem
  If Not xMail.Sent Then
    xMail.UnRead = False
    xMail.Delete
  End If
End Sub

3。 プレス 他の + F11 を閉じる アプリケーション向け Microsoft Visual Basic 窓。

ここで、マクロを実行するためのボタンが必要です。

4。 クリック ホーム > 新しいメール 新しいメールを作成します。 メッセージウィンドウで、をクリックします クイックアクセスツールバーをカスタマイズする > その他のコマンド.

5.次に、上記の手順を繰り返します スクリプトのボタンを作成するには、5から7まで に追加します クイックアクセスツールバー メッセージウィンドウの。

今後、新しいメッセージウィンドウでメールに返信する場合は、クイックアクセスツールバーのボタンをクリックして、下書きと一緒にこの返信を削除できます。


最高のオフィス生産性向上ツール

Outlook用Kutools - Outlook を強化する 100 以上の強力な機能

📧 自動メール: 不在時 (POP および IMAP で利用可能)  /  メール送信のスケジュール設定  /  メール送信時のルールによる自動CC/BCC  /  自動転送 (高度なルール)   /  あいさつを自動追加   /  複数受信者の電子メールを個別のメッセージに自動的に分割する ...

📨 電子メール管理: メールを簡単に思い出す  /  件名などで詐欺メールをブロック  /  重複するメールを削除する  /  高度な検索  /  フォルダーを統合する ...

📁 アタッチメント プロバッチ保存  /  バッチデタッチ  /  バッチ圧縮  /  自動保存   /  自動デタッチ  /  自動圧縮 ...

🌟 インターフェースマジック: 😊もっと可愛くてクールな絵文字   /  タブ付きビューで Outlook の生産性を向上  /  Outlook を閉じる代わりに最小化する ...

???? ワンクリックの驚異: 受信した添付ファイルをすべてに返信する  /   フィッシングメール対策  /  🕘送信者のタイムゾーンを表示 ...

👩🏼‍🤝‍👩🏻 連絡先とカレンダー: 選択したメールから連絡先を一括追加  /  連絡先グループを個別のグループに分割する  /  誕生日のリマインダーを削除する ...

オーバー 100の特長 あなたの探索をお待ちしています! ここをクリックして詳細をご覧ください。

 

 

Comments (0)
No ratings yet. Be the first to rate!
There are no comments posted here yet
Please leave your comments in English
Posting as Guest
×
Rate this post:
0   Characters
Suggested Locations