Note: The other languages of the website are Google-translated. Back to English

Outlookに添付ファイルを挿入するために[ファイル]ダイアログボックスをすばやく開く方法は?

作成中の電子メールに添付ファイルを挿入する必要がある場合は、通常、[挿入]>[ファイルの添付]>[このPCの参照]をクリックして[ファイルの挿入]ダイアログボックスを開き、必要なファイルを見つけて挿入する必要があります。 このチュートリアルでは、ワンクリックで簡単に[ファイルの挿入]ダイアログボックスを開くのに役立つXNUMXつのVBAコードを提供します。


[ファイル]ダイアログボックスをすばやく開いて、VBAで添付ファイルを挿入します

次のVBAコードで実現できます。

VBAコード1:コンピューターで既定のドキュメントフォルダーを開きます
VBAコード2:コンピューターで指定されたフォルダーを開きます

それを成し遂げるために次のようにしてください。

1. Outlookを起動し、を押します 他の + F11 キーを押して アプリケーション向け Microsoft Visual Basic 窓。

2。 の中に アプリケーション向け Microsoft Visual Basic ウィンドウ、クリック 工具 > 参考文献、 次に、 Microsoftスクリプトランタイム 内箱 参照– Project1 ダイアログボックス。

3。 クリック インセット > モジュール。 次に、次のVBAコードのいずれかをにコピーします。 モジュール 窓。

VBAコード1:コンピューターで既定のドキュメントフォルダーを開きます

Sub OpenFileDialog()
'Updated by Extendoffice 20220713
Dim xApp As Object
Dim xFileDlg As FileDialog
Dim xSelItem As Variant
Dim xMail As MailItem
On Error Resume Next
Set xApp = CreateObject("Excel.Application")
xApp.Visible = False
Set xFileDlg = xApp.Application.FileDialog(msoFileDialogFilePicker)
xFileDlg.AllowMultiSelect = True
If xFileDlg.Show = 0 Then Exit Sub
Set xMail = Application.ActiveInspector.currentItem
For Each xSelItem In xFileDlg.SelectedItems
    xMail.Attachments.Add xSelItem
Next
xApp.Quit
Set xFileDlg = Nothing
Set xApp = Nothing
End Sub

VBAコード2:コンピューターで指定されたフォルダーを開きます

Sub OpenCertianFolderDialog()
'Updated by Extendoffice 20220713
Dim xApp As Object
Dim xFileDlg As FileDialog
Dim xSelItem As Variant
Dim xMail As MailItem
On Error Resume Next
Set xApp = CreateObject("Excel.Application")
xApp.Visible = False
Set xFileDlg = xApp.Application.FileDialog(msoFileDialogFilePicker)
xFileDlg.InitialFileName = "C:\Users\Win10x64Test\Desktop\save attachments\"  'Specify the path to the folder you want to open
xFileDlg.AllowMultiSelect = True
If xFileDlg.Show = 0 Then GoTo L1
Set xMail = Application.ActiveInspector.CurrentItem
For Each xSelItem In xFileDlg.SelectedItems
    xMail.Attachments.Add xSelItem
Next
L1:
    xApp.Quit
    Set xFileDlg = Nothing
    Set xApp = Nothing
End Sub

注意:

1)VBAコード1は、コンピューターの既定のドキュメントフォルダーを開くのに役立ちます。
2)VBAコード2で、次の行のフォルダパスを必要なフォルダパスに変更してください。
xFileDlg.InitialFileName = "C:\ Users \ Win10x64Test \ Desktop \ save attachments \"
その後、このコードを実行するたびに、指定されたフォルダーが開きます。

4。 プレス 他の + Q を閉じるためのキー アプリケーション向け Microsoft Visual Basic 窓。

ここで、マクロを実行するためのボタンが必要です。

5。 クリック ホーム > 新しいメール 新しいメールを作成します。 メッセージウィンドウで、をクリックします クイックアクセスツールバーをカスタマイズする > その他のコマンド.

6。 の中に Outlookのオプション ダイアログボックスでは、次のように構成する必要があります。

6.1) からのコマンドを選択 ドロップダウンリスト、選択 マクロ;
6.2)前の手順で追加したマクロを選択します。
6.3)をクリックします 追加 このマクロをに追加するボタン クイックアクセスツールバーをカスタマイズする ボックス。

7.右側のボックスでスクリプトを選択したままにして、[ 修正します ボタン。 の中に 変更ボタン ダイアログボックスで、スクリプトに新しいボタンを割り当て、クリックします OK.

8。 クリック OK Outlookのオプション 変更を保存するためのダイアログボックス。

9.次に、手順7で指定したボタンがに追加されます。 クイックアクセスツールバー。 メールを作成するときに添付ファイルを挿入したい場合は、このボタンをクリックするだけで、 ブラウズ フォルダを選択し、挿入する必要のあるファイルを選択します。


Kutools for Outlook-100の高度な機能をOutlookにもたらし、作​​業をはるかに簡単にします!

  • 自動CC / BCC メール送信時のルールによる。 自動転送 カスタムによる複数の電子メール。 自動返信 Exchangeサーバーなし、およびより多くの自動機能...
  • BCC警告 -全員に返信しようとするとメッセージを表示する メールアドレスがBCCリストにある場合; 添付ファイルがない場合に通知する、その他の機能を思い出させる...
  • メール会話のすべての添付ファイルで(すべて)返信; 多くのメールに返信する すぐに; あいさつを自動追加 返信するとき; 件名に日付を追加...
  • 添付ファイルツール:すべてのメールのすべての添付ファイルを管理し、 自動デタッチ, すべて圧縮、すべての名前を変更、すべて保存...クイックレポート、 選択したメールを数える...
  • 強力な迷惑メール 習慣による; 重複するメールと連絡先を削除する... Outlookでよりスマートに、より速く、より良くすることができます。
ショットkutoolsの見通しkutoolsタブ1180x121
ショットkutoolsの見通しkutoolsプラスタブ1180x121
 
コメントを並べ替える
コメント (0)
まだ評価はありません。 最初に評価してください!
ここにはまだコメントが投稿されていません
あなたのコメントを残す
ゲストとして投稿
×
この投稿を評価:
0   文字
推奨される場所