Note: The other languages of the website are Google-translated. Back to English

Outlook で件名のドロップダウン リストを作成する方法

Outlook でさまざまな受信者に配布する必要があるさまざまな事前設定された電子メールの件名がある場合があります。 電子メールを作成するときに手動で入力せずに件名を選択するための件名のドロップダウン リストがあると非常に効率的です。 以下に示すgifのように。 このチュートリアルでは、XNUMX つの VBA コードを提供して、さまざまなプリセット サブジェクトでドロップダウン リストを作成するのに役立ちます。 メールを作成するときに、ドロップダウンから必要な件名を選択して、件名を自動的に入力できます。 それを完了するには、ステップバイステップガイドに従ってください。


VBA コードを使用して Outlook で件名のドロップダウン リストを作成する

実際、Outlook では、件名にドロップダウン リストを追加することはできません。 ここでは、ユーザー フォームを作成し、それを VBA コードと組み合わせて完成させる必要があります。

1. Outlookを起動し、を押します 他の + F11 キーを押して アプリケーション向け Microsoft Visual Basic 窓。

2。 の中に アプリケーション向け Microsoft Visual Basic ウィンドウ、クリック インセット > ユーザーフォーム.

3.次に、 ユーザーフォーム1 の下に挿入されます Project1 の左側のペインで ビジュアルベーシック 編集者。 ドラッグして、このユーザーフォームにコンボボックスとコマンドボタンを追加する必要があります。 コンボボックス 及び コマンドボタン からそれぞれ ツールボックス ユーザーフォーム1.

4. コマンド ボタンを右クリックし、 プロパティ 右クリックメニューで。

5。 の中に プロパティ – CommandButton1 ペイン、変更 キャプション 〜へのフィールド OK. このアクションは、コマンド ボタンに表示されるテキストを変更します。

6. UserForm の空白領域をダブルクリックして、対応するフォームを開きます。 ユーザーフォーム (コード) ウィンドウで、既存のコードを次の VBA コードに置き換えます。

VBA コード 1: 複数の事前設定された電子メールの件名を含むドロップダウン リストを含むユーザー フォーム

Private Sub UserForm_Initialize()
'Updated by Extendoffice 20220927
  With ComboBox1
    .AddItem "Subject 1"
    .AddItem "Subject 2"
    .AddItem "Subject 3"
    .AddItem "Subject 4"
    .AddItem "Subject 5"
    .AddItem "No change"
  End With
End Sub

Private Sub CommandButton1_Click()
  GCbbIndex = ComboBox1.ListIndex
  GSelSubject = ComboBox1.Value
  Unload Me
End Sub

注意: コードでは、 科目1、2、3、4 及び 5 電子メールで使用する事前設定された電子メールの件名です。 「変更なし」は、既存の電子メールの件名を何も変更しないことを意味します。 必要に応じて、VBA コードで事前設定された電子メールの件名を変更できます。

7。 ダブルクリック Project1 > MicrosoftOutlookオブジェクト > このOutlookSession. 次に、次の VBA コードを ThisOutlookSession (コード) ウィンドウにコピーします。

ThisOutlookSession ウィンドウで使用される VBA コード 2

Public WithEvents GExplorer As Explorer
'Updated by Extendoffice 20220927
Private Sub Application_Startup()
  Set GExplorer = Application.ActiveExplorer
End Sub

Private Sub GExplorer_InlineResponse(ByVal Item As Object)
  Set GInlineMail = Item
End Sub

8.クリックし続けます インセット > モジュール ビジュアルベーシック 編集者。 次に、次の VBA コードをコピーして、 モジュール (コード) 窓。

モジュール ウィンドウで使用される VBA コード 3

Public GCbbIndex As Long
'Updated by Extendoffice 20220927
Public GSelSubject As String
Public GInlineMail As MailItem
Public Sub ChangeSubject()
  Dim xItem As MailItem
  Dim xMail As Outlook.MailItem
  On Error Resume Next
  Select Case TypeName(Application.ActiveWindow)
    Case "Explorer"
      Set xMail = GInlineMail
      Debug.Print "Explorer"
    Case "Inspector"
      Set xMail = Application.ActiveInspector.CurrentItem
      Debug.Print "Inspector"
  End Select
  UserForm1.Show
  If (GCbbIndex <> -1) And (GSelSubject <> "no change") Then
    xMail.Subject = GSelSubject
  End If
End Sub

9. コードを保存し、 他の + Q を閉じるためのキー Visual Basic エディター ウィンドウに戻り、Outlook アプリケーションに戻ります。

10。 クリック 新しいメール ボタンの下に ホーム タブをクリックして電子メールを作成します。

11. 新しいメッセージ ウィンドウで、 クイックアクセスツールバーをカスタマイズする > その他のコマンド.

12。 の中に Outlookのオプション ダイアログボックスでは、次のように構成する必要があります。

12.1)選択 マクロ からのコマンドを選択 ドロップダウンリスト;
12.2)選択 Project1.ChangeSubject コマンドリストボックス内。
12.3)をクリックします 追加 ボタン;
12.4)をクリックします OK ボタン。 スクリーンショットを参照してください:

13. 次に、ボタン メッセージウィンドウのリボンに追加されました。

14. 次に、Outlook を再起動する必要があります。

15. 電子メール メッセージを作成するときに、あらかじめ設定された件名を挿入する必要がある場合は、リボンに新しく追加されたボタンをクリックしてユーザー フォームを表示し、ドロップダウン メニューから件名を選択して、 OK ボタンをクリックして件名に入力します。

免責事項:

1) ドロップダウン リストで選択した任意の件名で、既存の件名を変更できます。
2) この方法は、新しいウィンドウで電子メールに返信または転送するときにうまく機能します。
3) 別のウィンドウを開くのではなく、閲覧ウィンドウからインラインで電子メールに返信する傾向がある場合は、次のようにユーザー フォームを表示できます。
3.1)をクリック ディベロッパー > マクロ > Project1.ChangeSubject。 スクリーンショットを参照してください:

3.2) ユーザー フォームがポップアップしたら、ドロップダウン リストから事前に設定されたサブジェクトを選択し、 OK ボタンを押すと、元の件名がすぐに変更されます。

4) 選択した場合 変更なし ドロップダウン メニューでは、元の件名が変更されずに保持されます。

Kutools for Outlook-100の高度な機能をOutlookにもたらし、作​​業をはるかに簡単にします!

  • 自動CC / BCC メール送信時のルールによる。 自動転送 カスタムによる複数の電子メール。 自動返信 Exchangeサーバーなし、およびより多くの自動機能...
  • BCC警告 -全員に返信しようとするとメッセージを表示する メールアドレスがBCCリストにある場合; 添付ファイルがない場合に通知する、その他の機能を思い出させる...
  • メール会話のすべての添付ファイルで(すべて)返信; 多くのメールに返信する すぐに; あいさつを自動追加 返信するとき; 件名に日付を追加...
  • 添付ファイルツール:すべてのメールのすべての添付ファイルを管理し、 自動デタッチ, すべて圧縮、すべての名前を変更、すべて保存...クイックレポート、 選択したメールを数える...
  • 強力な迷惑メール 習慣による; 重複するメールと連絡先を削除する... Outlookでよりスマートに、より速く、より良くすることができます。
ショットkutoolsの見通しkutoolsタブ1180x121
ショットkutoolsの見通しkutoolsプラスタブ1180x121
 
コメントを並べ替える
コメント (0)
まだ評価はありません。 最初に評価してください!
ここにはまだコメントが投稿されていません
あなたのコメントを残す
ゲストとして投稿
×
この投稿を評価:
0   文字
推奨される場所

フォローする

著作権©の2009 - WWW。extendoffice.com。 | | 全著作権所有。 搭載 ExtendOffice。 | サイトマップ
MicrosoftおよびOfficeのロゴは、米国MicrosoftCorporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
SectigoSSLで保護