Note: The other languages of the website are Google-translated. Back to English
English English

Outlook ですべての送信メッセージに自動的に名刺を添付する方法は?

場合によっては、受信者があなたの情報をアドレス帳にすばやく簡単に保存できるように、すべての送信メッセージに対して vCard を送信したい場合があります。 Outlook では、次の方法でこのタスクをできるだけ早く解決できます。

署名を作成して、すべての送信メッセージに自動的に名刺を添付します

VBA コードを使用して、すべての送信メッセージに名刺を自動的に添付します


署名を作成して、すべての送信メッセージに自動的に名刺を添付します

通常、vCard の署名を作成してから、常に署名をオンにすることができます。 このようにしてください:

1. 新しいメールを作成し、新しいメッセージ ウィンドウで、 インセット > 署名、スクリーンショットを参照してください:

2。 飛び出した 署名と文房具 ダイアログボックス、下 電子メールの署名 タブをクリックします。 New ボタンをクリックし、この新しい署名の名前を入力します。スクリーンショットを参照してください:

3。 次に、をクリックします。 OK を閉じる 新しい署名 ダイアログ ボックスで、この新しい署名名を 編集する署名を選択 リスト ボックスをクリックし、 名刺、スクリーンショットを参照してください:

4。 の中に 名刺を挿入 ダイアログ ボックスで、連絡先フォルダを選択します。 覗く ドロップダウン リストから、下のリスト ボックスで指定された名刺を選択します。スクリーンショットを参照してください。

5。 次に、をクリックします。 OK このダイアログ ボックスを閉じて、 署名と文房具 ダイアログで、新しい署名名を選択したままにして、この署名を自動的に追加する電子メール アカウントを メールアカウント ドロップダウンリスト。 次に、新しく作成した署名名を 新しいメッセージ ドロップダウンリスト。

ヒント: すべての返信と転送に vCard を追加する場合は、vCard で新しい署名名を選択してください 返信/転送 リスト。

6。 設定終了後、をクリックしてください OK ボタン。 今後、新しいメッセージを作成すると、指定された名刺がメッセージ本文に挿入され、同時に添付ファイルとして追加されます。スクリーンショットを参照してください。


VBA コードを使用して、すべての送信メッセージに名刺を自動的に添付します

すべての送信メッセージに名刺を添付するには、名刺を vcf ファイルとして保存し、VBA コードを適用して添付ファイルとして自動的に添付します。 次の手順に従ってください。

1。 行く のワークプ ウィンドウで、名刺として送信する連絡先を選択します。

2. 次に、をクリックします。 フィレット > 名前を付けて保存、名前を付けて保存ウィンドウで、このカードを置く場所を指定し、名前を ファイル名 テキストボックス、そして選択 vCardファイル から 名前を付けて保存 タイプドロップダウン、スクリーンショットを参照:

3. そして、長押し Alt + F11 キーを押して アプリケーション向け Microsoft Visual Basic 窓。

4。 次に、ダブルクリックします このOutlookSession から プロジェクト-Project1 ペインを開き、次のコードをコピーして空白のコード ウィンドウに貼り付けます。

VBAコード:すべての送信メッセージに名刺を自動的に添付

Public WithEvents GInpectors As Inspectors
Private Sub Application_Startup()
  Set GInpectors = Application.Inspectors
End Sub
Private Sub GInpectors_NewInspector(ByVal Inspector As Inspector)
'Updateby ExtendOffice
Dim xMail As MailItem
Dim xSubject As String
On Error Resume Next
If Inspector.CurrentItem.Class <> olMail Then Exit Sub
Set xMail = Inspector.CurrentItem
xSubject = VBA.UCase$(xMail.Subject)
If (VBA.InStr(xSubject, "RE: ") = 1) Or (VBA.InStr(xSubject, "FW: ") = 1) Then Exit Sub
With xMail
  .Attachments.Add "C:\Users\Desktop\Leonel Davis.vcf"
End With
End Sub
注意:上記のコードでは、 C:\Users\Desktop\Leonel Davis.vcf は保存した名刺のファイルパスです。必要に応じて変更してください。

5. 次に、コード ウィンドウを保存して閉じ、Outlook を再起動してコードを有効にします。

6. これで、新しいメッセージを作成するときに、指定した名刺が添付ファイルとして自動的に挿入されます。スクリーンショットを参照してください:


Kutools for Outlook-100の高度な機能をOutlookにもたらし、作​​業をはるかに簡単にします!

  • 自動CC / BCC メール送信時のルールによる。 自動転送 カスタムによる複数の電子メール。 自動返信 Exchangeサーバーなし、およびより多くの自動機能...
  • BCC警告 -全員に返信しようとするとメッセージを表示する メールアドレスがBCCリストにある場合; 添付ファイルがない場合に通知する、その他の機能を思い出させる...
  • メール会話のすべての添付ファイルで(すべて)返信; 多くのメールに返信する すぐに; あいさつを自動追加 返信するとき; 件名に日付を追加...
  • 添付ファイルツール:すべてのメールのすべての添付ファイルを管理し、 自動デタッチ, すべて圧縮、すべての名前を変更、すべて保存...クイックレポート、 選択したメールを数える...
  • 強力な迷惑メール 習慣による; 重複するメールと連絡先を削除する... Outlookでよりスマートに、より速く、より良くすることができます。
ショットkutoolsの見通しkutoolsタブ1180x121
ショットkutoolsの見通しkutoolsプラスタブ1180x121
 
コメントを並べ替える
コメント (0)
まだ評価はありません。 最初に評価してください!
ここにはまだコメントが投稿されていません
あなたのコメントを残す
ゲストとして投稿
×
この投稿を評価:
0   文字
推奨される場所