Note: The other languages of the website are Google-translated. Back to English
English English

Outlook で特定のアドレスへの送信メールをブロックする方法

一般的に、Outlook はすべての通常の電子メール アドレスに電子メールを送信し、特定の電子メール アドレスへの電子メールの送信をブロックすることはできません。 ただし、場合によっては、Outlook で特定のメール アドレスにメールを送信できないようにする必要がある場合があります。 この場合、このチュートリアルでは、このタスクを解決するための VBA コードを紹介します。


VBA コードを使用して特定のアドレスへの送信メールをブロックする

次の VBA コードを使用すると便利です。次のようにしてください。

1. Outlook を起動し、長押しします。 Alt + F11 キーを押して アプリケーション向け Microsoft Visual Basic 窓。

2。 次に、ダブルクリックします このOutlookSession から プロジェクト-Project1 ペインを開き、次のコードをコピーして空白のコード ウィンドウに貼り付けます。

VBA コード: 特定のアドレスへの送信メールをブロックする

Private Sub Application_ItemSend(ByVal Item As Object, Cancel As Boolean)
'Updatby ExtendOffice
Dim xMail As Outlook.MailItem
Dim xRecipients As Outlook.Recipients
Dim xContactGroupFound As Boolean
Dim i, n As Long
Dim xRecipient As Outlook.Recipient
Dim xAddress As String
Const PR_SMTP_ADDRESS As String = "http://schemas.microsoft.com/mapi/proptag/0x39FE001E"
On Error Resume Next
If Item.Class <> olMail Then Exit Sub
Set xMail = Item
xContactGroupFound = True
Do While xContactGroupFound = True
  Set xRecipients = xMail.Recipients
  xContactGroupFound = False
  For i = xRecipients.Count To 1 Step -1
    If xRecipients(i).AddressEntry.DisplayType <> olUser Then
      For n = 1 To xRecipients(i).AddressEntry.Members.Count
        If xRecipients(i).AddressEntry.Members.Item(n).DisplayType = olUser Then
          xMail.Recipients.Add (xRecipients(i).AddressEntry.Members.Item(n).Address)
        Else
          xMail.Recipients.Add (xRecipients(i).AddressEntry.Members.Item(n).Name)
          xContactGroupFound = True
        End If
      Next
      xRecipients(i).Delete
    End If
  Next i
  xRecipients.ResolveAll
Loop
For Each xRecipient In xRecipients
  xAddress = xRecipient.PropertyAccessor.GetProperty(PR_SMTP_ADDRESS)
  If VBA.Trim(xAddress) = "" Then
    xAddress = xRecipient.Address
  End If
  If xAddress = "yy@addin99.com" Then    'change this email address to your need
    If MsgBox("Do you want to email to " & Chr(34) & xAddress & Chr(34) & "?", vbExclamation + vbYesNo, "Kutools for Outlook") = vbNo Then
      xRecipient.Delete
    End If
  End If
Next
If xMail.Recipients.Count = 0 Then
  Cancel = True
End If
End Sub
注意: 上記のコードでは、メール アドレスを自分のものに変更する必要があります。

3. 次に、このコード ウィンドウを保存して閉じます。 これで、電子メールを送信するときに、特定の電子メール アドレスが受信者リストにある場合、下のスクリーンショットのようにプロンプ​​ト メッセージが表示されます。 クリック いいえ、特定のメールアドレスはすぐに削除されます。

4. 電子メールを送信した後、受信者を 送信済みアイテム フォルダー、特定の電子メール アドレスが受信者から除外されています。スクリーンショットを参照してください。


Kutools for Outlook-100の高度な機能をOutlookにもたらし、作​​業をはるかに簡単にします!

  • 自動CC / BCC メール送信時のルールによる。 自動転送 カスタムによる複数の電子メール。 自動返信 Exchangeサーバーなし、およびより多くの自動機能...
  • BCC警告 -全員に返信しようとするとメッセージを表示する メールアドレスがBCCリストにある場合; 添付ファイルがない場合に通知する、その他の機能を思い出させる...
  • メール会話のすべての添付ファイルで(すべて)返信; 多くのメールに返信する すぐに; あいさつを自動追加 返信するとき; 件名に日付を追加...
  • 添付ファイルツール:すべてのメールのすべての添付ファイルを管理し、 自動デタッチ, すべて圧縮、すべての名前を変更、すべて保存...クイックレポート、 選択したメールを数える...
  • 強力な迷惑メール 習慣による; 重複するメールと連絡先を削除する... Outlookでよりスマートに、より速く、より良くすることができます。
ショットkutoolsの見通しkutoolsタブ1180x121
ショットkutoolsの見通しkutoolsプラスタブ1180x121
 
コメントを並べ替える
コメント (0)
まだ評価はありません。 最初に評価してください!
ここにはまだコメントが投稿されていません
あなたのコメントを残す
ゲストとして投稿
×
この投稿を評価:
0   文字
推奨される場所