Note: The other languages of the website are Google-translated. Back to English
English English

Outlook で特定のドメインに基づいて電子メール アドレスをエクスポートする方法?

Outlook のすべての連絡先から特定のドメインの電子メール アドレスをエクスポートする場合は、以下のスクリーンショットのように、特定のドメインのすべての電子メール アドレスをテキスト ファイルに抽出するための VBA コードを適用するのに役立つこのチュートリアルをお読みください。 .


VBA コードを使用して Outlook の特定のドメインに基づいて電子メール アドレスをエクスポートする

すべての連絡先から特定のドメインを持つすべての電子メール アドレスを抽出するには、次の手順に従ってください。

1. 新しいテキスト ファイルを作成し、それに名前を付けます。スクリーンショットを参照してください。

2。 を押し続けます Alt + F11 キーを押して アプリケーション向け Microsoft Visual Basic 窓。

3。 次に、をクリックします。 インセット > モジュール、モジュールウィンドウに次のコードを貼り付けます。

VBA コード: 特定のドメインに基づいて電子メール アドレスをエクスポートする

Dim GDomain As String
Dim GFileSystem As Object
Dim GFilePath As String
Dim GFileObj As Object
Private Declare PtrSafe Function ShellExecute Lib "shell32.dll" Alias "ShellExecuteA" (ByVal hWnd As Long, _
  ByVal ipOperation As String, ByVal lpFile As String, _
  ByVal lpParameters As String, ByVal lpDirectory As String, _
  ByVal nShowCmd As Long) As Long

Sub ExportListOfEmailAddressesInSpecificDomain()
'Updateby ExtendOffice
Dim xStore As Store
Dim xFolder As Folder
On Error Resume Next
GDomain = InputBox("Enter domain(@***.com):", "Kutools for Outlook")
If Len(GDomain) <> 0 Then
  GFilePath = "C:\Users\skyyang\Desktop\Email Addresses with specific domain.txt" 'Specify the file path
  Set GFileSystem = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
  Set GFileObj = GFileSystem.CreateTextFile(GFilePath, True)
  For Each xStore In Application.Session.Stores
    For Each xFolder In xStore.GetRootFolder.Folders
      If xFolder.DefaultItemType = olContactItem Then
        Call ProcessFolders(xFolder)
      End If
    Next
  Next
  GFileObj.Close
  ShellExecute 0&, vbNullString, GFilePath, vbNullString, vbNullString, 1
End If
End Sub

Sub ProcessFolders(ByVal Fld As Outlook.Folder)
Dim xContactItems As Items
Dim I As Long
Dim xContact As ContactItem
Dim xSubFolder As Folder
On Error Resume Next
Set xContactItems = Fld.Items
For I = xContactItems.Count To 1 Step -1
  If xContactItems(I).Class = olContact Then
    Set xContact = xContactItems(I)
    If InStr(xContact.Email1Address, GDomain) > 0 Then
      GFileObj.WriteLine (xContact.Email1Address & vbCrLf)
    ElseIf InStr(xContact.Email2Address, GDomain) > 0 Then
      GFileObj.WriteLine (xContact.Email2Address & vbCrLf)
    ElseIf InStr(xContact.Email3Address, GDomain) > 0 Then
      GFileObj.WriteLine (xContact.Email3Address & vbCrLf)
    End If
  End If
Next
If Fld.Folders.Count > 0 Then
  For Each xSubFolder In Fld.Folders
    If xSubFolder.DefaultItemType = olContactItem Then
      Call ProcessFolders(xSubFolder)
    End If
  Next
End If
End Sub
注意: 上記のコードで、ファイル パスを変更します"C:\Users\skyyang\Desktop\Email Addresses with specific domain.txt" あなた自身に。

4。 そして、を押します F5 このコードを実行するためのキー。 プロンプト ボックスが表示されます。メール アドレスをエクスポートするメール ドメインを入力してください。スクリーンショットを参照してください。

5。 次に、をクリックします。 OK ボタンをクリックすると、特定のドメイン内のすべての電子メール アドレスが一度にテキスト ファイルに抽出されます。スクリーンショットを参照してください。


Kutools for Outlook-100の高度な機能をOutlookにもたらし、作​​業をはるかに簡単にします!

  • 自動CC / BCC メール送信時のルールによる。 自動転送 カスタムによる複数の電子メール。 自動返信 Exchangeサーバーなし、およびより多くの自動機能...
  • BCC警告 -全員に返信しようとするとメッセージを表示する メールアドレスがBCCリストにある場合; 添付ファイルがない場合に通知する、その他の機能を思い出させる...
  • メール会話のすべての添付ファイルで(すべて)返信; 多くのメールに返信する すぐに; あいさつを自動追加 返信するとき; 件名に日付を追加...
  • 添付ファイルツール:すべてのメールのすべての添付ファイルを管理し、 自動デタッチ, すべて圧縮、すべての名前を変更、すべて保存...クイックレポート、 選択したメールを数える...
  • 強力な迷惑メール 習慣による; 重複するメールと連絡先を削除する... Outlookでよりスマートに、より速く、より良くすることができます。
ショットkutoolsの見通しkutoolsタブ1180x121
ショットkutoolsの見通しkutoolsプラスタブ1180x121
 
コメントを並べ替える
コメント (0)
まだ評価はありません。 最初に評価してください!
ここにはまだコメントが投稿されていません
あなたのコメントを残す
ゲストとして投稿
×
この投稿を評価:
0   文字
推奨される場所