Note: The other languages of the website are Google-translated. Back to English

Wordでドキュメントを再度開いたときにフィールドコードを自動更新するにはどうすればよいですか?

Word文書では、フィールドを使用して文書名を挿入できますが、文書の名前が変更されている場合、ファイル名を自動的に更新することはできません。 このチュートリアルでは、Wordでドキュメントを再度開いた後、すべてのフィールドコードを自動更新する方法を紹介します。

Wordで再度開いたときにフィールドコードを自動更新する


Wordで再度開いたときにフィールドコードを自動更新する

Wordには、VBAコードを除いて、挿入されたフィールドを更新できる組み込み関数はありません。

1。 押す Altキー+ F11 有効にするキー アプリケーション向け Microsoft Visual Basic ウィンドウ、ダブルクリック このドキュメント 左側のペインで ThisDocument(コード) 窓。

2.以下のコードをコピーしてTに貼り付けますhisDocument(コード) 窓。

VBA:ドキュメントを再度開くときにフィールドコードを更新する

Sub AutoOpen()
'UpdatebyExtendoffice20180830
    Dim xRange As Range
    Dim xFiled As Field
    For Each xRange In ActiveDocument.StoryRanges
        For Each xFiled In xRange.Fields
            xFiled.Update
        Next
    Next
End Sub

開いたときのドキュメントの自動更新フィールド1

3。 クリック ドキュメント保存コードを保存するには アプリケーション向け Microsoft Visual Basic ウィンドウ、 マイクロソフトワード ダイアログがポップアップし、クリックします いいえ に移動します 名前を付けて保存 ダイアログ。
開いたときのドキュメントの自動更新フィールド2

4。 の中に 名前を付けて保存 ダイアログボックスで、ドキュメントを保存するフォルダを選択し、必要に応じて名前を付けて、 Wordマクロ対応ドキュメント から タイプとして保存 ドロップダウンをクリックして、 セールで節約 ボタン。 スクリーンショットを参照してください:
開いたときのドキュメントの自動更新フィールド3

これ以降、マクロ対応ドキュメントを開くたびに、すべてのフィールドコードが自動的に更新されます。
開いたときのドキュメントの自動更新フィールド4

注意 すべてのマクロを有効にする(推奨されていない、潜在的に危険なコードを実行できる) オプションがチェックインされています トラストセンター (英語のみ) ダイアログ(クリック フィレット > オプション > トラストセンター (英語のみ) > マクロ設定).
開いたときのドキュメントの自動更新フィールド5

Firefox、Chrome、Internet Explore10などの複数のWordドキュメント/ Excelワークブックのタブブラウジングと編集!

Firefox / Chrome / IEで複数のウェブページを表示し、対応するタブをクリックしてそれらを簡単に切り替えることはおなじみかもしれません。 ここで、Officeタブは同様の処理をサポートしており、XNUMXつのWordウィンドウまたはExcelウィンドウで複数のWordドキュメントまたはExcelワークブックを参照し、タブをクリックすることでそれらを簡単に切り替えることができます。
Officeタブの無料トライアルをクリックしてください!

FirefoxとしてXNUMXつのウィンドウで複数のWord文書を閲覧する

推奨される単語生産性ツール

 

Kutools For Word-100を超えるWordの高度な機能で50%の時間を節約

  • 複雑で繰り返される操作は、数秒でXNUMX回の処理で実行できます。
  • 複数の画像をフォルダ間でWord文書に一度に挿入します。
  • フォルダ間で複数のWordファイルをマージして、希望の順序でXNUMXつに結合します。
  • 見出し、セクション区切り、またはその他の基準に従って、現在のドキュメントを個別のドキュメントに分割します。
  • DocとDocx、DocxとPDFの間でファイルを変換し、一般的な変換と選択のためのツールのコレクションなど...