Note: The other languages of the website are Google-translated. Back to English

Word文書の脚注/文末脚注の区切り線を削除するにはどうすればよいですか?

Word文書に脚注または文末脚注を挿入すると、脚注または文末脚注のテキストの上に常に水平の区切り線が表示されます。 これらの区切り線を削除したい場合は、この記事のメソッドを試してください。

Wordの脚注/文末脚注の区切り線を削除する

VBAコードで脚注/文末脚注の区切り線を削除します


Wordの脚注/文末脚注の区切り線を削除する

Wordの脚注または文末脚注の区切り線は、次のように削除できます。

1.ドキュメントで、脚注または文末脚注の区切り線を削除します。 詳細 > ドラフト.

2。 次に、をクリックします リファレンス > ショーの注意事項 以下のスクリーンショットのように。

3.ドキュメントに脚注と文末脚注の両方がある場合、 ショーの注意事項 ダイアログボックスが表示されます。必要に応じてオプションを選択し、[ OK ボタン。 ここで私は選択します 脚注を見る エリア。

注意:ドキュメントに脚注または文末脚注のみが存在する場合は、この手順を無視して手順4に進みます。

4.今、 免責事項 ドキュメントの最後にセクションが表示されています。選択してください 脚注セパレーター 脚注 ドロップダウンリストで、区切り線を選択し、を押します。 削除 それを削除するためのキー。 スクリーンショットを参照してください:

5.にシフトします 印刷レイアウト ドキュメントの表示。

次に、脚注の区切り線がドキュメントからすぐに削除されていることがわかります。

注意:文末脚注の区切り線を削除するには、チェックする必要があります 巻末注を見る 上記のエリア ショーの注意事項 ダイアログをクリックし、 巻末注セパレーター 残念 ドロップダウンリスト。


VBAコードで脚注/文末脚注の区切り線を削除する

上記の方法が不便な場合は、次のVBAコードを試して、脚注のすべての区切り行、または脚注と文末脚注の両方をドキュメントからすばやく削除できます。

1.ドキュメントで、脚注の区切り行を削除し、を押します。 他の + F11 キーを押して アプリケーション向け Microsoft Visual Basic 窓。

2。 の中に アプリケーション向け Microsoft Visual Basic ウィンドウ、クリック インセット > モジュール。 次に、以下のVBAコードをモジュールウィンドウにコピーします。

VBAコード:ドキュメントの脚注区切り行を削除

Sub DeleteTheFootnoteSeparator()
'Updated by ExtendOffice 20181112
    If ActiveDocument.Footnotes.Count < 1 Then Exit Sub
    If ActiveWindow.View.SplitSpecial = wdPaneNone Then
        ActiveWindow.ActivePane.View.Type = wdNormalView
    Else
        ActiveWindow.View.Type = wdNormalView
    End If
    With ActiveWindow.ActivePane.View
        If .Type = wdPrintView Or .Type = wdWebView Or _
        .Type = wdPrintPreview Then
            ActiveWindow.View.SeekView = wdSeekFootnotes
        Else
            ActiveWindow.View.SplitSpecial = wdPaneFootnotes
        End If
    End With
    ActiveWindow.View.SplitSpecial = wdPaneFootnoteSeparator
    With Selection
        .MoveRight Unit:=wdCharacter
        .TypeBackspace
        .TypeBackspace
    End With
    ActiveWindow.View.SplitSpecial = wdPaneFootnoteContinuationSeparator
    With Selection
        .MoveRight Unit:=wdCharacter, Count:=1
        .TypeBackspace
        .TypeBackspace
        With .ParagraphFormat
            .LineSpacingRule = wdLineSpaceMultiple
            .LineSpacing = LinesToPoints(0.06)
        End With
    End With
    ActiveWindow.View.Type = wdPrintView
End Sub

3。 プレス F5 コードを実行するためのキー。 次に、すべての脚注の区切り線がドキュメントからすぐに削除されます。

注意:脚注と文末脚注のすべての区切り行を削除する場合は、以下のVBAコードが役立ちます。

VBAコード:ドキュメントの脚注と文末脚注の区切り行を削除します

Sub DeleteTheFootnoteSeparator()
'Updated by ExtendOffice 20181112
    If ActiveDocument.Footnotes.Count < 1 Then Exit Sub
    If ActiveWindow.View.SplitSpecial = wdPaneNone Then
        ActiveWindow.ActivePane.View.Type = wdNormalView
    Else
        ActiveWindow.View.Type = wdNormalView
    End If
    With ActiveWindow.ActivePane.View
        If .Type = wdPrintView Or .Type = wdWebView Or _
        .Type = wdPrintPreview Then
            ActiveWindow.View.SeekView = wdSeekFootnotes
        Else
            ActiveWindow.View.SplitSpecial = wdPaneFootnotes
        End If
    End With
    ActiveWindow.View.SplitSpecial = wdPaneFootnoteSeparator
    With Selection
        .MoveRight Unit:=wdCharacter
        .TypeBackspace
        .TypeBackspace
    End With
    ActiveWindow.View.SplitSpecial = wdPaneFootnoteContinuationSeparator
    With Selection
        .MoveRight Unit:=wdCharacter, Count:=1
        .TypeBackspace
        .TypeBackspace
        With .ParagraphFormat
            .LineSpacingRule = wdLineSpaceMultiple
            .LineSpacing = LinesToPoints(0.06)
        End With
    End With
    ActiveWindow.View.SplitSpecial = wdPaneEndnoteSeparator
    With Selection
        .MoveRight Unit:=wdCharacter
        .TypeBackspace
        .TypeBackspace
    End With
    ActiveWindow.View.SplitSpecial = wdPaneEndnoteContinuationSeparator
    With Selection
        .MoveRight Unit:=wdCharacter, Count:=1
        .TypeBackspace
        .TypeBackspace
        With .ParagraphFormat
            .LineSpacingRule = wdLineSpaceMultiple
            .LineSpacing = LinesToPoints(0.06)
        End With
    End With
    ActiveWindow.View.Type = wdPrintView
End Sub

推奨される単語生産性ツール

 

Kutools For Word-100を超えるWordの高度な機能で50%の時間を節約

  • 複雑で繰り返される操作は、数秒でXNUMX回の処理で実行できます。
  • 複数の画像をフォルダ間でWord文書に一度に挿入します。
  • フォルダ間で複数のWordファイルをマージして、希望の順序でXNUMXつに結合します。
  • 見出し、セクション区切り、またはその他の基準に従って、現在のドキュメントを個別のドキュメントに分割します。
  • DocとDocx、DocxとPDFの間でファイルを変換し、一般的な変換と選択のためのツールのコレクションなど...