Note: The other languages of the website are Google-translated. Back to English
Wordでオートコレクトエントリを簡単にエクスポートおよびインポートするにはどうすればよいですか?

Word AutoCorrectは、Microsoft Wordの何千ものタイプミス、スペルミスのある単語、大文字と小文字の誤りをすばやく検出して修正するのに役立ちます。 必要に応じて、オートコレクトエントリを簡単にカスタマイズすることもできます。 別のコンピューターに転送するためにすべてのオートコレクトエントリをエクスポートおよびインポートする必要がある場合。 このチュートリアルでは、MicrosoftWordでオートコレクトエントリをすばやくエクスポートおよびインポートするための次の方法を紹介します。

オートコレクトエントリを手動でエクスポートおよびインポートする

Kutools forWordを使用してオートコレクトエントリをエクスポートおよびインポートする


オートコレクトエントリを手動でエクスポートおよびインポートする

デフォルトのテンプレートファイルに保存されているオートコレクトエントリをあるコンピュータから別のコンピュータに手動で移動するには、次の手順に従います。

1。 コンピューター上のすべてのMicrosoftOfficeプログラム(Outlook、Word、Excelなど)を終了または閉じます。

2。 コンピューターで、 Normal.dotmファイル 宛先コンピューターがアクセスできる中間の場所へ。 ザ・ 通常の.dotmファイル 次のフォルダを見つけます。 C:\ DocumentsとSettings \ユーザー名\ Application Data \ Microsoft \ Templates

3。 移行先コンピューターで、次のフォルダーを見つけます。 C:\ DocumentsとSettings \ユーザー名\ Application Data \ Microsoft \ Templates。 Normal.dotmファイルの名前を次のように変更します ノーマル.バック それをバックアップします。 これを行うには、次の手順に従います。

a。Normal.dotmを右クリックし、[ リネーム.

b.Normal.bakと入力し、を押します 入る。

4。 移行先コンピューターのすべてのOfficeプログラムを終了します。 をコピーします Normal.dotmファイル (オートコレクトエントリ)中間の場所から、貼り付けます Normal.dotmファイル 宛先コンピューターの次のフォルダーに移動します。 C:\ DocumentsとSettings \ユーザー名\ Application Data \ Microsoft \ Templates

注意:宛先コンピューターがアクセスできる中間の場所の例には、電子メールアカウント、フロッピーディスク、またはCDが含まれます。 このメソッドは、主にフォーマットされたオートコレクトエントリ用です。


Kutools forWordを使用してオートコレクトエントリをエクスポートおよびインポートする

上記の方法には、いくつかの手順が必要です。 オートコレクトのエントリをエクスポートおよびインポートする簡単な方法はありますか? Kutools forWordが最良の選択です。 インストール後 Kutools for Word、オートコレクトのエントリを簡単かつ迅速にエクスポートおよびインポートできます。

Kutools for Word : 100以上の便利なWordアドインがあり、60日以内に制限なしで無料で試すことができます. 

オートコレクトファイルを特定のフォルダーにエクスポートします。

1に設定します。 OK をクリックします。 クツールズプラス > インポート・エクスポート > オートコレクト オートコレクトエントリをエクスポートします。 スクリーンショットを参照してください:

2。 エクスポートするエントリを選択し、をクリックします 輸出 宛先コンピューターがアクセスできる中間の場所のフォルダーにファイルをエクスポートします。スクリーンショットを参照してください。

ドキュメント エクスポート インポート オートコレクト 2

3。 次に、選択したオートコレクトファイルが特定のフォルダーにエクスポートされました。スクリーンショットを参照してください。

ドキュメント エクスポート インポート オートコレクト 3

オートコレクトファイルを特定のコンピューターにインポートします。

オートコレクトファイルを別のコンピューターにインポートするには、エクスポートされたファイルをコピーしてから、次の手順を実行する必要があります。

1に設定します。 OK をクリックします。 クツールズプラス > インポート・エクスポート > オートコレクト オートコレクトエントリをインポートします。

2。 の中に オートコレクト ダイアログボックスで、をクリックします。 インポート ボタンをクリックし、エクスポートされたオートコレクトファイルが含まれているフォルダを選択すると、すべてのオートコレクトファイルがこれにインポートされています オートコレクト 機能、screesnhotを参照してください:

ドキュメント エクスポート インポート オートコレクト 4

3。 これで、オートコレクトエントリが別のマシンに正常に転送されました。 さらに、クリックしてオートコレクトのエントリをカスタマイズすることもできますドキュメント エクスポート インポート オートコレクト 5ボタン。 スクリーンショットを参照してください:

ドキュメント エクスポート インポート オートコレクト 5

クリックしてKutoolsfor Wordと無料トライアルを今すぐダウンロードしてください!


デモ:オートコレクトエントリのエクスポートとインポート

Kutools for Word:100以上の便利なWordアドインがあり、60日以内に制限なしで無料で試すことができます。 今すぐダウンロードして無料トライアル!

関連記事:



推奨される単語生産性ツール

 

Word用のKutools - Word用の100以上の高度な機能で、50%の時間を節約

  • 複雑で繰り返される操作は、数秒でXNUMX回の処理で実行できます。
  • 複数の画像をフォルダ間でWord文書に一度に挿入します。
  • フォルダ間で複数のWordファイルをマージして、希望の順序でXNUMXつに結合します。
  • 見出し、セクション区切り、またはその他の基準に従って、現在のドキュメントを個別のドキュメントに分割します。
  • DocとDocx、DocxとPDFの間でファイルを変換し、一般的な変換と選択のためのツールのコレクションなど...
コメントを並べ替える
コメント (9)
まだ評価はありません。 最初に評価してください!
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
CSVファイルからオートコレクトをインポートすることは可能ですか? ありがとうございました
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
Office 2003からオートコレクトエントリを取得して、Office 2013に復元またはインポートすることはできますか?
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
ジョニ、2003年からオートコレクトエントリをエクスポートして2013年にインポートするという質問に対する答えを見つけることができましたか?
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
オートコレクトファイルを現在のオートコレクトファイルにインポートして現在のファイルを上書きしないようにすることはできますか、またはオートコレクトファイルをインポートして新しいコンピューターで現在のファイルと組み合わせる方法はありますか?
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
(.doc)形式で入力しているときに入力したオートコレクトは、(。rtf)形式では機能しません。 (.doc)で既に更新したものと同じオートコレクトを有効にするにはどうすればよいですか。 よろしくサム
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
ある2016年のマシンから別のマシンにオートコレクトを移行できないようでした。
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
Word 10を使用して、Windows 2016のあるコンピューターから別のコンピューターにオートコレクト辞書を(エクスポートの実行時に生成されるTextAutoCorrect.xmlファイルを介して)移行できるかどうかを誰かが確認できますか?
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
質問:オートコレクトファイル全体を別のPCにエクスポートしたいと思います。 これは古いものからそれを削除しますか、それとも単にそれをコピーしますか? 古いものから失いたくない。
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
MacでMathAutoCorrect.xmlが見つかりません。 Macで呼び出されるファイルは何ですか?
WordforMacバージョン16.16を使い始めたところです。 ここでは、suto正しい記号のリストは空です。
ここにはまだコメントが投稿されていません
あなたのコメントを残す
ゲストとして投稿
×
この投稿を評価:
0   文字
推奨される場所

フォローする

著作権©の2009 - WWW。extendoffice.com。 | | 全著作権所有。 搭載 ExtendOffice。 | サイトマップ
MicrosoftおよびOfficeのロゴは、米国MicrosoftCorporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
SectigoSSLで保護