Note: The other languages of the website are Google-translated. Back to English

ストレートクォートをワードのカーリークォートに変更するにはどうすればよいですか?

通常、MicrosoftWordは自動的に一重引用符を変更します カーリー(スマートortypographerの)引用符に 入力すると。 ただし、この機能をオフにすると、一重引用符と二重引用符の両方がドキュメントに直接表示される場合があります。 Wordで一重引用符を中引用符に、またはその逆に変更するためのヒントを次に示します。

検索と置換を使用して、ストレートクォートをカーリークォートに変更します

VBAを使用して、ストレートクォートをカーリークォートに変更します


矢印青い右バブル 検索と置換を使用して、一重引用符を中引用符に変更します

ホット
すごい! Chrome、Firefox、新しいInternet ExplorerなどのWord(Office)で効率的なタブを使用してください!

詳しくはこちら 無料ダウンロード

申請する前に 検索および置換、あなたは行くべきです オートコレクトオプション チェックを外す 「ストレートクォート」と「スマートクォート」 チェックボックスをオンにします。

Word 2003では、 オートコレクトオプション 下にあります ツール バー。 そしてWord2007では、 オートコレクトオプション クリックして  > オプション > 校正 > オートコレクトオプション。 ここでは、Word2010 / 2013を例にとります。

ステップ1。 クリック  > オプション > 校正 > オートコレクトオプション > 入力時にオートフォーマット、および選択 「ストレートクォート」と「スマートクォート」 チェックボックス。 スクリーンショットを参照してください:

ステップ2。 クリック ホーム > 交換します 編集 グループまたはプレス Ctrl + H 表示する 検索および置換 ダイアログを入力し、 'or '' in 見つける ボックスに入力し、 ' or 「」in と交換 ボックス。 スクリーンショットを参照してください:

ステップ3。 クリック すべて置換.

注意: すべてのカーリークォートをストレートクォートに置き換えたい場合は、クリアしてください 「ストレートクォート」と「スマートクォート」 チェックボックス)。


矢印青い右バブル VBAを使用して、ストレートクォートをカーリークォートに変更します

VBAを使用してWord2010ですべてのストレートクォートをカーリークォートに置き換えるには、をクリックしてください フィレット> オプション > 校正 をクリックし オートコレクト オプション 選択 「ストレートクォート」と「スマートクォート」 最初に次のチェックボックスをオンにします。 ((注意:すべてのカーリークォートをストレートクォートに置き換える場合は、[ストレートクォート]を[スマートクォート]チェックボックスでオフにしてください。

ステップ1:Alt-F11」をクリックして、Microsoft Visual Basic forApplicationウィンドウを開きます。

ステップ2:クリック モジュール オン インセット タブで、次のVBAコードをコピーして貼り付けます モジュール 窓;

ステップ3:次にクリック ラン ボタンを押してVBAを適用します。

次のVBAは、ストレートクォートをカーリークォートに変更します。

Sub ChangeDoubleStraightQuotes()
'Update 20131107
Selection.Find.ClearFormatting
Selection.Find.Replacement.ClearFormatting
With Selection.Find
.Text = """"
.Replacement.Text = """"
.Forward = True
.Wrap = wdFindContinue
.Format = False
.MatchCase = False
.MatchWholeWord =False
.MatchWildcards = False
.MatchSoundsLike = False
.MatchAllWordForms = False
End With
Selection.Find.Execute Replace:=wdReplaceAll
End Sub

 

次のVBAは、中引用符を一重引用符に変更します。

Sub ReplaceSmartQuotes()
Dim vFindText As Variant
Dim vReplText As Variant
Dim i As Long
vFindText = Array("[^0145^0146]", "[^0147^0148]")
vReplText = Array("^039", "^034")
With Selection.Find
.ClearFormatting
.Replacement.ClearFormatting
.Forward = True
.Wrap = wdFindContinue
.MatchWholeWord = True
.MatchWildcards = True
For i = LBound(vFindText) To UBound(vFindText)
.Text = vFindText(i)
.Replacement.Text = vReplText(i)
.Execute Replace:=wdReplaceAll
Next i
End With
End Sub


推奨される単語生産性ツール

 

Kutools For Word-100を超えるWordの高度な機能で50%の時間を節約

  • 複雑で繰り返される操作は、数秒でXNUMX回の処理で実行できます。
  • 複数の画像をフォルダ間でWord文書に一度に挿入します。
  • フォルダ間で複数のWordファイルをマージして、希望の順序でXNUMXつに結合します。
  • 見出し、セクション区切り、またはその他の基準に従って、現在のドキュメントを個別のドキュメントに分割します。
  • DocとDocx、DocxとPDFの間でファイルを変換し、一般的な変換と選択のためのツールのコレクションなど...