Note: The other languages of the website are Google-translated. Back to English

Excelで矢印分散グラフを作成する

Excelでは、矢印の分散または別のグラフは、XNUMXつのデータセットの増加または減少の割合を示す上向きまたは下向きの矢印が付いた一種のクラスター化された列または棒グラフです。

たとえば、前年と比較した販売差異を表示する場合は、下のスクリーンショットに示すように、緑と赤の矢印を使用して変化率を表示できます。 この記事では、この複雑なタイプのグラフをExcelで作成する方法について説明します。


Excelで矢印の分散または差分グラフを作成する

2020年に基づく2019年の差異率の変化を比較する矢印分散チャートを作成するには、最初に、以下のスクリーンショットに示すように、いくつかのヘルパー列を挿入して基本データを計算する必要があります。

まず、ヘルパー列データを作成します

1。 元のデータの横にあるセルD2に次の数式を入力し、数式をセルD10にドラッグします。スクリーンショットを参照してください。

=MAX(B2:C2)

2。 セルE2に次の数式を入力し、数式をセルE10にコピーしてください。スクリーンショットを参照してください。

=D2

3. 以下の数式をセルF2に入力し、数式をセルF10にコピーします。スクリーンショットを参照してください。

=IF(C2>B2,C2-B2,NA())

4。 次に、セルG2に次の数式を入力し、セルG10にドラッグして数式を入力します。スクリーンショットを参照してください。

=IF(C2<B2,B2-C2,NA())

ヒント:上記のXNUMXつのヘルパー列は、エラーバー付きの列バーを挿入するために使用されます。エラーバーは、上下の矢印としてフォーマットされます。

5。 次に、次の数式をセルH2に入力し、数式をセルH10にドラッグしてください。スクリーンショットを参照してください。

=IF(ISERROR(F2),"","+" & TEXT(F2/B2,"0%"))

6。 次に、セルI2に次の数式を入力し、塗りつぶしハンドルをセルI10までドラッグします。スクリーンショットを参照してください。

=IF(ISERROR(G2),"","-"&TEXT(G2/B2,"0%"))

ヒント:ヘルパー列HとIは、グラフの上下のデータラベルを追加するために使用されます。
次に、ヘルパー列のデータに基づいて矢印分散チャートを作成します

7。 ヘルパーデータを作成したら、列A、B、C、D、Eでデータを選択し、をクリックします。 インセット > 列グラフまたは棒グラフを挿入 > クラスター化された列、スクリーンショットを参照してください:

8。 そして、以下のスクリーンショットのように、クラスター化された縦棒グラフが挿入されます。

9。 次に、クリックしてグラフを選択し、[ データの選択 コンテキストメニューから、スクリーンショットを参照してください。

10。 飛び出した データソースを選択 ダイアログボックス、 凡例エントリ(シリーズ) リストボックスで、 最大左 シリーズをクリックし、上矢印ボタンをクリックしてこのデータシリーズを上に移動します。以下のデモを参照してください。

11。 次に、をクリックします。 OK ボタンをクリックしてダイアログを閉じ、右クリックして 最大左 データ系列、クリック チャート要素 リストボックスを展開するボタンをクリックし、リストボックスでチェックします エラーバー、スクリーンショットを参照してください:

12。 右クリックして 最大右 データ系列をクリックし、 チャート要素 リストボックスを展開するボタンをクリックし、リストボックスでチェックします エラーバー、スクリーンショットを参照してください:

13。 次に、右クリックします 最大左Yエラーバー、選択して エラーバーのフォーマット コンテキストメニューから、スクリーンショットを参照してください。

14。 次に、開いた状態で エラーバーのフォーマット ペイン、下 エラーバーオプション タブの 垂直エラーバー セクションでは、次の操作を構成してください。

  • 次の項目を選択します。: マイナス オプションの下に リーダーシップ セクション;
  • 次に、 キャップなし から エンドスタイル セクション;
  • そして、選択します カスタム から エラー量 セクションをクリックしてから 値を指定する ボタン、飛び出した カスタムエラーバー ダイアログボックスで、空白のままにします 正のエラー値 テキストボックスをクリックし、上矢印列からデータを選択します。 負のエラー値 テキストボックスをクリックし、をクリックします OK ダイアログを閉じます。

15。 維持する エラーバーのフォーマット を開き、クリックして選択します 最大右Yエラーバー チャートから、 エラーバーオプション タブの 垂直エラーバー セクションでは、次の操作を構成してください。

  • 次の項目を選択します。: マイナス オプションの下に リーダーシップ セクション;
  • 次に、 キャップなし から エンドスタイル セクション;
  • そして、選択します カスタム から エラー量 セクションをクリックしてから 値を指定する ボタン、飛び出した カスタムエラーバー ダイアログボックスで、空白のままにします 正のエラー値 テキストボックスをクリックし、下矢印列からデータを選択します。 負のエラー値 テキストボックスをクリックし、をクリックします OK ダイアログを閉じます。

16。 次に、最大左および最大右のデータ系列バーを非表示にフォーマットし、最大左のデータバーを右クリックして、を選択する必要があります。 データ系列のフォーマット オプション、開いた状態で データ系列のフォーマット ペイン、下 塗りつぶしと線 タブ、選択 塗りつぶしなし から 埋める セクション、スクリーンショットを参照してください:

17。 Max Rightデータバーを非表示にするために同じ操作を実行します。スクリーンショットを参照してください:

18。 最大左と最大右のデータバーを非表示にした後、右クリックします。 最大左Yエラーバー、次に選択する エラーバーのフォーマット コンテキストメニューから、 エラーバーのフォーマット ペイン、下 塗りつぶしと線 タブで、次の操作を行ってください。

  • 次の項目を選択します。: 実線 オプションを選択し、上矢印に好きな色を指定します。 落ちる;
  • 次に、線幅を次のように調整します 1.25 pt 必要に応じて セクション;
  • 次に、 矢印 アイコンを 開始矢印 ドロップダウンリストを入力します。

19。 維持する エラーバーのフォーマット ペインがまだ開いている場合は、クリックして選択します 最大右Yエラーバー、で エラーバーのフォーマット ペイン、下 塗りつぶしと線 タブで、次の操作を行ってください。

  • 次の項目を選択します。: 実線 オプションを選択し、下矢印に好きな葯の色を指定します 落ちる;
  • 次に、線幅を次のように調整します 1.25 pt 必要に応じて セクション;
  • 次に、 矢印 アイコンを エンドアロー ドロップダウンリストを入力します。

20。 そして、以下のスクリーンショットのようなチャートが表示されます。

21。 次に、最大左データバーを右クリックして、 データ系列のフォーマット コンテキストメニューから、開いた状態で データ系列のフォーマット ペイン、下 シリーズオプション タブ、選択 二次軸 オプションから プロットシリーズオン セクションをクリックし、[最大右]データバーをクリックして選択し、以下に示すデモと同じ操作を実行します。

22。 次に、チャート内の任意のバーを右クリックして、 データ系列のフォーマット、で データ系列のフォーマット ペイン、下 シリーズオプション タブ、入力 0% 及び 100%シリーズオーバーラップ 及び ギャップ幅 別々に箱。

そして、 データ系列のフォーマット ペイン、選択を続行します シリーズ「2019年"または シリーズ「2020年」 から シリーズオプション ドロップダウンリストを入力し、 0% 及び 100%シリーズオーバーラップ 及び ギャップ幅 別々に箱も。 以下のデモを参照してください。

23。 このステップでは、グラフのデータラベルを追加し、クリックして最大左データ系列を選択してから、をクリックします。 チャート要素、展開された チャート要素 リストボックス、チェック データラベル オプション、スクリーンショットを参照してください:

24。 次に、データラベルを右クリックして、 データラベルのフォーマット、スクリーンショットを参照してください:

25。 オープンで データラベルのフォーマット ペイン、下 ラベルオプション タブ、チェック 細胞からの価値 オプション、およびポップアウトで データラベルの範囲 ダイアログボックスで、[アップデータラベル]列からデータセルを選択し、[ OK ボタン、スクリーンショットを参照してください:

26。 まだ データラベルのフォーマット ペイン、チェックを外します 及び 引出線を表示する オプションを選択すると、以下のグラフが表示されます。スクリーンショットを参照してください。

27。 次に、下のデータラベルを追加し、[最大右]データバーを右クリックして、[ チャート要素 リストボックスを展開するには、 チャート要素 リストボックス、チェック データラベル オプション、スクリーンショットを参照してください:

28。 次に、新しく追加されたデータラベルを右クリックして、 データラベルのフォーマット、開いた状態で データラベルのフォーマット ペイン、下 ラベルオプション タブ、チェック 細胞からの価値 オプション、およびポップアウトで データラベルの範囲 ダイアログボックスで、[下のデータラベル]列からデータセルを選択し、[ OK ボタン、スクリーンショットを参照してください:

29 まだで データラベルのフォーマットペイン、チェックを外します 及び 引出線を表示する オプション、および変化率データラベルがグラフに追加されました。スクリーンショットを参照してください。

30。 最後に、グリッド線、グラフタイル、XNUMX次軸を削除するなど、必要に応じて不要なグラフ要素を削除すると、次のスクリーンショットに示すような完全なグラフが表示されます。


便利な機能を備えたExcelで矢印の分散または差分チャートを作成する

上記の複雑な手順で頭痛がする場合は、ここで簡単なツールを紹介します-Kutools for Excelそのと 差分矢印チャート この機能では、数回クリックするだけで、必要に応じて棒グラフまたは列の差分矢印グラフを作成できます。  クリックしてKutoolsfor Excelを無料トライアルでダウンロードしてください!


ArrowVarianceまたはDifferenceChartサンプルファイルをダウンロードする


ビデオ:Excelで矢印の分散または差分チャートを作成する


最高のオフィス生産性ツール

Kutools forExcel-群衆から目立つのに役立ちます

毎日の仕事をすばやく完璧に完了しませんか? Kutools for Excelは、300の強力な高度な機能(ワークブックの結合、色による合計、セルの内容の分割、日付の変換など)を提供し、80%の時間を節約します。

  • 1500の作業シナリオ用に設計されており、80%のExcelの問題を解決するのに役立ちます。
  • 毎日何千ものキーボードとマウスのクリックを減らし、疲れた目と手を和らげます。
  • 3分でExcelのエキスパートになります。 面倒な数式やVBAコードを覚えておく必要はもうありません。
  • 30日間無制限の無料トライアル。 60日間の返金保証。 2年間の無料アップグレードとサポート。
Excelのリボン(Kutools for Excelがインストールされている)

Officeタブ-MicrosoftOffice(Excelを含む)でタブ付きの読み取りと編集を有効にする

  • 数十の開いているドキュメントを切り替えるのにXNUMX秒!
  • マウスの手に別れを告げて、毎日何百ものマウスクリックを減らしてください。
  • 複数のドキュメントを表示および編集するときの生産性が50%向上します。
  • Chrome、Firefox、新しいInternet Explorerと同じように、効率的なタブをOffice(Excelを含む)にもたらします。
Excelのスクリーンショット(Officeタブがインストールされている場合)
コメントを並べ替える
コメント (0)
まだ評価はありません。 最初に評価してください!
ここにはまだコメントが投稿されていません
あなたのコメントを残す
ゲストとして投稿
×
この投稿を評価:
0  文字
推奨される場所