Note: The other languages of the website are Google-translated. Back to English

Excelで平均/目標線を使用してグラフを作成します

Excelでは、グラフに水平線または垂直線を挿入するのが一般的なタスクである場合があります。水平線または垂直線は、ターゲット値または平均値を参照する場合があります。 このタイプの線を使用すると、実際の値と目標値または平均値を簡単に比較できます。この線を使用すると、下のスクリーンショットに示すように、値がこの参照値の上下にある場所を簡単に確認できます。 この記事では、Excelで平均線または目標線を使用して縦棒グラフまたは棒グラフを作成する方法について説明します。

横線の縦棒グラフ 縦線の棒グラフ

平均線またはターゲット線を水平方向に持つ縦棒グラフを作成する

平均線またはターゲット線が水平方向にある縦棒グラフを作成するには、次の手順を実行してください。

1。 平均線の縦棒グラフを作成する場合は、最初にデータのリストの平均値を計算する必要があります。次の数式を空白のセルに入力してから、自動入力ハンドルをドラッグして数式を他のセル、スクリーンショットを参照してください:

=AVERAGE($B$2:$B$7)
ヒント:ターゲットラインを使用してチャートを作成する場合は、セルにターゲット値を入力するだけです。

2。 次に、平均値を含むデータ範囲を選択し、をクリックします インセット > 列グラフまたは棒グラフを挿入 > クラスター化された列、スクリーンショットを参照してください:

3。 また、縦棒グラフがワークシートに挿入されます。必要に応じて、グラフのタイトルやグリッド線などの不要な要素を削除できます。スクリーンショットを参照してください。

4。 次に、平均データ系列(オレンジ色のバー)を右クリックして、を選択してください。 シリーズチャートタイプの変更 コンテキストメニューから、スクリーンショットを参照してください。

5。 の中に チャートタイプの変更 ダイアログボックス、下 データ系列のグラフの種類と軸を選択します リストボックスで、 折れ線グラフ から チャートタイプ のドロップダウンリスト 平均 データシリーズ、スクリーンショットを参照:

6。 次に、をクリックします OK ボタンをクリックすると、以下のスクリーンショットのようなグラフが表示されます。

7。 次に、この平均線のデータラベルを追加し、ダブルクリックして線の右端のデータポイントを選択します。スクリーンショットを参照してください。

8。 次に、をクリックします チャート要素チェック データラベル ボックスに表示され、平均行にデータラベルが挿入されています。スクリーンショットを参照してください。

ヒント:水平線の外観を変更する場合は、線を右クリックして、から目的のダッシュタイプ、太さ、または色を選択してください。 アウトライン 必要に応じてドロップダウンします。

縦棒グラフに異なる値のターゲットラインを追加します

実際の値を行ごとに異なる目標値と比較したい場合があります。この場合、目標値をより明確に視覚化するために、以下のタイプのグラフが適しています。

このタイプのチャートを作成するには、次のようにしてください。

1。 まず、データ範囲を選択してから、 インセット > 列グラフまたは棒グラフを挿入 > クラスター化された列 チャートを挿入します。

2。 次に、対象のデータ系列(オレンジ色のバー)を右クリックして、 シリーズチャートタイプの変更 コンテキストメニューから、 チャートタイプの変更 ダイアログボックスで、 折れ線グラフ からのターゲットデータシリーズの場合 チャートタイプ ドロップダウンリスト、スクリーンショットを参照してください:

3。 次に、をクリックします。 OK ボタンをクリックし、ターゲットラインをダブルクリックして、 データ系列のフォーマット、スクリーンショットを参照してください:

4。 オープンで データ系列のフォーマット ペイン、下 塗りつぶしと線 タブ、選択 行なし から ライン セクション、スクリーンショットを参照してください:

5。 まだ 塗りつぶしと線 タブ、に切り替えます マーカー セクション、選択 内蔵 から マーカーオプション セクションをクリックし、で水平バーを選択します 種類 ドロップダウン、最後に、バーの幅に対応するサイズを設定します サイズ ボックス、スクリーンショットを参照してください:

6。 次に、から好きなようにターゲットラインの色を設定します 埋める セクション、スクリーンショットを参照してください:

7。 最後に、必要に応じて、グラフのタイトルやグリッド線などの不要な要素を削除できます。


ラジオボタンを使用して動的に平均線の縦棒グラフを作成する

複数年にわたる製品の売上を示す大きなテーブルがある場合、ここで、各年の平均線をグラフで表示する必要があります。 このタスクを処理するには、以下のデモに示すように、ラジオボタンをクリックして平均線のチャートを使用できます。 対応する年を選択すると、平均線のグラフが動的に表示されます。

この動的チャートを作成するには、最初にいくつかのラジオボタンを挿入し、次にチャートの基になるヘルパーデータテーブルを作成し、最後にラジオボタンへのチャートリンクを挿入する必要があります。 次の手順で実行してください。

まず、いくつかのラジオボタンを挿入します

1に設定します。 OK をクリックします。 ディベロッパー > インセット > オプションボタン(フォームコントロール)、次にXNUMXつのラジオボタンを描画し、必要に応じてテキストを編集します。スクリーンショットを参照してください。

2。 次に、最初のラジオボタンを右クリックして、 フォーマット制御 コンテキストメニューから、スクリーンショットを参照してください。

3。 オープンで フォーマットオブジェクト ダイアログボックス、下 制御 タブで、セルを選択してラジオボタンをリンクします。 セル リンクテキストボックスをクリックし、 OK それを閉じるには、スクリーンショットを参照してください:

次に、に基づいてグラフを作成するためのヘルパーデータテーブルを挿入します

4。 元のテーブルから新しい範囲に製品名をコピーし、次にコピーしたデータの横の空白のセルに次の数式を適用し、塗りつぶしハンドルをドラッグして結果を取得します。スクリーンショットを参照してください。

=VLOOKUP(G2,$A$2:$E$8,$O$1+1,0)
注意:上記の式では、 G2 貼り付けた商品リストのセルです。 A2:E8 元のデータテーブルのデータ範囲です。 O1 ラジオボタンのリンクされたセルです。 この式は、選択ラジオボタンに基づいてデータ列を返すために使用されます。

5。 これで、ラジオボタンをXNUMXつクリックすると、データの対応する年が次のデモのように自動的に表示されます。

6。 次に、次の式を使用して平均値を計算できます。スクリーンショットを参照してください。

=AVERAGE($H$3:$H$8)

第三に、新しいヘルパーデータテーブルに基づいてチャートを作成します

次に、新しく作成したデータを選択し、上記を適用してください ステップ2-方法8のステップ1 平均線のある縦棒グラフを作成すると、平均線のあるグラフが動的に取得されます。 以下のデモを参照してください。


平均線またはターゲット線を垂直に持つ棒グラフを作成する

このセクションでは、平均またはターゲットを垂直に持つ棒グラフを作成する方法を紹介します。次のようにしてください。

1。 まず、ヘルパーデータテーブルを作成し、次のように入力します X 及び Y 2つのセルに分けてから、セルD3とDXNUMXの平均値を計算してください。スクリーンショットを参照してください。

=AVERAGE($B$2:$B$7)
ヒント:ターゲットラインを使用してチャートを作成する場合は、セルにターゲット値を入力するだけです。

2。 次に、番号を入力します 0 及び 1 Y値についてはセルE2とE3に入力してください。スクリーンショットを参照してください。

3。 次に、元のデータ範囲を選択し、をクリックします インセット > 列グラフまたは棒グラフを挿入 > クラスターバー、スクリーンショットを参照してください:

4。 棒グラフがシートに挿入されているので、棒を右クリックして、 データの選択 コンテキストメニューから、スクリーンショットを参照してください。

5。 飛び出した データソースを選択 ダイアログで、 追加 ボタン、スクリーンショットを参照してください:

6。 そして、 シリーズの編集 ダイアログで、シリーズ名をに入力します シリーズ名 テキストボックスをクリックし、X値(この例ではD2:D3)のセルを選択します。 シリーズ値 テキストボックス、スクリーンショットを参照:

7に設定します。 OK をクリックします。 OK > OK ダイアログを閉じると、新しいデータ系列が棒グラフ(XNUMXつのオレンジ色のバー)に追加されます。次に、オレンジ色のバーを右クリックして、 シリーズチャートタイプの変更、スクリーンショットを参照してください:

8。 飛び出した チャートタイプの変更 ダイアログボックスで 滑らかな線で散布 から チャートタイプ ドロップダウン 平均 データシリーズ、スクリーンショットを参照:

9。 次に、をクリックします。 OK ダイアログボックスを閉じると、新しいデータ系列が主Y軸に沿ったデータポイントに変換され、バーを右クリックして、を選択します。 データの選択 コンテキストメニューから、スクリーンショットを参照してください。

10。 の中に データソースを選択 ダイアログボックスの[凡例エントリ(シリーズ)]リストボックスで、[ 平均 オプションをクリックし、次にクリックします。 編集 ボタン、スクリーンショットを参照してください:

11。 次に、 シリーズの編集 プロンプトボックスが表示されます。 シリーズXの値 ボックスで、2つのXセル(D3:DXNUMX)を選択し、 シリーズY値 ボックスで、2つのYセル(E3:EXNUMX)を選択します。スクリーンショットを参照してください。

12に設定します。 OK をクリックします。 OK > OK ダイアログボックスを閉じると、チャートに垂直平均線が追加されていることがわかります。スクリーンショットを参照してください。

13。 次に、XNUMX番目の垂直軸(右軸)を右クリックして、 フォーマット軸 コンテキストメニューから、スクリーンショットを参照してください。

14。 オープンで フォーマット軸 ペイン、下 軸オプション タブの 軸オプション セクション、タイプ 1.0 最大 バインドされたボックス。以下のスクリーンショットのようなグラフが表示されます。

15。 最後に、必要に応じてXNUMX番目の垂直軸と不要なグリッド線を削除できます。これで、垂直平均線の棒グラフが完成しました。 スクリーンショットを参照してください:

ヒント:垂直線の外観を変更する場合は、線を右クリックして、から目的のダッシュタイプ、太さ、または色を選択してください。 アウトライン 必要に応じてドロップダウン

棒グラフに異なる値のターゲットラインを追加します

以下のスクリーンショットに示すように、棒グラフに異なる値のターゲットラインを追加するには、次の手順を実行してください。

1。 データ範囲を選択し、をクリックします インセット > 列グラフまたは棒グラフを挿入 > クラスターバー 棒グラフを挿入するには、スクリーンショットを参照してください。

2。 次に、対象のデータ系列(オレンジ色のバー)を右クリックして、 データ系列のフォーマット コンテキストメニューから、スクリーンショットを参照してください。

3。 オープンで データ系列のフォーマット ペイン、下 シリーズオプション タブで、シリーズのオーバーラップをに変更します 100%、スクリーンショットを参照してください:

4。 まだ データ系列のフォーマット ペイン、に切り替えます 塗りつぶしと線 タブ、選択 塗りつぶしなし から 埋める セクション、スクリーンショットを参照してください:

5。 次に、 エフェクト タブ、下 セクションでは、次の操作を設定してください。

  • から必要な色を指定します 落ちる;
  • ぼかしをに設定します 0 pt;
  • 次に、角度を次のように調整します;
  • 最後に、距離をに変更します 2pt 必要に応じて

6。 今、に切り替えます シリーズオプション もう一度タブを選択し、 二次軸 から シリーズオプション セクション、およびギャップ幅をに変更します 90% 必要に応じて。 スクリーンショットを参照してください:

7。 最後に、必要に応じてグラフタイル、上部X軸、グリッド線などの不要な要素を削除します。次のスクリーンショットに示すように、さまざまなターゲット線を持つ棒グラフが表示されます。


便利な機能を使用して、縦棒グラフまたは棒グラフにターゲット/平均線を追加します

Kutools for Excel Excelにはない50以上の特殊なタイプのグラフを提供します。 箇条書き, 目標と実際のチャート, 差分矢印チャート 等々。 その便利なチャートツールで- グラフに線を追加、Excelでクリックするだけで、縦棒グラフまたは棒グラフに目標線または平均線を追加できます。 クリックしてKutoolsfor Excelを無料トライアルでダウンロードしてください!

dockte進捗サークルチャート1


平均/目標線サンプルファイルを含むチャートをダウンロードする


最高のオフィス生産性ツール

Kutools forExcel-群衆から目立つのに役立ちます

毎日の仕事をすばやく完璧に完了しませんか? Kutools for Excelは、300の強力な高度な機能(ワークブックの結合、色による合計、セルの内容の分割、日付の変換など)を提供し、80%の時間を節約します。

  • 1500の作業シナリオ用に設計されており、80%のExcelの問題を解決するのに役立ちます。
  • 毎日何千ものキーボードとマウスのクリックを減らし、疲れた目と手を和らげます。
  • 3分でExcelのエキスパートになります。 面倒な数式やVBAコードを覚えておく必要はもうありません。
  • 30日間無制限の無料トライアル。 60日間の返金保証。 2年間の無料アップグレードとサポート。
Excelのリボン(Kutools for Excelがインストールされている)

Officeタブ-MicrosoftOffice(Excelを含む)でタブ付きの読み取りと編集を有効にする

  • 数十の開いているドキュメントを切り替えるのにXNUMX秒!
  • マウスの手に別れを告げて、毎日何百ものマウスクリックを減らしてください。
  • 複数のドキュメントを表示および編集するときの生産性が50%向上します。
  • Chrome、Firefox、新しいInternet Explorerと同じように、効率的なタブをOffice(Excelを含む)にもたらします。
Excelのスクリーンショット(Officeタブがインストールされている場合)
コメントを並べ替える
コメント (0)
まだ評価はありません。 最初に評価してください!
ここにはまだコメントが投稿されていません
あなたのコメントを残す
ゲストとして投稿
×
この投稿を評価:
0  文字
推奨される場所