Note: The other languages of the website are Google-translated. Back to English

Excelでヒートマップチャートを作成する

Excelでは、ヒートマップチャートは、データセットの比較ビューを視覚的に表現した表のように見えます。 ワークシートに大きなデータセットがある場合、低い値と高い値を一目で識別するのは非常に困難ですが、ヒートマップでは、セルの値が異なる色のパターンで表示されるため、大きなデータを確認できます。以下のスクリーンショットに示すように、より小さなデータをすばやく簡単に。


条件付き書式を使用して簡単なヒートマップチャートを作成する

Excelには直接ヒートマップチャートユーティリティはありませんが、強力な 条件付き書式 機能を使用すると、ヒートマップをすばやく作成できます。次の手順で実行してください。

1。 適用するデータ範囲を選択します 条件付き書式.

2。 そして、 ホーム > 条件付き書式 > カラースケール、次に、右側の展開されたドロップダウンから必要なスタイルをXNUMXつ選択します(この場合は、 緑–黄–赤のカラースケール)スクリーンショットを参照してください:

3. これで、値に基づいてセルを強調表示するヒートマップが作成されます。緑色は最高値を表し、赤色は最低値を表し、残りの値は緑と赤の間のグラデーション色を示します。 スクリーンショットを参照してください:

4。 数字を非表示にして色だけを残したい場合は、データ範囲を選択してを押してください Ctrl + 1 キーを押して セルの書式設定 ダイアログボックス。

5。 の中に セルの書式設定 ダイアログボックス、下 タブをクリックします。 カスタム 左側のオプション 分類 リストボックスに入力し、 ;;; 種類 テキストボックス、スクリーンショットを参照:

6。 次に、をクリックします。 OK ボタンをクリックすると、以下のスクリーンショットのようにすべての番号が非表示になります。

注意:セルを他の色で強調表示するには、データ範囲を選択してからクリックしてください ホーム > 条件付き書式 > ルールの管理 に移動します 条件付き書式ルールマネージャー ダイアログボックス。

次に、既存のルールをダブルクリックして、 書式設定ルールの編集 ダイアログボックスをクリックし、必要に応じてルールをリセットします。スクリーンショットを参照してください。


Excelで動的ヒートマップチャートを作成する

例1:スクロールバーを使用して動的ヒートマップを作成する

ワークシートに複数の列のデータがあり、それらを限られたスペースに表示したい場合、この場合、以下のデモに示すように、ワークシートにスクロールバーを挿入して、ヒートマップを動的に作成できます。

このタイプの動的ヒートマップチャートを作成するには、次の手順を実行してください。

1。 新しいワークシートを挿入し、最初の列の月を元のシートからこの新しいシートにコピーします。

2。 次に、をクリックします。 ディベロッパー > インセット > スクロール・バー、スクリーンショットを参照してください:

3。 次に、マウスをドラッグしてコピーしたデータの下にスクロールバーを描画し、スクロールバーを右クリックして、 フォーマット制御、スクリーンショットを参照してください:

4。 の中に フォーマットオブジェクト ダイアログボックス、下 制御 以下のスクリーンショットに示すように、タブで、データ範囲に基づいて最小値、最大値、増分変更、ページ変更、およびリンクされたセルを設定します。

5。 次に、をクリックします OK このダイアログボックスを閉じます。

6。 ここで、この新しいシートのセルB1に、次の数式を入力して、を押してください。 入力します 最初の結果を得るための鍵:

=INDEX(data1!$B$1:$I$13,ROW(),$I$1+COLUMNS($B$1:B1)-1)

注意:上記の式では、 data1!$ B $ 1:$ I $ 13 行ヘッダー(月)を除くデータ範囲の元のシートです。 $ I $ 1 スクロールバーがリンクしたセルです。 $ B $ 1:B1 数式を出力するセルです。

7。 次に、この数式セルを残りのセルにドラッグします。ワークシートに3年だけを表示する場合は、数式をB1からD13にドラッグしてください。スクリーンショットを参照してください。

8。 そして、 カラースケール 条件付き書式 ヒートマップを作成するための新しいデータ範囲への機能。スクロールバーをドラッグすると、ヒートマップが動的に移動します。スクリーンショットを参照してください。


例2:ラジオボタンを使用して動的ヒートマップを作成する

以下のデモに示すように、ラジオボタンを使用して動的ヒートマップを作成し、XNUMXつのラジオボタンを選択すると最大のn値が強調表示され、別のラジオボタンを選択すると最小のn値が強調表示されます。

このタイプの動的ヒートマップを完成させるには、次のようにしてください。

1に設定します。 OK をクリックします。 ディベロッパー > インセット > オプションボタン(フォームコントロール)次に、マウスをドラッグしてXNUMXつのラジオボタンを描画し、必要に応じてテキストを編集します。スクリーンショットを参照してください。

2。 ラジオボタンを挿入した後、最初のボタンを右クリックして、 フォーマット制御、で フォーマット制御 ダイアログボックス、下 制御 タブで、ラジオボタンに並んでいるセルを選択します。スクリーンショットを参照してください。

3に設定します。 OK をクリックします。 OK ボタンをクリックしてダイアログボックスを閉じ、上記の手順(手順2)を繰り返して、1番目のラジオボタンを同じセル(セルMXNUMX)にもリンクします。

4。 次に、データ範囲に条件付き書式を適用する必要があります。データ範囲を選択して、をクリックしてください。 ホーム > 条件付き書式 > 新しいルール、スクリーンショットを参照してください:

5。 の中に 新しい書式設定規則 ダイアログボックスで 数式を使用して、フォーマットするセルを決定します から ルールタイプを選択します リストボックスをクリックして、次の式を入力します。 =IF($M$1=1,IF(B2>=LARGE($B$2:$I$13,15),TRUE,FALSE))この数式が真であるときの書式値 テキストボックスをクリックしてからクリックします フォーマット ボタンで色を選択します。 スクリーンショットを参照してください:

6に設定します。 OK をクリックします。 OK ボタンをクリックすると、最初のラジオボタンを選択したときに、最大の15個の値が赤い色で強調表示されます。

7。 最小の15の値を強調表示するには、データを選択したままにして、 新しい書式設定規則 ダイアログボックスをクリックし、次の式を入力します。 =IF($M$1=2,IF(B2<=SMALL($B$2:$I$13,15),TRUE,FALSE))この数式が真であるときの書式値 テキストボックスをクリックし、 フォーマット ボタンをクリックして、必要な別の色を選択します。 スクリーンショットを参照してください:

注意:上記の式では、 $ M $ 1 ラジオボタンにリンクされたセルです、 $ B $ 2:$ I $ 13 条件付き書式を適用するデータ範囲です。 B2 データ範囲の最初のセル、数値 15 強調表示する特定の番号です。

8に設定します。 OK をクリックします。 OK ダイアログボックスを閉じるには、最初のラジオボタンを選択すると、最大の15の値が強調表示され、15番目のラジオボタンを選択すると、以下のデモのように最小のXNUMXの値が強調表示されます。


例3:チェックボックスを使用して動的ヒートマップを作成する

このセクションでは、必要に応じてヒートマップを表示または非表示にするのに役立つチェックボックスを使用して、動的ヒートマップチャートを紹介します。 チェックボックスをオンにするとヒートマップが表示され、チェックボックスをオフにするとすぐに非表示になります。以下のデモを参照してください。

1。 まず、データ範囲をテーブル形式に変換する必要があります。これは、新しいデータ行を挿入するときに条件付き書式を自動的に適用するのに役立ちます。 データ範囲を選択し、を押します Ctrl + Tキー 一緒に鍵を開いて テーブルの作成 ダイアログボックス、スクリーンショットを参照してください:

2に設定します。 OK をクリックします。 OK ダイアログボックスを閉じて、をクリックします ディベロッパー > インセット > チェックボックス(フォームコントロール)次に、マウスをドラッグしてチェックボックスを描画し、以下のスクリーンショットのように必要に応じてテキストを編集します。

3。 次に、チェックボックスを右クリックして、 フォーマット制御、で フォーマットオブジェクト ダイアログボックス、下 制御 タブで、チェックボックスに並んだセルを選択します。スクリーンショットを参照してください。

4に設定します。 OK をクリックします。 OK ダイアログボックスを閉じるには、ヒートマップを作成するデータ範囲を選択し、[ ホーム > 条件付き書式 > 新しいルール に移動します 新しい書式設定規則 ダイアログボックス。

5。 の中に 新しい書式設定規則 ダイアログボックスで、次の操作を行ってください。

  • 次の項目を選択します。: 値に基づいてすべてのセルをフォーマットします オプションから ルールタイプを選択します リストボックス;
  • 選択する 3色スケール から フォーマットスタイル ドロップダウンリスト;
  • 次の項目を選択します。: 種類 下のボックス 最小, 中点 及び 最大 リストを個別にドロップダウンします。
  • そして、次の式をXNUMXつに入力します テキストボックス:
  • 最小: = IF($ M $ 1 = TRUE、MIN($ B $ 2:$ I $ 13)、FALSE)
  • 中点: = IF($ M $ 1 = TRUE、AVERAGE($ B $ 2:$ I $ 13)、FALSE)
  • 最大: = IF($ M $ 1 = TRUE、MAX($ B $ 2:$ I $ 13)、FALSE)
  • 次に、からハイライトの色を指定します あなたの必要に応じてセクション。

注意:上記の式では、 $ M $ 1 チェックボックスにリンクしているセルは、 $ B $ 2:$ I $ 13 条件付き書式を適用するデータ範囲です。

6。 設定が終わったら、 OK ボタンをクリックしてダイアログボックスを閉じます。チェックボックスをオンにすると、ヒートマップが表示されます。それ以外の場合は、非表示になります。 以下のデモを参照してください。


ヒートマップチャートのサンプルファイルをダウンロードする


ビデオ:Excelでヒートマップチャートを作成する


最高のオフィス生産性ツール

Kutools forExcel-群衆から目立つのに役立ちます

毎日の仕事をすばやく完璧に完了しませんか? Kutools for Excelは、300の強力な高度な機能(ワークブックの結合、色による合計、セルの内容の分割、日付の変換など)を提供し、80%の時間を節約します。

  • 1500の作業シナリオ用に設計されており、80%のExcelの問題を解決するのに役立ちます。
  • 毎日何千ものキーボードとマウスのクリックを減らし、疲れた目と手を和らげます。
  • 3分でExcelのエキスパートになります。 面倒な数式やVBAコードを覚えておく必要はもうありません。
  • 30日間無制限の無料トライアル。 60日間の返金保証。 2年間の無料アップグレードとサポート。
Excelのリボン(Kutools for Excelがインストールされている)

Officeタブ-MicrosoftOffice(Excelを含む)でタブ付きの読み取りと編集を有効にする

  • 数十の開いているドキュメントを切り替えるのにXNUMX秒!
  • マウスの手に別れを告げて、毎日何百ものマウスクリックを減らしてください。
  • 複数のドキュメントを表示および編集するときの生産性が50%向上します。
  • Chrome、Firefox、新しいInternet Explorerと同じように、効率的なタブをOffice(Excelを含む)にもたらします。
Excelのスクリーンショット(Officeタブがインストールされている場合)
コメントを並べ替える
コメント (1)
まだ評価はありません。 最初に評価してください!
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
申し訳ありませんが、キャンセルします。
若杉
ここにはまだコメントが投稿されていません
あなたのコメントを残す
ゲストとして投稿
×
この投稿を評価:
0  文字
推奨される場所