Note: The other languages of the website are Google-translated. Back to English

Excelでマトリックスバブルチャートを作成する

通常、バブルチャートを使用して、少なくともXNUMXセットの値を比較し、それらの間の関係を示すことができます。 ただし、少なくともXNUMXつの値のセットがあり、各値のセットにさらに多くの系列がある場合、バブルチャートですべての系列の値を比較するにはどうすればよいですか? ここでは、新しいチャートであるマトリックスバブルチャートを紹介します。 このグラフは、バブルを行列置換の方法で配置することにより、少なくともXNUMXセットの値のより多くのシリーズを比較し、それらの間の関係を示すのに役立ちます。

Excelでマトリックスバブルチャートを作成する
すばらしいツールを使用して、マトリックスのバブルチャートを簡単に作成できます
サンプルファイルをダウンロードする
ビデオ:Excelでマトリックスバブルチャートを作成する


Excelでマトリックスバブルチャートを作成する

以下のスクリーンショットのようなデータに基づいてマトリックスバブルチャートを作成したい場合は、次のようにしてください。

ヒント: 通常、各バブルは、X値、Y値、およびバブルサイズのXNUMXつの値で構成されます。 ここで、上記の表の値を使用して、バブルの相対的なサイズのみを決定できます。 したがって、泡の中心を決定するために、X値とY値を表すXNUMXつのヘルパー範囲を作成する必要があります。

1.以下のスクリーンショットに示すように、XNUMXつのヘルパー範囲を作成します。

注意: この場合、元のテーブルには6セットの値があり、各値セットには5つの系列があります。 ヘルパーrange1で、1から6までのシーケンス番号を含む列を作成する必要があります。 ヘルパー範囲2では、5から6までの逆シーケンス番号を含む1つの列を作成する必要があります。データに基づいてヘルパー範囲を指定してください。

2.元のテーブルのすべてのシリーズを選択します(列ヘッダーと行ヘッダーを除き、ここではB2:F7を選択します)。

3。 クリック インセット > 散布図(X、Y)またはバブルチャートを挿入します > バブル バブルチャートを作成します。

4.バブルチャートを右クリックして、 データの選択 コンテクストメニューに表示されます。

5。 の中に データソースを選択 ダイアログボックスでは、次のことを行う必要があります。

5.1)元のシリーズを削除します (シリーズ1 及び シリーズ2) から 凡例エントリ(シリーズ) ボックス;
ヒント: 現在地に最も近い Series1 を選び 削除します それを削除するボタン。 Series2を削除するには、同じ操作を実行します。
5.2)をクリックします 追加 新しいシリーズを追加するボタン。 スクリーンショットを参照してください:

6。 の中に シリーズの編集 ダイアログボックスで、対応する範囲を次のように選択してください。

6.1) シリーズXの値 ボックスで、ヘルパー範囲1で作成した6〜1のシーケンス番号を含む列範囲を選択します。
6.2) シリーズY値 ボックスで、ヘルパー範囲2の最初の行番号(行ヘッダーを除く)を選択します。
6.3) シリーズバブルサイズ ボックスで、元のデータ範囲の最初の値のセットのすべてのシリーズを選択します。
6.4)をクリックします OK ボタン。

7.これでに戻ります データソースを選択 ダイアログボックスで、Series1がに追加されていることがわかります。 凡例エントリ(シリーズ) ボックス。 手順6を繰り返して他のシリーズを追加し、最後に[ OK ボタンをクリックして変更を保存します。

この場合、6シリーズを追加する必要があります 凡例エントリ(シリーズ) 以下のスクリーンショットのようなボックス。

バブルチャートは以下のように表示されます。

次に、グラフの現在のX軸とY軸を、実際の値のセットとシリーズ名に置き換える必要があります。

8. X軸を右クリックして、 フォーマット軸 右クリックメニューで。

9。 の中に フォーマット軸 ペインで、 ラベル セクションの下に 軸オプション タブをクリックし、 なし から ラベルの位置 ドロップダウンリスト。

10.手順8と9を繰り返して、Y軸ラベルも非表示にします。

これで、チャートは次のスクリーンショットのように表示されます。 X軸とY軸がグラフで非表示になっていることがわかります。

11.値のセットと系列名をグラフに追加できるように、他にXNUMXつの新しいヘルパー範囲を作成する必要があります。 XNUMXつの範囲は次のとおりです。

12.チャートを右クリックして、 データの選択 コンテクストメニューに表示されます。

13。 の中に データソースを選択 ダイアログボックスで 追加 ボタン。

14。 の中に シリーズの編集 ダイアログボックスで、ヘルパー範囲3で対応する範囲を選択してください。

14.1) シリーズXの値 ボックスで、ヘルパー範囲3の最初の列データを選択します。
14.2) シリーズY値 ボックスで、ヘルパー範囲3のXNUMX番目の列のデータを選択します。
14.3) シリーズバブルサイズ ボックスで、ヘルパー範囲3のXNUMX番目の列のデータを選択します。
14.4)をクリックします OK ボタン。

15.に戻ったとき データソースを選択 ダイアログボックスで 追加 ボタンをもう一度押します。

16。 の中に シリーズの編集 ダイアログボックスで、ヘルパー範囲4で対応する範囲を選択してください。

16.1) シリーズXの値 ボックスで、ヘルパー範囲4の最初の列データを選択します。
16.2) シリーズY値 ボックスで、ヘルパー範囲4のXNUMX番目の列のデータを選択します。
16.3) シリーズバブルサイズ ボックスで、ヘルパー範囲4のXNUMX番目の列のデータを選択します。
16.4)をクリックします OK ボタン。

17.に戻ったとき データソースを選択 ダイアログボックスで、 Series7 及び Series8 に追加されます 凡例エントリ(シリーズ) ボックスをクリックしてください OK 変更を保存します。

18.チャートでSeries7(すべてのバブルの下にあります)を選択し、[ チャート要素 ボタンをクリックしてから、 データラベル ボックス。 スクリーンショットを参照してください:

19.今追加したデータラベルを選択して、 データラベルのフォーマット ペイン。 このペインで、次のように構成してください。

19.1)確認してください 細胞からの価値 内箱 ラベルに含まれるもの セクション;
19.2) データラベルの範囲 ボックスで、元の範囲のシリーズ名を選択します。
19.3)チェックを外します Y値 内箱 ラベルに含まれるもの セクション;
19.3)が選択 以下 内のオプション ラベルの位置 の項目を検索します。

これで、チャートは次のように表示されます。

20.チャートでSeries8(バブルの左側にあります)を選択し、[ チャート要素 ボタンをクリックしてから、 データラベル ボックス。

21.この追加されたデータラベルを選択して、 データラベルのフォーマット ペインをクリックし、次のように構成します。

21.1)確認してください 細胞からの価値 内箱 ラベルに含まれるもの セクション;
21.2)ポップアップで データラベルの範囲 ボックスで、元の範囲の値のセットを選択します。
21.3)チェックを外します Y値 内箱 ラベルに含まれるもの セクション;
21.3)が選択 内のオプション ラベルの位置 の項目を検索します。

22.凡例を選択し、を押して削除します。 削除 キー。

これで、チャートは次のスクリーンショットのように表示されます。

23.これで、シリーズ名と値のセットをチャートのX軸とY軸と見なすことができます。 それらはグリッド線の内側に配置されているため、次のようにグリッド線の外に移動する必要があります。

23.1)チャートでシリーズ名ラベルを選択します。
23.2) データラベルのフォーマット ペインで、 ラベルオプション ドロップダウン矢印;
23.3)選択 水平(値)軸 ドロップダウンから

23.4)変更する 最小 価値 0 軸オプション セクションの下に 軸オプション タブでを確認できます。

24.チャートのグリッド線から値のセットを移動するには、次のようにします。

24.1)チャートで値のセットを選択します。
24.2) データラベルのフォーマット ペインで、 ラベルオプション ドロップダウン矢印;
24.3)選択 垂直(値)軸 ドロップダウンから

24.4)変更する 最小 価値 0 軸オプション セクションの下に 軸オプション タブでを確認できます。

25.次に、内側の境界線を手動でドラッグして、グリッド線から完全に外れるまでX軸とY軸を調整する必要があります。 以下のデモを参照してください。

26.次に、必要に応じてバブルをフォーマットできます。 たとえば、バブルサイズをスケーリングしたり、バブルにデータラベルを追加したり、バブルの色を変更したりします。 次のようにしてください。

バブルサイズをスケーリングする

内のバブルのいずれかをクリックして選択します データ系列のフォーマット ペインで、の番号を変更します スケールバブルサイズ 〜へ ボックスに 50.

これで、バブルのサイズが指定したサイズに変更されます。 スクリーンショットを参照してください:

バブルにデータラベルを追加する
1)バブルのいずれかをクリックして選択し、シリーズを選択します。
2)をクリックします チャート要素 ボタン;
3)確認してください データラベル ボックス。

4)で、追加されたデータラベルを選択します。 データラベルのフォーマット ペイン、に移動します ラベルオプション セクションで、チェックを外します Y値 ボックスにチェックを入れ、 バブルサイズ 以下のスクリーンショットのようなボックス。

5)データラベルがチャート内の他のすべてのバブルに追加されるまで、手順を繰り返します。

泡の色を変える
いずれかのバブルをクリックして、シリーズを選択します。 データ系列のフォーマット ペイン、に移動します 塗りつぶしと線 タブを選択 塗りつぶし 内のオプション 埋める セクションをクリックし、から色を選択します 以下のスクリーンショットに示すドロップダウンリスト。
グラフのタイトルを削除または編集します
グラフのタイトルについては、必要に応じて削除または編集できます。

これで、以下のスクリーンショットに示すように、マトリックスのバブルチャートが完成しました。


Excelでマトリックスバブルチャートを簡単に作成

世界 マトリックスバブルチャート の有用性 Kutools for Excel 以下のデモに示すように、数回クリックするだけで、Excelでマトリックスバブルチャートをすばやく作成できます。
今すぐダウンロードしてお試しください! 30日間の無料トレイル


サンプルファイルをダウンロードする


ビデオ:Excelでマトリックスバブルチャートを作成する


最高のオフィス生産性ツール

Kutools forExcel-群衆から目立つのに役立ちます

毎日の仕事をすばやく完璧に完了しませんか? Kutools for Excelは、300の強力な高度な機能(ワークブックの結合、色による合計、セルの内容の分割、日付の変換など)を提供し、80%の時間を節約します。

  • 1500の作業シナリオ用に設計されており、80%のExcelの問題を解決するのに役立ちます。
  • 毎日何千ものキーボードとマウスのクリックを減らし、疲れた目と手を和らげます。
  • 3分でExcelのエキスパートになります。 面倒な数式やVBAコードを覚えておく必要はもうありません。
  • 30日間無制限の無料トライアル。 60日間の返金保証。 2年間の無料アップグレードとサポート。
Excelのリボン(Kutools for Excelがインストールされている)

Officeタブ-MicrosoftOffice(Excelを含む)でタブ付きの読み取りと編集を有効にする

  • 数十の開いているドキュメントを切り替えるのにXNUMX秒!
  • マウスの手に別れを告げて、毎日何百ものマウスクリックを減らしてください。
  • 複数のドキュメントを表示および編集するときの生産性が50%向上します。
  • Chrome、Firefox、新しいInternet Explorerと同じように、効率的なタブをOffice(Excelを含む)にもたらします。
Excelのスクリーンショット(Officeタブがインストールされている場合)
コメントを並べ替える
コメント (0)
まだ評価はありません。 最初に評価してください!
ここにはまだコメントが投稿されていません
あなたのコメントを残す
ゲストとして投稿
×
この投稿を評価:
0  文字
推奨される場所