Note: The other languages of the website are Google-translated. Back to English
ログイン  \/ 
x
or
x
今すぐ登録  \/ 
x

or

Excelで可変幅の縦棒グラフを作成する

通常、標準の縦棒グラフには、同じ幅のすべての列が表示されます。 Excelの縦棒グラフでは、列の高さでのみデータを比較できます。 列の幅と高さの両方を変化させることができるように、可変縦棒グラフを作成する方法はありますか? このチュートリアルでは、Excelで可変幅の縦棒グラフを作成するのに役立つステップバイステップガイドを提供します。

Excelで可変幅の縦棒グラフを作成する
すばらしいツールを使用して、水平方向の箇条書きを簡単に作成できます
サンプルファイルをダウンロードする


Excelで可変幅の縦棒グラフを作成する

以下のスクリーンショットのように、データに基づいて可変幅の縦棒グラフを作成する場合は、次のようにしてください。

1.まず、以下の式を使用して、チャートのX軸で各列が終了する位置を計算する必要があります。

注意: ここでは、X軸の最小値を0に、最大値を100に指定しているため、列は0から始まり、100で終わります。

1.1)新しい行で、最初の空白のセル(A0)に番号8を入力します。
1.2)同じ行の8番目のセル(BXNUMX)を選択し、次の数式を入力して、 入力します キー。 8番目のセル(CXNUMX)でこの式を繰り返します。
= $ B $ 2 / SUM($ B $ 2:$ B $ 6)* 100

1.3)右側の空白セル(D8)を選択し、以下の数式を入力して、を押します。 入力します キー。 セルE8の数式を繰り返して、同じ結果をXNUMX回リストします。
=$B$3/SUM($B$2:$B$6)*100+$B$8

1.4)次の数式を右のXNUMXつのセルに適用します。
=$B$4/SUM($B$2:$B$6)*100+$D$8

1.5)以下の数式を右の100つのセルに適用して同じ結果を取得し、最後に番号XNUMXを最後のセルに挿入します。 スクリーンショットを参照してください:
=$B$5/SUM($B$2:$B$6)*100+$F$8

2.ここで、作成したヘルパー行の下の異なる行に、各高さの値を(元のデータ範囲の高さに基づいて)XNUMX回リストします。

3.ヘルパー範囲全体(この場合はA8:J13)を選択し、をクリックします インセット > 折れ線グラフまたは面グラフを挿入 > スタックエリア.

4.次に、以下のスクリーンショットに示すように、積み上げ面グラフが作成されます。 下部の領域(グラフのシリーズ1)を選択し、を押します。 削除 キーを押してチャートから削除します。

5. X軸を右クリックして、 フォーマット軸 コンテキストメニューから選択します。

6.オープニングで フォーマット軸 ペインで、 日付軸 内のオプション 軸タイプ の項目を検索します。

7.チャートに戻り、チャートを右クリックして選択します データの選択 右クリックメニューで。

8。 の中に データソースを選択 ダイアログボックスで 編集 ボタンの 水平(カテゴリ)軸ラベル ボックス、

9.ポップアップで 軸ラベル ダイアログボックスで、手順1で作成した値の最初のヘルパー行を選択し、[ [OK]をクリックします。

10.に戻ったとき データソースを選択 ダイアログボックスで、をクリックします。 OK 変更を保存します。

これで、チャートは次のスクリーンショットのように表示されます。

11. X軸を選択し、を押します。 削除 キーを押してチャートから削除します。

次に、以下のスクリーンショットに示すように、各列の下部と上部にシリーズ名とシリーズ値を別々に追加するために、各列の中間値を計算する必要があります。

12.新しい行から始めて、ステップ1で計算した値(各列がX軸で終わる位置を表す)をセルに個別に入力します。 スクリーンショットを参照してください:

13.次の行で、最初のセルに次の数式を入力し、を押します。 入力します キー。

= $ A $ 15/2

14.以下の数式を右側の空白のセルに適用し、そのセルをドラッグします オートフィルハンドル 他の結果を得る権利。

=(B15-A15)/ 2 + A15

15.高さの値を新しい行のセルに個別に入力します。 さらに、セルに番号0を含む新しい行が必要です。

16.チャートを右クリックして、 データの選択 右クリックメニューで。

17.オープニングで データソースを選択 ダイアログボックスで 追加 ボタン。

18。 の中に シリーズの編集 ダイアログボックスで、名前を入力します シリーズ名 必要に応じて、ボックスに シリーズ値 ボックスで、高さの値を含む行セルを選択し、[ OK ボタン。

19.に戻ったとき データソースを選択 ダイアログボックスで OK ボタンをクリックして変更を保存します。

これで、チャートは次のスクリーンショットのように表示されます。

20.チャート内の任意のシリーズを右クリックして選択しますtシリーズチャートタイプの変更 右クリックメニューから。

21。 の中に チャートタイプの変更 ダイアログボックスで、グラフの種類をScとして指定しますa新しく追加されたシリーズのtterをクリックし、 OK ボタン。

チャートは次のように表示されます。

22.チャートを右クリックして、 データの選択 右クリックメニューで。

23。 の中に データソースを選択 ダイアログボックスで、手順18で追加したシリーズを選択し、[ 編集 ボタン。

24.オープニングで シリーズの編集 ダイアログボックスで、各列の中央の値を含むセルを選択し、[ OK ボタン。

25。 クリック OK データソースを選択 変更を保存するためのダイアログボックス。

26.ドットを選択し、 チャート要素 ボタンをクリックしてから、 データラベル ボックス。 スクリーンショットを参照してください:

27.次に、チャート内のすべてのドットを非表示にする必要があります。 ドットを選択したままにしてから、 データ系列のフォーマット 次のように構成するペイン。

27.1)をクリックします 塗りつぶしと線 アイコン;
27.2)をクリックします マーカー タブ;
27.3)が選択 なし 内のオプション マーカーオプション の項目を検索します。

28.今追加したデータラベルを選択し、に移動します データラベルのフォーマット ペインをクリックし、 上記の 内のオプション ラベルの位置 の項目を検索します。

これで、上のスクリーンショットに示すように、系列の値が各列の中央に表示されます。

29.チャートを右クリックして、 データの選択.

30。 の中に データソースを選択 ダイアログボックスで 追加 ボタン。

31。 の中に シリーズの編集 ダイアログボックスでは、次のことを行う必要があります。

31.1)の各列の中央の値を含むセルを選択します シリーズXの値 ボックス;
31.2)で0の値を含むセルを選択します シリーズY値 ボックス;
31.3)をクリックします OK ボタン。

32.に戻ったとき データソースを選択 ダイアログボックスで、新しいシリーズが追加されたことを確認できます。クリックしてください OK 変更を保存します。

33.グラフで新しいシリーズを選択します(ドットは非表示になっています。列の下部中央をクリックするだけで選択できます)。

34。 クリック チャート要素 ボタンをクリックしてから、 データラベル ボックス。

35.データラベルを選択し、に移動します データラベルのフォーマット ペインを作成し、次のように構成します。

ヒント: もし データラベルのフォーマット ペインが表示されない場合は、データラベルを右クリックして、を選択してください。 データラベルのフォーマット 右クリックメニューから。

35.1)確認してください 細胞からの価値 ボックス;

35.2)ポップアップで データラベルの範囲 ダイアログボックスで、元のデータ範囲の系列名を選択し、[ OK ボタン。

35.3)チェックを外します Y値 ボックス;
35.4)が選択 以下 内のオプション ラベルの位置 セクション。 スクリーンショットを参照してください:

36.チャートは次のように表示されます。 凡例を削除して、グラフのタイトルを変更してください。

これで、可変幅の縦棒グラフが完成します。

 

Excelで可変幅の縦棒グラフを簡単に作成

世界 可変幅縦棒グラフ の有用性 Kutools for Excel 以下のデモに示すように、数回クリックするだけで、Excelで可変幅の縦棒グラフをすばやく作成できます。
今すぐダウンロードしてお試しください! 30日間の無料トレイル


サンプルファイルをダウンロードする


最高のオフィス生産性ツール

Kutools forExcel-群衆から目立つのに役立ちます

毎日の仕事をすばやく完璧に完了しませんか? Kutools for Excelは、300の強力な高度な機能(ワークブックの結合、色による合計、セルの内容の分割、日付の変換など)を提供し、80%の時間を節約します。

  • 1500の作業シナリオ用に設計されており、80%のExcelの問題を解決するのに役立ちます。
  • 毎日何千ものキーボードとマウスのクリックを減らし、疲れた目と手を和らげます。
  • 3分でExcelのエキスパートになります。 面倒な数式やVBAコードを覚えておく必要はもうありません。
  • 30日間無制限の無料トライアル。 60日間の返金保証。 2年間の無料アップグレードとサポート。
Excelのリボン(Kutools for Excelがインストールされている)

Officeタブ-MicrosoftOffice(Excelを含む)でタブ付きの読み取りと編集を有効にする

  • 数十の開いているドキュメントを切り替えるのにXNUMX秒!
  • マウスの手に別れを告げて、毎日何百ものマウスクリックを減らしてください。
  • 複数のドキュメントを表示および編集するときの生産性が50%向上します。
  • Chrome、Firefox、新しいInternet Explorerと同じように、効率的なタブをOffice(Excelを含む)にもたらします。
Excelのスクリーンショット(Officeタブがインストールされている場合)

Say something here...
symbols left.
You are guest
or post as a guest, but your post won't be published automatically.
Loading comment... The comment will be refreshed after 00:00.

Be the first to comment.