Note: The other languages of the website are Google-translated. Back to English

列内の一意の数値または日付をカウントします

いくつかの重複を含む数値のリストがあるとすると、次に、一意の値の数をカウントするか、以下のスクリーンショットに示すように、値がリストにXNUMX回だけ表示されます。 この記事では、Excelでこのタスクをすばやく簡単に解決するためのいくつかの便利な数式について説明します。


Excel 2019、2016以前の列の一意の数値または日付をカウントします

Excel 2019、2016およびそれ以前のバージョンを使用している場合は、通常のSUM、FREQUENCY、IF、COUNTIF、ISNUMBER関数を適用して、一意の値の数またはXNUMX回だけ発生する値を取得できます。

列内の一意の数値または日付をカウントします

リストから一意の番号を数えるには、SUM関数とFREQUENCY関数を使用すると便利な場合があります。一般的な構文は次のとおりです。

=SUM(--(FREQUENCY(range,range)>0))
  • range:一意の値をカウントするデータ列。

次の式を空のセルに入力またはコピーして結果を出力し、を押してください 入力します 結果を得るための鍵:

=SUM(--(FREQUENCY(A2:A12,A2:A12)>0))


式の説明:

=SUM(--(FREQUENCY(A2:A12,A2:A12)>0))

  • 周波数(A2:A12、A2:A12):FREQUENCY関数は、リストA2:A12の各数値のカウントを返し、次のような配列を取得します。{1; 2; 0; 2; 0; 1; 1; 3; 0; 0; 1; 0}。 配列内の数字は、値が列に表示される回数を示します。 また、配列内の数字の0は、その数字がすでにデータ範囲に表示されていることを意味します。
  • --(FREQUENCY(A2:A12,A2:A12)>0=--({1;2;0;2;0;1;1;3;0;0;1;0})>0:配列内の各値はゼロと比較されます。0より大きい場合はTRUEが表示され、そうでない場合はFALSEが表示されます。 次に、二重の負の符号がTRUEとFALSEを1と0に変換するため、結果は次のように返されます。{1; 1; 0; 1; 0; 1; 1; 1; 0; 0; 1; 0}。
  • SUM(--(FREQUENCY(A2:A12,A2:A12)>0))=SUM({1;1;0;1;0;1;1;1;0;0;1;0}):最後に、SUM関数は配列内のすべての値を合計し、結果を取得します:7。

列にXNUMX回だけ表示される一意の数値または日付をカウントします

リストからXNUMX回だけ表示される一意の数値をカウントします。SUM、IF、ISNUMBER、およびCOUNTIF関数を組み合わせて式を作成する必要があります。一般的な構文は、次のとおりです。

{=SUM(IF(ISNUMBER(range)*COUNTIF(range,range)=1,1,0))}
Array formula, should press Ctrl + Shift + Enter keys together.
  • range:一意の値をカウントするデータ列。

次に、以下の式を空白のセルに入力またはコピーして、を押してください。 Ctrl + Shift + Enter 正しい結果を得るために同時にキーを押します:

=SUM(IF(ISNUMBER(A2:A12)*COUNTIF(A2:A12,A2:A12)=1,1,0))


式の説明:

=SUM(IF(ISNUMBER(A2:A12)*COUNTIF(A2:A12,A2:A12)=1,1,0))

  • ISNUMBER(A2:A12):このISNUMBER関数は、リストA2:A12の値が数値であるかどうかを確認するために使用されます。 セルに数値が含まれている場合はTRUEを返し、含まれていない場合はFALSEを返します。 したがって、次のような配列が得られます:{TRUE; TRUE; TRUE; TRUE; TRUE; TRUE; TRUE; TRUE; TRUE; TRUE; TRUE}。
  • COUNTIF(A2:A12、A2:A12):COUNTIF関数は、各値が特定の範囲に出現する回数をカウントし、結果を{1; 2; 2; 2; 2; 1; 1; 3; 3; 3; 1}として返します。
  • ISNUMBER(A2:A12)*COUNTIF(A2:A12,A2:A12)= {TRUE;TRUE;TRUE;TRUE;TRUE;TRUE;TRUE;TRUE;TRUE;TRUE;TRUE}* {1;2;2;2;2;1;1;3;3;3;1}:次の1つの式を乗算して、次の結果を取得します:{2; 2; 2; 2; 1; 1; 3; 3; 3; 1; XNUMX}。
  • IF(ISNUMBER(A2:A12)*COUNTIF(A2:A12,A2:A12)=1,1,0)=IF({1;2;2;2;2;1;1;3;3;3;1}=1,1,0):ここで、IF関数は配列内の各値が1に等しいかどうかをチェックします。はいの場合、数値1が返されます。 そうでない場合は、数値0が表示されます。 結果は次のようになります:{1; 0; 0; 0; 0; 1; 1; 0; 0; 0; 1}。
  • SUM(IF(ISNUMBER(A2:A12)*COUNTIF(A2:A12,A2:A12)=1,1,0))=SUM({1;0;0;0;0;1;1;0;0;0;1}):最後に、SUM関数は配列内の値を合計し、一意の値の総数を返します:4。

Excel365の列の一意の数値または日付をカウントします

Excel 365には、UNIQUEと呼ばれる新しい簡単な機能があります。 この関数をCOUNT関数で囲むと、必要に応じてこのタスクをすばやく処理できます。

列内の一意の数値または日付をカウントします

Excel365で一意の数値または日付をカウントするための一般的な構文は次のとおりです。

=COUNT(UNIQUE(range))
  • range:一意の値をカウントするデータ列。

以下の式を空のセルに入力またはコピーして、を押してください 入力します 結果を取得するためのキー。スクリーンショットを参照してください。

=COUNT(UNIQUE(A2:A12))


式の説明:

= COUNT(UNIQUE(A2:A12))

  • ユニーク(A2:A12):このUNIQUE関数は、リストからすべての一意の値を抽出し、次のように配列リストを取得します:{258; 560; 774; 801; 985; 990; 1569}。
  • COUNT(UNIQUE(A2:A12))=COUNT({258;560;774;801;985;990;1569}):このCOUNT関数は、数値の数をカウントし、結果を返します:7。

列にXNUMX回だけ表示される一意の数値または日付をカウントします

このUNIQUE関数は、リストからXNUMX回だけ発生する一意の値を抽出することもできます。一般的な構文は、次のとおりです。

=COUNT(UNIQUE(range,0,1))
  • range:一意の値をカウントするデータ列。

結果を返すセルに次の式を入力またはコピーして、を押します。 入力します キー、スクリーンショットを参照してください:

=COUNT(UNIQUE(A2:A12,0,1))


式の説明:

= COUNT(UNIQUE(A2:A12,0,1))

  • ユニーク(A2:A12,0,1):このUNIQUE関数は、リストから258回だけ表示される一意の値を抽出し、次のように配列リストを取得します:{801; 985; 1569; XNUMX}。
  • COUNT(UNIQUE(A2:A12,0,1))=COUNT({258;801;985;1569}):このCOUNT関数は、数値の数をカウントし、結果を返します:4。

ヒント:上記のすべての式は、列内の一意の日付をカウントするために使用できます。


使用される相対関数:

  • 和:
  • Excel SUM関数は、指定された値の合計を返します。
  • 周波数:
  • FREQUENCY関数は、値の範囲内で値が発生する頻度を計算し、数値の垂直配列を返します。
  • ISNUMBER:
  • ExcelのISNUMBER関数は、セルに数値が含まれている場合はTRUEを返し、含まれていない場合はFALSEを返します。
  • COUNTIF:
  • COUNTIF関数は、Excelの統計関数であり、基準を満たすセルの数をカウントするために使用されます。
  • カウント:
  • COUNT関数は、数値を含むセルの数をカウントしたり、引数のリスト内の数値をカウントしたりするために使用されます。
  • ユニーク:
  • UNIQUE関数は、リストまたは範囲内の一意の値のリストを返します。

その他の記事:

  • 基準に基づいて一意の数値を数える
  • Excelワークシートでは、特定の条件に基づいて一意の数値の数をカウントする問題が発生する場合があります。 たとえば、以下のスクリーンショットに示すように、レポートから製品「Tシャツ」の一意の数量値をカウントするにはどうすればよいですか? この記事では、Excelでこのタスクを実行するためのいくつかの数式を示します。
  • セルのカウント数が多くの値のXNUMXつに等しい
  • 列Aに製品のリストがあるとすると、次のスクリーンショットに示すように、列Aから範囲C4:C6にリストされているApple、Grape、Lemonの特定の製品の総数を取得したいとします。 通常、Excelでは、単純なCOUNTIF関数とCOUNTIFS関数はこのシナリオでは機能しません。 この記事では、SUMPRODUCT関数とCOUNTIF関数を組み合わせてこのジョブをすばやく簡単に解決する方法について説明します。
  • 特定の数の文字を含むセルの数を数える
  • 以下のスクリーンショットに示すように、セルの範囲内に特定の数の文字(5文字など)を含むセルの数をカウントする場合。 Excelでは、COUNTIF関数を使用すると効果的です。 この記事では、正確にx文字を含むセルの数、または特定の数を超える文字を含むセルの数を取得する方法について説明します。

最高のオフィス生産性ツール

Kutools forExcel-群衆から目立つのに役立ちます

毎日の仕事を迅速かつ完璧に完了させたいですか? Kutools for Excel は、300 の強力な高度な機能 (ワークブックの結合、色による合計、セルの内容の分割、日付の変換など) を提供し、80% の時間を節約します。

  • 1500 の作業シナリオ用に設計されており、80% の Excel の問題を解決するのに役立ちます。
  • 毎日何千ものキーボードとマウスのクリックを減らし、疲れた目と手を和らげます。
  • 3分でExcelのエキスパートになります。 面倒な数式やVBAコードを覚えておく必要はもうありません。
  • 30日間無制限の無料トライアル。 60日間の返金保証。 2年間の無料アップグレードとサポート。
Excelのリボン(Kutools for Excelがインストールされている)

Officeタブ-MicrosoftOffice(Excelを含む)でタブ付きの読み取りと編集を有効にする

  • 数十の開いているドキュメントを切り替えるのにXNUMX秒!
  • マウスの手に別れを告げて、毎日何百ものマウスクリックを減らしてください。
  • 複数のドキュメントを表示および編集する際の生産性が 50% 向上します。
  • Chrome、Firefox、新しいInternet Explorerと同じように、効率的なタブをOffice(Excelを含む)にもたらします。
Excelのスクリーンショット(Officeタブがインストールされている場合)
コメントを並べ替える
コメント (0)
まだ評価はありません。 最初に評価してください!
ここにはまだコメントが投稿されていません
あなたのコメントを残す
ゲストとして投稿
×
この投稿を評価:
0   文字
推奨される場所

フォローする

著作権©の2009 - WWW。extendoffice.com。 | | 全著作権所有。 搭載 ExtendOffice。 | サイトマップ
MicrosoftおよびOfficeのロゴは、米国MicrosoftCorporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
SectigoSSLで保護