Note: The other languages of the website are Google-translated. Back to English

Excelの複数の基準のORロジックを持つCountif

通常、COUNTIFS関数を使用して、ExcelのANDロジックでXNUMXつ以上の条件に基づいてセルをカウントできます。 XNUMXつの列またはセルの範囲から複数の値をカウントする必要がある状況に苦しんだことがありますか? これは、複数の条件とORロジックでカウントすることを意味します。 この場合、SUM関数とCOUNTIFS関数を一緒に適用するか、SUMPRODUCT関数を使用できます。


ExcelでOR条件のセルをカウントする

たとえば、下のスクリーンショットに示すようなデータの範囲があります。ここで、「鉛筆」または「定規」の製品の数を数えたいと思います。ここでは、Excelでこのタスクを解決するためのXNUMXつの式について説明します。

SUM関数とCOUNTIFS関数を使用して、OR条件でセルをカウントします

Excelでは、複数のOR条件でカウントするには、配列定数を指定してSUM関数とCOUNTIFS関数を使用できます。一般的な構文は次のとおりです。

=SUM(COUNTIF(range, {criterion1, criterion2, criterion3, …}))
  • range:データ範囲には、セルをカウントする基準が含まれています。
  • criterion1, criterion2, criterion3…:セルをカウントする条件。

「鉛筆」または「定規」の商品数をカウントするには、以下の数式をコピーするか、空白のセルに入力して、を押してください。 入力します 結果を得るための鍵:

=SUM(COUNTIFS(B2:B13,{"Pencil","Ruler"}))


式の説明:

= SUM(COUNTIFS(B2:B13、{"Pencil"、 "Ruler"}))

  • {"鉛筆"、 "定規"}:まず、すべての条件を次のような配列定数にパッケージ化する必要があります:{"Pencil"、 "Ruler"}、項目をコンマで区切ります。
  • COUNTIFS(B2:B13、{"鉛筆"、 "ルーラー"}):このCOUNTIFS関数は、「Pencil」と「Ruler」の個別のカウントを取得し、次のような結果を取得します:{2,3}。
  • SUM(COUNTIFS(B2:B13、{"Pencil"、 "Ruler"}))= SUM({2,3}):最後に、このSUM関数は配列内のすべての項目を合計し、結果を返します:5。

ヒント:基準にセル参照を使用することもできます。以下の配列数式を適用してから、を押してください。 Ctrl + Shift + Enter 正しい結果を得るために一緒にキーを押します:

=SUM(COUNTIF(B2:B13,D2:D3))


SUMPRODUCT関数を使用してOR条件のセルをカウントします

これは、SUMPRODUCT関数によって作成された別の数式で、ORロジックを使用してセルをカウントするのにも役立ちます。 一般的な構文は次のとおりです。

=SUMPRODUCT(1*(range ={criterion1, criterion2, criterion3, …}))
  • range:データ範囲には、セルをカウントする基準が含まれています。
  • criterion1, criterion2, criterion3…:セルをカウントする条件。

次の数式をコピーするか、空白のセルに入力して、を押してください 入力します 結果を返すためのキー:

=SUMPRODUCT(1*(B2:B13={"Pencil","Ruler"}))


式の説明:

= SUMPRODUCT(1 *(B2:B13 = {"Pencil"、 "Ruler"}))

  • B2:B13 = {"鉛筆"、 "定規"}:この式は、各基準「鉛筆」、「ルーラー」を範囲セルB2:B13と比較します。 基準が満たされている場合はTRUEを返し、そうでない場合はFALSEが表示され、次のような結果が得られます:{TRUE、FALSE; FALSE、FALSE; FALSE、FALSE; FALSE、TRUE; FALSE、FALSE; TRUE、FALSE ; FALSE、FALSE; FALSE、TRUE; FALSE、FALSE; FALSE、FALSE; FALSE、TRUE; FALSE、FALSE}。
  • 1 *(B2:B13 = {"鉛筆"、 "ルーラー"}):乗算は論理値– TRUEとFALSEを1と0に変換するため、次のような結果が得られます:{1,0; 0,0; ​​0,0; ​​0,1; 0,0; ​​1,0; 0,0 、0,1; 0,0; 0,0; ​​0,1; ​​0,0; XNUMX}。
  • SUMPRODUCT(1*(B2:B13={"Pencil","Ruler"}))= SUMPRODUCT({1,0;0,0;0,0;0,1;0,0;1,0;0,0;0,1;0,0;0,0;0,1;0,0}):最後に、SUMPRODUCT関数は配列内のすべての数値を合計して結果を取得します:5。

Excelで複数のOR条件のセットを持つセルをカウントします

XNUMXつ以上のOR条件のセットでセルをカウントする必要がある場合があります。この場合、配列定数でSUMとCOUNTIFSを使用するか、ISNUMBERMATCH関数でSUMPRODUCTを使用できます。

SUM関数とCOUNTIFS関数を使用して、XNUMXセットのOR条件でセルをカウントします。

XNUMXセットのOR基準のみを処理するには、COUNTIFS式に別の配列定数を追加する必要があります。

たとえば、下のスクリーンショットに示すようなデータ範囲があります。ここで、「鉛筆」または「定規」を注文した人を数えたいのですが、金額は100未満または200を超えています。

次の数式をセルに入力またはコピーして、を押してください 入力します 結果を取得するためのキー。スクリーンショットを参照してください。

=SUM(COUNTIFS(B2:B13,{"Pencil","Ruler"},C2:C13,{"<100";">200"}))

注意:数式では、XNUMX番目の配列定数にセミコロンを使用する必要があります。これにより、垂直配列が作成されます。


SUMPRODUCT関数を使用して、OR条件の複数のセットを持つセルをカウントします

上記の数式は、XNUMXセットのOR基準に対してのみ機能します。さらに多くの基準でカウントする必要がある場合は、複雑なSUMPRODUCT数式とISNUMBERMATCH関数を併用すると役立ちます。

たとえば、以下のデータを使用して、「鉛筆」または「ルーラー」を注文し、ステータスが「配信済み」または「輸送中」で、「ボブ」または「エコ」によって署名された人をカウントするには、複雑な式を適用する必要があります。

以下の数式をコピーするか、空白のセルに入力して、を押してください 入力します 計算を取得するためのキー。スクリーンショットを参照してください。

=SUMPRODUCT(ISNUMBER(MATCH(B2:B13,{"Pencil","Ruler"},0))*ISNUMBER(MATCH(C2:C13,{"Delivered","In transit"},0))*ISNUMBER(MATCH(D2:D13,{"Bob","Eko"},0)))


式の説明:

=SUMPRODUCT(ISNUMBER(MATCH(B2:B13,{"Pencil","Ruler"},0))*ISNUMBER(MATCH(C2:C13,{"Delivered","In transit"},0))*ISNUMBER(MATCH(D2:D13,{"Bob","Eko"},0)))

ISNUMBER(MATCH(B2:B13、{"Pencil"、 "Ruler"}、0)):

  • MATCH(B2:B13、{"Pencil"、 "Ruler"}、0):このMATCH関数は、範囲B2:B13の各セルを対応する配列定数と比較するために使用されます。 一致するものが見つかった場合は、配列内の値の相対位置を返します。一致しない場合は、エラー値が表示されます。 したがって、配列リストは次のようになります:{1; #N / A; #N / A; 2; #N / A; 1; #N / A; 2; 1; #N / A; 2;#該当なし}。
  • ISNUMBER(MATCH(B2:B13,{"Pencil","Ruler"},0))= ISNUMBER({1;#N/A;#N/A;2;#N/A;1;#N/A;2;1;#N/A;2;#N/A}):ISNUMBER関数は、次のように数値をTRUEに変換し、エラー値をFALSEに変換します:{TRUE; FALSE; FALSE; TRUE; FALSE; TRUE; FALSE; TRUE; TRUE; FALSE; TRUE; FALSE}。

上記のロジックは、XNUMX番目とXNUMX番目のISNUMBER式にも適用できます。

SUMPRODUCT(ISNUMBER(MATCH(B2:B13,{"Pencil","Ruler"},0))*ISNUMBER(MATCH(C2:C13,{"Delivered","In transit"},0))*ISNUMBER(MATCH(D2:D13,{"Bob","Eko"},0))):

  • 次に、これら1つの配列はSUMPRODUCT内で乗算され、SUMPRODUCT({0; 1; 0; 0; 1; 0; 1; 0; 1; 1; 0; 1} * {0; 1; 1; 0; 0; 1; 1; 0; 1; 1; 0; 1} * {1; 1; 0; 0; 0; 0; 0; 0; 1; 0; 0; 1})= SUMPRODUCT({0; 1; 0; 0; 0; 0; 0; 0; 1; 0; 0; 1})。
  • 最後に、SUMPRODUCT関数は配列内のすべての数値を合計して結果を取得します:3。

使用される相対関数:

  • 和:
  • Excel SUM関数は、指定された値の合計を返します。
  • COUNTIF:
  • COUNTIF関数は、Excelの統計関数であり、基準を満たすセルの数をカウントするために使用されます。
  • SUMPRODUCT:
  • SUMPRODUCT関数を使用して、XNUMXつ以上の列または配列を乗算し、積の合計を取得できます。
  • ISNUMBER:
  • ExcelのISNUMBER関数は、セルに数値が含まれている場合はTRUEを返し、含まれていない場合はFALSEを返します。
  • マッチ:
  • Microsoft Excel MATCH関数は、セル範囲内の特定の値を検索し、この値の相対位置を返します。

その他の記事:

  • 基準に基づいて一意の数値を数える
  • Excelワークシートでは、特定の条件に基づいて一意の数値の数をカウントする問題が発生する場合があります。 たとえば、以下のスクリーンショットに示すように、レポートから製品「Tシャツ」の一意の数量値をカウントするにはどうすればよいですか? この記事では、Excelでこのタスクを実行するためのいくつかの数式を示します。
  • 複数のOR基準を持つ行数をカウントする
  • ORロジックを使用して、異なる列に複数の基準がある行の数をカウントするには、SUMPRODUCT関数が役立ちます。 たとえば、下のスクリーンショットに示すような製品レポートがあります。ここで、製品が「Tシャツ」または色が「黒」である行を数えたいと思います。 Excelでこのタスクを処理する方法は?

最高のオフィス生産性ツール

Kutools forExcel-群衆から目立つのに役立ちます

毎日の仕事を迅速かつ完璧に完了させたいですか? Kutools for Excel は、300 の強力な高度な機能 (ワークブックの結合、色による合計、セルの内容の分割、日付の変換など) を提供し、80% の時間を節約します。

  • 1500 の作業シナリオ用に設計されており、80% の Excel の問題を解決するのに役立ちます。
  • 毎日何千ものキーボードとマウスのクリックを減らし、疲れた目と手を和らげます。
  • 3分でExcelのエキスパートになります。 面倒な数式やVBAコードを覚えておく必要はもうありません。
  • 30日間無制限の無料トライアル。 60日間の返金保証。 2年間の無料アップグレードとサポート。
Excelのリボン(Kutools for Excelがインストールされている)

Officeタブ-MicrosoftOffice(Excelを含む)でタブ付きの読み取りと編集を有効にする

  • 数十の開いているドキュメントを切り替えるのにXNUMX秒!
  • マウスの手に別れを告げて、毎日何百ものマウスクリックを減らしてください。
  • 複数のドキュメントを表示および編集する際の生産性が 50% 向上します。
  • Chrome、Firefox、新しいInternet Explorerと同じように、効率的なタブをOffice(Excelを含む)にもたらします。
Excelのスクリーンショット(Officeタブがインストールされている場合)
コメントを並べ替える
コメント (0)
まだ評価はありません。 最初に評価してください!
ここにはまだコメントが投稿されていません
あなたのコメントを残す
ゲストとして投稿
×
この投稿を評価:
0   文字
推奨される場所

フォローする

著作権©の2009 - WWW。extendoffice.com。 | | 全著作権所有。 搭載 ExtendOffice。 | サイトマップ
MicrosoftおよびOfficeのロゴは、米国MicrosoftCorporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
SectigoSSLで保護