メインコンテンツへスキップ

Excel ARRAYTOTEXT 関数

著者: ズーマンディ 最終更新日:2022年09月13日

このアプリケーションには、XNUMXµmおよびXNUMXµm波長で最大XNUMXWの平均出力を提供する 配列テキスト 関数は、配列または範囲をテキスト文字列に変換します。

配列からテキスト関数 1


構文

=ARRAYTOTEXT(array,[format])


Arguments

  • 配列 (必須): テキスト文字列として返す配列。
  • フォーマット (オプション): 返されるテキスト文字列の形式。 0 (デフォルト) または 1 です。
    もしそれが 0 or 省略、結果の形式は簡潔で読みやすいものになります。 返されるテキストは、一般的な書式設定が適用されたセルに表示されるテキストと同じになります。
    もしそれが 1、結果の形式は、エスケープ文字と行区切り文字を含む厳密な形式になります。 テキスト文字列は中かっこで返され、Excel の数式バーで直接使用できます。 テキスト値は二重引用符 ("") でカプセル化されますが、ブール値、数値、およびエラー値はカプセル化されません。 行はセミコロン (;) と列のコンマ (,) で区切られます。

戻り値

ARRAYTOTEXT 関数は、 テキスト文字列。


機能ノート

  1. ARRAYTOTEXT 関数は Excel で新しく導入されたもので、次の言語でのみ使用できます。 Microsoft 365 の Excel および Web用Excel.
  2. ARRAYTOTEXT 関数は、数値を含むセルに適用されている数値の書式設定を削除します。
  3. このアプリケーションには、XNUMXµmおよびXNUMXµm波長で最大XNUMXWの平均出力を提供する #値! フォーマットが 0 または 1 でない場合、エラー値が発生します。

以下のスクリーンショットが示すように、さまざまなテキストがリストされています。 それらをテキスト文字列に変換するには、次のようにしてください。

1. テキスト文字列を取得するには 簡潔な形式、以下の数式をセル E5 にコピーしてから、 入力します 結果を得るための鍵。

=ARRAYTOTEXT(B5:C7)

配列からテキスト関数 2

2. テキスト文字列を取得するには 厳密なフォーマット、 以下の数式をセル E6 にコピーしてから、 入力します 結果を得るための鍵。

配列からテキスト関数 3

注:上記の最初の式の format 引数は省略されています。 以下の式に示すような形式を入力することもできます。

=ARRAYTOTEXT(B5:C7,0)

相対関数:

  • Excel EVEN 演算
    EVEN関数は、数値をゼロから最も近い偶数の整数に丸めます。

 

Comments (0)
No ratings yet. Be the first to rate!
There are no comments posted here yet
Leave your comments
Posting as Guest
×
Rate this post:
0   Characters
Suggested Locations