メインコンテンツへスキップ

Excelコード機能

作者: シルヴィア 最終更新日:2022年09月14日

Microsoft Excel CODE機能 指定されたテキスト文字列セルの文字または最初の文字の数値コードを返します。


構文

=CODE (text)


Arguments

テキスト (必須):最初の文字の数値コードを取得するテキスト。


戻り値

文字の数値コードを返します。


機能注記

1. #VALUE! テキスト引数が空の場合、エラーが発生します。

2.返されるコードは、コンピューターで使用されている文字セットに対応しています。

 動作環境  キャラクターセット
マッキントッシュ Macintosh 文字セット
Windows ANSI

以下の例は、ExcelでCODE関数を使用する方法を示しています。

1.空白のセルを選択してコードを出力し、以下の数式をコピーして、を押します。 入力します キー。
=CODE(B5)

2.フィルハンドルを下にドラッグして、特定の文字のすべてのコードを取得します。

ヒント:

1.数式内のテキストを二重引用符で直接囲むことができます。
=CODE("Office")

2. UPPER関数とLOWER関数は、大文字と小文字を区別して文字の数値コードを返すのに役立ちます。
=CODE(LOWER(A1))
=CODE(UPPER(A1))


最高のオフィス生産性ツール

Kutools forExcel-群衆から目立つのに役立ちます

🤖 Kutools AI アシスタント: 以下に基づいてデータ分析に革命をもたらします。 インテリジェントな実行   |  コードを生成  |  カスタム数式の作成  |  データを分析してグラフを生成する  |  Kutools関数を呼び出す...
人気の機能: 重複を検索、強調表示、または識別する  |  空白行を削除する  |  データを失わずに列またはセルを結合する  |  数式なしのラウンド ...
スーパーVルックアップ: 複数の基準  |  複数の値  |  複数のシートにわたって  |  ファジールックアップ...
上級ドロップダウンリスト: 簡単なドロップダウンリスト  |  依存関係のドロップダウン リスト  |  複数選択のドロップダウンリスト...
列マネージャー: 特定の数の列を追加する  |  列の移動  |  Toggle 非表示列の表示ステータス  列を比較する 同じセルと異なるセルを選択する ...
注目の機能: グリッドフォーカス  |  デザインビュー  |  ビッグフォーミュラバー  |  ワークブックとシートマネージャー | リソースライブラリー (自動テキスト)  |  日付ピッカー  |  ワークシートを組み合わせる  |  セルの暗号化/復号化  |  リストごとにメールを送信する  |  スーパーフィルター  |  特殊フィルター (太字/斜体/取り消し線をフィルター...) ...
上位 15 のツールセット12 テキスト ツール (テキストを追加, 文字を削除する ...)  |  50+ チャート 種類 (ガントチャート ...)  |  40+ 実用的 (誕生日に基づいて年齢を計算する ...)  |  19 挿入 ツール (QRコードを挿入, パスから画像を挿入 ...)  |  12 変換 ツール (数字から言葉へ, 通貨の換算 ...)  |  7 マージ&スプリット ツール (高度な結合行, Excelのセルを分割する ...)  |  ... もっと

Kutools for Excelは300以上の機能を誇り、 必要なものをワンクリックで手に入れることができます...

説明


Officeタブ-MicrosoftOffice(Excelを含む)でタブ付きの読み取りと編集を有効にする

  • 数十の開いているドキュメントを切り替えるのにXNUMX秒!
  • マウスの手に別れを告げて、毎日何百ものマウスクリックを減らしてください。
  • 複数のドキュメントを表示および編集する際の生産性が 50% 向上します。
  • Chrome、Edge、Firefox と同様に、効率的なタブを Office (Excel を含む) にもたらします。
Comments (0)
No ratings yet. Be the first to rate!
There are no comments posted here yet
Leave your comments
Posting as Guest
×
Rate this post:
0   Characters
Suggested Locations