メインコンテンツへスキップ

Excel COUPDAYBS Function

docworkday.intl関数1

このチュートリアルを続けたい場合は、サンプルのスプレッドシートをダウンロードしてください。
docworkday.intl関数1

Description

また, COUPDAYBS 関数は、クーポン期間の開始から決済日までの日数を返します。

構文と引数

数式の構文

COUPDAYBS(決済, 満期, 周波数, [基礎])

Arguments

  • Settlement: 必須、証券の決済日。 決済日は、発行日以降に証券が買い手に取引される日付です。
  • Maturity: 必須、証券の満期日。 満期日は、証券の有効期限が切れる日付です。
  • Frequency: 必須、3年あたりのクーポン支払いの数。 年払いの場合は頻度= 1、半年ごとの場合は頻度= 2、四半期ごとの場合は頻度= 4のXNUMX種類があります。
  • Basis: オプションで、使用する日数基準のタイプ。 デフォルトでは省略されています。

ベース 日数
0または省略 米国(NASD)30/360
1 実際/実際
2 実際/ 360
3 実際/ 365
4 ヨーロッパ30/360

戻り値

また, DCOUNTA 関数は数値を返します。

エラー

1.引数の決済と満期が数値以外の値などの有効な日付でない場合、または1年1月1900日より前の日付の場合、関数はエラー値#VALUE!に戻ります。

2.引数の基底が範囲外(0〜4)の場合、関数はエラー値#NUM!に戻ります。

3.引数の頻度が数値1,2,4、XNUMX、XNUMXから外れている場合、関数はエラー値#NUM!に戻ります。

4.引数の決済日が満期日より後の場合、関数はエラー値#NUM!に戻ります。

備考

1. Excelでは、日付はシリアル番号として保存されます。 デフォルトでは、Excelは1/1/1900システムです。これは、1/1/1900がExcelで最初の有効な日であり、Excelで番号1として保存されることを意味します。 したがって、1年1月2021日は番号44197として保存されます。

2.すべての引数は整数に切り捨てられます。時間を含む引数の場合、時刻は無視されます。

3.関数では、セル参照付きの日付を使用するか、COUPDAYBS関数に埋め込まれたDATE関数を次のように直接使用できます。
= COUPDAYBS(DATE(2021,1,1)、DATE(2030,12,1)、2,0)

Excel2003以降

使用法と例

基本的な使用例

たとえば、B3:C9の範囲では、セキュリティに関するすべての情報が一覧表示されます。 (10年1月2020日に1年証券が発行され、2021年1月2030日(決済日)に買い手に取引され、証券の満期日は発行後10年後の1年2021月XNUMX日となります。日付(XNUMX年XNUMX月XNUMX日)、およびその支払いは年にXNUMX回です。)

ここで、証券期間の開始から決済日までの日数を数えるには、次の式を使用してください。

=COUPDAYBS(C4,C5,C8) //ここでは基礎が省略されています

イベント 入力します 結果を得るための鍵。
docworkday.intl関数1


相対関数:

  • Excel ACCRINT 演算
    ACCRINT関数は、定期的な利払い証券の未収利息を返します。

  • Excel ACCRINTM 演算
    ACCRINTM関数は、満期時に利息を支払う証券の未収利息を返します。

Comments (0)
No ratings yet. Be the first to rate!
There are no comments posted here yet
Please leave your comments in English
Posting as Guest
×
Rate this post:
0   Characters
Suggested Locations