Note: The other languages of the website are Google-translated. Back to English

ExcelCUBEKPIMEMBER関数

CUBEKPIMEMBER関数は、主要業績評価指標(KPI)プロパティを返し、セルにKPI名を表示します。

cubekpimember関数1


構文

=CUBEKPIMEMBER(connection, kpi_name, kpi_property, [caption])


Arguments

  • 接続(必須): データモデル(キューブ)への接続の名前のテキスト文字列。
  • kpi_name(必須): キューブ内のKPIの名前のテキスト文字列。
  • kpi_property(必須): 返されるKPIコンポーネントは、次の表に列挙されている定数のXNUMXつです。
  • 整数 列挙定数 商品説明
    1 KPI値 実際の値
    2 KPI目標 目標値
    3 KPIステータス 特定の時点でのKPIの状態
    4 KPIトレンド 時間の経過に伴う値の測定
    5 KPI 重み KPIに割り当てられた相対的な重要性
    6 KPICurrentTimeMember KPIの時間的コンテキスト
  • キャプション(オプション): を上書きするテキスト文字列 KPI_name 及び KPI_プロパティ セルに表示されます。

戻り値

CUBEKPIMEMBER関数は、KPIプロパティを返します。


機能上の注意

  • 世界 #GETTING_DATA… データの取得中にメッセージが表示されます。
  • 計算でKPIを使用するには、CUBEKPIMEMBER関数を次のようにネストします。 メンバー式 CUBEVALUE関数の引数。
  • CUBEKPIMEMBERは #NAME? 次の場合のエラー値:
    • 接続 ブックに保存されている有効なブック接続ではありません(例:ThisWorkbookDataModel)。
    • オンライン分析処理(OLAP)サーバーが使用できないか、実行されていないか、エラーメッセージが返されました。
  • CUBEKPIMEMBERは #N / A 次の場合のエラー値:
    • KPI_name or KPI_プロパティ 有効じゃない;
    • 接続を共有するときにピボットテーブル内のセッションベースのオブジェクトを参照し、ピボットテーブルが削除されるか、数式に変換されます。
  • CUBEKPIMEMBERの引数(ただし、 KPI_プロパティ およびセル参照は、二重引用符( "")で閉じる必要があります。

ここに「sales2021」という名前のテーブルがあり、2年の2021つのカテゴリのさまざまな製品の売上と評価の情報が含まれています。CUBEKPIMEMBER関数を使用して2021年の両方のカテゴリの合計売上を取得するには、最初に次の項目を完了する必要があります。 XNUMXつのステップ:

  1. このテーブルのデータをデータモデルに追加します 既存のワークブックでは、その名前は常に 「ThisWorkbookDataModel」.
  2. KPIをデータモデルに追加します。
    1. 【マイアカウント】に移動し、【購入した商品を表示】をクリックします。 且つ > データツール > データモデルの管理。 特定のデータの下部にあるタブを選択します。 ここで選択します sale2021.
    2. 必要な計算を実行します。 この例では、適用します オートサウム on セールス 最初に販売列を選択してから、をクリックして列を作成します オートサウム。 あなたが表示されます 売上高2 以下のスクリーンショットに示すように、メジャーが作成されます。
      cubekpimember関数2
    3. 上記の手順を繰り返しますが、適用します 平均 横にあるドロップダウン矢印をクリックした後、ドロップダウンリストから オートサウム 作成します 平均 測定。
      cubekpimember関数3
    4. 右クリックして 合計 測定してから選択 KPIを作成する。 ポップアップダイアログで、 売上高の平均2 ドロップダウンメニューで測定し、をクリックします OK.
      cubekpimember関数4

これで、KPIがデータモデルで使用できるようになりました。セルG21に以下の数式をコピーまたは入力して、を押してください。 入力します 結果を得るには:

= CUBEKPIMEMBER(「ThisWorkbookDataModel」,「売上高2」,1, 「総売上高」)

cubekpimember関数5

√注: セルH21でCUBEVALUE関数を使用すると、対応するKPI値を取得できます。

=CUBEVALUE(「ThisWorkbookDataModel」,「[対策]。[売上高2]」)


関連機能

ExcelCUBEVALUE関数

CUBEVALUE関数は、複数のmember_expression引数でフィルタリングされたキューブから集計値を返します。

ExcelCUBEMEMBER関数

CUBEMEMBER関数は、キューブが存在する場合、キューブからメンバーまたはタプルを取得します。 それ以外の場合は、#N/Aエラー値が返されます。

ExcelCUBESET関数

CUBESET関数は、サーバー上のキューブにセット式を送信することにより、計算されたメンバーまたはタプルのセットを定義します。 この関数は、設定された式からすべての一意の値を抽出でき、並べ替えのオプションを提供します。

ExcelのCUBESETCOUNT関数

CUBESETCOUNT関数は、セット内のアイテムの数を返します。


最高のオフィス生産性ツール

Kutools forExcel-群衆から目立つのに役立ちます

毎日の仕事を迅速かつ完璧に完了させたいですか? Kutools for Excel は、300 の強力な高度な機能 (ワークブックの結合、色による合計、セルの内容の分割、日付の変換など) を提供し、80% の時間を節約します。

  • 1500 の作業シナリオ用に設計されており、80% の Excel の問題を解決するのに役立ちます。
  • 毎日何千ものキーボードとマウスのクリックを減らし、疲れた目と手を和らげます。
  • 3分でExcelのエキスパートになります。 面倒な数式やVBAコードを覚えておく必要はもうありません。
  • 30日間無制限の無料トライアル。 60日間の返金保証。 2年間の無料アップグレードとサポート。
Excelのリボン(Kutools for Excelがインストールされている)

Officeタブ-MicrosoftOffice(Excelを含む)でタブ付きの読み取りと編集を有効にする

  • 数十の開いているドキュメントを切り替えるのにXNUMX秒!
  • マウスの手に別れを告げて、毎日何百ものマウスクリックを減らしてください。
  • 複数のドキュメントを表示および編集する際の生産性が 50% 向上します。
  • Chrome、Firefox、新しいInternet Explorerと同じように、効率的なタブをOffice(Excelを含む)にもたらします。
Excelのスクリーンショット(Officeタブがインストールされている場合)
コメントを並べ替える
コメント (0)
まだ評価はありません。 最初に評価してください!
ここにはまだコメントが投稿されていません
あなたのコメントを残す
ゲストとして投稿
×
この投稿を評価:
0   文字
推奨される場所

フォローする

著作権©の2009 - WWW。extendoffice.com。 | | 全著作権所有。 搭載 ExtendOffice。 | サイトマップ
MicrosoftおよびOfficeのロゴは、米国MicrosoftCorporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
SectigoSSLで保護