Note: The other languages of the website are Google-translated. Back to English

Excel ENCODEURL関数

ENCODEURL 関数は、テキストを URL エンコードされた文字列に変換します。

エンコード URL 関数 1


構文

=ENCODEURL(text)


Arguments

  • テキスト (必須):必須。 URL エンコードするテキスト文字列。

戻り値

ENCODEURL 関数は、URL エンコードされた文字列を返します。


機能ノート

  1. ENCODEURL 関数は Excel 2013 で導入されました。したがって、以前のバージョンの Excel では使用できません。 また、Excel for the web または Excel for Mac でも使用できません。
  2. ENCODEURL 関数は、Excel for Mac のライブラリに表示される場合がありますが、Windows オペレーティング システムの機能に依存しているため、Mac では結果を返しません。
  3. 以下の表に、英数字以外の特定の文字と、それらに対応する URL エンコードされた文字のリストを示します。
    エンコード URL 関数 2

以下のスクリーンショットが示すように、URL テキスト文字列のリストがあります。 に それらを URL エンコードされた文字列に変換します、以下のようにしてください。

1. 以下の式をセル D5 にコピーし、 入力します 結果を得るための鍵。

= encodeurl(B5)

2.この結果セルを選択し、オートフィルハンドルを下にドラッグして、残りの結果を取得します。

エンコード URL 関数 3

注: 式に値を直接入力することもできます。 たとえば、セル D5 の数式は次のように変更できます。

= encodeurl("https:// www。extendoffice.com / ")

相対関数:

  • Excel EVEN 関数
    EVEN関数は、数値をゼロから最も近い偶数の整数に丸めます。

 

コメントを並べ替える
コメント (0)
まだ評価はありません。 最初に評価してください!
ここにはまだコメントが投稿されていません
あなたのコメントを残す
ゲストとして投稿
×
この投稿を評価:
0   文字
推奨される場所

フォローする

著作権©の2009 - WWW。extendoffice.com。 | | 全著作権所有。 搭載 ExtendOffice。 | サイトマップ
MicrosoftおよびOfficeのロゴは、米国MicrosoftCorporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
SectigoSSLで保護