Note: The other languages of the website are Google-translated. Back to English

ExcelEXPON.DIST関数

doc dec2oct 1

商品説明

エクセル EXPON.DIST 関数は、指定されたx値と分布のパラメーターに基づいて指数分布を返します。

構文と引数

数式の構文

EXPON.DIST(array1,array2,累積の)

Arguments

  • X: 必須、関数の値。 0以上である必要があります。
  • Lambda: 必須、分布のパラメーター。 0以上である必要があります。
  • Cumulative: 必須。返される指数関数のタイプを指定する論理引数。
      TRUE:累積分布関数を返します。
      FALSE:確率密度関数を返します。

備考

1.関数は#VALUEを返します! 引数xまたはラムダのいずれかが数値以外の場合のエラー値。

2.関数は#NUMを返します! 引数x<0またはラムダ≤0の場合のエラー値。

3.確率密度関数の式は次のとおりです。
doc dec2oct 1

4.累積分布関数の式は次のとおりです。
doc dec2oct 1

バージョン

Excel2010以降のバージョン。

使用法と例

基本的な使い方

たとえば、引数xが2で、引数lambdaが5の場合、相対累積分布関数と確率密度関数を取得するには、次の式を使用してください。

=EXPON.DIST(2,5,TRUE)  //累積分布関数を返します

=EXPON.DIST(2,5,FALSE)  //確率密度関数を返す

メディア情報 入力します キー。
doc dec2oct 1


その他の機能:

  • Excel COVARIANCE.P 関数
    Excel COVARIANCE.P関数は、XNUMXつのデータセット間の関係を決定するために使用されるXNUMXつのデータセットの母分散を返します。

  • Excel NORM.S.DIST 関数
    NORM.S.DISTは、算術平均が0、標準偏差が1の値の標準正規累積分布関数または確率密度関数を計算して返します。

  • Excel NORM.S.INV 関数
    NORM.S.INVは、指定された確率で算術平均が0、標準偏差が1の標準正規累積分布の逆数を計算して返します。


最高のオフィス生産性ツール

Kutools forExcel-群衆から目立つのに役立ちます

毎日の仕事を迅速かつ完璧に完了させたいですか? Kutools for Excel は、300 の強力な高度な機能 (ワークブックの結合、色による合計、セルの内容の分割、日付の変換など) を提供し、80% の時間を節約します。

  • 1500 の作業シナリオ用に設計されており、80% の Excel の問題を解決するのに役立ちます。
  • 毎日何千ものキーボードとマウスのクリックを減らし、疲れた目と手を和らげます。
  • 3分でExcelのエキスパートになります。 面倒な数式やVBAコードを覚えておく必要はもうありません。
  • 30日間無制限の無料トライアル。 60日間の返金保証。 2年間の無料アップグレードとサポート。
Excelのリボン(Kutools for Excelがインストールされている)

Officeタブ-MicrosoftOffice(Excelを含む)でタブ付きの読み取りと編集を有効にする

  • 数十の開いているドキュメントを切り替えるのにXNUMX秒!
  • マウスの手に別れを告げて、毎日何百ものマウスクリックを減らしてください。
  • 複数のドキュメントを表示および編集する際の生産性が 50% 向上します。
  • Chrome、Firefox、新しいInternet Explorerと同じように、効率的なタブをOffice(Excelを含む)にもたらします。
Excelのスクリーンショット(Officeタブがインストールされている場合)
コメントを並べ替える
コメント (0)
まだ評価はありません。 最初に評価してください!
ここにはまだコメントが投稿されていません
あなたのコメントを残す
ゲストとして投稿
×
この投稿を評価:
0   文字
推奨される場所

フォローする

著作権©の2009 - WWW。extendoffice.com。 | | 全著作権所有。 搭載 ExtendOffice。 | サイトマップ
MicrosoftおよびOfficeのロゴは、米国MicrosoftCorporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
SectigoSSLで保護