Note: The other languages of the website are Google-translated. Back to English

ExcelGROWTH関数

世界 成長 関数は、指定されたデータセットに基づいて予測された指数関数的成長を返します。 GROWTH関数は、既存のx値とy値を使用して、一連の新しいx値の予測y値を計算します。 金銭面では、企業はGROWTH関数を使用して、今後数年間の収益を予測できます。

成長機能1


構文

=GROWTH(known_y’s,[known_x’s],[new_x’s],[const])


Arguments

  • 既知のyの (必須):指数関数的成長を予測するために使用される既知のy値のセット。
  • 既知のx (オプション):既知のx値のセット。 指定する場合、known_xのデータ範囲はknown_yのデータ範囲と同じ長さである必要があります。 省略した場合、known_yのパラメーターとして{1,2,3、...}を使用します。
  • New_xの (オプション):対応する新しいy値を取得する新しいx値のセット。 省略した場合、new_xはknown_xと同じであると見なされます。
  • CONST (オプション):式y = b * m^xの定数'b'を強制的に値1に等しくするかどうかを指定する論理値。これはTRUEまたはFALSEのいずれかの値です。
    constがTRUEであるか省略されている場合、定数bは通常どおり計算されます。
    constがFALSEの場合、定数bは1に設定され、方程式はy = m^xになります。

戻り値

世界 成長 関数は a を返します 数値.


機能ノート

  1. GROWTH関数をとして使用できます 配列数式 を押して Ctrl + Shift + Enter キー。 ただし、Excel for Microsoft 365では、新しい動的配列関数が導入されています。つまり、Ctrl + Shift+Enterを使用してGROWTH式を配列式として入力する必要はありません。
  2. 世界 #REF! 既知のxの配列の長さがknown_yの配列と異なる場合、エラー値が発生します。
  3. 世界 #NUM! 既知のyの配列内のいずれかの値がゼロ以下の場合、エラー値が発生します。
  4. 世界 #値! 指定されたknown_y、known_x、またはnew_xの配列のいずれかの値が数値以外の場合、エラー値が発生します。
  5. グラフでGROWTH関数を使用しているときに、線を表示せずにデータの散布図を作成し、グラフのトレンドラインオプションから指数オプションを使用できます。
    成長機能2

例XNUMX:基本的な使用法

下のスクリーンショットが示すように、年ごとの年間収益のレポートデータがあります 2015〜2021。 から年間の収益を予測するには 2022〜2024、次のようにしてください。

1.以下の数式をセルF5にコピーして、を押してください。 入力します 結果を得るための鍵。

= GROWTH(C5:C11,B5:B11,E5)

成長機能3

2.残りの結果を取得するには、known_yとknown_xの引数をに変換する必要があります。絶対参照 数式中にある。

上記の数式では、セル参照を変換する必要があります C5:C11 及び B5:B11 絶対参照へ。 know_yのC5:C11のデータ範囲を選択し、F4キーを押して絶対参照に変換してください。 同じ手順を繰り返して、known_xのB5:B11のデータ範囲を絶対参照に変換します。 次に、次のように表示される式を確認できます。

= GROWTH($ C $ 5:$ C $ 11,$ B $ 5:$ B $ 11,E5)

3.この結果セルを選択し、オートフィルハンドルを下にドラッグして、残りの結果を取得します。

成長機能4

例XNUMX:配列数式として使用する

GROWTH関数は、次のように入力できます。 配列数式。 例2022のデータに基づいて、2024年からXNUMX年までの年間収益を予測するには、次のようにします。

1.推定収益を返す範囲を選択します。

成長機能5

2.以下の式をにコピーしてください 数式バー 、次にプレス CTRL + SHIFT + ENTER 結果を得るために。

= GROWTH(C5:C11,B5:B11,E5:E7)

成長機能6

注意:

  1. 上記の式がに含まれていることがわかります 中括弧{}、配列数式として入力されたことを意味します。
  2. 動的配列数式 でご利用いただけます Excel 365、Excel 2021、およびExcel for the Web、つまり、数式を動的にするためにCTRL + SHIFT+ENTERを押す必要はありません。 のユーザー向け Excel2019以前、を介して数式を入力することを忘れないでください CTRL + SHIFT + ENTER したがって、複数の結果を配列で返すことができます。

相対関数:

  • Excel EVEN 関数
    EVEN関数は、数値をゼロから最も近い偶数の整数に丸めます。

 

コメントを並べ替える
コメント (0)
まだ評価はありません。 最初に評価してください!
ここにはまだコメントが投稿されていません
あなたのコメントを残す
ゲストとして投稿
×
この投稿を評価:
0   文字
推奨される場所

フォローする

著作権©の2009 - WWW。extendoffice.com。 | | 全著作権所有。 搭載 ExtendOffice。 | サイトマップ
MicrosoftおよびOfficeのロゴは、米国MicrosoftCorporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
SectigoSSLで保護