メインコンテンツへスキップ

Excel IF function

IF関数は、Excelブックで最も単純で最も便利な関数のXNUMXつです。 比較結果に応じて単純な論理テストを実行し、結果がTRUEの場合はXNUMXつの値を返し、結果がFALSEの場合は別の値を返します。


 構文:

ExcelのIF関数の構文は次のとおりです。

=IF (logical_test, [value_if_true], [value_if_false])

関数2の場合のドキュメント


 引数:

  • logical_test:必須。 テストしたい条件です。
  • value_if_true:オプション。 logical_testの結果がTRUEの場合に返される特定の値。
  • value_if_false:オプション。 logical_testの結果がFALSEの場合に返される値。

ノート:

1。 もし 値_真の場合 省略:

  • Status 値_真の場合 引数は、logical_testに続くコンマのみなど、IF関数で省略され、条件が満たされたときにゼロを返します。 例えば: =IF(C2>100,, "Low ").
  • 条件が満たされたときにゼロの代わりに空白のセルを使用する場合は、次のようにXNUMX番目のパラメーターに二重引用符 ""を入力する必要があります。 =IF(C2>100, "", "Low").
関数3の場合のドキュメント 関数4の場合のドキュメント

2。 もし 値_if_false 省略:

  • Status 値_if_false IF関数でパラメーターを省略した場合、指定した条件が満たされない場合はFALSEを返します。 といった: =IF(C2>100, "High").
  • value_if_true引数の後にコンマを置くと、指定された条件が満たされないときにゼロが返されます。 といった: =IF(C2>100, "High" ,).
  • XNUMX番目のパラメーターに二重引用符 ""を入力すると、条件が満たされない場合は空のセルが返されます。 といった: =IF(C2>100, "High" , "").
関数5の場合のドキュメント 関数6の場合のドキュメント 関数7の場合のドキュメント

 戻る:

特定の条件をテストし、TRUEまたはFALSEに指定した対応する値を返します。


 例:

例1:数値に単純なIF関数を使用する

たとえば、値のリストをテストする場合、値が特定の値100より大きい場合は「良好」というテキストが表示され、そうでない場合は「悪い」というテキストが返されます。

以下の式を入力すると、必要に応じて以下の結果が得られます。

=IF(B2>100,"Good","Bad")

関数8の場合のドキュメント


例2:テキスト値にIF関数を使用する

ケース1:大文字と小文字を区別しないテキスト値のIF関数:

ここに、タスクと完了ステータスのリストを含むテーブルがあります。次に、実行する必要のあるタスクと実行する必要のないタスクを知りたいと思います。 列Cのテキストが完了すると、「いいえ」が表示されます。それ以外の場合は、「はい」が返されます。

次の数式を適用してください。大文字でも小文字でも、列Cのテキストが「完了」と表示されると、セルは「いいえ」を返します。 列Cの他のテキストの場合、「はい」が返されます。 スクリーンショットを参照してください:

=IF(C2="completed", "No", "Yes")

関数9の場合のドキュメント

ケース2:大文字と小文字を区別するテキスト値のIF関数:

大文字と小文字を区別してテキスト値をテストするには、IF関数とEXACT関数を組み合わせる必要があります。以下の数式を適用すると、完全に一致するテキストのみが認識され、必要に応じて以下の結果が得られます。

=IF(EXACT(C2,"COMPLETED"), "No", "Yes")

関数10の場合のドキュメント

ケース3:部分的に一致するテキスト値のIF関数:

部分的なテキストに基づいてセルの値を確認する必要がある場合があります。この場合、IF、ISNUMBER、およびSEARCH関数を一緒に使用する必要があります。

たとえば、「comp」というテキストを含むセルを確認してから、対応する値を返す場合は、次の数式を適用してください。 そして、以下のスクリーンショットのような結果が得られます。

=IF(ISNUMBER(SEARCH("comp",C2)), "No", "Yes")

関数11の場合のドキュメント

注意:

  • 1. SEARCH関数は、大文字と小文字を区別しないテキストに適用されます。大文字と小文字を区別するテキストを確認する場合は、SEARCH関数をFIND関数に置き換える必要があります。 このような:=IF(ISNUMBER(FIND("comp",C2)), "No", "Yes")
  • 2. IF式のパラメーターとしてのテキスト値は、「二重引用符」で囲む必要があります。

例3:日付値にIF関数を使用する

ケース1:日付を特定の日付と比較する日付のIF関数:

日付を比較して特定の日付よりも大きいか小さいかを確認する場合は、IF関数を使用することもできます。 IF関数は日付形式を認識できないため、DATEVALUE関数と組み合わせる必要があります。

この数式を適用してください。日付が4年15月2019日より大きい場合は「はい」が返されます。それ以外の場合は、数式は「いいえ」のテキストを返します。スクリーンショットを参照してください。

=IF(D4>DATEVALUE("4/15/2019"), "Yes", "No")

関数12の場合のドキュメント

Note:上記の数式では、DATEVALUE関数を使用せずにセル参照を直接使用できます。 このような: =IF(D4>$D$1, "Yes", "No").

関数13の場合のドキュメント

ケース2:日付をチェックする日付のIF関数が30日より長いか短い:

現在の日付から30日以上またはXNUMX日未満の日付を識別したい場合は、TODAY関数とIF関数を組み合わせることができます。

次の式を入力してください:

30日より古い日付を特定します。 =IF(TODAY()-C4>30,"Older date","")

30日を超える日付を特定します。 =IF(C4-TODAY()>30, "Future date", "")

関数14の場合のドキュメント 関数15の場合のドキュメント

注: 両方の結果をXNUMXつの列に入れたい場合は、次のようにネストされたIF関数を使用する必要があります。

=IF(C4-TODAY()>30, "Future date", IF(TODAY()-C4>30, "Older date", ""))

関数16の場合のドキュメント


例4:IF関数をAND、OR関数と一緒に使用する

ExcelでIF、AND、OR関数を組み合わせるのが一般的な使用法です。

ケース1:IF関数とAND関数を使用して、すべての条件が真であるかどうかを確認します。

B4が赤、C4が小、D4> 200など、設定したすべての条件が満たされているかどうかを確認したいと思います。 すべての条件がTUREの場合、結果を「はい」としてマークします。 いずれかの条件がFALSEの場合、「いいえ」を返します。

この式を適用すると、次のスクリーンショットのような結果が得られます。

=IF(AND(B4="Red",C4="Small", D4>200),"Yes","No")

関数17の場合のドキュメント

ケース2:IF関数とOR関数を使用して、いずれかの条件が真であることを確認します。

IF関数とOR関数を使用して、条件のいずれかが真であるかどうかを確認することもできます。たとえば、列Bのセルに「青」または「赤」のテキストが含まれているかどうか、列Bのテキストが含まれているかどうかを確認したい。はいが表示されます。それ以外の場合は、いいえが返されます。

ここでは、この式を適用する必要があり、以下の結果が表示されます。

=IF(OR(B4="Red",B4="Blue"),"Yes","No")

関数18の場合のドキュメント

ケース3:IF関数をAND関数およびOR関数と一緒に使用する:

この例では、IF関数をAND関数とOR関数の両方と同時に組み合わせます。 仮定すると、次の条件を確認する必要があります。

  • Condition 1: Column B = “Red” and Column D > 300;
  • Condition 2: Column B = “Blue” and Column D > 300.

上記の条件のいずれかが満たされた場合、一致が返されます。それ以外の場合、いいえ。

この式を使用してください。必要に応じて、以下の結果が得られます。

=IF(AND(OR(B4="Red",B4= "Blue"), D4>300), "Match", "No")

関数19の場合のドキュメント


例5:ネストされたIF関数の使用

IF関数を使用して条件をテストし、条件が満たされた場合はXNUMXつの値を返し、満たされていない場合は別の値を返します。 ただし、場合によっては、同時に複数の条件をチェックして異なる値を返す必要があります。ネストされたIFを使用してこのジョブを解決できます。

複数のIF条件を組み合わせたネストされたIFステートメント。これは、IFステートメントを別のIFステートメント内に配置し、そのプロセスを複数回繰り返すことを意味します。

ExcelのネストされたIF関数の構文は次のとおりです。

=IF (condition1, result1, IF (condition2, result2, IF (condition3, result3,…)))

Note:Excel 2007以降のバージョンでは、64つの数式に最大2003個のIF関数をネストできます。また、Excel 7以前のバージョンでは、XNUMX個のネストされたIF関数のみを使用できます。

ケース1:複数の条件をチェックするためのネストされたIF関数:

ネストされたIF関数の一般的な使用法は、スコアに基づいて各学生に文字の成績を割り当てることです。 たとえば、学生とその試験のスコアを含むテーブルがあり、次の条件でスコアを分類するとします。

関数20の場合のドキュメント

この式を適用すると、以下の結果が得られます。スコアが90以上の場合、グレードは「Excellent」、スコアが80以上の場合、グレードは「Good」、スコアは「Good」です。が60以上の場合、グレードは「中」です。それ以外の場合、グレードは「不良」です。

=IF(C2>=90, "Excellent", IF(C2>=80, "Good", IF(C2>=60, "Medium", "Poor")))

関数21の場合のドキュメント

上記の式の説明:

関数22の場合のドキュメント
  • IF(check if C2>=90, if true - returns "Excellent", or else
  • IF(check if C2>=80, if true - returns "Good", or else
  • IF(check if C2>=60, if true - returns "Medium", if false - returns "Poor")))

ケース2:数量に基づいて価格を計算するためのネストされたIF関数:

ネストされたIF関数を使用して、数量に基づいて製品価格を計算することもできます。

たとえば、以下のスクリーンショットに示すように、顧客に数量に基づいた値下げ、購入数量の増加、割引の増加を提供するとします。

関数23の場合のドキュメント

合計価格は数量に等しいため、価格を乗算します。したがって、指定された数量に、ネストされたIfによって返される値を乗算する必要があります。 次の式を使用してください。

=D2*IF(D2>=101,16, IF(D2>=50, 21, IF(D2>=25, 26, IF( D2>=11, 30, IF(D2>=1, 39, "")))))

関数24の場合のドキュメント

Note:セル参照を使用して静的価格番号を置き換えることもできます。ソースデータが変更された場合、数式を更新する必要はありません。次の数式を使用してください。 =D2*IF(D2>=101, B6, IF(D2>=50, B5, IF(D2>=25, B4, IF( D2>=11, B3, IF(D2>=1, B2, "")))))

関数25の場合のドキュメント

ヒント:IF関数を使用してテストを作成するには、次の論理演算子を使用できます。

演算子 意味 Description
> 越える =IF(A1>10, "OK",) セルA1の数値が10より大きい場合、数式は「OK」を返します。 それ以外の場合は0が返されます。
< 以下 =IF(A1<10, "OK", "") セルA1の数値が10未満の場合、数式は「OK」を返します。 それ以外の場合は、空のセルが返されます。
>= 以上 =IF(A1>=10, "OK", "Bad") セルA1の数値が10以上の場合、「OK」を返します。 それ以外の場合は「不良」と表示されます。
<= 以下 =IF(A1<=10, "OK", "No") セルA1の数値が10以下の場合、「OK」を返します。 それ以外の場合は、「いいえ」が返されます。
= に等しい =IF(A1=10, "OK", "No") セルA1の数が10に等しい場合、「OK」を返します。 それ以外の場合は「いいえ」と表示されます。
<> 等しくない =IF(A1<>10, "No", "OK") セルA1の数値が10に等しくない場合、数式は「いいえ」を返します。 それ以外の場合-「OK」。

最高のオフィス生産性ツール

Kutools forExcel-群衆から目立つのに役立ちます

人気の機能: 重複を検索、強調表示、または識別する  |  空白行を削除する  |  データを失わずに列またはセルを結合する  |  数式なしのラウンド ...
スーパーVルックアップ: 複数の基準  |  複数の値  |  複数のシートにわたって  |  ファジールックアップ...
上級ドロップダウンリスト: 簡単なドロップダウンリスト  |  依存関係のドロップダウン リスト  |  複数選択のドロップダウンリスト...
列マネージャー: 特定の数の列を追加する  |  列の移動  |  Toggle 非表示列の表示ステータス  列を比較する 同じセルと異なるセルを選択する ...
注目の機能: グリッドフォーカス  |  デザインビュー  |  ビッグフォーミュラバー  |  ワークブックとシートマネージャー | リソースライブラリ (自動テキスト)  |  日付ピッカー  |  ワークシートを組み合わせる  |  セルの暗号化/復号化  |  リストごとにメールを送信する  |  スーパーフィルター  |  特殊フィルター (太字/斜体/取り消し線をフィルター...) ...
上位 15 のツールセット12 テキスト 工具 (テキストを追加, 文字を削除する ...)  |  50+ チャート 種類 (ガントチャート ...)  |  40+ 実用的 (誕生日に基づいて年齢を計算する ...)  |  19 挿入 工具 (QRコードを挿入, パスから画像を挿入 ...)  |  12 変換 工具 (数字から言葉へ, 通貨の換算 ...)  |  7 マージ&スプリット 工具 (高度な結合行, Excelのセルを分割する ...)  |  ... もっと

Kutools for Excelは300以上の機能を誇り、 必要なものをワンクリックで手に入れることができます...


Officeタブ-MicrosoftOffice(Excelを含む)でタブ付きの読み取りと編集を有効にする

  • 数十の開いているドキュメントを切り替えるのにXNUMX秒!
  • マウスの手に別れを告げて、毎日何百ものマウスクリックを減らしてください。
  • 複数のドキュメントを表示および編集する際の生産性が 50% 向上します。
  • Chrome、Edge、Firefox と同様に、効率的なタブを Office (Excel を含む) にもたらします。
Comments (0)
No ratings yet. Be the first to rate!
There are no comments posted here yet
Please leave your comments in English
Posting as Guest
×
Rate this post:
0   Characters
Suggested Locations