Note: The other languages of the website are Google-translated. Back to English

Excel IFERROR function

Excelワークシートで数式を適用すると、いくつかのエラー値が生成されます。エラーを処理するために、Excelには便利な関数IFERROR関数が用意されています。 IFERROR関数は、数式がエラーを評価したときにカスタム結果を返し、エラーが発生しなかったときに通常の結果を返すために使用されます。

dociferror関数1


 構文:

ExcelのIFERROR関数の構文は次のとおりです。

=IFERROR(value, value_if_error)

 引数:

  • value:必須。 エラーをチェックするための数式、式、値、またはセル参照。
  • value_if_error:必須。 エラーが見つかった場合に返す特定の値。 空の文字列、テキストメッセージ、数値、別の数式または計算にすることができます。

免責事項:

  • 1. IFERROR関数は、#DIV / 0!、#N / A、#NAME?、#NULL!、#NUM!、#REF !、および#VALUE!を含むすべてのエラータイプを処理できます。
  • 2。 もし 引数は空白のセルであり、IFERROR関数によって空の文字列( "")として扱われます。
  • 3。 もし value_if_error 引数は空の文字列( "")として指定され、エラーが検出されてもメッセージは表示されません。
  • 4。 もし 引数は配列数式です。IFERRORは、値で指定された範囲内の各セルの結果の配列を返します。
  • 5.このIFERRORは、Excel2007以降のすべてのバージョンで使用できます。

 戻る:

エラー値の特定の値を返します。


 例:

例1:エラー値の代わりに空白のセルまたはカスタムテキストを返すIFFEROR関数

たとえば、以下のデータのリストがある場合、平均価格を計算するには、Sale / Unitを使用する必要があります。 ただし、単位が0または空白のセルの場合、次のスクリーンショットに示すようにエラーが表示されます。

dociferror関数2

ここで、空白のセルまたはその他のテキスト文字列を使用してエラー値を置き換えます。

=IFERROR(B2/C2, "") (この数式は、エラー値の代わりに空白を返します)

=IFERROR(B2/C2, "Error") (この数式は、エラー値の代わりにカスタムテキスト「エラー」を返します)

dociferror関数3 dociferror関数4

例2:エラー値の代わりに「NotFound」を返すVlookup関数を使用したIFERROR

通常、vlookup関数を適用して対応する値を返すときに、一致する値が見つからない場合は、次のスクリーンショットに示すように#N / Aエラー値が表示されます。

dociferror関数5

エラー値を表示する代わりに、「見つかりません」というテキストを使用してエラー値を置き換えることができます。 この場合、次のようにVlookup式をIFERROR関数にラップできます。 =IFERROR(VLOOKUP(…),"Not found")

以下の式を使用してください。一致する値が見つからない場合、代わりにカスタムテキスト「NotFound」がエラー値に返されます。スクリーンショットを参照してください。

=IFERROR(VLOOKUP(D2,$A$2:$B$11,2,FALSE),"Not Found")

dociferror関数6


例3:Vlookup関数でネストされたIFERRORを使用する

このIFERROR関数は、複数のvlookup式を処理するのにも役立ちます。たとえば、XNUMXつのルックアップテーブルがあり、これらXNUMXつのテーブルからアイテムを検索する必要があります。エラー値を無視するには、ネストされたIFERRORをVlookupとともに使用してください。 :

=IFERROR(VLOOKUP(G2,$A$2:$B$7,2,FALSE),IFERROR(VLOOKUP(G2,$D$2:$E$7,2,FALSE),"Not Found"))

dociferror関数7


例4:配列数式のIFERROR関数

合計価格と単価のリストに基づいて合計数量を計算する場合、これは、範囲B2:B5の各セルを範囲C2:の対応するセルで除算する配列数式を使用して実行できます。 C5をクリックし、次の配列数式を使用して結果を合計します。 =SUM($B$2:$B$5/$C$2:$C$5).

注:使用範囲内に少なくとも0つの0値または空白セルがある場合、#DIV / XNUMX! 以下のスクリーンショットに示すように、エラーが返されます。

dociferror関数8

このエラーを修正するには、IFERROR関数をこのように数式にラップします。 たわごと + Ctrl + Enter この式を入力した後、一緒にキーを押します。

=SUM(IFERROR($B$2:$B$5/$C$2:$C$5,0))

dociferror関数9


最高のオフィス生産性ツール

Kutools forExcel-群衆から目立つのに役立ちます

毎日の仕事をすばやく完璧に完了しませんか? Kutools for Excelは、300の強力な高度な機能(ワークブックの結合、色による合計、セルの内容の分割、日付の変換など)を提供し、80%の時間を節約します。

  • 1500の作業シナリオ用に設計されており、80%のExcelの問題を解決するのに役立ちます。
  • 毎日何千ものキーボードとマウスのクリックを減らし、疲れた目と手を和らげます。
  • 3分でExcelのエキスパートになります。 面倒な数式やVBAコードを覚えておく必要はもうありません。
  • 30日間無制限の無料トライアル。 60日間の返金保証。 2年間の無料アップグレードとサポート。
Excelのリボン(Kutools for Excelがインストールされている)

Officeタブ-MicrosoftOffice(Excelを含む)でタブ付きの読み取りと編集を有効にする

  • 数十の開いているドキュメントを切り替えるのにXNUMX秒!
  • マウスの手に別れを告げて、毎日何百ものマウスクリックを減らしてください。
  • 複数のドキュメントを表示および編集するときの生産性が50%向上します。
  • Chrome、Firefox、新しいInternet Explorerと同じように、効率的なタブをOffice(Excelを含む)にもたらします。
Excelのスクリーンショット(Officeタブがインストールされている場合)
コメントを並べ替える
コメント (0)
まだ評価はありません。 最初に評価してください!
ここにはまだコメントが投稿されていません
あなたのコメントを残す
ゲストとして投稿
×
この投稿を評価:
0  文字
推奨される場所