Note: The other languages of the website are Google-translated. Back to English

Excel LINEST Function

docworkday.intl関数1

このチュートリアルを続けたい場合は、サンプルのスプレッドシートをダウンロードしてください。

docworkday.intl関数1

商品説明

エクセル LINEST 関数は、「最小二乗」法を使用して、提供されたx値とy値のセットに基づいて最適な直線の統計を返します。 この関数は、定数値の配列を返します。

直線の方程式は次のとおりです。

y = m x + b

コラボレー

xは独立変数です。

yは従属変数です。

mは線の傾き(勾配)です。

bは定数であり、x=0の場合のyの値に等しくなります。

or

y = m1x1 +m2x2+…+b

コラボレー

xは独立変数の範囲です。

yは従属変数です。

mは、各x範囲の定数乗数です。

bは定数です。

構文と引数

数式の構文

LINEST(既知のys, [既知の xs], [定数],[統計])

Arguments

  • Known_ys: 必須、既知のy値の配列。
  • Known_xs: オプションで、既知のx値のXNUMXつ以上のセットの配列。
    --指定されている場合、known_xsの配列の長さはknown_ysと同じである必要があります。
    --省略した場合、known_xs配列をデフォルト値{1,2,3、…}にします。
  • Const: オプションで、定数「b」が方程式y = m1x1 +m2x2+…+bでどのように扱われるかを決定する論理引数
    --TRUEの場合、定数「b」は通常どおり処理されます。
    --FALSEの場合、定数「b」は0(ゼロ)であり、方程式はy=mxに調整されます。
  • Stats: オプションで、追加の回帰統計を返すかどうかを決定する論理引数。
    --FALSEまたは省略された場合、関数は値の配列{mn、mn-1、…m1、b}を返すだけです。
    --TRUEの場合、関数は追加の回帰統計{mn、mn-1、...、m1、b; sen、sen-1、...、se1、seb; r2、sey; F、df;を返します。 ssreg、ssresid}、以下の表にリストされています:
  • 統計値 商品説明
    mn、mn-1、…m1 直線方程式の定数乗数の配列
    b x=0のときのyの定数値
    sen、sen-1、...、se1 係数m1、m2、...、mnの標準誤差値
    SEB 定数bの標準誤差値(constがFALSEの場合はseb =#N / A)
    r2 決定係数
    セイ y推定値の標準誤差
    f F統計(F観測値)
    df 自由度
    ssreg 回帰二乗和
    ssresid 残差平方和

戻り値

世界 LINEST 関数は値の配列を返します。

リマーク

世界 LINEST 関数は配列を返します。結果を取得するには、複数セルの配列数式として入力し、Ctrl + Shift+Enterキーを押す必要があります。

バージョン

Excel2003以降

使用法と例

例1:known_xsのXNUMXつのセットに対して、constとstatsを無視します

リストB4:B8には、known_xsが含まれ、リストC4:C8には、know_ysが含まれています。次に、セルE4:F4を選択し、数式バーに次の数式を入力します。

=LINEST(C4:C8,B4:B8)

メディア情報 Ctrl + Shift + Enter キー、結果の配列が出てきます。

docworkday.intl関数1

例2:known_xsとconstおよびstatsのXNUMXつ以上のセットがTRUEの場合

リストB11:D15には、known_xsが含まれ、リストE11:E15には、know_ysが含まれ、constおよびstatsはTRUEであり、範囲G11:J15を選択し、数式バーに以下の数式を入力します。

=LINEST(E11:E15,B11:D15,TRUE,TRUE)

メディア情報 Ctrl + Shift + Enter キー、結果の配列が出てきます。

docworkday.intl関数1


相対関数:

  • Excel ROUNDOWN 関数
    ROUNDDOWN関数は、数値を(ゼロに向かって)指定された桁数に切り捨てます。

  • Excel ROMAN 関数
    ROMAN関数は、数値をテキスト内のローマ数字に変換します。

  • Excel ROUND 関数
    ExcelのROUND関数は、数値を指定された桁数に丸めます。


最高のオフィス生産性ツール

Kutools forExcel-群衆から目立つのに役立ちます

毎日の仕事を迅速かつ完璧に完了させたいですか? Kutools for Excel は、300 の強力な高度な機能 (ワークブックの結合、色による合計、セルの内容の分割、日付の変換など) を提供し、80% の時間を節約します。

  • 1500 の作業シナリオ用に設計されており、80% の Excel の問題を解決するのに役立ちます。
  • 毎日何千ものキーボードとマウスのクリックを減らし、疲れた目と手を和らげます。
  • 3分でExcelのエキスパートになります。 面倒な数式やVBAコードを覚えておく必要はもうありません。
  • 30日間無制限の無料トライアル。 60日間の返金保証。 2年間の無料アップグレードとサポート。
Excelのリボン(Kutools for Excelがインストールされている)

Officeタブ-MicrosoftOffice(Excelを含む)でタブ付きの読み取りと編集を有効にする

  • 数十の開いているドキュメントを切り替えるのにXNUMX秒!
  • マウスの手に別れを告げて、毎日何百ものマウスクリックを減らしてください。
  • 複数のドキュメントを表示および編集する際の生産性が 50% 向上します。
  • Chrome、Firefox、新しいInternet Explorerと同じように、効率的なタブをOffice(Excelを含む)にもたらします。
Excelのスクリーンショット(Officeタブがインストールされている場合)
コメントを並べ替える
コメント (2)
まだ評価はありません。 最初に評価してください!
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
Witam, dlaczego funkcja w przykladzie nr 2 wyrzuca N/A?
このコメントは、サイトのモデレーターによって最小化されました
こんにちは、マーサ、#N/A は「値が利用できない」ことを意味するエラー値です。
ここにはまだコメントが投稿されていません
あなたのコメントを残す
ゲストとして投稿
×
この投稿を評価:
0   文字
推奨される場所

フォローする

著作権©の2009 - WWW。extendoffice.com。 | | 全著作権所有。 搭載 ExtendOffice。 | サイトマップ
MicrosoftおよびOfficeのロゴは、米国MicrosoftCorporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
SectigoSSLで保護