Note: The other languages of the website are Google-translated. Back to English

ExcelLOGNORM.DIST関数

世界 LOGNORM.DIST 関数は、指定されたxの値の対数正規分布を計算します。 この関数を使用して、対数変換されたデータを分析できます。

lognorm-dist関数1


構文

=LOGNORM.DIST(x,mean,standard_dev,cumulative)


Arguments

  • X (必須):対数正規分布を評価する値。
  • 平均 (必須):ln(x)の平均の算術値。
  • Standard_dev (必須):ln(x)の標準偏差の値。
  • 累計 (必須):計算する分布のタイプを指定する論理値。 これは、TRUEまたはFALSEのいずれかの値です。
    TRUEの場合、LOGNORM.DISTは累積分布関数を返します。
    FLASEの場合、LOGNORM.DISTは確率密度関数を返します。

戻り値

世界 LOGNORM.DIST 関数は a を返します 数値.


機能ノート

  1. LOGNORM.DIST関数が新しく導入されました Excelの2010、したがって、以前のバージョンでは使用できません。
  2. 世界 #値! 指定された引数のいずれかが数値以外の場合、エラー値が発生します。
  3. 世界 #NUM! 次のいずれかの状況が発生すると、エラー値が発生します。
    • 提供されるxは≤0です。
    • 提供されたstandard_dev≤0。
  4. 超幾何分布の方程式は次のとおりです。
    lognorm-dist関数2
    どこ μln(x)の平均 及び σln(x)の標準偏差.

以下のスクリーンショットが示すように、x、mean、standard_dev、および累積パラメーターの値がリストされています。累積対数正規分布と確率対数正規分布を取得するには、次のようにしてください。

累積対数正規分布を計算するには、以下の数式をセルG4にコピーして、を押してください。 入力します 結果を得るための鍵。

= LOGNORM.DIST(B4,C4,D4,E4)

累積対数正規分布を計算するには、以下の数式をセルG4にコピーして、を押してください。 入力します 結果を得るための鍵。

lognorm-dist関数3

確率対数正規分布を計算するには、以下の数式をセルG5にコピーして、を押してください。 入力します 結果を得るための鍵。

= LOGNORM.DIST(B5,C5,D5,E5)

lognorm-dist関数4

注意:私たちもできます 値を直接入力 式で。 たとえば、セルG4の数式は次のように変更できます。

= LOGNORM.DIST(3,10,6,TRUE)

相対関数:

  • Excel EVEN 関数
    EVEN関数は、数値をゼロから最も近い偶数の整数に丸めます。

  • Excel EXP 関数
    EXP関数は、定数eをn乗した結果を返します。

 

コメントを並べ替える
コメント (0)
まだ評価はありません。 最初に評価してください!
ここにはまだコメントが投稿されていません
あなたのコメントを残す
ゲストとして投稿
×
この投稿を評価:
0   文字
推奨される場所

フォローする

著作権©の2009 - WWW。extendoffice.com。 | | 全著作権所有。 搭載 ExtendOffice。 | サイトマップ
MicrosoftおよびOfficeのロゴは、米国MicrosoftCorporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
SectigoSSLで保護