メインコンテンツへスキップ

エクセルMAP機能(365)

また, マップ機能 を適用します ラムダ関数 新しい値を作成し、提供された配列の各値を新しい値にマッピングして形成された配列を返します。

マップ機能 1


構文

=MAP (array1,[array2],...,lambda)


Arguments

  • アレイ1 (必須): マップされる配列。
  • 配列 2、... (オプション): マップされる追加の配列。
  • ラムダ (必須): カスタム LAMBDA 関数が配列に適用されます。
    これは最後の引数であり、追加の配列が提供されている間に追加のパラメーターを受け入れるように構成する必要があります。

戻り値

また, マップ機能 結果の配列を返します。


機能ノート

  1. MAP機能が新たに導入されました Microsoft 365 の Excel. そのため、以前のバージョンの Excel では使用できません。 新しい動的配列数式が Excel for Microsoft 365 に導入されました。つまり、Ctrl + Shift + Enter を使用して MAP 数式を配列数式として入力する必要はありません。
  2. また, #値! エラー値は、次のいずれかの状況が発生した場合に発生します。
    • 無効な LAMBDA 関数が指定されています。
    • 指定されたパラメータの数が間違っています。

以下のスクリーンショットが示すように、データの配列があります。 この配列の数値が 2 より大きい場合は 100 を掛け、100 以下の場合はこの数値を XNUMX 乗するには、次のようにします。

以下の数式をセルE6にコピーして、を押してください。 入力します 結果を得るための鍵。

=マップ (B6:C12,LAMBDA(x, IF(x>100, x*2,x*x)))

マップ機能 2

相対関数:

  • Excel BYROW 演算
    Excel の BYROW 関数は、特定の配列の各行に LAMBDA 関数を適用し、行ごとの結果を XNUMX つの配列として返します。

  • Excel LAMBDA 演算
    Excel の LAMBDA 関数を使用して、ブック全体で再利用できるカスタム関数を作成します。

  • Excel MAKEARRAY 演算
    Excel MAKEARRAY 関数は、指定された行数と列数に基づいて計算された配列を返します。

 

Comments (0)
No ratings yet. Be the first to rate!
There are no comments posted here yet
Please leave your comments in English
Posting as Guest
×
Rate this post:
0   Characters
Suggested Locations