メインコンテンツへスキップ

Excel REDUCE 関数 (365)

また, REDUCE 関数 を適用します ラムダ関数 配列内の各値に変換し、アキュムレータ内の合計値を返し、配列を累積値に減らします。

リデュース機能 1


構文

=REDUCE ([initial_value],array,lambda(accumulator, value))


Arguments

  • 初期値 (オプション): アキュムレータの開始値。 省略した場合、デフォルト値は 0 です。
  • 配列 (必須): 縮小する配列。
  • ラムダ (必須): 配列を縮小するために適用されるカスタム LAMBDA 関数。
    • アキュムレータ (必須): 合計され、最終結果として返される値。
    • (必須): 配列内の各要素に適用される計算。

戻り値

また, REDUCE 関数 単一の値を返します。


機能ノート

  1. REDUCE 機能は、 Microsoft 365 の Excel. そのため、以前のバージョンの Excel では使用できません。
  2. また, #値! エラー値は、次のいずれかの状況が発生した場合に発生します。
    • 無効な LAMBDA 関数が指定されています。
    • 指定されたパラメータの数が間違っています。

以下のスクリーンショットが示すように、データの配列があります。 に 偶数と奇数を足す 配列で個別に、次のようにしてください。

偶数を合計するには、以下の数式をセル F6 にコピーしてから、 入力します 結果を得るための鍵。

=削減 (0,B6:D9,LAMBDA(a,b,IF(ISEVEN(b), a+b,a)))

リデュース機能 3

奇数を合計するには、以下の数式をセル F7 にコピーしてから、 入力します 結果を得るための鍵。

=削減 (0,B6:D9,LAMBDA(a,b,IF(ISODD(b), a+b,a)))

リデュース機能 2

注: 上記の各式では、指定された 初期値 引数はに設定されます 0。 それはまたすることができます 省略 に置き換えられます 空きスペース. たとえば、偶数を合計するには、セルの数式 F6 次のように変更できます。

=削減 ( ,B6:D9,LAMBDA(a,b,IF(ISEVEN(b), a+b,a)))

相対関数:

  • Excel MAP 演算
    MAP 関数は LAMBDA 関数を適用して新しい値を作成し、指定された配列の各値を新しい値にマッピングして形成された配列を返します。

  • Excel LAMBDA 演算
    Excel の LAMBDA 関数を使用して、ブック全体で再利用できるカスタム関数を作成します。

  • Excel MAKEARRAY 演算
    Excel MAKEARRAY 関数は、指定された行数と列数に基づいて計算された配列を返します。

 

Comments (0)
No ratings yet. Be the first to rate!
There are no comments posted here yet
Please leave your comments in English
Posting as Guest
×
Rate this post:
0   Characters
Suggested Locations