金曜日、28 August 2020
  0 返信
  2.3K訪問
朗報です! Kutools forExcel23.00が登場します。 このバージョンでは、18個の優れたグラフテンプレート、7個のすばらしいグラフツール、および2個のその他の便利な機能が提供され、数十個の機能が改善されています。 このバージョンにアップグレードするか、無料試用版を入手するには、Kutools forExcel23.00をダウンロードしてください。
ヒント:全機能と機能、30日で無料トライアル! 2年間の無料アップグレードサポート期間が満了していない場合は、このバージョンを無料でアップグレードする権利があります。

新しい特徴

1.ダンベルプロットチャート
ダンベルプロットチャートを使用して、XNUMXつのデータセットを比較し、チャートの線でそれらの違いを示すことができます。
KTE-23-01.png
2.プログレスリングチャート
この進捗リングチャートは、プロジェクトの完了率を示すために一般的に使用され、ドーナツの真ん中に完了率を示します。
KTE-23-02.png
3.パーセンテージボールチャート
パーセンテージボールチャートは、一般的に、占有または残っているもののパーセンテージ、またはプロジェクトの完了パーセンテージを示すために使用されます。 このチャートは、ボールの境界線の色、背景色、および前景色の変更をサポートしています。
KTE-23-03.png
4.プログレスバーチャート
上記のプログレスリングチャートまたはパーセンテージボールチャートと比較すると、XNUMXつのプロジェクトの完了率しか表示できませんが、プログレスバーチャートはXNUMXつのチャートに複数のプロジェクトの完了率を表示できます。
プログレスバーチャートは、指定された完了率に基づいてチャートを作成できます。
KTE-23-04.png
また、事前に完了率を把握せずに、指定された実際の値と目標値に基づいてチャートを作成することもサポートしています。
KTE-23-05.png
5.スロープチャート
Excelで勾配グラフを簡単に作成して、XNUMXつのカテゴリの違いをXNUMX回で視覚的に示すことができます。
KTE-23-06.png
6.しきい値チャート
しきい値チャートは、データポイントを特定のしきい値と比較し、列の方向、列の高さ、および色ごとにデータポイントとしきい値の違いを示します。
KTE-23-07.png
7.差分矢印チャート
この異なる矢印チャートは、クラスター化された縦棒グラフまたは棒グラフに似ていますが、XNUMXつのデータセット間の違いを示すために矢印とパーセンテージを追加します。
KTE-23-08.png
8.マトリックスバブルチャート
この機能は、Excelで数回クリックするだけでマトリックスバブルチャートを作成するのに役立ちます。 マトリックスバブルチャートは、マトリックス内のバブルごとにデータポイントを表します。これは、複数のデータセットを水平方向および垂直方向に比較するのに適しています。
KTE-23-09.png
9.バブルチャート付きバー
一般的なクラスター化された棒グラフは、データのセットのみを表示できます。 棒グラフは棒グラフを拡張し、XNUMXつのデータセットを水平方向に表示するのに役立ちます。棒を使用してXNUMXつのデータセットを左側に表示し、泡を使用してもうXNUMXつのデータセットを右側に表示します。
KTE-23-10.png
10.差分面グラフ
差異面グラフは、XNUMXつのデータセットに対してXNUMXつの線を描画し、XNUMXつの線の間の塗りつぶされた部屋を使用して、XNUMXつのデータセット間の差異を示します。
KTE-23-11.png
11.ドットチャート
ドットチャートは、散布図のように見えるデータを表示するためにマーカーを使用します。 ただし、このグラフでは、X軸とY軸の両方にXNUMXつのデータセットが割り当てられています。
KTE-23-12.png
12.可変幅縦棒グラフ
列の高さごとにXNUMX次元データを表示する通常の列とは異なり、可変幅の列グラフでは、列の幅と列の高さの両方でXNUMXつの次元にわたるXNUMXつの値のセットを表示できます。
KTE-23-13.png
13.マリメッコチャート
マリメッコチャートは、チャート内に複数の積み重ねられた列を合成し、XNUMX次元にわたるすべての値のセットを示します。
KTE-23-14.png
14.ロリポップチャート
Lollipopチャートは、列を線に細くし、線の端にカラフルな円を追加します。これにより、ポイント値が視覚的に魅力的になります。
KTE-23-15.png
15.マルチシリーズ面グラフ
マルチシリーズ面グラフは、複数の面グラフをXNUMXつのグラフにまとめ、グラフ内の複数の値のセットを簡単に比較するのに役立ちます。
KTE-23-16.png
16.プロポーションスタックチャート
Proportion Stacked Chartは、小さな正方形のシリーズの各ポイント値の比率を反映できます。 そしてそれはXNUMXつのタイプのグラフィックスをサポートします:
(1)複合スタックチャートに各値の比率を表示します。
KTE-23-17.png
(2)四角で塗りつぶされたセルで各値の比率を表示します。
KTE-23-18.png
17.BiDirectional棒グラフ
BiDirectional棒グラフは、Y軸の両側にXNUMXセットの値を配置するため、これらXNUMXセットの値を水平方向に簡単に比較できます。
KTE-23-19.png
18.マルチシリーズヒストグラムチャート
このマルチシリーズヒストグラムチャートは、列のセットを使用してデータのセットを表し、複数の列のセットをXNUMXつのチャートに組み合わせて、これらのシリーズを簡単に区別できるようにします。
KTE-23-20.png
19.フォーマットを他のチャートにコピーする
この機能は、現在選択されているチャートのフォーマットをアクティブなワークブックの複数のチャートにまとめてコピーします。
KTE-23-21.png
20.チャートの絶対位置を設定する
この機能は、現在選択されているチャートを指定された位置に移動し、同時にチャートのサイズを指定された範囲に変更します。
KTE-23-22.png
21.合計ラベルをグラフに追加する
この機能は、現在選択されている積み上げグラフの合計ラベルを追加します。
KTE-23-23.png
22.累積合計をグラフに追加する
この機能は、現在選択されているクラスター化された縦棒グラフの累積合計ラベルを含む累積線を追加します。
KTE-23-24.png
23.X軸を負/ゼロ/下に移動します
この機能は、X軸を現在選択されているチャートの下部に移動します。
KTE-23-25.png
24.複数のシリーズにトレンドラインを追加する
この機能は、複数の一連のデータを含む散布図の傾向線を追加します。
KTE-23-24-o.png
25.セルの色に応じてチャートの色を変更する
この機能は、チャートデータ範囲内の対応するセルの塗りつぶし色に基づいて、列、バー、スキャッターなどの塗りつぶし色を変更します。
KTE-23-26.png
26.データフォーム
この機能は、指定された範囲のデータを行ごとに表示します。 [データフォーム]ダイアログでは、行のデータを読み取ったり、追加したり、削除したり、編集したりできます。
KTE-23-27.png
27.検索(Kutoolsの機能)
この機能は、指定されたキーワードによって指定されたKutools機能をすばやく見つけて有効にするのに役立ちます。
KTE-23-28.png

旧モデルからの改善

1.簡単なドロップダウンリストを作成する
指定されたカスタムリストに基づいてドロップダウンリストをすばやく作成するためのサポート。
KTE-23-29.png
2.数字を作る
XNUMX進数または負の数を構成するためのサポート。

3.メールを送信する
1)いくつかの送信サーバー設定を説明するためのヒントを追加します。
2)Outlook経由でメールを送信する場合、送信アカウントの指定に対応しています。
KTE-23-45.png

4.ナビゲーションペイン
1)定型句ペインは、定型句グループをカテゴリ別に表示することをサポートしています。
KTE-23-30.png
2)[検索と置換]ペインは、ハイパーリンクとグラフのタイトルでキーワードを検索することをサポートしています。
KTE-23-31.png
3)[検索と置換]ペインは、検索結果をシートごとにグループ化します。
KTE-23-34.png
5.読書レイアウト
1)HDPIをサポートします。
2)編集中のアクティブセルは強調表示されません。
KTE-23-33.png
6.ファイル形式コンバータ
1)FileFormatConverterダイアログのインターフェースを再設計します。
2)保護されたワークブックを開くためのパスワードの追加または管理のサポート。
3)OneDriveファイルとフォルダーをサポートします。
KTE-23-35.png
7.スーパーフィルター
1)お気に入りのフォルダにシナリオを追加するためのサポート。
KTE-23-36.png
2)ワークブックを閉じるときにシナリオを自動的に保存するためのサポート。
KTE-23-37.png
3)[保存されたフィルター設定シナリオを開く]ドロップダウンメニューには、最近使用されたシナリオが10個以下表示されます。
KTE-23-38.png
8.言葉への数
1)[通貨に変換されない]オプションを追加します。 このオプションにチェックマークを付けると、変換された単語に「ドル」と「セント」が追加されません。
2)[カンマなし]オプションを追加します。 このオプションにチェックマークを付けると、変換された単語の間にコンマが追加されません。
KTE-23-39.png
9.チャート
1)[グラフ]ドロップダウンメニューのレイアウトを変更し、カテゴリ別にグラフを表示します。
KTE-23-42.png
2)正規分布図ダイアログをすばやく作成するのインターフェースを再設計します。
KTE-23-41.png
3)スピードメーターチャートの実行ロジックを調整します。
4)[比較棒グラフ]ダイアログ(差分比較グラフ)のインターフェイスを改善し、ミニグラフの生成をサポートします。
KTE-23-42.png
10.インストールパッケージ
インストール手順を簡素化し、管理者権限でパッケージを直接インストールします。 管理者以外のユーザーは、現在の権限でパッケージをインストールするか、取得できる場合は管理者権限でパッケージをインストールするかを選択できます。

11.設定センター
設定センターを改善し、XNUMXつの設定センターだけを残します。 予約された設定センターは、ユーザーが持つ最高の権限で実行されます。

12.デスクトップ上のExcel用Kutoolsのアイコン
デスクトップでKutoolsforExcelのアイコンを実行すると、Microsoft Excelが起動し、[Kutools]タブが有効になります。これは、以前のバージョンの設定センターの起動に代わるものです。

13.ウェルカムヒント
Kutools for Excelをインストールすると、[Kutools]タブが有効になり、MicrosoftExcelを初めて起動したときにウェルカムヒントが自動的に表示されます。
KTE-23-40.png
14.元に戻す
1)元に戻すロジックを改善し、元に戻すためにデータをバックアップするのに長い時間がかかる可能性があることをユーザーに促し、バックアップをスキップするためにESCキーを押すことをサポートします。
KTE-23-44.png
2)[元に戻す]はビッグデータオプションをサポートしていません。
KTE-23-43.png
15.一部の機能を改善および高速化します。

固定の

1.ナビゲーションペイン
1)ナビゲーションペインは、フローティング時に無制限の大小のサイズにサイズ変更できます。
2)[列リスト]ペインにエラーが報告される場合があります。
3)[ブックとシート]ペインには、作成されたマクロシート(MS Excel 4.0マクロ)を表示できず、ペイン内でこれらのマクロシートを切り替えることができません。
4)アクティブなワークブックがない場合、[切り替えてすべての非表示のワークシートを非表示/再表示]ボタンをクリックすると、ナビゲーションペインにエラーが報告されます。

2.マージされたセルでチェックボックス付きのドロップダウンリスト機能を有効にすると、エラーが発生します。

3.スーパーフィルター
1)新しく追加された下位基準グループは表示できません。
2)保存されたシナリオを回復した後、ワークシートを切り替えると、それらは再び失われます。

4.範囲の変換機能により、ハイパーリンクが失われる可能性があります。

5.メールを送信する
1)SMTPで電子メールを送信する場合、Office 365電子メールアカウントを介した電子メールの送信に失敗します(メッセージ本文が改行で終わるため)。
2)Outlookでメールを送信する場合、送信メールアカウントのデフォルトの署名を取得できない場合があります。
3)SMTPでメールを送信する場合、メッセージ本文は、改行や>などの特殊文字をプレースホルダーに正しく表示できません。
4)場合によっては、[Outlook経由で電子メールを送信する]オプションと[送信サーバー設定]の両方が指定されていない場合、ツールバー領域をクリックすると[SMTP設定]ダイアログが表示されます。

6.その他のマイナーなバグ。
この投稿に対する返信はまだありません。
この投稿に最初に返信してください!