Note: The other languages of the website are Google-translated. Back to English
ログイン  \/ 
x
or
x
今すぐ登録  \/ 
x

or

受信トレイビューの変更

このチュートリアルでは、Outlookでのフォルダー(受信トレイフォルダー)ビューの変更について説明します。これには、自動プリセットフォルダービュー間のフォルダービューの切り替え、フォルダービューのカスタマイズ(列の追加、並べ替え、フィルタリング、グループ化、条件付き書式など)、およびリセットが含まれます。フォルダビューも同様です。

コンテンツの表

注意:このページで紹介する方法は、Windows2019のMicrosoftOutlook 10デスクトッププログラムに適用されます。また、手順は、MicrosoftOutlookのバージョンとWindows環境によって大幅に異なる場合があります。


1.現在のフォルダビューを変更します

既定では、受信トレイはOutlookのコンパクトビューで表示されます。 簡単に変更できるプリセットビューは他にXNUMXつあります。シングルとプレビューです。 このチュートリアルでは、これらのプリセットビューを紹介し、他のプリセットビューで受信トレイフォルダーを表示する方法を示します。

1.コンパクトビュー

受信トレイフォルダは、デフォルトでコンパクトビューで開いています。 受信トレイフォルダがコンパクトビューに表示されない場合は、をクリックできます 詳細 > ビューの変更 > コンパクト このビューにシフトします。

コンパクトビューにはメッセージリストと閲覧ウィンドウが含まれ、主にメッセージリストのレイアウトを変更します。

メッセージリストには、すべての電子メールがXNUMX行で表示されます。
(1)最初の行は、電子メールの送信者を示しています。
(2)XNUMX行目は、電子メールの件名と受信日を示しています。
(3)そして、XNUMX行目でメールのメッセージ本文をプレビューできます。 メッセージリストの幅が広いほど、プレビューできるコンテンツが長くなります。

ノート:
(1)Outlookのインターフェイスが狭すぎると、メッセージリストが自動的に非表示になり、閲覧ウィンドウのみが表示されます。
(2)コンパクトビューを変更したり、列を追加したり、配置スタイルを変更したりした場合は、をクリックしてデフォルトのコンパクトビューをすばやく復元できます。 詳細 > レストビュー.

1.2シングルビュー

受信トレイフォルダを開いた後、クリックして単一のビューに表示できます 詳細 > ビューの変更 > シングル.

単一のビューには、メッセージリストと閲覧ウィンドウも含まれています。 シングルビューでは、メッセージリストから電子メールに関する詳細情報を取得できます。 そして、このビューはワイドスクリーンモードで良い選択になります。

メッセージリストでは、すべての電子メールがXNUMX行で表示されます。
(1)最初の行には、重要度ステータス、リマインダー、添付ファイル、送信者、件名、受信日など、電子メールのすべての種類の情報が列で表示されます。追加した列の数に関係なく、メッセージリストに表示されます。 。
(2)XNUMX行目には、電子メールのメッセージ本文が表示されます。 メッセージリストの幅が広いほど、プレビューできるコンテンツが多くなります。

注意s:
(1)シングルビューはワイドスクリーンでうまく機能します。 Outlookのインターフェイスが狭すぎると、メッセージリストが自動的に非表示になり、閲覧ウィンドウのみが表示されます。
(2)単一のビューでビュー設定を変更した場合、たとえば、並べ替え順序、フィルター、または配置スタイルを変更した場合は、をクリックできます。 詳細 > 表示方法をリセットする デフォルトの単一ビューを復元します。

1.3プレビュービュー

受信トレイフォルダを開いた後、をクリックしてビューをプレビューに変更できます 詳細 > ビューの変更 > プレビュー.

プレビュービューは、閲覧ウィンドウをオフにすることを除いて、単一のビューと似ています。 メッセージリストをワイドモードで表示します。
幅広いメッセージリストでは、すべての電子メールにXNUMX行が含まれています。
(1)最初の行には、差出人、件名、受信、サイズ、フラグなど、列内の電子メールのすべてのフィールドが表示されます。このビューに追加した列の数に関係なく、メッセージリストに表示されます。
(2)XNUMX行目でメールのメッセージ本文をプレビューできます。

注意:
(1)プレビュービューはワイドスクリーンに適合します。 Outlookのインターフェイスを絞り込むと、プレビュービューは、ペインを自動的に読み取らずにコンパクトビューを変更します。
(2)プレビュービューのビュー設定を変更した場合、つまり、並べ替え順序、フィルター、または配置スタイルを変更した場合は、をクリックできます。 詳細 > 表示方法をリセットする デフォルトのプレビュービューを復元します。


2.現在のビューをカスタマイズします-列を追加します

受信トレイフォルダを、コンパクト、シングル、プレビューのプリセットビューに簡単に変更できます。 ただし、これらのプリセットビューがニーズを満たせない場合は、現在のビューをカスタマイズできます。 このチュートリアルでは、現在のビューから列を追加または削除する方法を示します。

2.1現在のビューに列を追加する

たとえば、を追加したい Cc 現在のビューの列では、次のように実行できます。

1。 指定したメールフォルダ(この場合は受信トレイフォルダ)を開き、をクリックします 詳細 > 列の追加.

2。 [列の表示]ダイアログで、次のようにしてください。
(1)列を含む指定されたカテゴリをから選択してください から利用可能な列を選択します ドロップダウンリスト。 この場合、選択してください すべてのメールフィールド;
で(2) 使用可能な列 リストボックスをクリックして、追加する指定の列を選択してください。 この場合、選択してください Cc.
(3)をクリックします 追加 ボタン。

3。 今すぐ Cc 右側のリストボックスに列が追加されます。 クリックして選択してください Cc 右側のリストボックスで、をクリックします。 上がります ボタンを押して適切な位置に移動します。

4。 クリック OK ボタン。

これまでのところ、 Cc 現在のメールフォルダに列が追加されました。 スクリーンショットを参照してください:

ノート:
(1)指定したフォルダがコンパクトビューの場合、閲覧ウィンドウをオフにするか、一番下に移動するまで、追加された列が表示されない場合があります。 クリックできます 詳細 > 読書ペイン > Off or ボトム 閲覧ウィンドウをオフにするか、メッセージリストの一番下に移動します。
(2)クリックできます 詳細 > 表示方法をリセットする デフォルトのビュー設定を復元します。

2.2現在のビューから列を削除する

現在のビューから列を削除するには、いくつかの方法があります。

2.2.1現在のビューから列を削除する

現在、受信トレイフォルダがプレビュービューに表示されていて、削除したい場合 件名 このビューの列では、次のように実行できます。

1に設定します。 OK をクリックします。 詳細 > 列の追加 [列の表示]ダイアログを開きます。

2。 [列の表示]ダイアログで、削除する列をクリックして選択してください。 これらの列をこの順序で表示します リストボックスをクリックし、 削除します ボタン。

3。 クリック OK ボタン。

これで、指定した件名列が現在のビューから削除されます。

2.2.2右クリックメニューで現在のビューから列を削除します

受信トレイフォルダがシングルビューまたはプレビュービューにある場合は、右クリックメニューを使用してビューから列を簡単に削除できます。
メッセージリストで、削除する指定した列ヘッダーを右クリックして、[ この列を削除する 右クリックメニューから。

これで、指定した列が現在のビューから一度に削除されます。

注意:指定したフォルダがコンパクトビューにある場合、閲覧ウィンドウをオフにするか、下部に移動するまで、列ヘッダーを右クリックすることはできません。 クリックできます 詳細 > 読書ペイン > Off or ボトム 閲覧ウィンドウをオフにするか、メッセージリストの一番下に移動します。

2.2.3ドラッグアンドドロップで現在のビューから列を削除します

受信トレイフォルダがシングルビューまたはプレビュービューにある場合は、ドラッグアンドドロップで列を簡単に削除することもできます。

メッセージリストの上部で、削除する指定の列ヘッダーをクリックし、ドラッグしてメッセージリストからドロップします。 次に、指定した列が現在のビューからすぐに削除されます。

注意:指定したフォルダがコンパクトビューにある場合、閲覧ウィンドウをオフにするか、下部に移動するまで、列ヘッダーをドラッグすることはできません。 クリックできます 詳細 > 読書ペイン > Off or ボトム 閲覧ウィンドウをオフにするか、メッセージリストの一番下に移動します。


3.現在のビューをカスタマイズします-メールを整理してグループ化します

受信トレイフォルダビューをカスタマイズしていない場合、またはデフォルトビューにリセットしていない場合、電子メールはメッセージリストで自動的にグループ化され、受信した日時で並べ替えられます。 ここでは、このチュートリアルで、さまざまな基準でメールを整理またはグループ化する方法を示します。

3.1電子メールのクイックアレンジ(グループ化と並べ替え)

リボンとメッセージリストの配置コマンドを使用して、電子メールをすばやく配置(電子メールのグループ化と並べ替えを同時に)できます。

1。 受信トレイフォルダを開いたら、をクリックしてください その他 アイコンを押します。  の右下隅に アレンジメント ボックスに 詳細 タブ、[OK]をクリックします グループで表示 このオプションを有効にします。
ヒント:デフォルトでは、このオプションは有効になっています。 以下の操作の前に、有効になっているかどうかを確認することをお勧めします。

2。 次に、の条件をクリックしてメールをすばやく配置できます アレンジメント ボックスに 詳細 タブでを確認できます。

クリックするだけで、メッセージリストにメールをすばやく配置することもできます  メッセージリストの上部で、で配置基準を選択します 手配 ドロップダウンリストのセクション。 スクリーンショットを参照してください:

3.2表示設定でメールをグループ化する

ビュー設定を構成して、現在のビューでXNUMXつ以上の基準で電子メールを簡単にグループ化することもできます。

1。 受信トレイフォルダを開いたら、をクリックしてください 詳細 > 表示設定.

2。 開始ダイアログで、をクリックしてください グループ化する ボタン。

3。 [グループ化]ダイアログボックスが表示されたら、次のようにします。
(1)チェックを外します 配置に従って自動的にグループ化 オプション;
で(2) アイテムをグループ化する セクションで、ドロップダウンリストからメールをグループ化する基準を選択してください。
(3)必要に応じて、ソート順を選択して確認してください。 この場合、私はチェックします 上昇.

ヒント:
(1)上記(2)で指定したグループ基準が見つからない場合は、からフィールドカテゴリを変更できます。 から利用可能なフィールドを選択します ドロップダウンリストを選択し、でグループ基準を選択します アイテムをグループ化する 再びドロップダウンリスト。
(2)複数の基準でメールをグループ化する必要がある場合は、以下のグループ基準と並べ替え順序を指定してください。 それからによって 必要なだけセクション。

4。 クリック OK > OK 続けて。

これで、電子メールはメッセージリストで指定された基準によってグループ化されます。

3.3注意事項

(1)カスタマイズしたグループとグループアイテムを日付で再度クリアする必要がある場合は、をクリックしてください 詳細 > 日付 アレンジメント リボンのボックスまたは  > 日付 メッセージリストの上部にあります。

(2)現在のビューからカスタマイズされたビュー設定をクリアする必要がある場合は、をクリックしてください 詳細 > 表示方法をリセットする リボンに。


4.現在のビューをカスタマイズします-メールを並べ替えます

受信トレイのメールフォルダを開くと、メールが自動的にグループ化され、メッセージリストの受信日で並べ替えられます。 場合によっては、XNUMXつ以上の基準で電子メールをソートしたいことがあります。 ここでは、このチュートリアルで、メッセージリスト内の電子メールを並べ替えるソリューションを示します。

4.1配置コマンドによる電子メールのクイックソート

のコマンドをクリックすると、メールをすばやく並べ替えることができます アレンジメント 内箱 詳細 リボンのタブ。

1。 たとえば、送信者でメールを並べ替える場合は、をクリックする必要があります その他 アイコンを押します。  の右下隅に アレンジメント ボックスに 詳細 タブ、[OK]をクリックします グループで表示 無効にします。

2。 次に、をクリックします サーバ当たり年間 アレンジメント メールを送信者で並べ替えるボックスをクリックし、 逆ソート 必要に応じて現在の並べ替え順序を逆にします。

ヒント:矢印をクリックすることもできます  メッセージリストの上部にあり、で並べ替え基準を指定します 手配 ドロップダウンリストのセクションで、メッセージリスト内の電子メールを並べ替えます。 そしてクリック Zへ or ZからAへ  ドロップダウンリストまたは  メッセージリストの上部にあり、並べ替え順序を逆にします。

4.2列ヘッダーをクリックしてメールをクイックソートする

列がビューに表示されている場合は、特定の列ヘッダーをクリックして、すべての電子メールをフィールド別にすばやく簡単に並べ替えることができます。

ヒント:
(1)受信トレイフォルダがコンパクトビューの場合は、 詳細 > 読書ペイン > Off or ボトム すべての列を表示します。
(2)Outlookのインターフェイスが狭すぎてすべての列を表示できない場合、列は表示されなくなります。

4.3ビュー設定を構成してメールを並べ替える

必要に応じて、表示設定を構成し、XNUMXつまたは複数の基準で電子メールを並べ替えることができます。

1。 受信トレイフォルダを開いたら、をクリックしてください 詳細 > 表示設定.

2。 [詳細ビュー設定]ダイアログで、[ ソート ボタン。

3。 ポップアウトする[並べ替え]ダイアログで、 アイテムを並べ替える セクションで、ドロップダウンリストからプライマリソート基準を選択し、必要に応じて適切なソート順序を確認します。

ヒント:
(1)XNUMX次ソート基準を追加する必要がある場合は、最初に進んでください それからによって セクションで、XNUMX次ソート基準とソート順を選択します。 XNUMX番目とXNUMX番目のソート基準も同様です。
(2)ドロップダウンリストから適切な並べ替え基準が見つからない場合は、フィールドカテゴリをから変更できます。 から利用可能なフィールドを選択します ドロップダウンリストをクリックし、並べ替え条件を指定します。

4。 クリック OK ボタンを連続して押して、ビュー設定を保存します。

これで、すべての電子メールがメッセージリストで指定された並べ替え基準で並べ替えられます。

4.4注意事項

1。 クリックすることができます 日付 アレンジメント 内箱 詳細 リボンのタブをクリックして、カスタマイズされた並べ替えをクリアし、元の並べ替えを復元します。

2。 クリックすると、現在のビューからカスタマイズされたすべてのビュー設定をクリアできます 詳細 > 表示方法をリセットする.


5.現在のビューをカスタマイズします-メールをフィルタリングします

通常、受信トレイフォルダをプリセットのコンパクトビュー、シングルビュー、またはプレビュービューで表示すると、すべての電子メールがメッセージリストに表示されます。 実際、メールをフィルタリングして、基準を満たすメールをメッセージリストにのみ表示できます。

5.1未読メールのクイックフィルター

受信トレイフォルダを開いた後、クリックすることができます 未読 メッセージリストの上部にあるので、未読のすべての電子メールをすぐに除外できます。 そして、をクリックしてフィルターをクリアします 全て メッセージリストの上部にあります。

矢印をクリックすることもできます  メッセージリストの上部にあるドロップダウンメニューをアクティブにし、[ 未読メール or 言及されたメール ドロップダウンメニューから未読または言及された電子メールをフィルタリングし、をクリックします すべてのメール ドロップダウンメニューからフィルターをクリアします。

5.2表示設定を構成してメールをフィルタリングする

ビュー設定を変更して、指定した基準でメールを簡単にフィルタリングできます。 次のようにしてください。

1。 受信トレイフォルダを開いたら、をクリックしてください 詳細 > 表示設定.

2。 [詳細ビュー設定]ダイアログで、[ フィルタ ボタン。

3。 [フィルター]ダイアログでは、必要に応じてXNUMXつ以上のフィルター基準を追加できます。

(1)[メッセージ]タブで、以下のフィルター基準を追加できます。

  • 単語を検索します:件名またはメッセージ本文で指定されたキーワードで電子メールをフィルタリングします。
  • サーバ当たり年間:送信者でメールをフィルタリングします。
  • に送ります:受信者でメールをフィルタリングします。
  • わたしはどこにいますか:私だけに送信された電子メールをフィルタリングする、私を含む複数の人にCcであった電子メールをフィルタリングする、または私を含む複数の人に送信された電子メールをフィルタリングする。
  • 時間:受信時間、送信時間、期限、有効期限、作成時間、または変更時間でメールをフィルタリングします。

(2)[その他の選択肢]タブで、以下のフィルター基準を追加できます。

  • カテゴリー:XNUMXつまたは複数のカテゴリでメールをフィルタリングします。
  • あるアイテムのみ:未読または既読の電子メールをフィルタリングします。
  • のあるアイテムのみ:添付ファイルの有無にかかわらずメールをフィルタリングします。
  • その重要性は:重要度ステータスでメールをフィルタリングします。
  • アイテムのみ:フラグステータスでメールをフィルタリングします。
  • マッチケース:大文字と小文字を区別してメールをフィルタリングします。
  • 寸法:メッセージサイズでメールをフィルタリングします。

(3)[詳細設定]タブで、必要に応じて複数のカスタムフィルター基準を追加できます。

たとえば、Cc受信者で電子メールをフィルタリングする場合、フィルタ基準を「Ccには指定されたメールアドレスが含まれています「中 より多くの基準を定義する セクションをクリックして リストに追加する このカスタムフィルター基準をに追加するボタン これらの基準に一致するアイテムを見つける リストボックス。

ここで必要な数のフィルター基準を追加できます。これらの基準間の論理関係は次のとおりです。 そして.

4。 クリック OK ボタンを続けて押して、フィルター設定を保存します。

これで、電子メールがフィルター処理され、指定されたすべてのフィルター基準を満たす電子メールのみがメッセージリストに表示されます。

先端:表示設定を変更してメールをフィルタリングすると、次のようにフィルタをクリアできます。 (1) ナビゲーションヘッダーの 詳細 > 表示設定; (2) [詳細ビュー設定]ダイアログで、[ フィルタ ボタン; (3) [フィルター]ダイアログで、 すべてをクリア 最初にボタンをクリックしてから、 OK ボタン; (4) 最後にクリックします OK ボタンをクリックして、[詳細ビュー設定]ダイアログを閉じます。

5.3注意事項

クリックすると、すべてのカスタムビュー設定をクリアし、デフォルトビューに戻すことができます 詳細 > 表示方法をリセットする 簡単に。


6.現在のビューをカスタマイズします-その他の設定

メールフォルダを開いた後、受信トレイフォルダを言うと、メッセージリストのフォントとテーブルビューの設定(行と列)を変更できます。 ここでは、このチュートリアルで、Outlookで他の設定を行い、メッセージリストの外観をカスタマイズする方法を示します。

6.1その他の設定を構成して、フォントやその他のテーブルビュー設定を変更します

受信トレイフォルダがプレビュービューにあると仮定します。たとえば、受信トレイを使用して、メッセージリストのフォントやその他のテーブルビュー設定を変更する他の設定を構成します。

1。 受信トレイフォルダを開いたら、をクリックしてください 詳細 > 表示設定.

2。 [詳細ビュー設定]ダイアログで、[ その他の設定sボタン。

3。 これで、[その他の設定]ダイアログが表示されます。 必要に応じてビュー設定を構成できます。

6.1.1列フォント

このボタンは、列ヘッダーのフォント、フォントスタイル、およびフォントサイズを変更します。

[その他の設定]ダイアログで、 列フォント ボタン。 次に、[フォント]ダイアログで、必要に応じてフォント、フォントスタイル、フォントサイズを順番に指定し、[ OK ボタンをクリックしてフォント設定を保存します。

ビュー設定を保存すると、メッセージリストの列ヘッダーのフォントが指定どおりに変更されます。

6.1.2行フォント

このボタンは、メッセージリスト内のすべての電子メール行のフォント、フォントスタイル、およびフォントサイズを変更します。

[その他の設定]ダイアログで、[ 行フォント ボタン。 次に、[フォント]ダイアログで、必要に応じてフォント、フォントスタイル、およびフォントサイズを指定し、[ OK ボタン。

ビュー設定を保存すると、メッセージリストのすべての行が変更され、指定されたフォント、フォントスタイル、およびフォントサイズとして表示されます。

6.1.3セル内編集を許可する

これにチェックを入れると セル内編集を許可する [その他の設定]ダイアログのオプションを選択してビューの変更を保存すると、メッセージリスト内の特定の電子メールのすべてのフィールドが編集可能であることがわかります。 指定したフィールドをクリックするだけで、このフィールドのコンテンツを直接追加、削除、または編集できます。

6.1.4「新しいアイテム」の行を表示する

をチェックした後 セル内編集を許可する [その他の設定]ダイアログのオプションをクリックすると、 「新しいアイテム」の行を表示する オプションはチェック可能です。 このオプションを有効にすると、メッセージリストの上部に空白行が追加され、新しい投稿を簡単に追加できます。

6.1.5グリッド線のスタイル

デフォルトでは、電子メール間のグリッド線は実線です。 ここでグリッド線のスタイルを変更できます。

[その他の設定]ダイアログで、 グリッド線スタイル ボックスをクリックし、ドロップダウンリストからグリッド線のスタイルを選択します。

ビュー設定を保存すると、メール間のグリッド線がメッセージリストで指定されたスタイルに変更されます。

6.1.6グループでアイテムを表示する

デフォルトでは、このオプションは[その他の設定]ダイアログでチェックされています。 無効にした場合 グループでアイテムを表示する オプションを選択すると、グループ名がメッセージリストから削除されます。

6.1.7フォント(メッセージプレビュー)

このボタンは、メッセージリストのメッセージプレビューのフォント、フォントスタイル、およびフォントサイズを変更します。

[その他の設定]ダイアログで、[ フォント ボタンの メッセージのプレビュー セクション。 次に、[フォント]ダイアログで、必要に応じてフォント、フォントスタイル、およびフォントサイズを指定し、[ OK ボタン。

ビュー設定を保存すると、メッセージプレビューのテキストが、メッセージリストに指定されたフォント、フォントスタイル、およびフォントサイズとして表示されます。

6.1.8読書ペイン

その他の設定ダイアログで、 オプションを選択すると、メッセージリストの右側に閲覧ウィンドウが表示され、 ボトム オプションを選択すると、メッセージリストの下部に閲覧ウィンドウが表示されます。 Off 閲覧ウィンドウがオフになります。

6.1.9n文字未満の幅でコンパクトなレイアウトを使用する

このオプションは、[その他の設定]ダイアログでデフォルトでチェックされています。 このオプションを有効にすると、Outlookのインターフェイスが狭すぎて指定した文字数を表示できない場合に、現在のビューが自動的にコンパクトビューに変わります。
このオプションが無効になっている場合は、 常に単一行レイアウトを使用する or 常にコンパクトなレイアウトを使用してください 必要に応じて

6.1.10展開された会話グループ内のすべてのフォルダからのメッセージを表示する

このオプションを有効にして、現在のビューで会話スレッドごとに電子メールを配置すると、他のフォルダーからの電子メールは、これらの電子メールが会話スレッドに属している場合にのみ、展開された会話に表示されます。

6.1.11クラシックインデントビューを使用して会話グループを表示する

このオプションを有効にして、現在のビューで会話スレッドごとに電子メールを配置すると、会話で返信した電子メールの下に返信が自動的にインデントされます。

ノート

1。 メールフォルダがコンパクトビューの場合、閲覧ウィンドウをメッセージリストの一番下に移動するか、閲覧ペインをオフにするまで、上記のビュー設定の一部が有効にならない場合があります。

2。 カスタムビュー設定をいくつ行っても、クリックすることですべてをすばやくクリアできます 詳細 > 表示方法をリセットする.


7.見出しXNUMX

条件付き書式を使用して、Excelでセル、行、または列を自動的に強調表示するのが一般的です。 Excelの場合と同様に、条件付き書式を適用して、Outlookで電子メールを自動的に強調表示することもできます。 このチュートリアルでは、Outlookで条件付き書式を使用する方法を説明します。

7.1条件付き書式を適用してメールを自動的に強調表示する

受信トレイで特定の送信者からのすべての電子メールを自動的に強調表示する必要があるとすると、条件付き書式を適用して次のように実行できます。

1.受信トレイフォルダを開いたら、をクリックしてください 詳細 > 表示設定.

2. [詳細ビュー設定]ダイアログで、[ 条件付き書式 ボタン。

3.これで、[条件付き書式]ダイアログが表示されます。 クリックしてください 追加 ボタンをクリックし、新しい条件付き書式ルール名を お名前 ボックス。

ヒント:既存のルールを変更する必要がある場合は、クリックしてルールを強調表示してください。 このビューのルール リストボックス。

4.先に進んでクリックします フォント [条件付き書式]ダイアログのボタン。 次に、[フォント]ダイアログで、必要に応じてフォント、フォントスタイル、フォントサイズ、フォントの色などを指定し、[ OK ボタン。

5.先に進んでクリックします 調子 [条件付き書式]ダイアログのボタン。 次に、[フィルター]ダイアログで、必要に応じてフィルター基準を指定し、[ OK ボタン。

ヒント:私の場合、指定した送信者のメールアドレスを サーバ当たり年間 [フィルター]ダイアログのフィールド。

6。 クリック OK ボタンを連続して押して、設定を保存し、ダイアログを閉じます。

これで、メッセージリストに、指定した条件を満たすすべての電子メールが自動的に強調表示されます。

7.2注意事項

1.次のように、指定した条件付き書式ルールをクリアできます。 (1) ナビゲーションヘッダーの 詳細 > 表示設定; (2) ナビゲーションヘッダーの 条件付き書式 [詳細ビュー設定]ダイアログのボタン。 (3) [条件付き書式]ダイアログで、クリックして条件付き書式ルールを選択し、[ 削除 ボタン; (4) ストリーミングを停止する場合は上部の OK 変更を保存するためのボタン。

2.をクリックすると、すべてのカスタムビュー設定をクリアして、デフォルトビューに戻すことができます。 詳細 > 表示方法をリセットする.


8.現在のビューをカスタマイズします-列をフォーマットします

ご存知のように、メールはメッセージリストの大きなテーブルにリストされています。 ビュー設定を構成して、テーブル内の配置、列幅、ラベルなどの列の表示形式を変更できます。

8.1各列(フィールド)の表示形式を指定します

受信ボックスがプレビュービューにあるとすると、メッセージリストの列またはフィールドの表示形式を次のように指定できます。

1。 受信トレイフォルダを開いたら、をクリックしてください 詳細 > 表示設定.

2。 [詳細ビュー設定]ダイアログで、[ 列のフォーマット ボタン。

3。 これで、[列のフォーマット]ダイアログが表示されます。 必要に応じてオプションを構成および変更してください。

で(1) 利用可能なフィールド リストボックスをクリックして、変更する列を選択してください。

(2)をクリックします フォーマット ボックスをクリックし、ドロップダウンリストから必要に応じて適切なフォーマットスタイルを選択します。
ヒント:のオプション フォーマット ドロップダウンリストは、で選択した列によって大幅に異なります。 利用可能なフィールド リストボックス。

(3)列の名前を変更する必要がある場合は、に名前を入力してください ラベル ボックス。

で(4) セクションでは、指定された列を固定幅で表示するか、この電子メールフィールドの内容に基づいて動的幅で表示するように構成できます。
ヒント:固定幅を指定した場合でも、Outlookインターフェイスの幅を変更したり、フォルダペイン、やることリストなどの他のセクションをオンまたはオフにすると、固定値が自動的に変更されます。

で(5) アラインメント セクションで、指定した列の配置を変更します。 配置スタイルには、左、中央、右のXNUMXつがあります。

4。 設定が終わったら、をクリックしてください。 OK ボタンを連続して押して、設定を保存し、ダイアログを閉じます。

これで、メッセージリストに、指定した列が新しい形式で表示されていることがわかります。

8.2注意事項

1.メッセージリストの右側に閲覧ウィンドウが表示されている場合、上記のビュー設定の一部が有効にならない場合があります。 この状況では、クリックして閲覧ウィンドウをオフにするか、メッセージリストの一番下に移動できます。 詳細 > 読書ペイン > Off or ボトム.

2.をクリックすると、すべてのカスタムビュー設定とフォーマットをすばやくクリアできます 詳細 > 表示方法をリセットする.


9.現在のビューをリセットします

フォルダー内で列の追加、グループ条件の変更、並べ替え条件、電子メールのフィルター処理などのカスタムビュー設定を行っている場合は、Outlookのデフォルトのビュー設定にすばやくリセットできます。

9.1現在のビューをリセット

1.デフォルトのビュー設定にリセットする指定のフォルダーを開き、[ 詳細 > 表示方法をリセットする.

2.ポップアップするMicrosoftOutlookダイアログで、をクリックしてください。 あり ボタン。

これで、開いているフォルダがすぐにデフォルトのビュー設定に復元されます。

特定のビューのビューをリセット

以下の手順を適用して、特定のビューのビュー設定をリセットすることもできます。

1。 指定したフォルダを開き、をクリックします 詳細 > ビューの変更 > ビューの管理.

2。 [すべてのビューの管理]ダイアログで、リセットする指定のビューをクリックして選択し、[ リセット ボタン。

3。 ポップアウトするMicrosoftOutlookダイアログで、をクリックしてください。 あり ボタン。

これまでのところ、指定されたビューはリセットされています。 必要に応じて、[すべてのビューの管理]ダイアログを閉じてください。


その他の記事..。


Kutools for Outlook-100の高度な機能をOutlookにもたらし、作​​業をはるかに簡単にします!

  • 自動CC / BCC メール送信時のルールによる。 自動転送 カスタムによる複数の電子メール。 自動返信 Exchangeサーバーなし、およびより多くの自動機能...
  • BCC警告 -全員に返信しようとするとメッセージを表示する メールアドレスがBCCリストにある場合; 添付ファイルがない場合に通知する、その他の機能を思い出させる...
  • メール会話のすべての添付ファイルで(すべて)返信; 多くのメールに返信する すぐに; あいさつを自動追加 返信するとき; 件名に日付を追加...
  • 添付ファイルツール:すべてのメールのすべての添付ファイルを管理し、 自動デタッチ, すべて圧縮、すべての名前を変更、すべて保存...クイックレポート、 選択したメールを数える...
  • 強力な迷惑メール 習慣による; 重複するメールと連絡先を削除する... Outlookでよりスマートに、より速く、より良くすることができます。
ショットkutoolsの見通しkutoolsタブ1180x121
ショットkutoolsの見通しkutoolsプラスタブ1180x121
 
Say something here...
symbols left.
You are guest
or post as a guest, but your post won't be published automatically.
Loading comment... The comment will be refreshed after 00:00.

Be the first to comment.