Note: The other languages of the website are Google-translated. Back to English
ログイン  \/ 
x
or
x
今すぐ登録  \/ 
x

or

受信トレイフォルダを開く

Outlookに電子メールアカウントを追加すると、Outlookを介して電子メールを送受信できます。 デフォルトでは、受信メールは受信トレイフォルダに到着します。 通常、Outlookを起動すると、受信トレイフォルダが自動的に開きます。 ただし、状況によっては受信トレイが開きません。 このチュートリアルでは、Outlookで受信トレイフォルダを開く方法を説明します。

注意:このチュートリアルは、Windows2019のMicrosoftOutlook 10デスクトッププログラムのExchangeアカウントに基づいて紹介されています。また、電子メールアカウントの種類(Exchange、IMAP、またはPOP)、Microsoft Outlookのバージョン、およびWindows環境によって大幅に異なる場合があります。 。


受信トレイフォルダを手動で開きます

Outlookを起動した後、次の場所から受信トレイフォルダを簡単に開くことができます。 フォルダペイン.

クリックするだけ 受信トレイ オン フォルダペイン それを開く。

注意:
(1) フォルダペイン オフまたは最小化されている場合は、をクリックしてください 詳細 > フォルダペイン > ノーマル を表示する フォルダペイン 正常に。
(2)Outlookで複数の電子メールアカウントを追加した場合、複数の受信トレイフォルダーが フォルダーパンe。 特定の受信トレイをクリックすると、対応するメールアカウントの受信トレイフォルダが開きます。


Outlookの起動時に受信トレイフォルダを自動的に開く

Outlookの起動時に受信トレイフォルダーが自動的に開かない場合は、Outlookオプションを変更して、受信トレイフォルダーを強制的に開くことができます。

1に設定します。 OK をクリックします。 フィレット > オプション [Outlookのオプション]ダイアログを開きます。

2。 [Outlookのオプション]ダイアログで、をクリックしてください 高度な 左側のバーで、をクリックします ブラウズ ボタンの Outlookの開始と終了 の項目を検索します。

3。 [フォルダの選択]ダイアログで、自動的に開く必要がある指定された受信トレイをクリックして選択し、[ OK ボタン。

ヒント:Outlookで複数の電子メールアカウントを追加した場合、複数の受信トレイフォルダーがあります。 必要に応じて、これらの受信トレイフォルダのXNUMXつを選択できます。

4。 クリック OK [Outlookオプション]ダイアログのボタン。

今後、Outlookを起動すると、指定した受信トレイフォルダが自動的に開きます。


その他の記事..。


Kutools for Outlook-100の高度な機能をOutlookにもたらし、作​​業をはるかに簡単にします!

  • 自動CC / BCC メール送信時のルールによる。 自動転送 カスタムによる複数の電子メール。 自動返信 Exchangeサーバーなし、およびより多くの自動機能...
  • BCC警告 -全員に返信しようとするとメッセージを表示する メールアドレスがBCCリストにある場合; 添付ファイルがない場合に通知する、その他の機能を思い出させる...
  • メール会話のすべての添付ファイルで(すべて)返信; 多くのメールに返信する すぐに; あいさつを自動追加 返信するとき; 件名に日付を追加...
  • 添付ファイルツール:すべてのメールのすべての添付ファイルを管理し、 自動デタッチ, すべて圧縮、すべての名前を変更、すべて保存...クイックレポート、 選択したメールを数える...
  • 強力な迷惑メール 習慣による; 重複するメールと連絡先を削除する... Outlookでよりスマートに、より速く、より良くすることができます。
ショットkutoolsの見通しkutoolsタブ1180x121
ショットkutoolsの見通しkutoolsプラスタブ1180x121
 
Say something here...
symbols left.
You are guest
or post as a guest, but your post won't be published automatically.
Loading comment... The comment will be refreshed after 00:00.

Be the first to comment.