Note: The other languages of the website are Google-translated. Back to English
ログイン  \/ 
x
or
x
今すぐ登録  \/ 
x

or

会話として表示

世界 会話として表示 関数は、OutlookのXNUMXつまたは複数のメールフォルダ間でスレッドごとにメールをグループ化できます。 同じ件名のすべてのメールは、自動的に同じ会話にグループ化されます。 このチュートリアルでは、を有効にする方法を説明します 会話として表示 機能し、会話設定を構成します。

注意:このチュートリアルは、Windows2019のMicrosoftOutlook 10デスクトッププログラムのExchangeアカウントに基づいて紹介されています。また、電子メールアカウントの種類(Exchange、IMAP、またはPOP)、Microsoft Outlookのバージョン、およびWindows環境によって大幅に異なる場合があります。 。


[会話として表示]オプションを有効にする

1.会話として表示するフォルダをクリックし、チェックマークを付けます 会話として表示 オプション 詳細 タブでを確認できます。

ヒント:メールが日付順に並べられていない場合、これ 会話として表示 オプションは灰色で無効になります。 クリックできます 日付 アレンジメント ボックスに 詳細 タブを使用して、日付別にメールをすばやく整理できます。

2. Microsoft Outlookダイアログで、をクリックしてください。 このフォルダ or すべてのメールボックス 必要に応じてボタンを押します。

  • このフォルダ:現在のフォルダ内の会話のみでメールを整理したい場合は、 このフォルダ ボタン;
  • すべてのメールボックス:すべてのメールボックスのすべてのメールフォルダで会話によるメールを整理したい場合は、をクリックしてください すべてのメールボックス ボタン。

これで、現在開いているフォルダーまたはすべてのメールフォルダー内の電子メールが、メッセージリスト内の会話によってグループ化されます。


会話を展開または折りたたむ

有効にした場合 会話として表示 オプションで、同じ会話内の電子メールはメッセージリストにグループ化されます。 特定の会話を簡単に展開または折りたたむことができます。

空白の三角形をクリックします  会話の左端にあり、会話が展開されます。 会話が展開されている場合は、黒い三角形をクリックします  それを崩壊させる。


会話設定を構成する

有効にした後 会話として表示 オプションをクリックすると、必要に応じていくつかの会話設定を有効または無効にできます 詳細 > 会話設定、およびドロップダウンメニューのオプションをクリックします。

他のフォルダからのメッセージを表示する

デフォルトでは、このオプションはチェックした後に有効になります 会話として表示 ボックスをクリックすると、これらのメールが最初に保存されたフォルダに関係なく、会話スレッドごとにすべてのメールがグループ化されます。

たとえば、同僚に電子メールを送信し、送信された電子メールはに保存されます 送信済みアイテム フォルダ。 あなたの同僚があなたに返信しました、そしてあなたは返信メッセージを受け取りました 受信トレイ フォルダ。 ここで、 会話として表示 受信トレイフォルダのオプションを使用すると、送信された電子メールと返信メッセージの両方が 受信トレイ フォルダにコピーします。

件名の上に送信者を表示する

このオプションは、チェックした後、デフォルトで有効になっています 会話として表示 ボックス。 このオプションを有効にすると、fromフィールドのコンテンツ(送信者)が件名の上に表示されます。 このオプションを無効にすると、会話の件名が送信者の上に表示されます。 スクリーンショットを参照してください:

有効にします 件名の上に送信者を表示する 無効にします 件名の上に送信者を表示する
選択した会話を常に展開する

このオプションを有効にしている場合、メッセージリストで会話を参照するときに、会話をクリックするだけで、この会話によって配置されたすべてのメッセージを自動的に展開できます。

クラシックインデントビューを使用する

このオプションを有効にすると、会話で返信した電子メールの下に返信が自動的にインデントされます。


その他の記事..。


Kutools for Outlook-100の高度な機能をOutlookにもたらし、作​​業をはるかに簡単にします!

  • 自動CC / BCC メール送信時のルールによる。 自動転送 カスタムによる複数の電子メール。 自動返信 Exchangeサーバーなし、およびより多くの自動機能...
  • BCC警告 -全員に返信しようとするとメッセージを表示する メールアドレスがBCCリストにある場合; 添付ファイルがない場合に通知する、その他の機能を思い出させる...
  • メール会話のすべての添付ファイルで(すべて)返信; 多くのメールに返信する すぐに; あいさつを自動追加 返信するとき; 件名に日付を追加...
  • 添付ファイルツール:すべてのメールのすべての添付ファイルを管理し、 自動デタッチ, すべて圧縮、すべての名前を変更、すべて保存...クイックレポート、 選択したメールを数える...
  • 強力な迷惑メール 習慣による; 重複するメールと連絡先を削除する... Outlookでよりスマートに、より速く、より良くすることができます。
ショットkutoolsの見通しkutoolsタブ1180x121
ショットkutoolsの見通しkutoolsプラスタブ1180x121
 
Say something here...
symbols left.
You are guest
or post as a guest, but your post won't be published automatically.
Loading comment... The comment will be refreshed after 00:00.
  • To post as a guest, your comment is unpublished.
    Gabe · 8 months ago
    Is it just me or in step #2, when you choose between 'This Folder' or 'All Mailboxes', does it seem like we're missing some options? At the very least, why not offer 'All Folders', where conversations would be turned on in all folders in THIS mailbox only. Not to mention, 'this folder and subfolders' would be a good one.