メインコンテンツへスキップ

Outlookの電子メール署名

署名付きのメールを頻繁に受け取る場合があります。 Microsoft Outlookは、個人の署名を作成し、それらを自動または手動で電子メールに追加することもサポートしています。 個人の署名には、必要に応じて画像、ロゴ、ハイパーリンク、名刺などを追加できます。

コンテンツの表

Note:このページで紹介する方法は、Windows2019のMicrosoftOutlook 10デスクトッププログラムに適用されます。また、手順は、MicrosoftOutlookのバージョンとWindows環境によって大幅に異なる場合があります。


1.新しい署名を作成します

1.1Outlookで署名を作成する

次のようにして、Outlookで新しい署名を簡単に作成できます。

1。 Outlookで、をクリックします File > オプション.

2。 [Outlookのオプション]ダイアログで、[ Mail 左側のバーで、をクリックします 署名 ボタンの メッセージを作成する のセクションから無料でダウンロードできます。

ヒント:次のように[署名とひな形]ダイアログを開くこともできます。
(1)をクリックして新しいメールを作成します ホーム > 新しいメール メールビューで;
(2)開いているメッセージウィンドウで、をクリックします インセット > 署名 > 署名.

3。 [署名とひな形]ダイアログの[ 電子メールの署名 タブをクリックします。 NEW

4。 次に、ポップアップする[新しい署名]ダイアログで、新しい署名の名前を入力し、[ OK

5。 [署名とひな形]ダイアログで選択した新しい署名を保持し、以下に署名の内容を入力します 署名を編集する テキストボックスで、 Save ボタンをクリックし、最後に OK ボタン。 スクリーンショットを参照してください:

6。 クリック OK [Outlookオプション]ダイアログのボタンをクリックして閉じます。

これまでのところ、新しい署名が作成されています。 自動または手動で任意の電子メールに追加できます。

1.2Wordテンプレートから署名を作成する

私たちは通常、写真とリッチフォーマットを使用して署名を作成し、目立つようにします。 Wordテンプレートに基づいてこのようなOutlook署名を作成できます。

1。 MicrosoftWordを起動します。 Wordの開始ウィンドウで、 NEW 左側のバーに「 署名 テンプレートギャラリーの上の検索ボックスで、を押します 入力します キーを押してから、 メール署名ギャラリー テンプレート。

2。 新しいポップアウトウィンドウで、[ 創造する

3。 これで、複数の署名テンプレートを使用して新しいドキュメントが作成されます。 好きな署名の上にマウスを移動し、クリックします  この署名の左側にあるすべての要素を選択し、を押します Ctrlキー + C キーを押してコピーします。

4。 Outlookに移行します。 クリック ホーム > 新しいメール メールビューで新しいメールを作成します。

5。 新しいメッセージウィンドウで、をクリックします インセット > 署名 > 署名 [署名とひな形]ウィンドウを開きます。

ヒント:次のように[署名とひな形]ダイアログを作成することもできます。をクリックします。 File > オプション; [Outlookのオプション]ダイアログで、[ Mail 左側のバーで、をクリックします 署名 ボタンの メッセージを作成します のセクションから無料でダウンロードできます。

6。 [署名とひな形]ダイアログの[ 電子メールの署名 タブをクリックします。 NEW ボタン。 次に、ポップアウトダイアログで、新しい署名に名前を付けて、 OK

7。 カーソルを 署名を編集する テキストボックスをクリックし、を押します Ctrlキー + V 署名コンテンツを貼り付けるためのキー。

8。 の中に 署名を編集する テキストボックスで、写真、ハイパーリンク、名前、タイトル、電話番号、住所などを自分の情報に置き換えて、[ Save ボタンと OK 続けてボタン。

9。 これで、Wordテンプレートから新しい署名が作成されます。 保存せずに新しいメールを閉じます。

1.3htmファイルから署名を作成する

署名をHTMファイルとしてダウンロードまたは取得した場合は、HTMファイルに基づいてOutlook署名を簡単に作成できます。

1。 署名HTMファイルを含むフォルダーを開き、Ctrlキーを押しながら右クリックして、HTMファイルと同じ名前のフォルダーを同時に選択します。 コピー コンテキストメニューから選択します。

ヒント:HTMファイルと同じ名前のフォルダがない場合は、HTMファイルのみをコピーできます。

2。 Outlookのメールインターフェイスで、 File > オプション.

3。 [Outlookのオプション]ダイアログで、[ Mail 左側のバーで押し続けます Ctrlキー キーを押して 署名 同時にボタンを押して、署名ファイルの場所を開きます。

ヒント:フォルダパスを使用して、署名ファイルを含むフォルダを開くこともできます。
署名フォルダのパス: %userprofile%\ AppData \ Roaming \ Microsoft \ Signatures

4.署名ファイルを含むフォルダーに移動し、を押します Ctrlキー + V 署名HTMファイルとフォルダーを貼り付けるためのキー。

5. [Outlookオプション]ダイアログに移動し、[ 署名 ボタンをクリックして、[署名とひな形]ダイアログを開きます。

6. [署名とひな形]ダイアログの[ 電子メールの署名 タブ、次のようにしてください:
で(1) 編集する署名を選択 リストボックスをクリックして、新しく貼り付けた署名を選択します。
で(2) 署名を編集する テキストボックス、署名写真、ハイパーリンク、名前、電子メール、アドレスなどを自分の情報に更新します。
(3)をクリックします Save ボタン;
(4)をクリックします OK

7。 クリック OK [Outlookオプション]ダイアログのボタン。

これまで、HTMファイルに基づいてOutlook署名を作成してきました。

Outlookの電子メールに変数/現在の日付署名を自動的に挿入します

Outlookの作成/返信/転送メールに署名を挿入するのは簡単ですが、現在の日付または時刻を示す日付署名をどのように挿入できますか? 試してみてください 自動日付(署名)電子メールに日付署名を自動的に挿入する機能。日付は、電子メールの作成/返信/転送を作成した時間によって異なります。


ドキュメントにはアイテムの総数が表示されます

2.電子メールに署名を挿入します

2.1ショートカットを使用して署名を挿入する

新しいメッセージウィンドウ、またはメッセージの返信/転送ウィンドウでは、ショートカットを使用して署名を簡単に追加できます。

イベント 他の, N, A+S 続けて開く 署名 ドロップダウンリストをクリックし、を押します Up or Down 矢印キーで指定した署名を選択し、最後にを押します 入力します 選択した署名を挿入するためのキー。

2.2新しい返信メールまたは転送メールに署名を手動で挿入する

新しいメッセージウィンドウまたは返信/転送メッセージウィンドウで、をクリックできます インセット > 署名 を開く 署名 ドロップダウンメニューをクリックし、署名をXNUMXつクリックして、メッセージ本文に挿入します。

2.3新しいメール、返信メール、転送メールに署名を自動的に挿入する

すべての新しいメッセージまたは返信/転送メッセージに署名を自動的に挿入する必要がある場合は、次のように署名オプションを構成できます。

1。 メールビューで、をクリックします ホーム > 新しいメール 新しいメールを作成します。

2。 新しいメッセージウィンドウで、をクリックします インセット > 署名 > 署名 [署名とひな形]ダイアログを開きます。

3。 [署名とひな形]ダイアログで、 デフォルトの署名を選択 セクション、および:
(1)デフォルトの署名を設定する指定の電子メールアカウントをから選択します メールアカウント ドロップダウンリスト;
(2)内のすべての新着メールのデフォルトの署名を指定します 新しいメッセージ ドロップダウンリスト;
(3)すべての返信および転送メッセージのデフォルトの署名を 返信/転送 ドロップダウンリスト。

ヒント:
(1)新しいメッセージと返信/転送メッセージの両方に同じ署名を設定することも、新しいメッセージと返信/転送メッセージに異なる署名を設定することもできます。
(2)Outlookに複数の電子メールアカウントがある場合は、この手順を繰り返して、各電子メールアカウントのデフォルトの署名をXNUMXつずつ設定できます。

4。 クリック OK ボタンをクリックして[署名とひな形]ダイアログの設定を保存し、保存せずに新しいメールを閉じます。


3.Outlookで署名を変更/編集する

Outlookで署名を作成またはインポートした後、これらの署名を変更または更新する必要がある場合があります。 このパートでは、署名のハイパーリンク、水平線、画像、背景を編集する方法を説明します。

3.1 Outlook署名のハイパーリンクを追加、編集、または削除する

3.1.1 まず、 ホーム > 新しいメール 新しいメールを作成するには、新しいメッセージウィンドウで[ インセット > 署名 > 署名 [署名とひな形]ダイアログを開きます。

3.1.2 [署名とひな形]ダイアログで、編集する署名を選択し、ハイパーリンクを追加するテキストを選択して、[ ハイパーリンク (Comma Separated Values) ボタンをクリックして、各々のジョブ実行の詳細(開始/停止時間、変数値など)のCSVファイルをダウンロードします。 .

ヒント:
(1)画像またはロゴのハイパーリンクを追加する必要がある場合は、画像またはロゴを選択してください。 署名を編集する テキストボックス。
(2)ハイパーリンクを編集または削除する必要がある場合は、ハイパーリンクテキストを選択してください。

3.1.3 [ハイパーリンクの挿入]ダイアログで、左側のハイパーリンクタイプを選択してください へのリンク セクション、および 住所 ボックスに新しいハイパーリンクの新しいアドレスを入力し、[ OK

ヒント:
(1)最後の手順でハイパーリンクテキストを選択した場合は、で新しいハイパーリンクタイプを指定して編集できます。 へのリンク セクションと新しいアドレスの変更 住所 ボックス。
(2)最後のステップでハイパーリンクテキストを選択すると、 住所 ハイパーリンクを直接削除するボックス。

3.1.4 次に、[署名とひな形]ダイアログに戻り、[ Save ボタンをクリックして変更を保存し、 OK ボタンをクリックしてダイアログを閉じます。

3.2Outlookの署名に水平線を追加または削除する

一部のユーザーは、署名の上部に名前を表示し、名前とその他の署名の内容を横線で区切ることを好みます。 ただし、組み込みの署名編集ボックスにはそのようなボタンはありません。 回避策として、メッセージウィンドウに水平線を挿入し、それを署名にコピーすることができます。

3.2.1 メールビューで、をクリックします ホーム > 新しいメール 新しいメッセージを作成します。

3.2.2 新しいメッセージウィンドウで、をクリックします インセット > 水平線.

3.2.3 これで、メッセージ本文に水平線が追加されました。 水平線を右クリックして、 画像 コンテキストメニューから選択します。

3.2.4 [水平線の書式設定]ダイアログで、必要に応じて水平線の幅、高さ、色、配置を設定し、[ OK

3.2.5 これで、水平線がフォーマットされました。 右クリックして、を選択します コピー コンテキストメニューから選択します。

3.2.6 インセット > 署名 > 署名 [署名とひな形]ダイアログを開きます。

3.2.7 [署名とひな形]ダイアログで、編集する署名をクリックして選択し、カーソルを 署名を編集する テキストボックスを押して Ctrlキー + V キーを押して水平線を貼り付け、最後に[ Save

3.2.8 OK ボタンをクリックして[署名とひな形]ダイアログを閉じ、保存せずに新しい電子メールを閉じます。

これまで、Outlookの指定された署名にフォーマットされた水平線を追加しました。

ヒント:署名から水平線を削除するには、[署名とひな形]ダイアログで署名を選択し、水平線を選択するだけです。 署名を編集する テキストボックスをクリックし、を押します 削除 キーを押して直接削除し、最後に変更を保存します。

3.3Outlook署名の画像を追加または削除する

受信者の目を引き、より詳細な情報を表示するために、通常、署名に写真を追加します。 また、署名にハイパーリンクを作成するときに、ロゴを使用してテキスト文字列を置き換え、受信者がこれらのハイパーリンクを簡単にたどることができるようにします。 ここでは、この部分で、署名の画像を追加、フォーマット、および削除する方法を示します。

3.3.1 メールビューで、をクリックします ホーム > 新しいメール 新しいメールを作成します。

3.3.2 新しいメッセージウィンドウで、 インセット > 署名 > 署名 [署名とひな形]ダイアログを開きます。

3.3.3 [署名とひな形]ダイアログで、編集する署名をクリックして選択し、カーソルを 署名を編集する テキストボックスをクリックし、 画像 (Comma Separated Values) ボタンをクリックして、各々のジョブ実行の詳細(開始/停止時間、変数値など)のCSVファイルをダウンロードします。 .

3.3.4 ポップアウトする[画像の挿入]ダイアログで、画像を含むフォルダーを開き、クリックして画像を選択し、[ インセット

3.3.5 これで、画像が署名に挿入されます。 クリック Save ボタンをクリックして変更を保存し、 OK ボタンをクリックして[署名とひな形]ダイアログを閉じ、保存せずに新しい電子メールを閉じます。

ヒント:署名から画像を削除するには、[署名とひな形]ダイアログで署名をクリックして選択し、[署名とひな形]で画像を選択します。 署名を編集する テキストボックスをクリックし、を押します 削除 キーを押して直接削除し、最後に変更を保存します。

3.4Outlook署名で画像をフォーマットする

署名内の画像の追加や削除は非常に簡単ですが、サイズ変更や配置の変更など、署名内で画像を直接フォーマットすることはできません。したがって、この問題を解決するための回避策を見つける必要があります。画像をフォーマットするメッセージウィンドウまたはWord文書で、元の署名画像を置き換えます。

3.4.1 メールビューで、をクリックします ホーム > 新しいメール 新しいメールを作成します。

3.4.2 メッセージウィンドウで、をクリックします インセット > 署名 > 署名 [署名とひな形]ダイアログを開きます。

3.4.3 [署名とひな形]ダイアログで、画像をフォーマットする署名を選択し、からすべての署名コンテンツをコピーします。 署名を編集する テキストボックスをクリックし、[署名とひな形]ダイアログを閉じます。

3.4.4 新しいメッセージウィンドウに戻り、を押します Ctrlキー + V 署名の内容をメッセージ本文に貼り付けるためのキー。

3.4.5 次に、必要に応じてメッセージ内の画像をフォーマットします。

3.4.5.1画像の位置とサイズを変更する
クリックして画像を選択し、マウスを画像の端に移動し、ドラッグしてカーソルがに変わったときに画像サイズを変更します。 ;
クリックして画像を選択し、カーソルを画像上に置いて、カーソルがに変わったら画像を移動します .

または、画像を右クリックして、 サイズと位置 コンテキストメニューから。 ポップなレイアウトダイアログで、画像サイズを変更できます。 サイズ タブには何も表示されないことに注意してください。

3.4.5.2テキストと画像を折り返す

画像を右クリックし、マウスを上に移動します テキストを折り返す、次にサブメニューから折り返しスタイルを選択します。

3.4.5.3画像の位置を変更せずに画像を変更する

画像を右クリックし、マウスを上に移動します 写真を変更、次にサブメニューからファイルソースを選択します。

ポップアウトする[画像の挿入]ダイアログで、新しい画像を含むフォルダーを開き、新しい画像を選択して、[ インセット

これで、画像の位置を変更せずに、画像が新しい画像に置き換えられます。

3.4.5.4画像のフォーマット:画像に影、反射、輝き、ソフトエッジなどを追加します

画像を右クリックして、 フォーマットピクチャ コンテンツメニューから。

そうして フォーマットピクチャ ペインはメッセージ本文の右側で有効になっています。 また、プリセットを使用して、または独自のパラメータを使用して、画像のシャドウ、反射、拡大、ソフトエッジ、3D形式、3D回転を簡単に設定できます。

必要に応じて、画像へのリンクの追加、画像の前面/背面への移動、画像のキャプションの挿入などを行うこともできます。

3.4.6 メッセージ本文のすべての署名コンテンツを選択し、を押します Ctrlキー + C それをコピーする。

3.4.7 インセット > 署名 > 署名 [署名とひな形]ダイアログを開きます。

3.4.8 [署名とひな形]ダイアログで、画像をフォーマットした指定の署名を選択し、元の署名コンテンツを空にします。 署名を編集する テキストボックス、を押します Ctrlキー + V コピーしたものを貼り付けるためのキーをクリックし、 Save

ヒント: フォーマットされた画像を含む署名コンテンツをに貼り付ける場合 署名を編集する テキストボックスの場合、画像は表示されません。 ただし、メッセージ本文に署名を挿入すると、フォーマットされた画像は通常どおり表示されます。

3.4.9 OK ボタンをクリックして[署名とひな形]ダイアログを閉じ、保存せずに新しい電子メールを閉じます。

3.5署名の背景画像を追加する

一部のユーザーは、署名の背景色または画像を追加する必要があります。 あなたはそれを次のように行うことができます:

3.5.1 フォルダを開き、パスの下を[アドレス]ボックスに貼り付けて、Enterキーを押します。
署名フォルダのパス: %userprofile%\ AppData \ Roaming \ Microsoft \ Signatures

これで、Outlook署名ファイルを含むフォルダーが開きます。

3.5.2 背景画像を追加する指定の署名のHTMファイルを右クリックし、[ で開きます > Word コンテキストメニューから選択します。

ヒント:Wordアプリケーションがサブメニューにリストされていない場合は、 別のアプリを選択してください 最初に、次に選択します Word 次のポップアウトダイアログで。

3.5.3 これで、HTMファイルがMicrosoftWordで開かれます。 クリック インセット > ピクチャー > この装置 or オンライン写真 必要に応じて

3.5.4 ポップアウトする[画像の挿入]ダイアログで、背景として追加する画像を見つけて選択し、[ インセット

3.5.5 挿入した画像をクリックして選択し、 フォーマット > テキストを折り返す > テキストの裏側.

3.5.6 次に、画像を適切な位置に移動し、必要に応じてサイズを変更します。
(1)画像の上にカーソルを置き、カーソルがに変わったら適切な位置に移動します ;
(2)カーソルを画像の端に移動し、カーソルがに変わったらドラッグしてサイズを変更します

3.5.7 イベント Ctrlキー + S キーを押してファイルを保存し、MicrosoftWordを閉じます。

これまでのところ、背景画像が署名に追加されています。 この署名をOutlookのメッセージに追加すると、背景画像が自動的かつ定期的に表示されます。

3.6署名の背景色を追加する

Outlookの署名に背景色を追加することもできます。

3.6.1 フォルダを開き、パスの下を[アドレス]ボックスに貼り付けて、Enterキーを押します。
署名フォルダのパス: %userprofile%\ AppData \ Roaming \ Microsoft \ Signatures

これで、Outlook署名ファイルを含むフォルダーが開きます。

3.6.2 背景色を追加する指定の署名のHTMファイルを右クリックして、 で開きます > Word コンテキストメニューから選択します。

ヒント:Wordアプリケーションがサブメニューにリストされていない場合は、 別のアプリを選択してください 最初に、次に選択します Word 次のポップアウトダイアログで。

3.6.3 Microsoft Wordで、 インセット > 形状 > 長方形 または必要に応じて他の形状。

3.6.4 これでカーソルがに変わります 、すべての署名コンテンツをカバーする長方形を描画します。

3.6.5 長方形を選択したまま、クリックします フォーマット > テキストを折り返す > テキストの裏側.

ヒント:デフォルトでは、 テキストを折り返す > テキストで移動 有効になっています。 無効になっている場合は、オンにします。

3.6.6 長方形を選択したまま、クリックします フォーマット > シェイプフィル 色を選択して塗りつぶしの色を変更し、をクリックします フォーマット > 形状の概要 > アウトラインなし 境界線を削除します(または別の色を選択して境界線の色を変更します)。

3.6.7 イベント Ctrlキー + S キーを押してファイルを保存し、MicrosoftWordを閉じます。

これまでのところ、Outlookの署名に背景色が追加されています。


4.署名の名前を変更します

Outlookで電子メールの署名の名前を簡単に変更できます。

1. メールビューで、をクリックします ホーム > 新しいメール 新しいメッセージを作成します。

2。 新しいメッセージウィンドウで、をクリックします インセット > 署名 > 署名 [署名とひな形]ダイアログを開きます。

3。 [署名とひな形]ダイアログで:
(1)名前を変更する署名を選択します 編集する署名を選択 リストボックス;
(2)をクリックします リネーム ボタン;
(3)次に、[署名の名前変更]ダイアログで新しい名前を入力し、[ OK

4。 クリック OK ボタンをクリックして[署名とひな形]ダイアログを閉じ、保存せずに新しい電子メールを閉じます。

ヒント:署名の名前を変更すると、署名名はで自動的に更新されます。 署名 のドロップダウンリスト インセット 新しいメッセージウィンドウと返信/転送メッセージウィンドウのタブ。

見出し5

5.署名を削除します

Outlookで簡単に署名をすばやく削除できます。

1. メールビューで、をクリックします ホーム > 新しいメール 新しいメッセージを作成します。

2。 新しいメッセージウィンドウで、をクリックします インセット > 署名 > 署名 [署名とひな形]ダイアログを開きます。

3。 [署名とひな形]ダイアログで:
(1)名前を変更する署名を選択します 編集する署名を選択 リストボックス;
(2)[削除]ボタンをクリックします。
(3)ポップアップするMicrosoft Outlookダイアログで、をクリックします。 はい

4。 クリック OK ボタンをクリックして[署名とひな形]ダイアログを閉じ、保存せずに新しい電子メールを閉じます。

これまでのところ、指定された署名は削除されています。 また、この署名は、新規/返信/転送メッセージウィンドウの[挿入]タブの[署名]ドロップダウンメニューからも削除されます。


その他の記事..。


最高のオフィス生産性向上ツール

Outlook用Kutools - Outlook を強化する 100 以上の強力な機能

📧 自動メール: 不在時 (POP および IMAP で利用可能)  /  メール送信のスケジュール設定  /  メール送信時のルールによる自動CC/BCC  /  自動転送 (高度なルール)   /  あいさつを自動追加   /  複数受信者の電子メールを個別のメッセージに自動的に分割する ...

📨 電子メール管理: メールを簡単に思い出す  /  件名などで詐欺メールをブロック  /  重複するメールを削除する  /  高度な検索  /  フォルダーを統合する ...

📁 アタッチメント プロバッチ保存  /  バッチデタッチ  /  バッチ圧縮  /  自動保存   /  自動デタッチ  /  自動圧縮 ...

🌟 インターフェースマジック: 😊もっと可愛くてクールな絵文字   /  タブ付きビューで Outlook の生産性を向上  /  Outlook を閉じる代わりに最小化する ...

???? ワンクリックの驚異: 受信した添付ファイルをすべてに返信する  /   フィッシングメール対策  /  🕘送信者のタイムゾーンを表示 ...

👩🏼‍🤝‍👩🏻 連絡先とカレンダー: 選択したメールから連絡先を一括追加  /  連絡先グループを個別のグループに分割する  /  誕生日のリマインダーを削除する ...

オーバー 100の特長 あなたの探索をお待ちしています! ここをクリックして詳細をご覧ください。

 

 

Comments (1)
No ratings yet. Be the first to rate!
This comment was minimized by the moderator on the site
Buongiorno, grazie per questo approfondimento!
Una domanda: io ho creato email con un generatore online (firma responsive con immagine + icone social responsive) - la carico come da indicazioni qui sopra nello strumento "firme" e apparentemente è tutto ok, la vedo correttamente.

Poi chiudo il pannello firme e provo a scrivere email in uscita, inserendo la firma, appunto.

A quel punto la formattazione della "tabella" rimane adeguata, ma le icone social si sformano completamente! Se a quel punto rientro nello strumento "firme", noto che Outlook ha modificato completamente anche qui la formattazione delle icone.

Avete gentilmente un suggerimento?


Grazie mille
There are no comments posted here yet
Please leave your comments in English
Posting as Guest
×
Rate this post:
0   Characters
Suggested Locations