Note: The other languages of the website are Google-translated. Back to English
ログイン  \/ 
x
or
x
今すぐ登録  \/ 
x

or

Outlookチュートリアル–メールの確認

受信者が複数のスペルミスのある単語を含む電子メールを受信して​​読むと、受信者は非常にひどい経験をし、あなたが不注意で厳密ではないことに気づきます。 したがって、電子メールを作成するときは、スペルチェックまたは自動修正が非常に必要で重要です。 ここでは、このチュートリアルで、Outlookで電子メールを作成する際のスペルチェックとオートコレクトについて説明します。

コンテンツの表

注意:このページで紹介する方法は、Windows2019のMicrosoftOutlook 10デスクトッププログラムに適用されます。また、手順は、MicrosoftOutlookのバージョンとWindows環境によって大幅に異なる場合があります。


1.手動でスペルをチェックします

新しいメールを作成するとき、またはOutlookでメールに返信/転送するときに、手動でスペルをチェックできます。

1。 新しいメッセージの作成、返信、または転送ウィンドウで、をクリックします。 レビュー > スペリングと文法 スペルチェックを開始します。

ヒント:
(1)メッセージ本文にカーソルを置いた後、 F7 スペルチェックを開始するためのキー。
(2)メッセージ内容の一部のスペルを確認したい場合は、メッセージ本文の一部を選択し、をクリックしてください。 レビュー > スペリングと文法 または F7 スペルチェックを開始するためのキー。

2。 [スペルと文法]ダイアログでは、スペルミスの単語が赤でマークされており、必要に応じてボタンをクリックできます。

  1. 一度無視する:この機会にスペルミスを修正したくない場合は、 一度無視する ボタン。
  2. すべて無視:現在のメッセージ全体で同じスペルミスを常に無視するには、[ すべて無視 ボタン。
  3. 辞書に追加:マークされた単語が正しいと思われ、今後他のメッセージでこの単語がスペルミスの単語として識別されないようにしたい場合は、この単語をスペルチェック辞書に追加してください。
  4. 変更する:から単語を選択します 提案 リストボックスをクリックし、 変更する この場合、スペルミスの単語を選択した単語に置き換えるボタン。
  5. すべて変更:から単語を選択します 提案 リストボックスをクリックし、 すべて変更 ボタンをクリックして、メッセージコンテンツ全体でスペルミスのある単語を選択した単語に置き換えます。
  6. オートコレクト:Aをクリックしますutoコレクト スペルミスの単語を修正するボタン。
  7. 辞書言語:このドロップダウンリストから証明言語を選択します。
  8. 文法をチェックする:文法とスペルを同時にチェックしたい場合は、このオプションにチェックを入れてください。 それ以外の場合はチェックを外してください。
  9. オプション:このボタンをクリックして、[エディタオプション]ダイアログを開きます。 ダイアログでは、オートコレクト設定を設定し、必要に応じて他のスペルチェックオプションを構成できます。

ヒント:[スペルと文法]ダイアログでは、一度にXNUMXつのスペルミスの単語が赤で表示されます。 スペルミスの単語を無視、変更、または修正すると、次のスペルミスの単語が自動的に表示されます。

3。 現在のメッセージ内のすべてのスペルミスの単語を処理した後、[スペルと文法]ダイアログを閉じます。


2.メールを送信する前にスペルを自動的にチェックします

一部のユーザーは、Outlookで電子メールを作成するときにスペルチェックを忘れることがよくあります。 それについて心配しないでください! Microsoft Outlookは、電子メールを送信する前にスペルを自動的にチェックすることもサポートしています。

1。 Outlookで、をクリックします フィレット > オプション.

2。 [Outlookのオプション]ダイアログで、[ 郵便物 左側のバーで、 送信する前に必ずスペルをチェックしてください 内のオプション メッセージを作成する の項目を検索します。

ヒント:返信メッセージまたは転送メッセージで元のメッセージのスペルがチェックされないようにする場合は、[ 返信または転送で元のメッセージテキストを無視する Outlookの[オプション]ダイアログのオプション。

3。 クリック OK ボタン。

これから、クリックするとXNUMXつの状況が発生します 送信 新しい作成、返信、または転送メッセージウィンドウのボタン:
A: メッセージ本文にスペルミスの単語がない場合、現在のメッセージが今すぐ送信されます。
B。 以下のスクリーンショットに示すように、現在のメッセージにスペルミスの単語がある場合、スペルダイアログが自動的にポップアップ表示されます。


3.スペルミスのある単語に赤い波線の下線を付けます

メッセージ本文に単語を入力すると、スペルミスのある単語に赤い波線の下線が自動的に付けられることに気付くかもしれません。 ただし、赤い波線の下線が表示されない場合があります。 ここでは、このセクションでは、Outlookで単語のつづりを間違えた場合に赤い波線の下線を表示または非表示にする方法について説明します。

1に設定します。 OK をクリックします。 フィレット > オプション.

2。 [Outlookのオプション]ダイアログで、[ 郵便物 左側のバーで、をクリックします スペルとオートコレクト ボタンの メッセージを作成する の項目を検索します。

3。 これで、[エディタオプション]ダイアログが表示され、 校正 左側のバーで有効になっています。 に移動します Outlookでスペルを修正する場合 セクション、および:
A。 単語のつづりを間違えた赤い波線の下線を表示するには、 入力時にスペルをチェック オプション;
B。 スペルミスのある赤い波線の下線を非表示にするには、チェックを外してください。 入力時にスペルをチェック オプションを選択します。

4。 クリック OK ボタンを続けてボタンを押して変更を保存し、ダイアログを閉じます。

今後、有効にした場合 入力時にスペルをチェック オプションを選択すると、スペルミスの単語を入力してを押すと、スペルミスの単語に赤い波線の下線が自動的にマークされます。 スペース or 入力します 新しい作成、依存、または転送メッセージウィンドウにキーを押します。


4.入力時にスペルミスのある単語を自動的に修正します

時々、スペルミスの単語を入力してを押すと スペース or 入力します 新しい作成、返信、または転送メッセージウィンドウのメッセージ本文にキーを入力すると、以下のスクリーンショットに示すように、スペルミスの単語が自動的に修正されます。 これは、オートコレクトオプションがオンになっているためです。 ここでは、このセクションで、Outlookでオートコレクトオプションを有効または無効にしたり、オートコレクトエントリを追加または削除したり、オートコレクト例外を設定したりする方法について説明します。

4.1オートコレクトのオン/オフを切り替える

次のように、Outlookでオートコレクトオプションを簡単にオンまたはオフにできます。

1に設定します。 OK をクリックします。 フィレット > オプション Outlookで。

2。 [Outlookのオプション]ダイアログで、[ 郵便物 左側のバーで、をクリックします スペルとオートコレクト ボタンの メッセージを作成する の項目を検索します。

3。 [エディタオプション]ダイアログで、次のことを確認します 校正 左側のバーでが有効になっている場合は、 オートコレクトのオプション ボタンの オートコレクトのオプション の項目を検索します。

4。 [電子メールのオートコレクト]ダイアログで、 オートコレクト タブ、チェックマーク 入力時にテキストを置き換えます オートコレクトオプションをオンにするオプション、またはオートコレクトオプションをオフにするオプションのチェックを外します。

5。 クリック OK ボタンを続けてボタンを押して変更を保存し、ダイアログを閉じます。

ノート:
(1) オートコレクトオプションを有効にしている場合でも、オートコレクトエントリとして追加したスペルミスの単語のみが自動的に修正されます。正しい「bcak」を「戻る」と言います。
(2)オートコレクトオプションを有効にしている場合でも、を押さずに単語を入力するだけでは、スペルミスの単語は修正されません。 入力します or スペース キー。

4.2オートコレクトエントリを追加する

Outlookで必要に応じて、カスタムのオートコレクトエントリを追加することもできます。

1。 [オートコレクト]ダイアログを開き、 オートコレクト タブでを確認できます。
ヒント:クリックできます フィレット > オプション > スペルとオートコレクト > オートコレクトのオプション [オートコレクト]ダイアログを開きます。 詳細な手順を表示するにはクリックしてください!

2。 次に、次のようにオートコレクトエントリを追加できます。
で(1) 交換します ボックスに、将来自動的に修正される単語またはテキスト文字列を入力します。
で(2) ボックスに、スペルミスのある単語を自動的に置き換える単語またはテキスト文字列を入力します。
(3)をクリックします 追加 ボタン。

ヒント:
(1)この操作により、一度にXNUMXつのオートコレクトエントリが追加されます。 複数のオートコレクトエントリを追加するには、この操作を繰り返してXNUMXつずつ追加する必要があります。
(2)オートコレクトのエントリをいくつか追加して、スマイリーフェイスを特定の文字列に置き換えることもできます。 https://www.extendoffice.com/documents/outlook/1776-outlook-insert-smiley-face.html#autocorrect

3に設定します。 OK をクリックします。 OK 変更を保存してダイアログを閉じるためのボタン。

4.3オートコレクトエントリを削除する

必要に応じて、Outlookから一部のオートコレクトエントリを削除することもできます。 次のように実行できます。

1。 [オートコレクト]ダイアログを開き、 オートコレクト タブでを確認できます。
ヒント:クリックできます フィレット > オプション > スペルとオートコレクト > オートコレクトのオプション [オートコレクト]ダイアログを開きます。 詳細な手順を表示するにはクリックしてください!

2。 次に、次のようにオートコレクトエントリを削除できます。
で(1) 交換します ボックスにキーワードを入力すると、下のリストボックスで指定されたオートコレクトエントリがすばやく見つかります。 参考までに、この操作はオプションです。 以下のリストボックスで指定されたエントリを直接見つけることができる場合は、この操作をスキップしてください。
(2)リストボックスから削除する指定のエントリをクリックして強調表示します。
(3)をクリックします 削除 ボタン。

ヒント:この操作により、一度にXNUMXつのオートコレクトエントリが削除されます。 複数のエントリを削除するには、必要に応じてこの操作を繰り返してください。

3に設定します。 OK をクリックします。 OK 変更を保存してダイアログを閉じるためのボタン。

4.4オートコレクトの例外

Outlookのオートコレクトライブラリにいくつかの例外を設定する必要がある場合は、次のように実行できます。

1。 [オートコレクト]ダイアログを開き、 オートコレクト タブでを確認できます。
ヒント:クリックできます フィレット > オプション > スペルとオートコレクト > オートコレクトのオプション [オートコレクト]ダイアログを開きます。 詳細な手順を表示するにはクリックしてください!

2。 クリック 例外 ボタン。

3。 [オートコレクトの例外]ダイアログで、次の手順を実行します。
(1)必要に応じて指定したタブを有効にします。 たとえば、初期キャップについてオートコレクト例外を設定したいのですが、 初期キャップ タブでを確認できます。
で(2) 訂正しないでください ボックスに、例外として設定する特定の単語を入力します。
(3)をクリックします 追加 ボタン。

ヒント:複数のオートコレクト例外を追加する必要がある場合は、この操作を繰り返してXNUMXつずつ追加できます。

4に設定します。 OK をクリックします。 OK ボタンを続けてボタンを押して変更を保存し、すべてのダイアログを閉じます。

これまでのところ、オートコレクトの例外はすでに追加されています。


5.デフォルトのスペルチェック言語を変更します

Microsoft Officeのデフォルト言語が英語(米国)であるが、英語(英国)で書くことを好み、スペルチェック言語が自分の書き込み言語と一致することを期待しているとしましょう。どのように対処できますか? 次のように実行できます。

1。 新しいメッセージの作成、返信、または転送ウィンドウで、をクリックします。 レビュー > 言語を設定する > 校正言語を設定する.

2。 [言語]ダイアログで、デフォルトの校正言語を変更する指定の言語をクリックして強調表示し、[ デフォルトとして設定 ボタン。

3。 ポップアウトダイアログで、をクリックします OK ボタン。

4。 クリック OK ボタンをクリックして変更を保存し、[言語]ダイアログを閉じます。

これまでのところ、デフォルトの校正言語はすでに変更されています。

ノート:
(1)デフォルトの校正言語はすべてのMicrosoft Officeアプリケーションで共有されており、NORMALテンプレートに基づいて、すべての新しいドキュメント、プレゼンテーション、電子メールなどで有効になります。
(2)現在編集中のメールについてのみ、一時的に別の言語のスペルと文法を確認することもできます。[言語]ダイアログで、校正言語を変更する新しい言語をクリックして強調表示し、[ OK 直接ボタン。


その他の記事..。


Kutools for Outlook-100の高度な機能をOutlookにもたらし、作​​業をはるかに簡単にします!

  • 自動CC / BCC メール送信時のルールによる。 自動転送 カスタムによる複数の電子メール。 自動返信 Exchangeサーバーなし、およびより多くの自動機能...
  • BCC警告 -全員に返信しようとするとメッセージを表示する メールアドレスがBCCリストにある場合; 添付ファイルがない場合に通知する、その他の機能を思い出させる...
  • メール会話のすべての添付ファイルで(すべて)返信; 多くのメールに返信する すぐに; あいさつを自動追加 返信するとき; 件名に日付を追加...
  • 添付ファイルツール:すべてのメールのすべての添付ファイルを管理し、 自動デタッチ, すべて圧縮、すべての名前を変更、すべて保存...クイックレポート、 選択したメールを数える...
  • 強力な迷惑メール 習慣による; 重複するメールと連絡先を削除する... Outlookでよりスマートに、より速く、より良くすることができます。
ショットkutoolsの見通しkutoolsタブ1180x121
ショットkutoolsの見通しkutoolsプラスタブ1180x121
 
Say something here...
symbols left.
You are guest
or post as a guest, but your post won't be published automatically.
Loading comment... The comment will be refreshed after 00:00.

Be the first to comment.