Note: The other languages of the website are Google-translated. Back to English
ログイン  \/ 
x
or
x
今すぐ登録  \/ 
x

or

メールの本文に画像を挿入してフォーマットする

Outlookの電子メールでは、写真を使用すると、受信者がメッセージをより視覚的かつ簡単に読むことができます。 通常、メッセージ本文には簡単に画像を挿入できます。 インセット > ピクチャー。 元の画像を受信者に送信するだけでなく、画像サイズの圧縮や画像の切り抜きなど、メッセージ本文の画像をフォーマットして装飾することもできます。

コンテンツの表

注意:このページで紹介する方法は、Windows2019のMicrosoftOutlook 10デスクトッププログラムに適用されます。また、手順は、MicrosoftOutlookのバージョンとWindows環境によって大幅に異なる場合があります。


1.メールの本文に写真を挿入します

Outlookで新しいメッセージウィンドウまたは返信/転送ウィンドウを開いた後、次のようにメッセージ本文にXNUMXつまたは複数の画像を簡単に挿入できます。

1.1ハードディスクから画像を挿入する

ハードディスクから現在のメッセージ本文にXNUMXつまたは複数の画像を挿入できます。

1.1.1 メッセージの作成、返信、または転送ウィンドウで、をクリックします。 インセット > ピクチャー > この装置.

ヒントピクチャー ボタンが灰色で無効です。カーソルをメッセージ本文に置いてアクティブにしてください。

1.1.2 [画像の挿入]ダイアログで、挿入する画像を含むフォルダーを開き、これらの画像を選択して、[ インセット ボタン。

ヒント: ホールディング Ctrlキー キーを押すと、隣接していない複数の画像をXNUMXつずつクリックして選択できます。 ホールディング シフト キーを押すと、最初の画像と最後の画像をクリックして、隣接する複数の画像を選択できます。

これで、選択した画像がメッセージ本文に一括で挿入されます。

1.2オンライン画像を挿入する(OneDriveから)

メッセージ本文にオンライン画像を挿入することもできます。

1.2.1 メッセージの作成、返信、または転送ウィンドウで、をクリックします。 インセット > ピクチャー > オンライン写真.

1.2.2 [オンライン画像]ウィンドウで、検索ボックスにキーワードを入力し、を押します 入力します 適切な写真を見つけるための鍵。

ヒント:OneDriveフォルダーからオンライン画像を挿入する必要がある場合は、をクリックしてください OneDrive この[オンライン画像]ウィンドウの左下隅にあるボタンをクリックして、OneDriveフォルダーを開きます。

1.2.3 今、写真が見つかりました。 メッセージ本文に挿入する画像をクリックして選択し、 インセット ボタン。

指定されたオンライン画像がダウンロードされた後、それらはメッセージ本文にまとめて挿入されます。

1.3開いているウィンドウのスクリーンショットから画像を挿入する

場合によっては、スクリーンショットを撮り、メッセージ本文に挿入する必要があります。 あなたはそれを成し遂げることができます スクリーンショット すぐに機能します。

1.3.1 メッセージの作成、返信、または転送ウィンドウで、をクリックします。 インセット > スクリーンショット > スクリーンクリッピング.

ヒント:スクリーンショットのXNUMXつをから選択することもできます スクリーンショット 直接挿入するためのドロップダウンリスト。

1.3.2 これで、透明な白いマスキングが画面に追加され、カーソルが十字に変わります。 。 必要に応じて、十字をドラッグアンドドロップしてスクリーンショットを撮ります。

スクリーンショットはメッセージ本文に自動的に挿入されます。


2.画像​​を調整します

2.1同じ位置で画像を変更する

メッセージ本文に画像を挿入した後、画像の位置を変更せずに画像を別の画像に変更する必要がある場合があります。 元の画像を削除して別の画像を挿入する場合と比較して、画像を直接変更できます。

2.1.1 メッセージ本文で、変更する画像を選択し、をクリックします フォーマット (画像ツール)> 写真を変更、ドロップダウンメニューから画像ソースを選択します(ファイルから 私の場合は選択されています)。

2.1.2 ポップアップ表示される[画像の挿入]ダイアログで、置き換える新しい画像が含まれているフォルダを開き、新しい画像を選択して、[ インセット ボタン。

ヒント:から他の画像ソースを選択した場合 写真を変更 ドロップダウンリストでは、キーワードを入力して最初に画像またはアイコンを検索し、次に新しい画像を選択して挿入できます。

これで、画像の位置を変更せずに画像が置き換えられます。

2.2画像を圧縮する

挿入された画像が大きすぎて、メッセージファイル全体のサイズが大きくなる場合があります。 この状況では、メッセージを送信する前に画像を圧縮できます。

2.2.1 メッセージ本文で、圧縮する画像を選択し、[ フォーマット (画像ツール)> 写真を圧縮する.

2.2.2 ポップアウトダイアログで、必要に応じて適切なオプションを確認し、[ OK ボタン。

ヒント:選択した画像のファイルサイズを小さくするために、通常は 写真のトリミング領域を削除する 影響により 電子メール(96 ppi):共有するドキュメントサイズを最小化 オプション。


3.写真を飾る

必要に応じて、メッセージ本文に挿入された画像に境界線、影、反射、グロー、ソフトエッジなどを追加できます。

3.1画像スタイルギャラリーに基づいて画像スタイルを変更する

には複数のプリセットスタイルがあります ピクチャースタイル ギャラリー、およびクリックするだけで簡単に画像にプリセットスタイルのいずれかを適用できます。

3.1.1 メッセージ本文で画像を選択します。

3.1.2 に行きます ピクチャースタイル グループを フォーマット(画像ツール) タブ、矢印をクリックします  スタイルギャラリーを展開し、クリックして、選択した画像にプリセットスタイルを適用します。

3.2画像の境界線

必要に応じて、メッセージ本文の画像にカスタム境界線を追加することもできます。

3.2.1境界線の色

メッセージ本文で、境界線を追加する画像を選択します。 次に、をクリックします フォーマット (画像ツール)> ピクチャーボーダー、から色を選択します テーマの色 or 標準色 セクションをクリックするか、をクリックします その他のアウトラインカラー 必要に応じてカスタムカラーを選択します。

次に、メッセージ本文で選択した画像に、指定した色の境界線が追加されました。

3.2.2ボーダーウェイト

メッセージ本文で、境界線の太さを変更する必要がある画像を選択します。 次のクリック フォーマット (画像ツール)> ピクチャーボーダー > 重量、サブメニューから境界線の重みを取得します。

次に、選択した画像の境界線が指定された太さに変更されました。

3.2.3境界線のダッシュタイプ

デフォルトでは、画像の境界線は実線です。 ただし、実線の境界線をダッシュ​​に変更することはできます。

メッセージ本文で、境界線をダッシュ​​に変更する画像を選択します。 クリックしてください フォーマット (画像ツール)> ピクチャーボーダー > ダッシュ、次にサブメニューからダッシュスタイルを選択します。

これで、画像の境界線がダッシュに変更されました。

3.2.4勾配境界

通常、画像の境界線は単色で塗りつぶされます。 実際、Outlookは、メッセージ本文の画像のグラデーション境界線もサポートしています。

3.2.4.1 メッセージ本文で、グラデーションの境界線を追加する画像を選択します。

3.2.4.2 ナビゲーションヘッダーの フォーマット (画像ツール)> ピクチャーボーダー > 重量>その他の行 [画像のフォーマット]ペインを有効にします。

3.2.4.3 これで、[画像のフォーマット]ペインが表示されます。 に移動します ライン セクション 塗りつぶしと線 タブをクリックし、必要に応じてグラデーションの境界線パラメータを設定します。

  1. プリセットグラデーション:ドロップダウンリストからプリセットグラデーションスタイルのXNUMXつを選択します。
  2. 種類:必要に応じて、勾配タイプ(線形、放射状、長方形、またはパス)のいずれかを指定します。
  3. リーダーシップ:グラデーションの方向を指定します。
  4. グラデーションストップ:必要に応じて、グラデーションストップを追加、削除、移動します。
  5. :現在選択されているグラデーションストップの色を設定します。
  6. ポジション:現在選択されているグラデーションストップを移動します。
  7. 透明性:現在選択されているグラデーションストップの透明度のパーセンテージを指定します。
  8. 輝度:現在選択されているグラデーションストップの明るさのパーセンテージを指定します。
  9. :境界線の重みを変更します。
  10. 複合タイプ:境界線を指定した複合タイプに変更します。
  11. ダッシュタイプ:実線の境界線をダッシュ​​に変更します。

3.2.5画像の境界線を削除する

メッセージ本文の画像の境界線を削除する必要がある場合は、次のようにしてください。

メッセージ本文で画像を選択し、をクリックします フォーマット (画像ツール)> ピクチャーボーダー > アウトラインなし.

または、 フォーマットピクチャ ペインが表示されたら、 行なし オプション 塗りつぶしと線 タブで画像の境界線を削除します。

3.3画像効果

ほとんどの写真編集アプリケーションでは、写真にシャドウ、反射、グロー、ソフトエッジなどを簡単に追加できます。 ここOutlookでは、メッセージ本文に挿入された画像にこれらの効果を簡単に追加することもできます。

3.3.1画像の影

メッセージ本文で画像を選択し、をクリックします フォーマット (画像ツール)> 画像効果 > 、次にでプリセットシャドウスタイルのXNUMXつを選択します 外側の, 内側のまたは 視点 サブメニューのセクション。

ヒント:クリック フォーマット (画像ツール)> 画像効果 > シャドウ>シャドウなし 選択した画像から既存の影を削除します。

または、クリックすることもできます フォーマット (画像ツール)> 画像効果 > シャドウ>シャドウオプション を有効にする フォーマットピクチャ ペインで、必要に応じてシャドウパラメータを指定します。 効果 タブでを確認できます。

ヒント:選択した画像にすでに影がある場合は、を選択して影を取り除くことができます いいえ影 から プリセット のドロップダウンリスト セクション 効果 タブでを確認できます。

3.3.2画像の反射

メッセージ本文で反射効果を追加する画像を選択し、をクリックします フォーマット (画像ツール)> 画像効果 > 反射、次に、で反射スタイルのXNUMXつを選択します 反射の変化 サブメニューのセクション。

ヒント:クリック フォーマット (画像ツール)> 画像効果 > 反射 > 反射なし 選択した画像から反射効果を削除します。

メッセージ本文で画像を選択した後、クリックすることもできます フォーマット (画像ツール)> 画像効果 > リフレクション>リフレクションオプション を有効にする フォーマットピクチャ ペインをクリックし、必要に応じてカスタムリフレクションパラメータを設定します。 効果 タブでを確認できます。

ヒント:選択した画像にすでに反射がある場合は、選択できます 反射なし から プリセット のドロップダウンリスト 反射 セクション 効果 タブで反射をクリアします。

3.3.3画像の輝き

メッセージ本文でグロー効果を追加する画像を選択し、をクリックします フォーマット (画像ツール)> 画像効果 > グロー、次にでグロースタイルのXNUMXつを選択します グローバリエーション サブメニューのセクション。

ヒント:選択した画像にすでにグロー効果が追加されている場合は、をクリックしてグロー効果を削除できます フォーマット (画像ツール)> 画像効果 > グロー > グローなし.

または、画像を選択して有効にすることもできます 画像ツール、クリック フォーマット (画像ツール)> 画像効果 > グロー > グローオプション を有効にする フォーマットピクチャ ペイン、次に 効果 タブは、カスタムグロー効果を追加するためにグローパラメータを設定します。

ヒント:選択した画像にすでにグロー効果が追加されている場合は、を選択してグロー効果を削除できます グローなし から プリセット のドロップダウンリスト グロー セクション 効果 タブ フォーマットピクチャ ペイン。

3.3.4画像のソフトエッジ

メッセージ本文でソフトエッジ効果を追加する画像を選択し、をクリックします フォーマット (画像ツール)> 画像効果 > ソフトエッジ、次に、でソフトエッジスタイルのXNUMXつを選択します ソフトエッジバリエーション サブメニューのセクション。

ヒント:選択した画像にソフトエッジ効果が適用されている場合は、 フォーマット (画像ツール)> 画像効果 > ソフトエッジ > ソフトエッジなし それを削除します。

別の方法で、画像にソフトエッジ効果を追加または削除することもできます。

メッセージ本文で画像を選択し、をクリックします フォーマット (画像ツール)> 画像効果 > ソフトエッジ > ソフトエッジオプション を有効にする フォーマットピクチャ ペイン。 次に、必要に応じてソフトエッジパラメータを設定できます。 効果 のタブ フォーマットピクチャ ペイン。

選択した画像にすでにソフトエッジ効果が追加されている場合は、 ソフトエッジなし から プリセット のドロップダウンリスト ソフトエッジ セクション 効果 のタブ フォーマットピクチャ ペイン。

3.3.5画像ベベル

メッセージ本文でベベル効果を追加する画像を選択し、をクリックします フォーマット (画像ツール)> 画像効果 > ベベル、次にサブメニューでベベル効果を選択します。

ヒント:クリック フォーマット (画像ツール)> 画像効果 > ベベル > ベベルなし 選択した画像からすべてのベベル効果を削除します。
ベベル効果を追加、変更、または削除することもできます。 フォーマットピクチャ ペイン。

メッセージ本文で画像を選択し、をクリックします フォーマット (画像ツール)> 画像効果 > ベベル > 3Dオプション を有効にする フォーマットピクチャ ペイン。 の中に フォーマットピクチャ ペイン、下 効果 タブでは、必要に応じてカスタムベベルパラメータを設定できます。

クリック リセット ボタンの 3Dフォーマット セクション( 効果 タブ フォーマットピクチャ ペイン)は、選択した画像からすべてのベベル効果を削除します。

3.3.6D回転

メッセージ本文で3D回転効果を追加する画像を選択し、をクリックします フォーマット (画像ツール)> 画像効果 > 3D回転、次に、で3D回転効果を選択します。 パラレル, 視点または 斜めの サブメニューのセクション。

クリック フォーマット (画像ツール)> 画像効果 > 3D回転 > 回転なし 選択した画像からすべての3D回転効果を削除します。

または、内で3D回転効果を追加、フォーマット、または削除することもできます。 フォーマットピクチャ ペイン。

メッセージ本文で画像を選択し、をクリックします フォーマット (画像ツール)> 画像効果 > 3D回転 > 3D回転オプション を有効にする フォーマットピクチャ ペイン。 の中に フォーマットピクチャ ペイン、 効果 タブでは、必要に応じて3D回転パラメータを設定できます。

ちなみに、 リセット ボタンの 3D回転 のセクション フォーマットピクチャ ペインは、選択した画像からすべての3D回転効果を削除します。

3.4画像をSmartArtグラフィックに変換する

一般に、画像は長方形であり、メッセージ本文でも長方形として表示されます。 ここで、 画像レイアウト 機能として、挿入された画像をさまざまな形で表示したり、画像のテキストを追加したりすることもできます。 つまり、挿入された画像をSmartArtグラフィックに変換できます。

メッセージ本文でSmartArtに変換する画像を選択し、[ フォーマット (画像ツール)> 画像レイアウト、ドロップダウンリストからSmartArtをXNUMXつ選択します。
 

これで、選択した画像がSmartArtに変換され、必要に応じてテキストを追加または編集できます。


4.画像の代替テキストを追加します

私たちのほとんどはHTML形式で電子メールを作成し、受信者はWebページで電子メールを読む可能性があります。 ただし、挿入した画像を受信者のデバイスにダウンロードできない場合がありました。 したがって、写真を見ることができない人のために、写真に代替テキストを追加する必要があります。

4.1 メッセージ本文で、代替テキストを追加する必要がある画像を選択します。

4.2 ナビゲーションヘッダーの フォーマット (画像ツール)> 代替テキスト を有効にする 代替テキスト ペイン。

4.3 メディア 代替テキスト ペインで、必要に応じてテキストボックスに代替テキストを入力します。

これまでに、選択した画像の代替テキストを追加しました。 必要に応じて、挿入された複数の画像の代替テキストをXNUMXつずつ追加できます。


5.画像のキャプションを挿入します

メッセージ本文に画像のキャプションを追加することもできます。

5.1 メッセージ本文で、指定した画像を右クリックして、 キャプションを挿入 コンテキストメニューから選択します。

5.2 [キャプション]ダイアログで、必要に応じてキャプションラベルとキャプションの位置を指定し、必要に応じてキャプション番号を設定します。

5.3 ストリーミングを停止する場合は上部の OK ボタンを押して設定を保存します。

これで、メッセージ本文で選択した画像にキャプションが追加されます。


6.写真へのリンクを追加します

一部のOutlookユーザーは、受信者が大きな画像をクリックして特定のWebページやドキュメントにアクセスしたり、特定の位置にジャンプしたりできるように、画像へのリンクを追加したいと考えています。

6.1 メッセージ本文で、リンクを追加する画像を右クリックして、[ リンク コンテキストメニューから選択します。

6.2 [ハイパーリンクの挿入]ダイアログで、[ 既存のファイルまたはWebページ へのリンク セクションで、ウェブページのアドレスを ご住所(都道府県) ボックス。

ヒント:選択した画像のmailtoリンクを追加する必要がある場合は、次のように設定してください。 電子メールアドレス へのリンク セクションで、メールアドレスを E-mailアドレス ボックス、件名をプリセット 件名 ボックス。

6.3 ストリーミングを停止する場合は上部の OK ボタン。

これまでに、メッセージ本文の指定された画像にWebページリンクまたはmailtoリンクを追加しました。


7.テキストを折り返す

ほとんどの場合、メッセージ本文のテキストの周りに画像を挿入します。 画像をフォーマットして、テキストが画像をどのように折り返すかを決定できます。

メッセージ本文で画像を選択し、をクリックします フォーマット (画像ツール)> テキストを折り返す、次にドロップダウンリストからラッピングタイプのXNUMXつを選択します。

クリックすることもできます フォーマット (画像ツール)> テキストを折り返す > その他のレイアウトオプション [レイアウト]ダイアログを開き、折り返しスタイル、折り返しテキスト、およびテキストからの距離を指定します。 テキストラッピング タブでを確認できます。


8.画像を回転させます

メッセージ本文で、回転する画像をクリックして選択し、回転マークの上にカーソルを置き、に変わったらマウスをドラッグします。  、画像が適切な角度に回転したら、マウスを離します。

メッセージ本文の画像をクリックして選択することもできます。 フォーマット (画像ツール)> ローテート、ドロップダウンリストから回転タイプを選択します。

世界 ローテート ドロップダウンリストは、4種類の回転角度のみをサポートします。 カスタム角度で回転するには、クリックします フォーマット (画像ツール)> ローテート > その他の回転オプション レイアウトダイアログを開き、カスタム度を入力します 回転 ボックスをクリックし、 OK ボタン。

ちなみに、回転した画像を通常に変更するには、回転角度を次のように指定できます。 0 レイアウトダイアログで。


9.画像のサイズを変更します

挿入された画像の幅や高さがメッセージの内容に合わない場合があります。 以下の方法で挿入した画像のサイズを変更できます。

9.1画像を切り抜く

Outlookでトリミングすることで、画像のサイズを簡単に変更できます。

9.1.1 メッセージ本文で、トリミングする画像を選択し、をクリックします フォーマット (画像ツール)> 作物.

9.1.2 これで、画像の端にトリミング線とトリミングマークが追加されました。 トリミングマークのXNUMXつにマウスを移動し、次のように変わったらマウスをドラッグします。 、およびトリミングラインが適切な位置に移動したら、マウスを放します。

これにより、選択した画像の片側が一度にトリミングされます。 必要に応じて、反対側をXNUMXつずつトリミングします。

9.1.3 トリミングラインが適切な位置に移動した後、を押します 入力します 収穫の鍵。

ヒント:

(1)形状に基づいて画像を切り抜く必要がある場合は、メッセージ本文で画像を選択して、をクリックします。 フォーマット (画像ツール)> 作物 > 形にトリミング、次にサブメニューから形状を選択します。

(2)メッセージ本文で画像を選択し、クリックして、画像とアスペクト比を切り抜くこともできます。 フォーマット (画像ツール)> 作物 > アスペクト比、次にサブメニューから比率を取得します。

9.2画像の幅または高さを変更する

Outlookで、指定した幅と高さに画像のサイズを直接変更できます。

メッセージ本文でサイズを変更する画像を選択し、 寸法 グループを フォーマット (画像ツール)タブをクリックし、適切なボックスに指定された幅または高さを入力します。

9.3パーセンテージで画像のサイズを変更する

画像のサイズを変更する画像の幅または高さがわからない場合は、パーセンテージで画像のサイズを変更できます。

9.3.1 メッセージ本文でサイズを変更する画像を選択します。

9.3.2 ナビゲーションヘッダーの  の右下隅に 寸法 グループを フォーマット (画像 工具)タブをクリックして、[レイアウト]ダイアログを有効にします。

9.3.3 [レイアウト]ダイアログで、 寸法 タブで、適切なパーセンテージを入力します 身長 or 画像のサイズを変更するボックス。

9.3.4 ストリーミングを停止する場合は上部の OK ボタン。

次に、選択した画像のサイズが指定した割合で変更されます。


その他の記事..。


Kutools for Outlook-100の高度な機能をOutlookにもたらし、作​​業をはるかに簡単にします!

  • 自動CC / BCC メール送信時のルールによる。 自動転送 カスタムによる複数の電子メール。 自動返信 Exchangeサーバーなし、およびより多くの自動機能...
  • BCC警告 -全員に返信しようとするとメッセージを表示する メールアドレスがBCCリストにある場合; 添付ファイルがない場合に通知する、その他の機能を思い出させる...
  • メール会話のすべての添付ファイルで(すべて)返信; 多くのメールに返信する すぐに; あいさつを自動追加 返信するとき; 件名に日付を追加...
  • 添付ファイルツール:すべてのメールのすべての添付ファイルを管理し、 自動デタッチ, すべて圧縮、すべての名前を変更、すべて保存...クイックレポート、 選択したメールを数える...
  • 強力な迷惑メール 習慣による; 重複するメールと連絡先を削除する... Outlookでよりスマートに、より速く、より良くすることができます。
ショットkutoolsの見通しkutoolsタブ1180x121
ショットkutoolsの見通しkutoolsプラスタブ1180x121
 
Say something here...
symbols left.
You are guest
or post as a guest, but your post won't be published automatically.
Loading comment... The comment will be refreshed after 00:00.

Be the first to comment.