Note: The other languages of the website are Google-translated. Back to English
ログイン  \/ 
x
or
x
今すぐ登録  \/ 
x

or

メールを転送する

毎日、多数の電子メールがOutlookに届きます。 それらの一部を同僚、上司、友人などに転送する必要があるかもしれません。しかし、Outlookでこれらの電子メールを転送するにはどうすればよいでしょうか。 そして、添付ファイルとしての転送、自動転送、指定されたメッセージ形式での転送などはどうですか? ここでは、このチュートリアルでこれらの問題をXNUMXつずつ解決する方法を説明します。

コンテンツの表

注意:このページで紹介する方法は、Windows2019のMicrosoftOutlook 10デスクトッププログラムに適用されます。また、手順は、MicrosoftOutlookのバージョンとWindows環境によって大幅に異なる場合があります。


1.メールを転送する

通常、メッセージリストでメールを選択して、[ ホーム > フォワード メールを転送します。

一部のOutlookユーザーは、メッセージウィンドウで電子メールを読むことを好みます。 メッセージウィンドウでメールを開いた後、クリックすることができます お問い合わせ内容 > フォワード それを転送します。


2.キーボードショートカットを使用してメールを転送する

閲覧ウィンドウやメッセージウィンドウでメールを読んだ場合でも、を押すことができます Ctrlキー + F Outlookでメールをすばやく転送するためのキー。

Outlookが既に開いている場合は、次のようにホットキーを使用して電子メールを完全に転送できます。

1。 押す Ctrlキー + 1 Outlookのメールビューに移動するためのキー。
ヒント:Outlookが既にメールビューになっている場合は、この手順をスキップしてください。

2。 押す Ctrlキー + シフト + I 受信トレイフォルダを開くためのキー。
ヒント:この一連のホットキーは、デフォルトのデータファイルの受信トレイフォルダのみを開くことができます。

3。 これで、受信トレイフォルダが開きます。 を押します Up or 値下がり 矢印キーを押して、転送する必要のある特定の電子メールを選択します。

4。 押す Ctrlキー + F 現在選択されている電子メールを転送するためのキー。

これで、転送メールが作成され、閲覧ウィンドウまたは新しいメッセージウィンドウで開きます。 必要に応じて作成して送信します。


3.複数のメールを転送する

Outlookで一度にXNUMX通の電子メールを転送することに精通していますが、複数の電子メールをまとめて転送する方法を知っていますか? ここでは、このセクションでこの問題についてXNUMXつの側面から説明します。

3.1複数のメールをXNUMXつに転送する

一般に、複数の電子メールをまとめて簡単に選択し、Outlookで添付ファイルとして一緒に転送できます。
1。 メールフォルダを開き、メッセージリストに移動して、まとめて転送する複数のメールを選択します。
ヒント:
A。 ホールディング Ctrlキー キーを押すと、隣接していない複数の電子メールをXNUMXつずつクリックして選択できます。
B。 ホールディング シフト キーを押すと、最初のメールと最後のメールをクリックして、隣接する複数のメールを選択できます。
C。 押す Ctrlキー + A 現在のメールフォルダ内のすべてのメールを選択するためのキー。

2に設定します。 OK をクリックします。 ホーム > フォワード またはプレス Ctrlキー + F 選択したメールを転送するために一緒にキーを押します。

3。 次に、選択したすべての電子メールが新しいメッセージウィンドウに添付ファイルとして添付されます。 受信者を追加し、件名を指定し、転送メッセージの内容を作成して送信してください。

3.2複数のメールを個別に転送する

あなたが持っている場合 Outlook用Kutools インストールすると、そのを適用することもできます バルクフォワード Outlookで複数の電子メールを個別に転送する機能。

Outlook用Kutools:Outlook用の便利なツールを100以上追加し、60日以内に制限なしで無料で試すことができます。 続きを読む       今すぐ無料トライアル

1。 メールフォルダを開き、メッセージリストに移動して、まとめて転送する複数のメールを選択します。
ヒント:
A。 ホールディング Ctrlキー キーを押すと、隣接していない複数の電子メールをXNUMXつずつクリックして選択できます。
B。 ホールディング シフト キーを押すと、最初のメールと最後のメールをクリックして、隣接する複数のメールを選択できます。
C。 押す Ctrlキー + A 現在のメールフォルダ内のすべてのメールを選択するためのキー。

2に設定します。 OK をクリックします。 クツール > バルクフォワード.

3。 [名前の選択]ダイアログで、アドレス帳から転送する受信者を選択するか、受信者の電子メールアドレスを[ , Ccまたは Bcc ボックスを個別に選択し、 OK ボタン。

次に、選択したすべての電子メールが、同じ受信者にXNUMXつずつ別々に転送されます。

次に、選択したすべての電子メールが、同じ受信者にXNUMXつずつ別々に転送されます。


4.会話全体を転送する

Outlookの電子メールを介して顧客と契約条件について話し合ったとしましょう。 今、あなたは上司や同僚に前後の電子メールを転送したいのですが、Outlookでこれらの電子メールをすばやく見つけて転送するにはどうすればよいですか? このセクションでは、それを実現するためのガイドを提供します。

1。 Outlookでメールフォルダを開き、チェックマークを付けます 会話として表示 オン 詳細 タブでを確認できます。

2。 ポップアウトするMicrosoftOutlookダイアログで、をクリックします すべてのメールボックス or このフォルダ 必要に応じてボタン。

これで、すべてのメールが会話ごとに自動的にグループ化されます。

3。 メッセージリストで、矢印をクリックします 会話の件名の前に会話を展開します。

4。 展開された会話で、最初のメールと最後のメールをクリックして、会話内のすべてのメールを選択します。 シフト キー。

5に設定します。 OK をクリックします。 ホーム > フォワード またはプレス Ctrlキー + F キーを同時に押す。

6。 次に、指定した会話内のすべての電子メールが、新しいメッセージウィンドウの添付ファイルとして添付されます。 受信者を追加し、件名を指定し、転送コンテンツを作成して、必要に応じて送信してください。


5.ドラフトメールを転送する

Outlookで下書きメールを作成して保存したとします。 元のドラフトメールに影響を与えずにこのドラフトメールを再利用したいのですが、どのように対処できますか? この条件付きで、ドラフトメールを転送して完了させることができます。 ここでは、このセクションでは、Outlookでドラフトメールを転送する方法について説明します。

一般的に、あなたは開くことができます 下書き フォルダをクリックして、指定した下書きメールを選択し、をクリックします ホーム > フォワード またはプレス Ctrlキー + F キーを合わせて新しいメッセージウィンドウに転送メッセージをポップアウトし、転送メッセージを作成して必要に応じて送信します。

注意:それを機能させるには、を有効にする必要があります 返信を開き、新しいウィンドウで転送します 内のオプション Outlookのオプション ダイアログボックス (クリックして方法を確認).

メッセージウィンドウで下書きメールを開いている場合は、カーソルを , Cc, Bccまたは 件名 ボックス(下のスクリーンショットを参照)を押してから、 Ctrlキー + F 同時にキーを押して転送します。 ポップ転送メッセージウィンドウで、必要に応じて作成して送信します。


6.特定の送信者からのメールを転送する

たとえば、Outlookで特定の送信者からのすべての電子メールを検索し、これらの電子メールを上司に転送する必要がありますが、どのように対処できますか? ここでは、このセクションでは、OutlookのXNUMXつまたは複数の特定の送信者からの電子メールを転送する方法について説明します。

6.1つまたは複数の特定の送信者からの電子メールを転送する

このパートでは、XNUMXつまたは複数の送信者からのすべての電子メールを見つけるためのガイドを提供します。 クイック検索 機能を選択し、見つかったすべての電子メールをOutlookで一括転送します。

1。 カーソルを クイック検索 をアクティブにするボックス 検索ツール、[OK]をクリックします サイト内検索 (下 検索ツール)> サーバ当たり年間.

今検索基準 差出人:「送信者名」 に追加されます クイック検索 ボックス。

2。 の中に クイック検索 ボックス、変更 送信者名 指定した送信者名またはそのメールアドレスに送信し、で検索範囲を指定します 範囲 グループを サイト内検索 タブ(下 検索ツール).

ヒント:
複数の送信者名または送信者の電子メールアドレスで電子メールを検索する必要がある場合は、以下の検索条件を使用できます。 送信者名N 必要に応じて、適切な送信者名または送信者の電子メールアドレスに送信します。
から:"送信者名1「またはから:」送信者名2「またはから:」送信者名3「または…またはから:」送信者名N"

たとえば、XNUMXつの送信者の電子メールアドレスで電子メールを検索する場合、以下のスクリーンショットのように検索条件を変更できます。

3。 これで、指定した送信者名または送信者の電子メールアドレスからのすべての電子メールが、指定した検索範囲から検索され、メッセージリストに一覧表示されます。 これらの検索結果を選択し、をクリックします ホーム > フォワード またはプレス Ctrl + F 一緒にキー。

ヒント:
(1)メッセージリストのいずれかをクリックしてを押すと、すべての検索結果を選択できます Ctrlキー + A キー。
(2)メッセージリストの最初の検索結果を選択してを押して、すべての検索結果を選択することもできます Ctrlキー + シフト + 終わり キー。

4. これで、すべての検索結果が新しいメッセージウィンドウに添付ファイルとして転送されます。 受信者を追加し、転送先を指定し、転送メッセージを作成して、必要に応じて送信してください。

6.2特定の送信者からのメールを転送する

使用することもできます 関連検索 現在選択されている電子メールの送信者からのすべての電子メールをすばやく検索し、検出されたすべての電子メールをOutlookで一括転送する機能。

1。 メッセージリストで、送信者がメールを検索するメールをクリックして選択します。

2。 メールを右クリックして、 関連検索 > 送信者からのメッセージ コンテキストメニューから選択します。

次に検索条件 差出人:「送信者名」送信者名 現在選択されているメールの送信者に自動的に置き換えられます)がに追加されます クイック検索 ボックスをクリックすると、送信者からのすべての電子メールが検出され、メッセージリストに一覧表示されます。

3。 メッセージリストですべての検索結果を選択し、をクリックします ホーム > フォワード またはプレス Ctrlキー + F これらの電子メールをまとめて転送するために一緒にキーを押します。

ヒント:
(1)メッセージリストのいずれかをクリックしてを押すと、すべての検索結果を選択できます Ctrlキー + A キー。
(2)メッセージリストの最初の検索結果を選択してを押して、すべての検索結果を選択することもできます Ctrlキー + シフト + 終わり キー。

4。 これで、すべての検索結果が新しいメッセージウィンドウに添付ファイルとして転送されます。 受信者を指定し、転送件名を追加し、メッセージコンテンツを作成し、必要に応じてメッセージを送信します。

6.3特定の送信者からのメールを自動的に転送する

指定した送信者からのメールを自動的に転送する場合は、メールルールまたは自動返信ルールを作成してアーカイブできます。
A. メールルールにより、特定の送信者からのメールを自動的に転送します
B. 自動返信ルールにより、特定の送信者からのメールを自動的に転送します


7.メールを自動的に転送する

すべての受信メール、指定された送信者からのメール、特定の件名のメール、または他の条件を満たす他のメールを常に転送する必要がある場合は、Outlookでメールを自動的に転送するように構成できます。

7.1自動返信機能によりメールを自動的に転送する

このパートでは、 自動返信 すべての受信メールを自動的に転送する機能、またはOutlookの基準に従ってメールを転送する機能。

注意:として 自動返信 この機能はExchangeアカウントでのみサポートされており、この部分はExchangeアカウントでのみ適切に機能します。 メールアカウントの種類がExchangeでない場合は、次のことができます。 自動転送を有効にするメールルールを作成する.

1に設定します。 OK をクリックします。 フィレット > インフォ > 自動返信.

2。 [自動返信]ダイアログで、 自動返信を送信する オプションをクリックし、 キャンペーンのルール ボタン。

3。 [自動返信ルール]ダイアログで、[ ルールを追加する ボタン。

4。 [ルールの編集]ダイアログでは、次のように構成できます。
(1)チェックマークを付ける フォワード 内のオプション これらのアクションを実行します セクション;
(2)をクリックします 転送受信者を追加するボタン。 または、受信者の電子メールアドレスを手動で入力することもできます。
(3)以下から転送タイプを指定します 方法 ドロップダウンリスト。

ヒント: の中に 以下の条件を満たすメッセージが届いたとき セクションでは、基準によって電子メールを転送するように構成できます。

(1) サーバ当たり年間:特定の送信者からのメールを自動的に転送する必要がある場合は、 サーバ当たり年間 ボタンをクリックして、特定の送信者を選択します。 または、右側のボックスに特定の送信者名または送信者のメールアドレスを入力することもできます。

(2) に送ります:メール受信者によるメールを自動的に転送する必要がある場合は、[ に送信された ボタンをクリックして、特定の受信者を選択します。 もちろん、受信者の名前やメールアドレスを手動で入力することもできます。 また、チェックすることもサポートしています 私に直接送ってください オプションまたは 私にコピー(Cc) オプションを直接;

(3) 件名:件名ごとにメールを自動的に転送する必要がある場合は、指定したキーワードを 件名 必要に応じてボックス;

(4) メッセージ本文:メッセージの内容ごとにメールを自動的に転送する必要がある場合は、指定したキーワードを メッセージ本文 必要に応じてボックス。

5。 クリック OK ボタンを続けてボタンを押して変更を保存し、すべてのダイアログを閉じます。

これ以降、すべての受信メール(または指定された条件を満たすメールのみ)が指定された受信者に自動的に転送されます。

7.2メールルールにより自動的にメールを転送する

電子メールルールを作成して、Outlookで自動転送を簡単に実現することもできます。

1。 Outlookで、をクリックします ホーム > キャンペーンのルール > ルールとアラートを管理する.

2。 [ルールとアラート]ダイアログの[ メールのルール タブをクリックします。 新しいルール ボタン。

3。 ルールウィザードで、クリックしてハイライトします 受け取ったメッセージにルールを適用する、をクリックします ボタン。

4。 XNUMX番目のルールウィザードで、 条件を指定せずにボタンをクリックし、 あり ポップアウトするMicrosoftOutlookダイアログのボタン。

ヒント:

(1)をクリックすると 条件を指定せずにボタンを押すと、ルールはすべての受信メールを自動的に転送します。

(2)送信者ごとに電子メールを自動的に転送する場合は、次のように構成できます。
1)XNUMX番目のルールウィザードで、 人や公共のグループから 内のオプション ステップ1 セクション;
2)下線付きのテキストをクリックします 人々またはパブリックグループ ステップ2 セクション;
3)[ルールアドレス]ダイアログで、アドレス帳から送信者を選択するか、送信者の電子メールアドレスを手動で入力して、[ OK ボタン。

(3)件名ごとに電子メールを自動的に転送する場合は、次のように構成できます。
1)XNUMX番目のルールウィザードで、 件名または本文に特定の単語が含まれている 内のオプション ステップ1 セクション;
2)下線付きのテキストをクリックします 特定の言葉 ステップ2 セクション;
3)[テキストの検索]ダイアログで、最初のボックスにキーワードを入力し、[ 追加 ボタンをクリックし、必要に応じて他のキーワードを追加するために繰り返し、最後に OK ボタン。

5。 XNUMX番目のルールウィザードで、 人や公共のグループに転送する or 添付ファイルとして人々または公開グループに転送する 必要に応じてオプション ステップ1 セクションをクリックし、下線付きのテキストをクリックします 人々またはパブリックグループ ステップ2 の項目を検索します。

6。 [ルールアドレス]ダイアログで、アドレス帳から転送する受信者を指定するか、受信者の電子メールアドレスを手動で入力します。 ボックスをクリックし、 OK ボタン。

7。 次に、XNUMX番目のルールウィザードに戻り、必要に応じて転送例外を指定するか、例外を指定しないで、[ ボタン。

8。 最後のルールウィザードで、新しいメールルールに名前を付けます ステップ1 ボックスで、必要に応じて実行オプションにチェックマークを付けます ステップ2 セクションを開き、 終了 ボタン。

9。 次に、[ルールとアラート]ダイアログに戻ります。 新しい自動転送ルールがチェックされていることを確認し、 OK ボタン。

今後、すべての受信メールまたは指定された条件を満たす受信メールは、特定の受信者に自動的に転送されます。

7.3素晴らしいサードパーティツールによって自動的にメールを転送する

サードパーティのツールである(自動)を使用して、Outlookに受信メールを自動的に転送させることもできます。 フォワード の特徴 Outlook用Kutools.

Outlook用Kutools:Outlook用の便利なツールを100以上追加し、60日以内に制限なしで無料で試すことができます。 続きを読む       今すぐ無料トライアル

1。 インストール後 Outlook用Kutools、クリック クツール > フォワード > ルールマネージャー Outlookで。

2。 [自動転送設定]ダイアログで、[ New ボタン。

3。 ポップアウトする[ルールウィザード]ダイアログで、必要に応じて構成します。

A。 すべての受信メールを自動的に転送する場合は、条件を指定せずに、[ 直接ボタン。 そして、 OK ポップアウトリマインダーダイアログのボタン。

B。 送信者ごとにメールを自動的に転送する場合は、次のことができます。
1)ルールウィザードで、 送信者は人またはパブリックグループにいます 内のオプション ステップ1 セクションをクリックし、下線付きのテキストをクリックします 人々またはパブリックグループ ステップ2 セクション;
2)[ルールアドレス]ダイアログで、アドレス帳から送信者を指定するか、に送信者の電子メールアドレスを入力します 差出人 ボックスに直接入力し、 OK ボタン。

3)次に、ルールウィザードに戻り、[ ボタン。

C。 受信メールを件名ごとに自動的に転送する場合は、次のことができます。
1)ルールウィザードで、チェックマークを付けます が待 件名に特定の単語が含まれている 内のオプション ステップ1 セクションをクリックし、下線付きのテキストをクリックします 特定の言葉 ステップ2 セクション;
2)ポップアップする[テキストを含む]ダイアログで、[ New ボタン;

3)[テキストの検索]ダイアログで、キーワードを入力します。 新しい検索テキスト ボックスをクリックして 追加 ボタンをクリックし、繰り返して必要に応じて他のキーワードを追加し、最後に[ OK ボタン。

4)次に、[テキストを含む]ダイアログに戻り、クリックし続けることができます。 New 他のキーワードを追加するボタン。 すべてのキーワードを追加したら、 OK ボタン。
ヒント:
(1)同じ[テキストの検索]ダイアログに追加されたキーワード間の論理関係は次のとおりです。 そして;
(2)異なる検索テキストダイアログで連続して追加したキーワード間の論理関係は次のとおりです。 OR.

5)次に、ルールウィザードに戻り、[ ボタン。

4。 次に、XNUMX番目のルールウィザードを開きます。 必要に応じて転送例外を指定するかどうかを指定し、 ボタン。

5。 最後のルールウィザードで、次のように構成します。
(1)で新しい自動転送ルールに名前を付けます ルール名 ボックス;
(2)ルールの説明を ルールノート ボックス;
(3)をクリックします 受信者 必要に応じて転送受信者を追加するボタン。
(4)の実行オプションにチェックマークを付けます ルールオプションを設定する の項目を検索します。
(5)をクリックします OK ボタン。

6。 これで、[自動転送設定]ダイアログに戻ります。 新しい自動転送ルールがチェックされていることを確認し、[ OK ボタン。

7。 クリックしてください クツール > フォワード > 自動転送を有効にする この機能を有効にするには、 OK ポップアウト再確認ダイアログのボタン。

今後、すべての受信メールまたは指定された条件を満たす受信メールのみが、指定された受信者に自動的に転送されます。


8.メールをフォルダに転送する

特定の送信者から、または特定の件名の受信メールをOutlookの特定のメールフォルダに転送したい場合がありますが、どのように問題を解決できますか? ここでは、このセクションでは、Outlookの電子メールルールを使用して、受信した電子メールを指定したフォルダーに転送する方法について説明します。

1。 メッセージリストで、送信者または件名に基づいて電子メールを転送する電子メールを選択し、をクリックします ホーム > キャンペーンのルール > ルールの作成.

2。 次に、電子メールルールを次のように構成できます。
(1)ポップアップする[ルールの作成]ダイアログで、受信メールをフィルタリングする条件を指定します。
ヒント:たとえば、特定の送信者によるメールを転送する場合は、 送信者から (トランスミッタ 現在選択されている電子メールの特定の送信者に置き換えられました); 指定した件名でメールを転送するには、 件名に含まれる オプション; 等
(2)確認してください アイテムをフォルダに移動します オプションを選択します。
(3)[ルールとアラート]ダイアログが表示されます。 メールの転送先の特定のフォルダを選択し、[ OK ボタン。

3。 これで、[ルールの作成]ダイアログに戻り、[ OK ボタンを押して設定を保存します。
ヒント:[ルールの作成]ダイアログに戻るときに、[ 高度なオプション ボタンをクリックして、必要に応じて現在の設定を変更します。

4。 プロンプトが表示された[成功]ダイアログで、必要に応じて実行オプションにチェックマークを付け、[ OK ボタン。

今後、特定の送信者または指定された件名のすべての受信メールは、特定のメールフォルダに自動的に転送されます。


9.Outlookの転送設定

Outlookで電子メールを転送する場合、デフォルトでは、元の電子メールのヘッダー情報とメッセージ本文が転送メッセージに追加されます。 実際には、転送設定を変更して、元の電子メールを転送メッセージの添付ファイルとして添付したり、インデントを追加したりすることができます。このセクションでは、問題に対処する方法について説明します。

1。 Outlookで、をクリックします フィレット > オプション.

2。 [Outlookのオプション]ダイアログで、[ 郵便物 左側のバーで、 返信と転送 セクションから、適切な転送オプションを選択します メッセージを転送するとき ドロップダウンリスト。

3。 クリック OK ボタンをクリックして変更を保存し、ダイアログを閉じます。

ノート:
にはXNUMXつのオプションがあります メッセージを転送するとき [Outlookオプション]ダイアログのドロップダウンリスト:

A. 元のメッセージを添付する:からこのオプションを選択した場合 メッセージを転送するとき [Outlookオプション]ダイアログのドロップダウンリストでは、次のスクリーンショットに示すように、元の電子メールが転送メッセージウィンドウに添付ファイルとして挿入されます。

B. 元のメッセージテキストを含む:これは、[Outlookのオプション]ダイアログのデフォルトの転送設定です。 このオプションを選択した場合、以下のスクリーンショットに示すように、元の電子メールのヘッダー情報とメッセージ本文が転送メッセージに追加されます。

C. 元のメッセージテキストを含めてインデントする:からこのオプションを選択した場合 メッセージを転送するとき [Outlookオプション]ダイアログのドロップダウンリストでは、元の電子メールのヘッダー情報とメッセージ本文が、左インデント付きで転送メッセージに追加されます。

D. 元のメッセージの各行にプレフィックスを付ける:からこのオプションを選択した場合 メッセージを転送するとき [Outlookオプション]ダイアログのドロップダウンリストで、元の電子メールのヘッダー情報とメッセージ本文が転送メッセージに追加され、左端に青い線が表示されます。 スクリーンショットを参照してください:


10.HTMLでメールを転送する

デフォルトでは、転送メッセージは元の電子メールのメッセージ形式を自動的に継承します。 たとえば、元の電子メールはプレーンテキスト形式であり、その転送メッセージは自動的にプレーンテキストになります。 ただし、常に固定メッセージ形式で電子メールを転送するように構成できます。 ガイダンスを表示するには、以下のハイパーリンクをクリックしてください。

10.1 常にHTML形式で返信または転送する:
https://www.extendoffice.com/outlook-tutorials-edit-send-emails/advanced-compose-emails/outlook-message-formats.html#a6

10.2 Outlookでは、常にHTML、プレーンテキスト、またはリッチテキスト形式で返信または転送する:
https://www.extendoffice.com/outlook-tutorials-edit-send-emails/advanced-compose-emails/outlook-message-formats.html#a7

10.3 常にプレーンテキストで返信または転送する:
https://www.extendoffice.com/outlook-tutorials-edit-send-emails/advanced-compose-emails/outlook-message-formats.html#a5


11.フォントサイズと色が異なるメールを転送する

一般的に、転送メッセージウィンドウでは、転送コンテンツを選択し、必要に応じて異なるフォントサイズとフォントスタイルに設定して、異なるフォントの色でフォーマットすることができます。 ただし、すべての転送メッセージのフォーマットコンテンツを繰り返しフォーマットするのは非常に面倒です。 実際には、Outlookのすべての返信または転送メッセージに対して、デフォルトのフォントサイズ、フォントの色、またはフォントスタイルなどを構成できます。 ガイダンスを表示するには、以下のハイパーリンクをクリックしてください。

小さい/大きいフォントまたは異なるフォントの色で転送または返信する:
https://www.extendoffice.com/outlook-tutorials-edit-send-emails/send-emails/outlook-reply-emails.html#a5


12.デフォルトのひな形でメールを転送する

私たちの知る限り、デフォルトのひな形はOutlookの新しいメールに自動的に適用されますが、転送メッセージは元のメールと同じひな形を維持します。 つまり、特別なひな形付き(またはひな形なし)でメールを転送すると、デフォルトのひな形を有効にしているかどうかに関係なく、転送メッセージは自動的に特別なひな形(またはひな形なし)のままになります。

ただし、デフォルトのひな形ですべてのメールを自動的に転送するように設定できます。 ガイダンスを表示するには、以下のハイパーリンクをクリックしてください。

デフォルトのメールテーマまたはひな形をすべての返信または転送に適用します:
https://www.extendoffice.com/outlook-tutorials-edit-send-emails/advanced-compose-emails/email-theme-stationery.html#a3


その他の記事..。


Kutools for Outlook-100の高度な機能をOutlookにもたらし、作​​業をはるかに簡単にします!

  • 自動CC / BCC メール送信時のルールによる。 自動転送 カスタムによる複数の電子メール。 自動返信 Exchangeサーバーなし、およびより多くの自動機能...
  • BCC警告 -全員に返信しようとするとメッセージを表示する メールアドレスがBCCリストにある場合; 添付ファイルがない場合に通知する、その他の機能を思い出させる...
  • メール会話のすべての添付ファイルで(すべて)返信; 多くのメールに返信する すぐに; あいさつを自動追加 返信するとき; 件名に日付を追加...
  • 添付ファイルツール:すべてのメールのすべての添付ファイルを管理し、 自動デタッチ, すべて圧縮、すべての名前を変更、すべて保存...クイックレポート、 選択したメールを数える...
  • 強力な迷惑メール 習慣による; 重複するメールと連絡先を削除する... Outlookでよりスマートに、より速く、より良くすることができます。
ショットkutoolsの見通しkutoolsタブ1180x121
ショットkutoolsの見通しkutoolsプラスタブ1180x121
 
Say something here...
symbols left.
You are guest
or post as a guest, but your post won't be published automatically.
Loading comment... The comment will be refreshed after 00:00.

Be the first to comment.