メインコンテンツへスキップ

Outlook2019を開始する

Microsoft Outlook 2019を開くには、いくつかの方法があります。ここでは、Windows2019でOutlook10を起動するための一般的な方法をいくつか紹介します。

Note:このページで紹介する方法は、Windows2019のMicrosoftOutlook 10デスクトッププログラムに適用されます。また、手順は、MicrosoftOutlookのバージョンとWindows環境によって大幅に異なる場合があります。


WindowsのスタートメニューでOutlookを起動する

通常、MicrosoftOutlookプログラムはWindowsの[スタート]メニューから直接開くことができます。

1。 クリック Windowsのスタート (Comma Separated Values) ボタンをクリックして、各々のジョブ実行の詳細(開始/停止時間、変数値など)のCSVファイルをダウンロードします。  Windows画面の左下隅にあります。

2。 Windowsの[スタート]メニューで、下にスクロールして Outlook、をクリックします Outlook それを開く。

Note:Outlookプログラムをに固定している場合 開始 メニューで、固定されたをクリックできます Outlook それを開くために右のセクションで。


タスクバーからOutlookを起動する

Outlookプログラムをタスクバーに固定している場合は、[ Outlook タスクバーに直接アイコンを表示して開きます。

Note:タスクバーにOutlookアイコンが見つからない場合は、次のようにタスクバーにOutlookアイコンを追加できます。 (1) Windowsのスタート プログラムリストを開くためのボタン、 (2) 右クリック Outlook プログラムリスト、および (3) クリック その他 > タスクバーにピン コンテキストメニューから。 スクリーンショットを参照してください:


検索コマンドでOutlookを起動する

Windowsの[スタート]メニューからOutlookプログラムが見つからない場合は、[検索]コマンドで探して、開くことができます。

1。 押す Win + S キーを一緒に押して、検索コマンドを有効にします。

2。 検索キーワードを入力すると、 Outlook、検索コマンドの下部にあります。

3。 次に、検索結果で、をクリックします Outlook(アプリ) それを開く。


Outlookの起動に関するその他の記事:


最高のオフィス生産性向上ツール

Outlook用Kutools - Outlook を強化する 100 以上の強力な機能

📧 自動メール: 不在時 (POP および IMAP で利用可能)  /  メール送信のスケジュール設定  /  メール送信時のルールによる自動CC/BCC  /  自動転送 (高度なルール)   /  あいさつを自動追加   /  複数受信者の電子メールを個別のメッセージに自動的に分割する ...

📨 電子メール管理: メールを簡単に思い出す  /  件名などで詐欺メールをブロック  /  重複するメールを削除する  /  高度な検索  /  フォルダーを統合する ...

📁 アタッチメント プロバッチ保存  /  バッチデタッチ  /  バッチ圧縮  /  自動保存   /  自動デタッチ  /  自動圧縮 ...

🌟 インターフェースマジック: 😊もっと可愛くてクールな絵文字   /  タブ付きビューで Outlook の生産性を向上  /  Outlook を閉じる代わりに最小化する ...

???? ワンクリックの驚異: 受信した添付ファイルをすべてに返信する  /   フィッシングメール対策  /  🕘送信者のタイムゾーンを表示 ...

👩🏼‍🤝‍👩🏻 連絡先とカレンダー: 選択したメールから連絡先を一括追加  /  連絡先グループを個別のグループに分割する  /  誕生日のリマインダーを削除する ...

オーバー 100の特長 あなたの探索をお待ちしています! ここをクリックして詳細をご覧ください。

 

 

Comments (0)
No ratings yet. Be the first to rate!
There are no comments posted here yet
Please leave your comments in English
Posting as Guest
×
Rate this post:
0   Characters
Suggested Locations