Note: The other languages of the website are Google-translated. Back to English
ログイン  \/ 
x
or
x
今すぐ登録  \/ 
x

or

Excelでオートテキストエントリを簡単に作成して挿入できます

Microsoft Excelを使用しているときに、頻繁に使用するコンテンツの入力を繰り返す必要がある場合があります。 頻繁に使用するコンテンツをExcelに保存し、繰り返し入力せずに再利用しようとしたことがありますか? ここでは、 リソースライブラリ の有用性 Kutools for Excel あなたに恩恵を与えることができます。 範囲、数式、グラフなどのコンテンツを定型句として簡単に保存し、ワンクリックでいつでも再利用できます。

グラフを定型句として追加して、お気に入りのグラフを再利用します

ある範囲のデータを定型句として追加して再利用する

数式を定型句として追加して再利用します

クリップアートや写真を定型句として追加して再利用します

機能をエクスポートまたはインポートすることにより、保存された定型句エントリを簡単に転送します


ナビゲーションヘッダーの クツール > インセット >リソースライブラリ。 スクリーンショットを参照してください:


グラフを定型句として追加して、お気に入りのグラフを再利用します

とともに リソースライブラリ の有用性 Kutools for Excel、お気に入りのグラフを定型句として保存できます。 次のようにしてください。

1。 クリック クツール > インセット > リソースライブラリ を有効にする リソースライブラリ ペイン。

ノート:デフォルトでは、 リソースライブラリ ペインはExcelの左側にあります。

2.オートテキストとして保存するグラフを選択し、[ 選択したコンテンツをリソースライブラリに追加します  ボタンの リソースライブラリ ペイン。 スクリーンショットを参照してください:

3。 の中に 新しいリソースライブラリエントリ ダイアログボックスで、次のように構成してください。

3.1)チャートの名前をに入力します お名前 ボックス;
3.2)からグループを選択します グループ ドロップダウンリスト;
3.3)または、をクリックして、選択したグループの新しいグループまたはサブグループを作成できます。 グループを追加します ドロップダウンと選択 グループを追加します or サブグループを追加 ドロップダウンから
3.4)をクリックします 追加 ボタン。

ノート:クリック後 グループを追加します or サブグループを追加 Kutools for Excel ダイアログボックスが表示されます。グループ名を入力して、[ OK ボタン。

次に、選択したグラフが定型句として正常に追加されていることを確認できます。

4.このチャートを使用するには、このチャートをクリックするだけです。 リソースライブラリ 必要なワークブックの任意の場所に挿入するためのペイン。

また、このグラフを画像としてExcelに挿入する場合は、このグラフにカーソルを置き、ドロップダウンアイコンをクリックして、をクリックします。 として挿入 次に、リストメニューで画像の種類を選択します。 スクリーンショットを参照してください:


ある範囲のデータを定型句として追加して再利用する

このセクションでは、定型句として一連のデータを作成し、Excelで簡単に使用する方法を学習します。

1.有効にした後 リソースライブラリ クリックしてペイン クツール > インセット > リソースライブラリ。 定型句として追加するデータの範囲を選択してください。

2.次に、次のように、選択した範囲で自動テキストエントリを作成します。

2.1)をクリックします 選択したコンテンツをリソースライブラリに追加します ボタンの リソースライブラリ ペイン;
2.2) 新しいリソースライブラリエントリ ダイアログボックスで、この定型句の名前を お名前 ボックス;
2.3)でグループを選択します グループ ドロップダウンリスト;
2.4)または、をクリックして、選択したグループの新しいグループまたはサブグループを作成できます。 グループを追加します ドロップダウンと選択 グループを追加します or サブグループを追加 ドロップダウンから。 スクリーンショットを参照してください:
2.5)をクリックします 追加 ボタン。

ノート:クリック後 グループを追加します or サブグループを追加 Kutools for Excel ダイアログボックスが表示されます。グループ名を入力して、[ OK ボタン。

次に、選択した範囲が定型句として追加され、指定されたグループに配置されます。

4.この定型句を使用するには、次のようにしてください。

1)。 テキストとして挿入するには、ワークシートでセルを選択して範囲を出力し、グループに参加してから、エントリを直接クリックして挿入してください。 スクリーンショットを参照してください:

2)。 画像として入力するには、このエントリにカーソルを置き、ドロップダウンアイコンをクリックします> として挿入、[OK]をクリックします ビットマップ or 写真(EMF) リストメニューで。


数式を定型句として追加して再利用します

数式は、ブックに複数の数式があり、それらを常に日常業務として使用している場合、ほとんどのExcelユーザーにとって非常に便利です。 次のように、数式を定型句として追加し、ワークシートに挿入できます。

1.有効にした後 リソースライブラリ ペインで、定型句として追加する数式を含むセルをクリックします。

2.セルの数式が数式バーに表示され、数式バーで選択して、[ 選択したコンテンツをリソースライブラリに追加します  [リソースライブラリ]ペインのボタン。 スクリーンショットを参照してください:

3。 の中に リソースライブラリエントリを追加 ダイアログボックスで、次のように構成してください。

3.1)チャートの名前をに入力します お名前 ボックス;
3.2)からグループを選択します グループ ドロップダウンリスト;
3.3)または、をクリックして、選択したグループの新しいグループまたはサブグループを作成できます。 グループを追加します ドロップダウンと選択 グループを追加します or サブグループを追加 ドロップダウンから
3.4)[追加]ボタンをクリックします。

4.この新しい定型句を使用するには、の[数式]グループに移動します。 リソースライブラリ ペインをクリックし、クリックしてワークシートに挿入します。 数式を挿入した後、必要に応じてセル参照を変更する必要があります。


クリップアートや写真を定型句として追加して再利用します

定型句として追加できるグラフ、範囲、数式に加えて、クリップアートや画像を定型句として追加することもできます。 リソースライブラリ の有用性 Kutools for Excel.

クリップアートや画像を定型句として追加して使用する方法は、上記で紹介した方法と同じです。 あなたはフォローすることができます 上記の手順 このクリップアートまたは画像の定型句の作成と使用を終了します。


機能をエクスポートまたはインポートすることにより、保存された定型句エントリを簡単に転送します

コンピュータを再インストールするか、新しいコンピュータに移行する必要がある場合は、作成した定型句エントリを保持するために、リソースライブラリのエクスポートおよびインポート機能を使用できます。

クリックして定型句を開きます クツール > インセット > リソースライブラリ.

定型句をエクスポートする

1。 の中に リソースライブラリ ペインで、  ドロップダウンボタンをクリックして、 リソースライブラリのエクスポート。 スクリーンショットを参照してください:

2。 の中に リソースライブラリのエクスポート ダイアログボックス、および グループを選択してください セクションで、エクスポートするリソースライブラリグループを確認し、[ ボタン。

  • ストリーミングを停止する場合は上部の すべてを選択 ボタンは、すべてのリソースライブラリグループを同時に選択します。
  • ストリーミングを停止する場合は上部の リバース ボタンを押すと、すべての選択がすぐに元に戻ります。

3.ポップアップで 名前を付けて保存 ダイアログボックスで、定型句を保存するフォルダを選択し、[ セットで€6 ボタン。 スクリーンショットを参照してください:

4.に戻ったとき リソースライブラリのエクスポート ダイアログボックスで OK ボタン。 次に、 Kutools for Excel ダイアログボックスが表示されたら、をクリックします OK.

定型句をインポートする

1。 の中に リソースライブラリ ペインで、  ドロップダウンボタンをクリックしてから、 リソースライブラリのインポート、スクリーンショットを参照してください:

2。 の中に リソースライブラリのインポート ダイアログボックスで ボタン。

ノート:確認できます 古いリソースライブラリを削除します 元のリソースライブラリを削除するボックス。

3。 の中に 開いた ダイアログボックスで、エクスポートしたリソースライブラリファイルを選択し、[ 開いた ボタン。

4.重複するグループ名が存在する場合、重複するリソースライブラリグループをマージするかどうかを通知する警告メッセージボックスが表示されます。 (クリック OK 同じ名前のリソースライブラリグループをXNUMXつにマージするには、またはをクリックします キャンセル 通常どおりリソースライブラリをインポートします。)

ヒント:

1.をクリックして、選択したグループに新しいグループまたはサブグループを追加できます。 グループを追加 ドロップダウンリスト、選択 ルートグループを追加する or 選択したグループにサブグループを追加します ドロップダウンから、ポップアップダイアログでグループに名前を付け、[ OK 設定を保存します。

2.リソースライブラリグループの名前を変更するには、ペインでそのグループを選択し、[ 現在のリソースライブラリの名前を変更する グループヘッド ボタン。 ポップアップダイアログボックスで、新しい名前を入力し、[ OK ボタン。 スクリーンショットを参照してください:

3.リソースライブラリエントリの名前を変更するには、リソースライブラリエントリのドロップダウンアイコンをクリックして、[ リネーム リストにあります。 の中に Kutools for Excel ダイアログボックスで、新しい名前を入力し、[ OK ボタン。

4.リソースライブラリのXNUMXつを削除するには、グループ名の横にある閉じるボタンをクリックするだけです。 ただし、リソースライブラリエントリを削除する場合は、エントリのドロップダウンアイコンをクリックしてから、をクリックしてください。 削除 リストメニューで、スクリーンショットを参照してください。

5.グループ内に多数のリソースライブラリエントリがある場合は、 フィルタ チェックすることにより、必要なものをすばやくフィルタリングするオプション フィルタ ボックスをクリックし、テキストボックスにエントリ名を入力します。 スクリーンショットを参照してください:

6.  リソースライブラリリストにプレビューを表示する ボタン:このボタンをクリックして、プレビューを表示または非表示にします リソースライブラリ 以下のスクリーンショットのようなリストボックス。

7.  リソースライブラリエントリのフローティングプレビューを表示する ボタン:この機能を有効にした後、リソースライブラリエントリの上にマウスを移動すると、このエントリのフローティングプレビューが自動的に表示されます。 スクリーンショットを参照してください:

8.  この機能を友達やソーシャルメディアに共有する ボタン:この機能が気に入って、友達や他のソーシャルメディアと共有したい場合は、このボタンをクリックしてください。すばやく簡単に共有できます。 スクリーンショットを参照してください:


Kutools for Excel:300以上の便利なExcelアドインがあり、30日以内に制限なしで無料で試すことができます。 今すぐダウンロードして無料トライアル!


推奨される生産性ツール
次のツールは時間とお金を大幅に節約できますが、どれがあなたに適していますか?
Office Tab: Officeで便利なタブを使用する、Chrome、Firefox、およびNew InternetExplorerの方法として。
Kutools for Excel: Excel用の300以上の高度な機能 2019、2016、2013、2010、2007およびOffice365。
Classic Menu for Office: おなじみのメニューをOfficeに戻す 2007、2010、2013、2016、2019、および365、まるでOffice2000および2003であるかのように。

Kutools for Excel

上記の機能は、Kutools forExcelの300の強力な機能のXNUMXつにすぎません。

Excel(Office)2019、2016、2013、2010、2007、およびOffice365用に設計されています。無料でダウンロードして60日間使用できます。

Excel用のKutoolsのスクリーンショット

btn続きを読む      btnダウンロード     btn購入

Say something here...
symbols left.
You are guest
or post as a guest, but your post won't be published automatically.
Loading comment... The comment will be refreshed after 00:00.
  • To post as a guest, your comment is unpublished.
    Karen · 1 years ago
    Can I create an Auto Text chart that will be updated depending on where it's pasted?