Note: The other languages of the website are Google-translated. Back to English

Excelでデータ入力フォームをすばやく作成する

複数のデータ列を含む大きなテーブルがある場合は、下のスクリーンショットに示すように、各行の内容全体を表示するためにスクロールバーをドラッグする必要があります。これは不便で、データを見逃しがちです。 ここに データフォーム の有用性 Kutools for Excel データがより明確に見えるように、すべてのデータをフォームのページとして行に表示し、データエディタもサポートします。
ショットエントリーフォーム

Kutools>データフォームをクリックしてデータフォームを適用します。 スクリーンショットを参照してください:
ショットエントリーフォーム1

データ入力フォームを作成するセルまたはテーブルの範囲をクリックしてから、をクリックします。 クツール > データフォーム.

ポッピングで データフォーム ウィンドウでは、次のようにデータを設定および編集できます。

1.作業範囲を設定します。 のドロップダウンリストをクリックします 範囲 使用するスコープをXNUMXつ選択します。

アクティブセルの現在の範囲:アクティブセルの現在の範囲がウィンドウに表示されます。 デフォルトでは、XNUMXつのセルを選択すると、このオプションが選択されます。

現在の範囲:選択した範囲のデータのみがウィンドウに表示されます。

現在のシート:アクティブシートのすべてのデータがウィンドウに表示されます。
ショットエントリーフォーム2

2. ショットエントリーフォーム4ここに、データのすべての行の数が表示されます。テキストボックスに、データを表示する指定の行番号を入力できます。

3.スクロールバーをドラッグして、行のデータを上から下に表示します。
ショットエントリーフォーム4

4. 追加 ボタン:[追加]ボタンをクリックして、現在の行の上に新しい空白行を追加します。次に、のテキストボックスをクリックします。 新しいデータをXNUMXつずつ入力するセクション。
ショットエントリーフォーム3

お申し込み ボタン:このボタンをクリックすると、[データフォーム]ウィンドウで行った変更(データの変更や行の追加を含む)が元のテーブルに同期されます。 データフォームウィンドウを閉じる前に[適用]ボタンをクリックしないと、変更は保存されません。

戻す ボタン:このボタンは、データを元のデータにリセットするために使用されます。 [データフォーム]ウィンドウでデータに変更を加え、[適用]ボタンをクリックした場合は、ウィンドウを閉じる前に、[元に戻す]ボタンをクリックして変更をキャンセルします。

前回のもの, 次の ボタン:クリックすると、プレビューまたは次の行にデータが表示されます。

前のページ、 次のページ ボタン:クリックすると、現在のシートの前のページまたは次のページの行のデータが表示されます。

削除 ボタン:このボタンをクリックすると、現在の行がすぐに削除されます。

閉じる ボタン:[閉じる]ボタンをクリックして、データフォームユーティリティを終了します。

注意:非表示の行と列は、データフォームウィンドウでは表示できません。


推奨される生産性ツール
次のツールは時間とお金を大幅に節約できますが、どれがあなたに適していますか?
Office Tab: Officeで便利なタブを使用する、Chrome、Firefox、およびNew InternetExplorerの方法として。
Kutools for Excel: Excel用の300以上の高度な機能 2021、2019、2016、2013、2010、2007、およびOffice365。

Kutools for Excel

上記の機能は、Kutools forExcelの300の強力な機能のXNUMXつにすぎません。

Excel(Office)2021、2019、2016、2013、2010、2007、およびOffice365用に設計されています。無料でダウンロードして60日間使用できます。

Excel用のKutoolsのスクリーンショット

btn続きを読む      btnダウンロード     btn購入

コメントを並べ替える
コメント (0)
まだ評価はありません。 最初に評価してください!
ここにはまだコメントが投稿されていません
あなたのコメントを残す
ゲストとして投稿
×
この投稿を評価:
0   文字
推奨される場所

フォローする

著作権©の2009 - WWW。extendoffice.com。 | | 全著作権所有。 搭載 ExtendOffice。 | サイトマップ
MicrosoftおよびOfficeのロゴは、米国MicrosoftCorporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
SectigoSSLで保護