Note: The other languages of the website are Google-translated. Back to English
ログイン  \/ 
x
or
x
今すぐ登録  \/ 
x

or

ナビゲーションペイン–スプレッドシート、ワークブック、列、名前を一覧表示し、Excelに自動テキストを挿入します

数十のワークシートを含む複数の開いているワークブックがある場合、ワークブックを切り替えて特定のワークシートを見つけるのに多くの時間がかかります。 の助けを借りて Kutools for Excel's ナビゲーションペイン ユーティリティを使用すると、開いているすべてのワークブックとそのワークシートをナビゲーションペインで一目ですばやく簡単に表示できます。 一方、アクティブなワークブックの範囲名とアクティブなワークシートの列タイトルもペインに一覧表示できます。 同時に、 ナビゲーションペイン は、大阪で 自動テキスト 再利用のためにカスタム数式、画像、グラフ、範囲などを追加する機能、および 高度な検索と置換 複数のワークシートおよびワークブックの値を検索して置き換える機能。

OfficeタブOfficeでタブ付きの編集と閲覧を有効にし、作業をはるかに簡単にします...
Kutools for Excelはほとんどの問題を解決し、生産性を80%向上させます
  • 何でも再利用: 最もよく使用される、または複雑な数式、グラフなどをお気に入りに追加して、後ですぐに再利用できます。
  • 20以上のテキスト機能: テキスト文字列から数値を抽出します。 テキストの一部を抽出または削除します。 数字と通貨を英語の単語に変換します。
  • マージツール:複数のワークブックとシートをXNUMXつに。 データを失うことなく複数のセル/行/列をマージします。 重複する行と合計をマージします。
  • 分割ツール:値に基づいてデータを複数のシートに分割します。 XNUMXつのワークブックから複数のExcel、PDF、またはCSVファイル。 XNUMX列から複数列。
  • 貼り付けスキップ 非表示/フィルタリングされた行; カウントと合計 背景色別; パーソナライズされた電子メールを複数の受信者にまとめて送信します。
  • スーパーフィルター: 高度なフィルタースキームを作成し、任意のシートに適用します。 ソート 週、日、頻度など。 フィルタ 太字、数式、コメント...
  • 300以上の強力な機能。 Office2007-2019および365で動作します。 すべての言語をサポートします。 企業や組織に簡単に導入できます。

Excelナビゲーションペインが役立つことを確認してください。

  • 開いているすべてのワークブックを一覧表示する:すばやくクリックして、開いているすべてのワークブック間を移動できます (詳細はこちら);
  • すべてのワークシートを一覧表示:シートタブ間を移動するのに約10倍高速 (詳細はこちら);
  • ワンクリックで再利用できるように、カスタム数式/画像/グラフ/範囲を定型句として保存して一覧表示します (詳細はこちら);
  • 複数のワークシートと複数のワークブックで値を検索して置換します(詳細はこちら);
  • (アクティブなワークシート内の)すべての列を一覧表示する:列の文字をクリックすると、アクティブなワークシートの特定の列にすばやく移動できます (詳細はこちら);
  • すべての名前をリストします(アクティブなワークブック内):名前をクリックすると、名前の正確な位置に移動します (詳細はこちら);
  • ワークシートの番号を一覧表示する:現在のブックのすべてのシート、表示されているシート、非表示のシートの番号のステータスバーを追加します (詳細はこちら);
  • トグルボタン:すべての非表示のシート/列を表示と非表示に切り替えます。
  • ブックとシートペインに非表示のワークシートを表示します。
  • 名前マネージャーペインに非表示の名前範囲を表示します。
  • ペインまたはフローティングプレビューペインで自動テキストエントリをプレビューします。
  • [検索と置換]ペインをショートカットで適用します (詳細はこちら)
  • 最新のXNUMX枚のシートを切り替えるボタン:XNUMX枚のシートを前後に切り替えます。
  • 更新ボタン:ナビゲーションペインのすべての情報を更新します。
  • スクロールバー:リストを上から下にスクロールするのがスムーズになります。 Webページを閲覧するときと同じように。
  • Excelの[シート]タブを使用して複数のシートを切り替えると、ナビゲーションウィンドウでそのシートの特定の位置に留まることができます。
  • ペイン内の対応する項目をクリックすることで、あるシート(ワークブック、列、または名前の範囲)から別のシートに簡単にジャンプできます。
  • 使用するワークシート(列)が多いほど、ナビゲーションペインを使用する際のプロセスが速くなります。

ナビゲーションヘッダーの クツール >> ナビゲーション を有効にする ナビゲーションペイン、スクリーンショットを参照してください:

ショットナビゲーションペインkte22


[ワークブックとシート]タブ:開いているすべてのワークブックとそのワークシートを一覧表示します

[ワークブックとシート]タブを使用すると、ワークブックとワークシート間をすばやく移動できます。

ナビゲーションペインは次のように使用できます。

ショットナビゲーションワークブックシートkte22

1に設定します。 OK をクリックします。 ナビゲーション オン クツール タブを有効にして ナビゲーションペイン、もう一度クリックすると、が閉じます ナビゲーションペイン.

2に設定します。 OK をクリックします。   ボタンを有効にして ワークブックとシート ペイン。

3。 開いているすべてのワークブックがここに一覧表示されます。クリックして、開いているすべてのワークブック間を移動します。 あなたはクリックすることができます ボタンをクリックして、必要に応じてブックを閉じます。

4。 開いているワークブックのリストの上にあるボタン:

  • ブックを昇順で並べ替える:このボタンを押すと、開いているすべてのブックが昇順で並べ替えられ、もう一度押すと元の並べ替え順序に戻ります。
  • ブックを降順で並べ替える:このボタンを押すと、開いているすべてのブックが降順で並べ替えられ、もう一度押すと元の並べ替え順序に戻ります。
  • ワークブックツール:クリックすると、のユーティリティにすばやくアクセスできます ワークブック グループを クツールズプラス タブでを確認できます。
  • リフレッシュ:ナビゲーションペインの情報を更新します。

5。 現在のワークブックのすべてのワークシートがここに一覧表示されます。クリックしてワークシート間を移動します。

6。 ワークシートのリストの上にあるボタン:

  • すべての非表示のワークシートを再表示/非表示に切り替えます:ワンクリックですべての非表示のワークシートを表示するように切り替え、もう一度クリックするとすべての表示されているワークシートを非表示に切り替えます。
  • ワークシートペインに非表示のシートを表示する:ワンクリックですべての非表示のワークシートを切り替えてワークシートペインに表示し、もう一度クリックするとこれらのワークシートがワークシートのリストから非表示になります。
  • ワークシートペインにワークシートの保護ステータスを表示します:ワンクリックですべての保護されたワークシートにマークを付け、もう一度クリックすると保護ステータスを非表示にします。
  • シーツツール:クリックすると、のユーティリティにすばやくアクセスできます ワークシート グループを クツールズプラス タブでを確認できます。
  • XNUMXつの最新のシートボタンを切り替えます:XNUMX枚のシートを前後に切り替えます。

7。 を有効にすると、ワークシートを除外できます。 フィルタ 機能し、必要に応じてシート名を入力します。

8。 ワークシート名を右クリックして、ワークシートのコンテキストメニューを表示します。

9. ショットナビゲーションワークブックシートkte22:Kutoolsペインのステータスバーに、すべてのワークシート、表示シート、非表示シートの総数を表示します。


[リソースライブラリ]タブ:再利用するためにカスタム数式、画像、グラフなどを保存します

ショットナビゲーションオートテキスト1

クリックした後 クツール > ナビゲーション を有効にする ナビゲーションペイン、次のことができます。

1に設定します。 OK をクリックします。   ボタンを有効にして リソースライブラリ ペイン。

2。 リソースライブラリのグループ名がここに一覧表示されます。新しいグループ、サブグループを作成し、使用する必要のないグループを削除できます。

3。 グループのリストの上にあるボタン:

  • グループを追加します:クリックして、現在選択されているグループに新しいルートグループまたはサブグループを追加します。
  • 現在のリソースライブラリグループの名前を変更します:リソースライブラリの選択したグループ名の名前を変更します。
  • リフレッシュ:リソースライブラリペインの情報を更新します。

4に設定します。 OK をクリックします。 ショットナビゲーションオートテキスト12  グループ名の前にこのグループを展開し、をクリックします ショットナビゲーションオートテキスト13  このグループを折りたたむグループ名の前。

5。 選択したグループのすべてのリソースライブラリエントリがここに一覧表示されます。

6。 リソースライブラリエントリのリストの上にあるボタン:

  • 選択したコンテンツをリソースライブラリに追加します:このボタンをクリックして、現在選択されているコンテンツを[リソースライブラリ]ペインに追加します。
  • リソースライブラリリストにプレビューを表示する:クリックすると、[リソースライブラリ]ペインにカスタムリソースライブラリエントリが表示されます。
  • リソースライブラリエントリのフローティングプレビューを表示する:クリックして有効にし、リソースライブラリエントリにカーソルを置くと、フローティングプレビューが表示され、より明確に表示されます。

7。 を有効にすることで、リソースライブラリエントリを除外できます。 フィルタ チェックボックスをオンにして、必要に応じてリソースライブラリのエントリ名を入力します。

詳細については、 リソースライブラリ 関数、この記事を読んでください: Excelでリソースライブラリエントリを簡単に作成して挿入できます.


[名前マネージャー]タブ:現在のブックのすべての範囲名を一覧表示し、編集できるようにします

これに 名前管理者 ペインでは、アクティブなブックのすべての範囲名がペインに一覧表示され、新しい名前範囲の作成、名前付き範囲の編集、名前範囲の削除などの操作を実行できます。

ショットナビゲーションネームマネージャーkte22

クリックした後 クツール > ナビゲーション を有効にする ナビゲーションペイン、次のことができます。

1に設定します。 OK をクリックします。   ボタンを押して ネームマネージャー ペイン。

2。 アクティブなワークブック内のすべての範囲名がここに一覧表示されます。クリックして名前間を移動します。

3。 このペインのボタン:

  • 選択から名前を作成する:これを使用すると、行または列のラベルに基づいて複数の範囲名をすばやく作成できます。
  • 新しい名前:このボタンをクリックして、必要に応じて新しい範囲名を追加します。
  • 名前の編集:これで 名前の編集 ボックスで、選択した範囲名の名前を変更したり、範囲名のセル参照を変更したりできます。
  • 名前を削除:選択した範囲名を必要に応じて削除します。
  • 名前管理者:このボタンをクリックして、 名前管理者 ダイアログボックス。
  • 非表示の名前を表示する:ボタンを押すと、非表示の名前が表示され、ボタンがバウンスすると再び非表示になります。
  • リフレッシュ:名前範囲の情報を更新します。

4。 を有効にすることで、特定の範囲名を除外できます フィルタ 関数と必要な範囲名の入力。

5。この内 名前の編集 セクションでは、選択した範囲名の名前を お名前 ボックスを必要に応じて、範囲名の参照を変更します 参照先 テキストボックス。 そしてクリック ボタンをクリックして変更をキャンセルし、をクリックします ボタンをクリックして変更を保存します。

ここでは、の使い方をご紹介します 選択から名前を作成する [名前マネージャー]ペインの機能。

ワークシートに既存の行と列のラベルがあり、これらのラベルに基づいて範囲名を作成するとします。 選択から名前を作成する この機能は、複数の範囲名をすばやく簡単に作成するのに役立ちます。

範囲名を作成する範囲を選択し、[名前マネージャー]ペインで[ トップリボンのボタン、および 選択から名前を作成する ダイアログボックスで、使用するオプションをオンにします。スクリーンショットを参照してください。

そして、 OK このダイアログを閉じるには、範囲名がの行と列のラベルに基づいて作成されています ネームマネージャー ペイン、スクリーンショットを参照してください:


[列リスト]タブ:現在のワークシートの列名とタイトルを一覧表示します

世界 列リスト ナビゲーションペインのペインには、現在のワークシートの列名とタイトルを一覧表示できます。

ショットナビゲーション列リスト1

クリックした後 クツール > ナビゲーション を有効にする ナビゲーションペイン、次のことができます。

1. [列リスト]タブ:このボタンをクリックして、[列リスト]ペインを有効にします。

2。 現在のワークシートのすべての列タイトルをここにリストします。列リストをクリックすると、列間を移動します。

3。 このペインのボタン:

  • :矢印のグループは、列を任意の位置に上下に移動するのに役立ちます。 
  • すべての非表示の列を再表示/非表示に切り替えます:XNUMX回クリックすると、すべての非表示の列が表示されるように切り替わり、もう一度クリックすると、すべての表示されている列が非表示になります。
  • リフレッシュ:[列リスト]ペインの情報が更新されます。

4。 選択した範囲の特定の列を一覧表示します。

5。 チェックマークを付けると、列を除外できます。 フィルタ チェックボックスをオンにして、必要に応じて列名を入力します。

6に設定します。 OK をクリックします。 ショットナビゲーション列リスト7 アクティブなシートの関連する列を非表示にするには、をクリックします ショットナビゲーション列リスト8 アクティブシートの関連する列を表示します。


[高度な検索と置換]タブ:複数のワークシートとワークブックの値を検索して置換します

ショットナビゲーション高度な検索置換1

クリックした後 クツール > ナビゲーション を有効にする ナビゲーションペイン、次のことができます。

1. [高度な検索と置換]タブ:このボタンをクリックして、[高度な検索と置換]ペインを有効にします。

2。 切り替える 見つけます タブと 交換します タブでを確認できます。

3。 必要に応じて検索キーワードを入力します(必要に応じてテキストに置き換えます)。

4。 検索または置換のスコープを指定します:すべてのブック、アクティブなブック、選択したシート、アクティブなシート、および選択。

5。 すべてを選択するか、開いているすべてのワークブックまたはワークシートの選択を解除します。

6。 検索方向を指定します:行別または列別。

7。 数式、セル値、コメント、ハイパーリンク、グラフのタイトルなど、特別な検索範囲を指定します。

8。 ティックする マッチケース 大文字と小文字を区別する検索を有効にするオプション。

9。 ティックする セル全体に一致 正確な検索を有効にするオプション。

10. すべて検索:このボタンをクリックして、指定した検索範囲で特定の値を検索します。

11。 検索結果または置換結果はここに一覧表示されます。

12。 検索結果は、ワークシートとワークブックごとにグループ化されています。 クリック ショットナビゲーション高度な検索置換7  ワークシートまたはブックの前にあるワークシートまたはブック内のすべての検索結果を折りたたんで、 ショットナビゲーション高度な検索置換8  ワークシートまたはワークブック内のすべての検索結果を展開します。

13.   削除:すべての検索結果をクリアします。

14に設定します。 OK をクリックします。   [高度な検索と置換]ペインをワークスペースにフロートさせて、[   検索フィールドを折りたたむ。

この機能の詳細については、 高度な検索と置換 ユーティリティ。


注意:

1。 自動的に開くのをやめる ナビゲーションペイン クリックしてExcelを起動するとき クツール > ナビゲーション.

2. ナビゲーションペインを展開、最小化、または固定する

ナビゲーションペインをアクティブにすると、ナビゲーションペインが正常に表示されます。 今、あなたはクリックすることができます  ナビゲーションペインを最小化するボタン。 ナビゲーションペインが最小化されたら、[  ボタンをクリックして展開し、をクリックします  それを固定するボタン。
ショットナビゲーションペインピンkte22

3。 の中に ナビゲーションオプション、次の操作を設定できます。

大きな地図は ナビゲーションオプション に行くボタン ナビゲーションオプション ダイアログ、スクリーンショットを参照してください:

(1.)ワークシートの数を表示します。

あなたがチェックした場合 シートリストにシートの数を表示する ボックスに、ワークシート、表示されているワークシート、非表示のワークシートの総数がステータスバーに表示されます。 スクリーンショットを参照してください:

(2.)ショートカットキー(Win + Shift + A)を使用して、最後のXNUMXつのシートを切り替えます。

あなたはすぐに適用することができます 勝利 + シフト + A チェックすると最後のXNUMX枚のシートを切り替えるショートカットキー Win + Shift + Aを使用して最後のXNUMX枚のシートを切り替える オプション、スクリーンショットを参照してください:

(3.)リソースライブラリエントリのプレビューの設定:

あなたがチェックした場合 テキストタイプのリソースライブラリエントリをプレビューするときに大きなフォントを使用する オプションを選択すると、リソースライブラリエントリのすべてのテキストタイプが大きなフォントでプレビューされます。 スクリーンショットを参照してください:
ショットナビゲーションオプション5

(4.)ネームマネージャーの設定:

ネームマネージャにネームエディタを表示する:このオプションをオンにすると、名前エディターが[名前マネージャー]ペインに表示されます。それ以外の場合は、非表示になります。

(5。)[検索と置換]ペインをショートカットに適用します。

あなたは適用することができます 高度な検索と置換 の機能 Kutools for Excel ショートカット付き Ctrlキー + F or Win + シフト + Q その ナビゲーションペイン。 スクリーンショットを参照してください:

のデフォルトの検索範囲を指定できます 高度な検索と置換 の機能 Kutoolsナビゲーションペイン。 スクリーンショットを参照してください:

(5.)この機能を友達やソーシャルメディアと共有する

共有アイコンをクリックできます ショットナビゲーションオプションkte22 このナビゲーションペイン機能をメールで友達と共有したり、Facebook、Twitter、Linkedin、Weiboなどのソーシャルメディアで共有したりできます。
ショットナビゲーションオプションkte23


デモ:ナビゲーションペイン:開いているすべてのワークブックとそのワークシート、範囲名を一度に一覧表示します。

Kutools for Excel:300以上の便利な機能を備え、30日以内に制限なしで無料でお試しいただけます。 今すぐダウンロードして無料トライアル!

推奨される生産性ツール
次のツールは時間とお金を大幅に節約できますが、どれがあなたに適していますか?
Office Tab: Officeで便利なタブを使用する、Chrome、Firefox、およびNew InternetExplorerの方法として。
Kutools for Excel: Excel用の300以上の高度な機能 2019、2016、2013、2010、2007およびOffice365。
Classic Menu for Office: おなじみのメニューをOfficeに戻す 2007、2010、2013、2016、2019、および365、まるでOffice2000および2003であるかのように。

Kutools for Excel

上記の機能は、Kutools forExcelの300の強力な機能のXNUMXつにすぎません。

Excel(Office)2019、2016、2013、2010、2007、およびOffice365用に設計されています。無料でダウンロードして60日間使用できます。

Excel用のKutoolsのスクリーンショット

btn続きを読む      btnダウンロード     btn購入

Say something here...
symbols left.
You are guest
or post as a guest, but your post won't be published automatically.
Loading comment... The comment will be refreshed after 00:00.
  • To post as a guest, your comment is unpublished.
    inetguru · 3 years ago
    Add please the ability to save the full formatting of the Charts added to the AutoText. I, for example, lost the settings of the number format in the row and color settings.
  • To post as a guest, your comment is unpublished.
    inetguru · 3 years ago
    The Navigation Pane is one of the best ideas for improving user interaction with excel. Thank you very much!
    It would be great, if you can add the following improvements:


    a. in the list of sheets the possibility of filtering by the color of the tab (choose from the available ones);


    b. In the column list in a separate column, indicate whether the filter is installed on it (yes, no), and at the bottom of the list, display the form window as in the list of names. In it, display the installed filter on the selected column. Something similar is implemented in the FilterMate add-in (https://www.excelcampus.com/filter-mate/). It is also very convenient to jump to the next filtered column by one button. I'll be glad to see you have such features, so as not to keep many add-ins in the Excel interface.


    c. In the list of columns, add a search by name option.
    This tool is especially relevant when using wide tables. The search will help to speed up the work.

    d. In the auto-text with formulas, please make it possible to display the text of the formulas title of the auto-text when the preview is turned off. Give the opportunity to make a really convenient library of formulas. Pictures now take up a lot of space on the screen and flipping a long list of formulas is not very convenient. The instrument has great potential in this part, but you miss its possibilities.


    e. In AutoText, make it possible to change the formulas of the previously saved AutoText.
  • To post as a guest, your comment is unpublished.
    Kevin L · 6 years ago
    Yes, sure. You can use the Ctrl+PageUp, and Ctrl+PageDown to navigate between sheets.
  • To post as a guest, your comment is unpublished.
    William Adams · 6 years ago
    Is there a quick way to navigate between the task pane and an open Excel worksheet with keyboard shortcuts? I love the optionality offered by the Navigation Pane, but I find it annoying having to use my mouse to jump to different sheets in the Navigation Pane since I don't use my mouse for anything else in Excel. If there is a keyboard shortcut for this it would make it 1000x better.